ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

街で道迷い

するんですよ、ええ。

今日は仕事で2件ばかりお届けものがあり、外出。いずれも1年ぶりぐらいに訪れる会社でした。そのうちのひとつは神保町にあります。山道具屋のさかいやの近所です。細い路地に小さなビルがたくさん建ち並んでいるなかで、、たしかこのへんだったとあたりをつけて歩いていったのですが、ありません。げげっ。いやぁ、たしかここに喫茶店があって、その並びだったと思ったんだけど。

しばらく歩き回って探してみたのですが、ありません。いけばどうせわかると思って、住所も電話番号も控えてきませんでした。いつもは持ち歩いている東京の小さい地図の本も持ってきていませんでした。ぐげ。道迷い遭難です。

やむをえず、今回の仕事をしている出版社に救助要請(涙)。
「す、すみません、●●さんにお届けものにきたんですけど、迷子になってしまいました。たぶん近くまで来ていると思うのですが…」
電話に出てくれた顔見知りの担当者が爆笑。そりゃそうだ。住所とビル名を教えてもらい、電話を切って、ふと見上げたら…、私の目の前のビルがそれでした。ほぎゃ。あれえ、こんな感じのビルだったっけ?と首をかしげながら登っていき、ようやくお届けものができたのでした。

山では必ず地図とコンパスを持っていますが、私の場合、街で道迷いをしてしまうのです。少し前に一度いったことがある、なんてのが一番怪しいです。地図とか連絡先をちゃんと持ち歩いていけばいいのに、本当に学習能力ないんですよね。。今度こそ気をつけます、ええ。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-06-23 21:05 | 日々のつれづれ。 | Comments(2)
Commented by 錆びたピッケル at 2009-06-24 07:24 x
猿も木から落ちるとはよく言ったものですね。

思い込みって結構現実と違うのは私だけ。

お仲間です、はい。
Commented by ニシ at 2009-06-24 19:55 x
>ピッケルさん
いやいや、私の道迷いは「猿も木から落ちる」というよりも
「二度あることは三度ある」みたいな感覚でして。。
思い込みって恐ろしくて、今回も「たしか道路の右側だったはず」「2階だったはず」いろいろな思い違いをしていましたです。
…ま、無事に着いたからいいんですけどね(笑)。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧