北海道・すべらない食事

今回の北海道旅、目当てのひとつ(というか大きなウエイトを占めていた)が、食事。

旅先で食事をすると、なぜかすべる(=美味しくないものを引き当てる)割合の高い私。しかし、北海道ですべるなんてことがあろうか。いや、ないはず! 

・小樽の寿司
初日のお昼は「小樽で寿司」に決めておりました。数年前に手掛けた札幌のガイドブックで取り上げた、安くて美味しい寿司屋にあたりをつけていたのですが、訪れてみると「店内で1時間ほどお待ちいただくことになります」とのこと…ガビーン。さすがになにもせずに1時間待つのはつらいので、パス。寿司屋通りにいってみましたが、寿司屋があまりに多すぎて、どこに入っていいのやら、全然決められません!(涙)
ショーウィンドウの寿司が妙に分かりやすく美味しそうだった店に飛び込みました。2100円の握り寿司。そこそこに美味しかったです。

・ジンギスカン
出発前から決めていたのが、初日の晩ご飯。ススキノ近くにあるジンギスカンの店「だるま」に突撃しました。すでに行列ができていて、待つこと数十分。十数人入ればいっぱいの小さな店は、丸くカウンターが作られ、テーブルに七輪がセットされています。年嵩のお姉さんがガバッと手づかみでジンギスカン鍋の上に玉ねぎとネギを置き、肉の入った小皿を手渡してくれます。肉を鍋の上に置き、自分で焼きながらいただきます。臭みがなく柔らかくジューシーな肉に感動しつつ、ひたすら焼いて食べ、皿がからになったらおかわり。肉から出る油でいい感じに焼けた玉ねぎやネギも甘くて美味。幸せすぎるひとときでした。

・回転寿司
北海道では、回転寿司も激烈に美味しい、とよく言われます。
…が、十年近く前、旭川で入った回転寿司はマジすべり(激烈に美味しく無かった)でしたし、数年前に小樽で入った回転寿司は味もサービスもかなりすべってました。いろいろな人の話を総合すると、トリトンとか、とっぴーとか、北海道で展開するチェーン店が、そこそこに質も安定し、美味しいようです。
で、今回は2日目の昼食。倶知安で回転寿司に入りました。昼時をはずしたせいなのか、お店はガラガラ。寿司じたいは、可もなく不可もなく、という感じでした。北海道ならではのネタ!とか、北海道ならではの味わい!とか求めると、ちょっとつらいかもしれません。…激烈に美味しい回転寿司に会える日が来るのか?

・旭川ラーメン
3日目、旭川空港でラーメン店に入りました。
…が、どうやらすべったようです。味噌ラーメンをいただきましたが、どうも麺が思っていたのと違いました。見た目がちょっと輪ゴムっぽい色使い(ひどい表現ですみません)で、コシのある札幌のラーメンと同じような感じかなあと思っていたのですが、普通の麺…。スープも、、うーん。。。。。まぁ、しょうがない。

・番外編:宿のごはん
今回、2泊目に泊まったのが登別万世閣という温泉旅館でした。夕食は客室でいただく和食、朝食は和洋バイキング。朝食は正直全く期待していなかったのですが、なかなかいい感じでした。オーダーを受けてからシェフが作ってくれる、チーズたっぷりのオムレツが、美味しくてちょっとうれしかったです。

とりあえず…今回はあまりすべらずに済んだ、ということでしょうか。
[PR]
Commented by WrittenbyKaoruF at 2008-10-17 01:47
そちらのエリア、ジンギスカン狙いで出かけてみたくなりました!
回転寿司は私も知床ですべりました。周辺には漁師料理の店が
たくさんあるのに、観光船の乗船時間の関係で妥協したのが
間違いの素! 知床で乾いたお寿司って、あり得ない(号泣)

最後の温泉宿は良さそうですね。プロ作のチーズオムレツは好物です。
ラーメンの表現、お店には失礼ながら少し笑ってしまいました(^^;)

サッポロビール、小樽ワインは飲まなかったですか?
Commented by ニシ at 2008-10-17 09:09 x
>Kaoruさん
ジンギスカン、札幌にはお店も多く、玉石混交のようですが、
今回のお店は、数年前のdash札幌のとき、訪れた取材スタッフ数名がいずれも絶賛していたので、行こうと思ってました。お肉も美味しかったですが、おばさんたちがフレンドリーなのも好印象。

知床にも回転寿司あるのですね。昔はなかったような。
たぶん同じような体験を小樽でしています。乾いた寿司が嫌でオーダーしたのに、回っている乾いた寿司を手渡しされましたから。。

今回、アルコール類は全然飲まなかったです。
そういえば、サッポロクラシックも飲まなかった…くすん。
by toshizo-Ni | 2008-10-16 01:58 | 日々のつれづれ。 | Comments(2)