激しく働き、激しく遊ぶ

GWあけから、仕事が佳境です。

情報版の編集、改訂版の編集、原稿書き2本がみごとにパラレル状態。考えると手に嫌な汗がにじんでくるのですが、とにかく毎日ちょっとずつ進むしかありません。

山から戻った翌日は情報版の打ち合せ、8日は日帰りで清里にグルメ取材。
仕事のあいまに、甲州地どりの生産農家が経営している食堂&売店で昼食。ここから肉や玉子を調達しているレストランも多い農家さんなのですが、ここの食堂では、親子丼や焼鳥などを食べることができます。親子丼を食べましたが、ふるふるの半熟玉子は濃厚な味で、鶏肉は適度な弾力と味わい。それぞれがしっかりした味なのに、しつこくない。カメラマンさんと無言で食べ続け、食べ終わって幸せのため息。

9日は大学案内の雑誌の取材。
対応してくれた担当の方も学生さんも、その大学が大好きなのがわかり、微笑ましく、気持ちよかったです。しかし、最近の大学はIT化(って言葉ももう古いのか?)が進んでいますね。今は多くの学校が、PCから休講情報も得られたり、履習届もPCからできるのだそうですね。…まぁ、20年たてばそんなもんですか(苦笑)。

そして土曜日。午前中に仕事をしてから、PUMP1へ。
今日のパートナーIさんが「今日はなるべくたくさん登りましょう」と宣言。簡単なもの、やや限界グレードのものを織りまぜながら、ひたすら登ります。…が、悪天候のせいもあり、ルートエリアは激こみ状態。思うように登れず、結局私が登ったのは8本。しかし、かなり体に疲れがたまっているのか、最後は腕もパツパツ、心もヨレヨレでした。成果はナシだったけど、しっかり遊び倒してきました。

…疲れていたら、体を休めるべきかもしれないけど、疲れて気力がなくならない範囲であれば、体を動かして「心を休める、遊ばせる」ほうがよいのかな、と思ったりしています。今日は終日仕事の予定。今日の進み具合いかんで、来週以降気持ちよく仕事ができるかが決まるので、ちょっとがんばらなくちゃ。
[PR]
Commented by kuma at 2008-05-11 12:49 x
休講だったら、図書館で本読むとか、悪友と麻雀するとか、楽しみがなくなりましたね。大学生の息子にも、とにかく朝から学校へ行け!と言ってるのですが・・・
Commented by ニシ at 2008-05-11 22:41 x
>kumaさん
そうですね。以前は、わざわざ1コマの授業のために学校に行って
「げ、休講?」みたいなこともありましたが。。
今は、学生が積極的に求めなくてもいろいろなものが提供される、
そんなイメージがあります。
by toshizo-Ni | 2008-05-11 08:30 | 日々のつれづれ。 | Comments(2)