ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

うちから花火

今日は終日仕事…のはずがなんだかグダグダ。

多少進んだけど、やっぱり疲れに負けてボーッとしたり仮眠取ってしまったり。思っていたより全然進まず、ちょっとへこみ。

夜は晩ご飯を済ませてから、ニシたろと花火鑑賞。自宅から戸田橋の花火大会が見られるのです。遠くでもう1ケ所花火が上がっていました(あとで調べたら朝霞のほうの花火大会だったらしいです)。次々に打ち上がる鮮やかな花火にちょっと感激。花火も数年前からずいぶん技術が進歩しているのですね。以前はなかったような色のもの、形のものがずいぶんありました。やっぱり夏は花火! いいなぁ。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-08-03 00:14 | 日々のつれづれ。 | Comments(5)
Commented by ポテト at 2008-08-03 00:45 x
会社の後輩が蓮根の河川敷の野球場近くにいい場所を確保してくれてみてきました。
目の前で見れたので、音の迫力がすごく、かなり堪能しました。
大きな花火が上がると、お客さんから歓声があがり会場た一体になっている感じもあり、楽しかったです。

おうちでゆっくりみる花火も素敵ですね。
Commented by WrittenbyKaoruF at 2008-08-03 11:42
高い場所に上がらなくても花火が見えるのはうらやましいです。
近くの某花火大会は屋上から見ています。
たまには会場で、と思うのですが90万人の人出と
聞いただけで戦意喪失です。昔は頑張って出かけていたのになあ。
Commented by ニシ at 2008-08-03 22:19 x
>ポテさん
遠くから見る花火もいいけど、間近で、真上に打ち上がる花火を
見るのも迫力があっていいですよね。
学生時代には、よく現地に花火を見に行ってましたが、
最近はもう、見に行くだけのパワーがなくなってしまったような。

>Kaoruさん
我が家はマンションの13階なのです。
屋上には上がれないのですが、廊下側から、あるいはベランダから
花火やら遠くの山々やら見えて、ちょっと得した気分です。
Commented by えり at 2008-08-04 19:57 x
いいですね~お家から花火。
うちの屋上からも見えることは見えるのですが
ビルの間から小さく花火の一部が見えるのみです・・・
Commented by ニシ at 2008-08-05 01:26 x
>えりちゃん
戸田橋の花火は廊下側から見えるのです。
ここに住む前はマンションの1階で、何も見えなかったので
今は、ホントに景色がいいのがうれしいなぁ。。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧