ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

文庫本衝動買いの傾向

どちらかというと、本は図書館で借りるほうです。あまり買いません。

しかし、昨日、電車待ちの時間に買ってしまいました。
チーム・バチスタの栄光(上・下) 海堂尊

今、ドラマをやっていて、来週が最終回。最終回を見終わるまで小説買うのは辞めておこうと思っていたのですが、どうやら「小説とドラマは結末が違う」ということらしいので、もういいだろうと購入。一応上下刊なのですが、引き込まれてどんどん読み進め、あっと言う間に読破。…ああ、もったいない。もっとゆっくり読んで楽しみたかったのに、全然止められなかった。

ドラマや映画の原作となっている小説で、そのドラマや映画が面白いと思うと、原作を読みたくなって購入…というパターンが多いようです。チーム・バチスタも、ガリレオも、そういえば死神の精度も、のだめカンタービレもそうだった。

多くの場合、映像化されたものと原作はキャスティングやストーリーが変わっています。しかし私は映像化されたものを先に見るので、「原作と違って幻滅」みたいなものがありません。ある意味「別のもの」と考えているのだと思います。…しかし、おそらく好きな小説や漫画を映像化されたら、見ないでしょうね。

で、チーム・バチスタ。主人公は大学の万年講師:田口と厚生労働省の役人:白鳥のコンビですが、田口の性別、年代はドラマと映画、小説で異なります。ドラマでは若い男性(伊藤淳史)、映画は女性(竹内結子)でした。小説は40代ぐらいの男性ですね。白鳥はどうかというと、ドラマは仲村トオル、映画では阿部寛。…いずれも40代イケメンですが、小説では小太りでギトギト系、服のセンスも下品な感じ…となっていました。うーむ、ちょっとびっくり。読み進めながら、なんとなくイメージキャストとして芋洗坂係長が頭に浮かんできたのはどうしてだろう。おかしいなぁ。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-12-19 01:04 | 日々のつれづれ。 | Comments(6)
Commented by WrittenbyKaoruF at 2008-12-19 02:09
私も以前は図書館派でしたが、引っ越してから
家の周辺の図書館があまりにも「…」なので
最近ほとんど行っていません(涙)
中野に住んでいたときは駅の近くに
大規模図書館があり、蔵書が豊かなだけでなく
映画やDVDの鑑賞設備、カフェなどもあり
ほぼ通いづめでした。はぁ~(ため息)

バチスタは読んだり見たりしたことがないのですが
よく売れているし、面白そうですな~。
Commented by ニシ at 2008-12-19 12:23 x
>Kaoruさん
うちの最寄りの図書館も決して品揃えがよいほうではないです。
が、近隣に数カ所あるので、検索して使い回しています(笑)。
ちょっと読む小説程度なら、最寄りので十分なのです。

バチスタ、私にはちょとクセのある文体がひっかかるのですが
たしかに面白いと思います。
Commented by ままみ at 2008-12-19 12:32 x
以前は、本屋さんが大好きで、通常のお買い物も本屋さんが入ってるスーパーしか行きませんでした。

でも、今は、どうしても買いたい作者の本以外は、図書館で検索予約して借りるか、ブックオフ。

私の代わりに??長男が今本を買いまくってます。
ニシさんが上記に書いた本、全部長男の部屋にありますww

絶対にもったいなくて、図書館予約した〇型自分の説明書も買ってありました。

小さい時から本が大好きだったから、図書熱復活??
Commented by ニシ at 2008-12-19 17:57 x
>ままみさん
基本的には、買って手許に置きたいのは山の本だけなんです。
でもなんとなーく文庫本も増えてしまいますね。

読まなくなったものは、地元の図書館に寄付して、
読みたい時に図書館で借りて読んでます(笑)。
ブックオフはあまり使わないかなぁ…。なんでだろ?
Commented by WrittenbyKaoruF at 2008-12-20 02:58
図書館話って楽しいですよね~(^^)

大きな図書館には調べ物があるときに行くのですが
(今は「ネットで済んでしまう」という人が多いなかで。汗)
いろいろ行ったなかで日比谷図書館が好きです。
建物が古く、地下の食堂がまたひどく昭和な味わいで
くつろげますのよ(私は)。
Commented by ニシ at 2008-12-20 10:12 x
>Kaoruさん
私がライターになる前に「ライターになるには」本を読んだとき
「ライターは図書館が活用できなくては駄目だ!」みたいな
ことが書いてありました。
そういえば今はネットで済んでしまう時代ですね。。

私は調べものというより、うちの本棚替わりに利用している感じで
あまり他所の図書館には行かないのですが、
日比谷図書館はよさそうです。今度探検にいってみようかしら。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧