ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

春を探しに・武川岳(奥武蔵)

土日返上で働いて、やっとあいた1日。奥武蔵にいってきました。

今回登ったのは武川岳です。実は、「初心者ハイカーが、お花見をしながら歩ける、登り2時間ぐらいの山」を探していて、そういえば武川岳はカタクリが咲くはず…とロケハンを思い立ったのです。いくつかルートがあるなかで、今回は名郷から天狗岩を経由して登ります。武川岳からは、二子山を経由して、芦ヶ久保に下ります。

このルートは何度か歩いています。全く同じルートを昨年の同時期に登って、楽勝・快適、楽しく登れたように記憶していました。

…が。実際歩いてみると、名郷からのルートは所要時間は2時間ちょっとなれど、岩場はあるし、斜面のトラバースは道が細くて歩きづらいし、初心者向けでないことが判明。…いや、人の記憶ってあてにならないものですね。変化に富んで楽しい道ではあったのですが。ロケハンはあきらめ、思いきりトレーニングモードに変更。やや早のペースで、ひたすら休まずに歩きます。久々の歩きなので、息があがるあがる。

里のほうは、梅が咲いていたり、野の花がたくさん見られるのですが、山はまだまだ冬から春へ向かう途中のようでした。カタクリは花どころか葉も見られませんでした。木々の芽吹きもまだもう少し先のようです。が、ずうっと下山していき、あとひといきでゴールという沢沿いの道で、アズマイチゲが一輪。よくがんばったと誉められたようで、ちょっとうれしくなりました。

しかし…。奥武蔵は杉の植林に被われた山が多いのですが、この山もそうでした。山にいるときはなんでもなかったのですが、下山してしばらくすると鼻水がとまりません!くしゃみもいつもの1.5倍ぐらい! 完璧発症です。明日からしばらくは「花粉症抑制のためのニンニク入りカレー」を励行します。とほほほ。

しかし、久々にたっぷり歩いて、花粉だけでなく山の気もたっぷり浴びてきました。充実充実。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-03-26 00:54 | 山や岩のこと。 | Comments(2)
Commented by kuro at 2008-03-26 07:10 x
ここは今花を探しに行こうと考え中
まだですね・・・もう少ししたらカメラ持参で行きたいと思っています。
住んでいるところがほぼ同じだと花探しも同じようなところ狙いますね
私は重度の花粉症でしたが、杉の中わ飛び回っているうちに直りました(笑)周りのみんなはみ~んなびっくらこいています。
Commented by ニシ at 2008-03-26 12:58 x
>kuroさん
武川岳、花もそこそこありそうで、ルートが楽しくて、あまり人がいない山、ですよねえ。
広葉樹林の、今は落ち葉がふかふかに積もったあたり、今は見えないけど、カタクリがありますよ。沢沿いにはニリンソウもありそうだし。しばらくしたらまた行きたいなぁ。
花粉症、治る方もいるようですよね。体質や生活習慣の差なのかしら?治るかなぁ。。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧