ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

槍ヶ岳は今日もガスだった・北鎌尾根

d0100314_21434386.jpg7月の3連休、槍ヶ岳にいってきました。

槍ヶ岳にはいくつかの登山ルートがありますが、今回歩いたのは北鎌尾根。バリエーションルートであります。所属する山岳会の先輩とふたりで歩きました。詳細な山行レポートは近日中に山ブログのほうにアップします。

行程も長く、厳しいルートでした。2日目は慣れない沢歩き&急登であっという間にバテバテに。一度ばててしまうとなかなかリカバリーできず、全然ペースがあがりません。ガレた下り道に手こずり、急登に足が進まず。気持ちの上では本当に先輩におんぶにだっこ状態でした。歩けなくっちゃ話にならない、ホントに情けない…。

天気予報はかなりよい感じだったのですが、初日と最終日は快晴(酷暑)、北鎌尾根を歩いた中日は終日曇りときどき雨。休憩をしたり、登攀でビレイをしていると寒さを感じるほどでした。そして、ようやくにたどり着いた槍ヶ岳の山頂では、360度乳白色の大展望!(デジャブ?)…が、ここで快晴&酷暑であれば、完全にバテて歩けなくなっていたことでしょう。そう考えると「いい天気」だったのかもしれません。

d0100314_21453011.jpgそうそう、高山植物は今が一番の見頃でしょうか。シナノキンバイやハクサンイチゲの大群落、岩場に咲くツガザクラやアケボノソウ。ホントにお花畑でした…が、全然楽しめなかった…。

ルートとしては、沢登り的な要素、岩登りの要素、さまざまな要素の詰まった楽しいバリエーションルートだと感じました。もう少し体力、歩行技術を鍛えて、またいきたいと思います。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-07-22 21:46 | 山や岩のこと。 | Comments(12)
Commented by よね at 2008-07-22 22:16 x
くっくっくっ (^^
360度乳白色の大展望には爆笑。
いやいや、ニシさんらしい天気じゃないですかぁ。
ここに来て本領発揮???(笑)
それはともかく無事で何より。お疲れさんでした!
バリエーションといえど、日頃のクライミングのトレーニングで岩はそれほど難しくなかったんじゃないかなー
雪渓はどうでした?
やっぱりアイゼンいります?

Commented by ニシ at 2008-07-22 22:49 x
>よねさん
笑うなぁ〜! どうせ毎度おなじみの乳白色ですよっ。

今、山行記録(マジモード)を書いているところ。
よねさんにも参考にしてもらえるようにがんばってますわ。

岩登り的には、たしかにさほど難しくないかも。
槍の穂先に向かう1ピッチは、普通にいけば3級程度だと思う。
今回、独標も登攀したけど、ここは登り始めが4級っぽいかも。
(いや、登山靴で登れるくらいだから3級+ぐらいか)
雪渓は、水俣乗越から天井沢を下るところに急な長いのと
北鎌沢出合から登り、コルに向かうちょっと手前にありました。
いずれも勾配がちときついので、雪に慣れてないとアイゼンがほしくなるかも(でも6本爪で十分)。
でもでも、よねさんが行くころには、雪ないかも。どうかなぁ。
Commented by kuma at 2008-07-22 23:39 x
関西の雨姐さんは、武奈ヶ岳で一粒も雨降らなかったので、みごと卒業となりましたが・・・
ニシのいえ東の魔女さんもがんばってねー・・・
360度乳白色の大展望、ええことばです。使ってみたいような使いたくないような?・・・
Commented by ままみ at 2008-07-23 01:05 x
ガスでもなんとかって昔なかったけ?
やっぱり、北鎌尾根だったんですね。
すごいなぁ。。

わぁ~い、久々のよねちゃん♪

Commented by ニシ at 2008-07-23 01:22 x
>kumaさん
私も卒業したはずだったんですけどねえ。。
360度乳白色の大展望…。
心の眼で見れば素晴らしい景色が広がっているはずです(涙)。

>ままみさん
ええ、雨でもガスでも山へ行け、ってやつですね(笑)。
そうそう、北鎌だったんですよ。
さすがに、山屋垂涎のバリエーションルートだけありました。
危険度も高く、疲れますが、変化に富んで楽しかった…かな。

Commented by kuro at 2008-07-23 07:14 x
いいなぁいいなぁ~
私もいつか、いつか、なんて言ってるだけです。
レポ楽しみにしていますね♪
Commented by えり at 2008-07-23 10:37 x
すごーくきつそうですね。
ご無事で何よりです。
今年はまったく山に行けていませんが、こうして山へ行った報告を見れるのが楽しみになってます。
Commented by よね at 2008-07-23 13:54 x
あっ、なんか懐かしいメンバーが(^^

> kumaさん
関西の雨姐さん、「ゆ」 の付く誰かやね。
一回で卒業させたらあかんよ!

> ままみさん
ご無沙汰ー
また穂高岳山荘や西穂ロープウェイでばったりはないかな?

ニシさん、詳細レポ待ってますよー
Commented by ニシ at 2008-07-23 15:42 x
>kuroさん
あれ、kuroさんはいらしたことがなかったのですね。
体力・技術があれば、ホントに楽しいルートだと思いますから
ぜひいらしてくださいね。

>えりちゃん
ごぶさたしています。元気ですか?
とりあえず無事帰還しましたが、ぶよにいっぱい刺されたり、青タンいっぱい作ったり…、女捨てモードになってます(笑)。
山もいいけど、そろそろ飲みにも行きたいかなぁ。。どう?

>よねさん
うふふ、同窓会っぽいね。
関西の雨姐さんって、「ハ●ちゃん」じゃないの?
Commented by カジタニ at 2008-07-23 22:49 x
笠ヶ岳の南にある錫杖に三日間こもっていましたが、どおりで三日間とも槍ヶ岳の方がガスっていたわけですわ~

こりゃ、敵いませんわー(W
Commented by ニシ at 2008-07-23 22:57 x
>カジタニさん
錫杖にいらしていたのですね。
雨雲こちらに呼んでおいたから、天気よかったでしょう?(自爆)
しかし、狙いすましたように、槍アタックの日だけ雨。何故…。
Commented by kuma at 2008-07-24 12:40 x
そういや、ついこないだ、関西雨姐ふたりと中華食べてきましたドン。
さすがに、雨でした!いやはやおそるべし・・・
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧