ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

深緑クライミング・つづら岩

土曜日は奥多摩で岩登りでした。

5月にいき、かなり好きになってしまった「つづら岩」にいってきました。
今回は、先日の岩場レスキュー講習で知り合ったMさんとそのお友達のYさん、うちの会のHちゃんと4人でいきました。

今回の目的その1は「オケラルート攻略」。
Mさんと講習の帰りに話をしていて、話題がつづら岩になったとき、「オケラルートはチムニーの中を登るのが本来のルート」と聞きました。先月いったとき、途中からカンテを左上し、かなり渋かったのですが、どうやら違ったらしい。「狭いチムニーを一度は通らないと!」とMさんに強く勧められ(笑)、いってみました。

スリムなMさんとYさんはさくっと穴の中に消えていきました。さて私も…と思うと、腰が!腹が!腰のポーチやチョークバックを動かし、もぞもぞ動くこと数分、なんとか突破。通れればホールド・スタンスとも豊富で余裕なのですが、動けないと、かなり厳しいルートとなります(笑)。ちなみに私とザイルをつないだHちゃんは余裕で通過してきました…。

目的その2は「レスキュー講習の復習」。
会で実演会をしなくてはならず、やはり一度言わばで手順の復習をしたいなあと思っていたら、一緒にしましょうか?とMさんが申し出てくれたのです。有り難い…。
が。結局はオケラルートを登り、一般ルート(4級)を登ってタイムアップ。ま、いいや、またこんど(笑)。

今回は、Hちゃんとザイルをつなぎました。彼女とは縦走ではいつも一緒ですが、岩で一緒になるのは会の岩登り講習ぐらい。マルチピッチのルートもたぶん初めてだったと思います。ちょっとしょっぱいルートも、本当によくがんばってました。自分はいつも先輩方に岩に連れていってもらい、いろいろなことを教えてもらっています。…それを少しでも、次に来る人達につなげたいなぁ、と思っていました。今回はそのいいきっかけになったのかも。岩でいつもザイルをつないでくれるF先輩の気持ちが、ほんのちょっとだけわかったような気がしたのでした。

さて、こんどはいつ行こうかな? 
暑い日だったら早めにきりあげて、帰りに滝で水浴びしていくのも楽しそうだな〜。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-06-15 18:33 | 山や岩のこと。 | Comments(2)
Commented by u at 2008-06-15 21:35 x
同じ日つづら岩をひとりで登っていた者です。簡単なルートでも、ああいう岩をずーと登るのは楽しいですよね。私も次に行ったときは、一般ルートを攻略したいと思っています。
Commented by ニシ at 2008-06-15 22:42 x
>uさん
はじめまして。御来訪ありがとうございます。
オケラルートを登っててっぺんでビレイしていたときに、
お声をかけられた方でしょうか?
つづら岩は、高度感もあるしルートも長いし、楽しいですよね。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧