ちょい早紅葉ハイキング・皇海山

今日は所属する会の方々とハイキングへ。

今日の目的地は、群馬と栃木の県境にある皇海山(すかいさん)です。日本百名山のひとつだそうです。いくつか登るルートがあるのですが、日帰りということで、沼田から栗山川林道経由でアクセスする、不動沢ルートを歩きました。前半は笹やぶ、途中から沢をつめるような感じの急登が続きます。カラマツもずいぶんありましたが、紅葉には今少し早かったみたい。カエデの赤、橙色、ダケカンバの黄色がところどころ鮮やかできれいでした。

沢を詰め、不動沢のコルに出ると、遠方に鋸山のギザギザの稜線がきれいに眺められます。鋸山は紅葉が随分進み、鮮やかな赤と緑のだんだら模様のようでした。ちなみにこの山、山頂は全く眺望がきかないので、ここがビューポイントになります。コルからはシラビソの林を登って山頂へ。途中で大きな岩があり、「登れるかな〜」と見ていたら、後ろから来ていたNさんが「そこのクラック、登れそうだよ」って。…ばれたか。山頂でゆっくり休み、記念撮影をしてから一気に下山したのでした。

ちなみに今回御一緒したのはうちの会でもよく山を歩いていて健脚の男性たち。足並みが揃い、通常のコースタイムよりかなり早いペースで駆けぬけました。けっこうおしゃべりを楽しみ、紅葉を楽しんでいたのにな。日帰りだから荷物も軽く、なんだかとっても気持ちよく歩けました。よかったなぁ。

そういえば。
不動沢ルートでアクセスに使う栗山川林道というのは、登山口まで20kmぐらい、未舗装の道路です。当然バスの便はなく、たぶんタクシーも入ってこないでしょう。帰り、林道を走っていると、前方に3人の登山者が。なんとヒッチハイクのポーズをしているではありませんか…。こちらの車は定員いっぱいだったので、丁重にお断りして通り過ぎましたが、いやぁ、、ここでヒッチハイクって、かなり無謀じゃないか? 乗せてくれる人がいなかったら、20km林道を歩くことになるよねえ…。この林道、落石も多いみたいで、けっこう危ないんだよねえ…。ひとりふたりならともかく、3人乗せてくれるほどキャパシティのある車なんて、ほとんど通らないよねえ…。みんなで心配しながら帰途についたのでした。
[PR]
Commented by ふくちゃん@宇宙の天使 at 2008-10-06 09:09 x
おお、なんとその前日に同じルートで登ってましたよ!!!!
しかも、あの林道のせいで、ドウガネさんのキャンピングカーが2輪もパンクしました。
ひどい道だった・・・

6日は上州武尊行きましたが、あっちは紅葉凄かったよ!
残念だったね~(笑)

ちなみにパンクしてオタオタしてたので、なんとすかいさんは2時に出発。
帰りは、あの危険な沢をヘッドライトつけて降りました。

道に間違えそうになること3回。

いや、あそこ夜はやばいわ。
スゲー迷う。
Commented by ニシs at 2008-10-06 10:21 x
>天使くん
あらー。1日違いでしたか。
実は、往路で、パンクをしている車に遭遇しました。
なぜかパンク慣れしている?うちのメンバーたちがタイヤを替えるのを手伝いました(てか、ほとんどうちの人達が替えたのでは)。
2輪パンク…。よく予備のタイヤがあったね。
予備タイヤでちゃんと林道走れた?
登山よりそっちのほうが心配だねえ、あの道は。

ちなみに、、2時で登山開始はやっぱり厳しいねえ。
難しいところのない道だしテープはいっぱいついてるけど、
笹薮だから道はわかりづらいし、渡渉がいくつもあるしね。
毎度のことながら(苦笑)、無事で何よりです。
Commented by 天使 at 2008-10-10 20:38 x
いやいや、スペアは流石に1輪でした。
もう1輪はすぐに抜けなかったから、下山してほたかの登山口つくまでパンクに気付かず、結局翌日ほたか下山後に電波の届く所までパンクしたまま走ってタイヤボロボロでした。

ドウガネさんがほたか近くまでタイヤ持ってきたし・・・

2時に出るときは登頂を諦めてたんだが、かなり早く登れたので行っちゃいました。
笹のとこよりも、沢沿いの偽の道の方がやばかったです。
by toshizo-Ni | 2008-10-06 00:34 | 山や岩のこと。 | Comments(3)