あっけない幕切れ。

手がけていたガイドブックが校了。

いや、校了日は明日のはずだったのですが。今日は全体のうちの一部を校了させ、あとは明日の予定だったのだけど、いろいろなものがうまく進み、あれ、明日まで待たなくてもいけちゃうね、これ、と。一応版元の編集長にゲラを預けてチェックして、おしまい。

なんだかあっけなくて、まだ終わったような気がしません。

校了はいつも落ち着かないのです。これで最後と思うと、し残したことはないか、手を離して本当に大丈夫か、おろおろおしてしまいます。今はまだ、終わったことを安心するより、おろおろ、おどおどしている状態。

しかし、今年は初めての試みも多く、もうずっと続けている雑誌にもかかわらず、いろいろと戸惑うことが多かったです。それでもここまでやってこれたのは、気心が知れて、いい仕事をしてくれるスタッフや、的確なアドバイスをくれる編集長のおかげだったりします。ありがとうございました。本ができたら告知いたしまする。

とりあえずは少し充電、かな。久々にクライミングジムにもいきたいな。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-07-09 01:14 | 日々のつれづれ。 | Comments(0)