ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

てっぺん好き・古賀志山

日曜日は岩登りへ。

所属する山岳会の岩登り講習会で、栃木にある古賀志山という山の岩場にいってきました。初心者も含めて総勢7名でした。初級向けの簡単な岩場で、初心者さんたちに基本的な技術を教えたり、ビレイの実験台(初心者の人にビレイしてもらって、岩を登る)になったりしてきました。普段当たり前のようにしている動作を改めて言葉で、動作で教えるというのは、自分も確認になっていいですね。

今回は、講師の先生のはからいで、岩場のてっぺんまで登らせてもらい、続いて登ってくる人のビレイ(ロープで確保)をしました。実はこの岩場のてっぺんまで登るのは初めて。周辺の集落や水田、山々が一望に見渡せて、ちょっと気持ちよかったです。

先日のつづら岩のときもそうだったのですが、結局私は「山や岩を登っててっぺんに立つ」のが好きなのかもしれません。正直なところ、岩の難易度とかはあまり重要ではなく、どんどん高度を上げていくこと、振り返ったときに見える景色の素晴らしさに喜びを感じるのだと思いました。そういう点でいえば、私は「フリークライマー」ではないんだな。…たぶん、「山ヤ」なんだな。もちろん、フリークライミングは、それはそれで楽しいけれど。その楽しさも分かっているけれど。

講習会終了後は、日帰り温泉施設のつるつる系温泉を堪能し、宇都宮餃子の店で餃子を食べまくり。しあわせーな気分で帰宅の途についたのでした。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-06-02 21:42 | 山や岩のこと。 | Comments(4)
Commented by ushi at 2008-06-03 21:02 x
おお、古賀志に行かれたんですか。つくば周辺では、最寄りのクライミングエリアです。まだ行ったことないんですけど。どんな感じなんでしょうね。
岩登りも、岩の途中からだと景色良くて楽しいですよね。
Commented by ニシ at 2008-06-03 22:09 x
>うしさん
はい。うちの会の岩登り講習は毎年ここなんですよ。
たぶん私たちがいつも講習会でのぼるのは
不動滝左奥フェイスの簡単なルートだと思うのですが、
他のルートはいったことがなく、よくわからないです。
樹林の中の日陰の岩場…なのですが、
上のほうまで行くと眺めもよくて楽しいみたいです。
Commented by ボン at 2008-06-08 18:59 x
古賀志山って、おいしそうな名前なので気になってます。
なかなか良さそうな岩場ですね!しかもマルチ?楽しそう♪
ニシさんはピークハンターなんでしょうか??
Commented by ニシ at 2008-06-08 22:03 x
>ボンさん
焦がし山、ですか(笑)。
正直なところ、クライマーとして面白いかと言われたら微妙かも。
(いや、いつも同じところしか行かないので、
他もいってみたら面白いのかもしれませんが…)
ピークハンター、、
山に登るのが好き、という意味ではそうなんでしょうかね。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧