【書籍】ドキュメント 山の突然死

先輩のライターさんが本を出されました。

「ドキュメント 山の突然死」 柏澄子
山と渓谷社刊

<本書帯より>
中高年登山者の増加に伴い、心筋梗塞などの病気による突然死が増えている。突然、襲われるこうした致命的な事故から、5件の事例を取り上げ、その危険因子を探り、未然に防ぐ方法を検証する。

タイトルどおり、山における突然死(心臓病や脳疾患など)について、過去に起こった事例を医学的なアプローチから取り上げています。出版されたことを聞き、書店に走り、仕事の合間をぬって読み進めました。…いろいろな立場で胸に染みました。

もの書きのひとりとして。
 執筆にあたり、彼女は入念な取材をしています。突然死に遭遇した山仲間、遺族、診断をした医師。この取材は本当に気をつかい、ときに辛い思いをしたのではないかと思います。ガイドブックのお店取材と違い、「積極的に話題にしたくない」ことを人から聞くのは大変なことです。とくに人の死に関することです。

 決して情緒的になったり憶測でものを断じるのでなく、ひとつひとつの事実、医師たちの見解を丁寧に積み上げていく。口を開いてくれた関係者の気持ちを無にしないよう、取材に心を尽くし、入念な調査をする彼女の姿を、この本は感じさせてくれます。

山屋のひとりとして。
 山で死ぬというのは、決して他人事ではないのだと。もちろん滑落とか雪崩とか、ある程度危険を承知して出かける山行でもそうですが、突然死は山の難易度とかジャンルをとわず、やってくるようです。自分も中高年リーチの年代となり、一緒に山に行く人間も同様に中高年になっています。パートナーが死につながるような病状に山中で陥ったとき、私は彼を助けることができるか? そして私がそうなったときは? 

 突然死のリスクを減らす方法についても、言及されています。いわく、適度な運動と休養、栄養バランスのよい食事、規則正しい生活、ストレスをためない、定期的な健康診断…。耳のイタイ言葉が続きます。当たり前のことを当たり前にすることで、突然死のリスクは減る。…しかし、自分をかえりみて、そうでない状態で山に入ることのなんと多いことか。ときに仕事でいっぱいいっぱいの状態で、睡眠もあまり取れずに山に向かう。「ちょっとぐらい体調が悪くなっても死にはしない」そう思っている自分の甘くあさはかなこと。

 同じように思っている山仲間に、読んでもらいたい1冊です。
[PR]
Commented by kuma at 2008-07-05 22:10 x
ほんとにそうですね。
自分を知ることが大切やね。
ぼくは、過ぎたるは猶及ばざるが如し。
を肝に銘じてますが、やはりやりすぎてしまいます。
Commented by 権蔵 at 2008-07-05 22:35 x
ビールばっかり飲んでたら、あきまへんねww。
Commented by ニシ at 2008-07-06 19:21 x
>kumaさん
はい、健康診断や普段からの節制で、自分の体をよく知り、
体に負担のない範囲で、無理をしないというのが大切のようです。
kumaさんは美味しいものばかり食べている…印象がありますが、
そのぶんよく歩いているから大丈夫???

>権さん
いいんですよ、ビールばっかり飲んでても、
ちゃんと消費して健康なら(え、違う?)
Commented by WrittenbyKaoruF at 2008-07-08 08:54
某媒体で突然死を取り上げたことがありました。
中高年でスポーツ中に起こすことは割と多いようです。

山ではないですが、夫の会社では社内で突然死したり
脳出血などで倒れたりということが、たまにあるようです。
目の当たりにすることで多少気を付けてくれてはいると思いますが
持病のない人は、なぜか自分は病気にならないと思っているので
見ていて少し心配になることがあります。そういう人のほうが
深刻な病気になりやすいので。
Commented by ニシ at 2008-07-08 11:39 x
>Kaoruさん
自分は病気にならない…。そういうのは確かにありますね。
むしろ、一病息災…体が弱い、持病があるなどで
病院に通うことに抵抗のない人のほうが安心なように思います。
by toshizo-Ni | 2008-07-05 21:59 | 山や岩のこと。 | Comments(5)