春の茶会

今日は、所属する流派の大茶会へ。

毎年恒例のイベントです。いつもはお稽古をしている先輩方と一緒に行くのですが、今回は皆さんご予定があるらしく、同じ親先生のもとでお稽古をしている私の妹と、先生と3人で出かけました。

今日は天気もよさそうだったので、思い切り春らしい装いで出かけました。私は淡い水色に白い花の描かれた訪問着、妹はピンクや黄色に四季の花をあしらった訪問着。先生も上品なクリーム色の訪問着でした。茶席は全部で7席ありましたが、そのうちの4席に入ることができました。それぞれに趣向をこらした道具を楽しみ、季節を感じさせるお菓子とともにお茶をいただいてきました。

難しい作法や手順ばかりがクローズアップされる茶道ですが、基本となるのは「来た人に楽しんでもらおう」というおもてなしの心。床の間を飾る季節の花。道具にもテーマをもたせていて、新緑を感じさせる銘や柄の道具を揃えていたり、端午の節句にちなんだ道具を揃えていたり。うかがったどのお席もすばらしかったです。優雅な時間を過ごせました。

お茶会を終えての帰り道、さんさんと降り注ぐ陽光に、青々と葉を茂らせた街路樹。吹く風は心地よく、本当に春真っ盛り。…しかし、家に戻り飛び込んできたのは、とても悲しいニュースでした。あまりに突然の、悲しい出来事に心が麻痺してしまっているようで、その事実を受け入れられないでいます。ちょっとしばらく落ちているかもしれません。。が、GW中も、多少仕事をがんばらなければならず、落ち続けている時間はなさそう。気を張っていかなくちゃ。
[PR]
Commented by 常吉 at 2009-04-30 20:31 x
突然の悲しみ、私も昨年のGWに経験しました。いろいろ考え方の合わないヤツだったんですが、ダメ…。
吹っ切れないで1年が過ぎちゃいました。

ゴメンね、愚痴です。
Commented by ニシ at 2009-04-30 21:41 x
>常吉さん
コメントありがとうございます。
親しくされていた、あるいは長くつきあっておられた方ほど、吹っ切れずに心に残ってしまうのでしょうね。
今は、麻痺した心が少しずつ戻ってきているのですが、いろいろと思い出してしまって、かえってつらいです。しばらくは、忙しさに救ってもらおうと思っています。
Commented by KaoruF at 2009-05-01 09:32 x
悲しいことが起きた時、目の前にやらねばならないことがあると
気が紛れていいですよね…
一日一日を大事に、できることをやっていきましょ~(自分にも励まし)
Commented by ニシ at 2009-05-02 09:15 x
そうですね。ぼーっとする時間、普段は欲しいと思っていますが
今回はないほうがありがたいです。。
しばらくは少し忙しくなりそうなので、よいのかも。
by toshizo-Ni | 2009-04-30 01:48 | 日々のつれづれ。 | Comments(4)