ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

年賀状かき

クリスマスイブは、ひたすら年賀状書き。

イルミネーションを見にいくわけでもなく、クリスマスディナーに行くわけでもなく、まったりと自宅で過ごしたのでした。唯一クリスマスらしいものといえば、ケンタッキーフライドチキン(ニシたろが買って来てくれました。ありがとう)。

日中は、年賀状の裏面をPCで作り、プリントアウトして。毎年、一般用、山&旅仲間用、仕事用の3パターンを作ります。それぞれすでに決まったフォーマットに、写真や図柄を差し換えるだけという簡単作業。一般用はニシたろと一緒に映っている写真が例年だったのですが、今年はよいものがなく、夏休みの夫婦旅行の風景写真です。ちょっと寂しい…(苦笑)。山写真も、今年はひとりで映っているものがほとんどなく、選定に苦慮。

裏面はパソコンですが、宛名はいつも手書きにしています。もちろん宛名を印刷してしまうこともできるのですが、なんとなく、宛名と裏面につけるコメントは手書きにこだわっているのです。すみません、古い人間で。

私の場合、年賀状をやり取りする人たちって普段あまり会えない人が多くて、宛名を書くことで、どうしてるかな、元気にしてるかな、とその人たちを思い出す、という効果があります。そしてちょくちょくお目にかかっている人の場合は、来年もよろしくね、の意味を込めて。メールである程度のものは足りてしまう世の中だけど、やっぱり年賀状を書くのが、もらうのが好きです。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-12-25 13:05 | 日々のつれづれ。 | Comments(4)
Commented by pianoforte at 2007-12-25 22:01 x
お疲れさまでした。
私も年賀状はパソコンで作って宛名とコメントは手書きです。
Commented by ニシ at 2007-12-26 11:09 x
>pianoさん
おー、ごぶさたしております。お元気でしたか?
山にもあちこちいらしているようですね。
年賀状、やっぱりそうですよねえ。同じような考え方(ですかね?)の人がいると、ほっとします。
Commented by KaoruF at 2007-12-26 11:32 x
時間があった頃は下手なりにゴム版やってました。
当時のことを懐かしく思い出しましたよ~。
Commented by ニシ at 2007-12-26 11:49 x
>Kaoruさん
私の場合、昔はオール手描きでした。
で、高校あたりからは出す人数も増えてきたのでプリントゴッコ(!)で。
ゴム版とか、千代紙で貼り絵とか…味があって素敵ですよね。
(本当はそういうのを楽しむ心と時間のゆとりが欲しい…)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧