ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

一期一会

結婚する前は、「北海道へ一人旅」が趣味でした。

もう10年以上前の話です。ユースホステルを泊まり歩いていました。宿に泊まり、一緒に泊まりあわせた人と語り、ときには一緒に遊び、とても楽しいひとときを過ごしました。今でこそ携帯やメールが普及し、手軽に連絡をとれる環境ですが、当時は住所交換をし、また次に旅をしたとき、互いにハガキを送り合う…ということをしていました。

彼らと東京で会おうとか、こまめに連絡を取る、というのではありません。本当に旅先で知り合い、いっとき一緒に過ごしただけの間柄。今、北海道旅行をしなくなった今、やりとりは年賀状ぐらいになっていますが、そんな人達ともう10年以上やりとりが続いていたりします。ある意味、面白いつながりです。

10年前の秋。網走から知床へ向かっていました。ウトロでヒッチハイクを試みたとき、一台の車が停まってくれました。学生らしい若いお兄さんがひとり。「クンベツ温泉」というところに行くのだといいます。宿に着くにはちょと早すぎるので、同行させてもらうことにしました。道路地図にないダート道を進み(今思うと、彼が見ていたのは地形図だったか)、行き過ぎか、まだかと悩みながら進み…、途中で手描きの標識らしきものを見つけ、さらに進み…。

ホントに山奥の小さな小さな露天風呂に着きました。岩肌から流れる湯を集めたような、ひとり入ればいっぱいのような小さな湯船があるだけ。しかも湯はとても熱く、下を流れる川から水を汲み上げて温度調節をします。お兄さんと交替で湯に浸かりましたが、本当に気持ちよい温泉でした。その後、来た道を戻り、宿まで送ってもらい、お別れ。夢のような楽しいひとときでした。今もあるのかな、あの温泉。

本当に数時間一緒に行動しただけの、もはや顔もほとんど記憶にない人と、気付けばもう10年近く年賀状だけのやり取りをしているのです。こちらは山の写真つきの年賀状を送り、あちらからは丁寧な手描きイラストの年賀状が帰ってくる。…お兄さんが数年前に就職をしたのは聞いていました。昨日、ふと思い立ってネットで検索をしてみたら…、そのお兄さんのお仕事ブログを発見してしまいました。写真が出ていて、「ああ、こんな顔の人だったんだな、当時研究していた(らしい?)分野の職業で頑張っているんだな」と思い、なんだかジーンとしたのでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-05-23 13:41 | 日々のつれづれ。 | Comments(5)
Commented by えり at 2008-05-23 17:17 x
私も同じです。
年賀状だけのやり取りがもう何年も・・とか。
すごいことですよね。
北海道で知り合った人と結婚したり、北海道以外でも何度か会って遊んだり、会いに来てくれたり、会いに行ったり。
ネットで検索して出会えるっていうのもいいですね。
なんだかいろんな人を思い出しちゃいました。
Commented by kuma at 2008-05-23 20:04 x
こないだ、20年ぶりに東京から友人がひょっこり訪ねてきました。
ソウルオリンピックのあった88年に船で一緒にプサン、ソウルと旅した友人です。実は、ミクシーやってました。世間は狭い。
Commented by ニシ at 2008-05-23 22:47 x
>えりちゃん
お、やっぱりこのネタには飛びつきますね?(笑)
一度会っただけの人と、かくも細く長く連絡を取り合う不思議。
心底楽しい時間を共有したからこそ、なのかなと思います。
旅仲間のネタはなかなか尽きません。

>kumaさん
20年ぶり! それはすごい。
おそらくお互いに風貌もずいぶん変わっておられたのでは?
それでも、話をすると、時間が一気にもとに戻るのですよね。
Commented by WrittenbyKaoruF at 2008-05-26 01:46
一人旅は誰かと一緒の旅とは違った楽しみがありますよね。
私は京都でしたが、ユースホステルを泊まり歩いていた頃を
懐かしく思い出しました。
Commented by ニシ at 2008-05-26 08:07 x
>Kaoruさん
京都のひとりたび…。素敵ですね。
一人旅の楽しみって、相手のことを気にせず、本当に自分が好きなところに行けることだと思っていますが、YHを使った旅だと、「停まり合わせた人との出会い」が楽しみに加わりますね。今は山馬鹿ですが、実はそうなったきっかけはYHでの「出会い」が大きいのです。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧