カテゴリ:和もの。( 31 )

お茶会

毎年4月29日は流派の大茶会。
今年も行ってきました。素敵な茶席にたくさんお邪魔して、お茶をいただき、すばらしいお道具を拝見して。楽しいひとときでした。今回の着物は金茶色の訪問着に、銀糸の袋帯。お太鼓に柄がうまく出せなかった…。くすん。

楽しいひとときでしたが、お席を十分に楽しみたいと思ったら、もっと勉強しないといけないなあと痛感。お道具のこと、日本の気候風土、文化。席主がお客様のことを考えてしつらえた趣向を読み取れるか。読み取れれば奥深く楽しめるし、読み取れなければ「キレイですね、ステキですね」で終わってしまうのです。お茶を始めて20年なんて、本当にヒヨッコ。まだまだ知らないことがたくさん。

そして、ただお稽古を続けているだけでは、得られるものは少ないのだということもわかってきました。少しずつ積み重ねていこう。お茶会にももっと足を運んでみよう。たくさんよいものを見て、学ぼう。

で、今晩からしばらく山へ。前半は仕事、後半はプライベートです。仕事部屋に着物と山道具と仕事の資料が散乱していましたが、ようやく落ち着きました。思ったより大きくなってしまった荷物に愕然。テンパっていた机仕事から心を切り替えるのがうまくいかず、なんとなくドキドキしています。…ま、楽しみましょう。
[PR]
by toshizo-Ni | 2016-04-30 17:32 | 和もの。 | Comments(0)

初釜

昨日は、所属する江戸千家不白会埼玉支部の初釜でした。

毎年の恒例行事。出席してお家元のたてられたお濃茶をいただいたり、趣向を凝らした素敵なお茶席にうかがったりするのが楽しみであり、年が改まったような気になるのです。

今年は、お茶席のお手伝いをちょっとだけ。お運びをしたり、一度だけお点前をしたり…。お点前はやはり緊張します。慣れない棚、失敗したらどうしようとドキドキしていましたが、始めてみればすんなりと。よかったです。
終了後は懇親会にも出席し、普段なかなかお話のできない先生方や先輩方と楽しくお話ができました。ビンゴ大会で素敵なお茶入れもいただいてしまいました。とても温かくて楽しい一日を過ごすことができました。今年はよい年になりそうな予感。

秋には大きなイベントもあるので、今年はお茶も頑張ります。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-01-27 23:08 | 和もの。 | Comments(0)

至上最過酷なお茶会

d0100314_1857592.jpg日和田山の翌日、9月1日はお茶会でした。

師匠が席持ちをするお茶会が、埼玉県越谷市の日本庭園「花田苑」であったのです。お点前やお運び、ときどき屋外で受付などをしました。

当日は快晴。9月とはいえ、とても暑かったです。お茶室も冷房が多少きいているのですが、それでもかなり暑く、いるだけで汗がじわじわ出てきます。水を飲んでも飲んでも汗がとまりません。もちろん屋外はかなりの暑さ。美しい日本庭園ですが、あまりに暑くて人通りもほとんどありません…。ある意味、今までで一番過酷なお茶会だったような気がします。

ちなみに今回着たのは藍色の琉球絣。本来なら9月=単衣なのですが、単衣が着られるような気候ではないので薄物にしました。帯はサワガニの柄の名古屋帯。非常にカジュアルないでたちですが、市民のためのカジュアルなお茶会なので、まぁいいや、ということで。薄物でも暑くてだくだくだったのですが、いらしたお客様から「こんなに暑いのに、お着物を涼しげに着ておられるのね」とおっしゃっていただいて、ちょっとだけ嬉しかった…。

とりあえず無事にお茶会が終わってよかったです。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-09-05 18:57 | 和もの。 | Comments(0)

山に行かない週末。

久々に、全く山にいかない週末を過ごしました。

土曜日は所属する山岳会の年次総会。終了後は、楽しく飲み会。
早い時間から、ちょと飲み過ぎたかも。

日曜日は、所属する茶道の団体が主催する「研究会」がありました。
普段なかなかお稽古できない難しいお点前を、家元のご指導のもと行います。数名がお点前を行い、他の人たちは見学します。少し前までははじめからお点前をする人は決まっていて、事前に練習をして来ていたのですが、最近は題目だけ先に決まっていて、お点前をする人は「当日のくじ引き」…。非常に緊張しますが、勉強になります。自分のお稽古を見直すきっかけにもなります。今回は最後にくじを当ててしまい、ひたすら緊張。…でもとりあえずいつものお稽古の通り、ボロを出さずに?すみました。

しかし、、長時間のお手前を見学している間はずっと正座をしているので、足がひたすらしびれます。もう10年以上お稽古を続けているのに、駄目なんだなぁ。しかも最近体重が非常に増えているため、しびれやすくなっているのかも。

今日の着物は、緑色の縦縞模様の単衣に、かわいらしい鳥のポイント柄が入った灰色の名古屋帯。着物は母親から、帯は妹から譲ってもらったものです。ご一緒した先生方から、あなたのお着物いいわね、と誉められて、ちょっと嬉しかったです。自分が誉められているというより、親を誉められているようで、ちょっと嬉しいんですよねえ。ふふ。

山に行かなかったけど、結局かなり体を酷使?したかも。ふう。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-06-16 19:46 | 和もの。 | Comments(4)

東京駅着物デート

d0100314_19103727.jpg日曜日、着付け教室時代の友人達とデートしてきました。

天気はよいけど少し風が強い日、総勢6人が着物姿で集まりました。
この日はまず、日比谷公園に向かい、松本楼でランチ。伝統のカレーを食べよう…と話していたのですが、メニューを見たらいろいろと美味しそうで、私はオムライスとカニクリームコロッケのワンプレートランチ。昔ながらの洋食の味わいで、美味しくいただきました。店内は明るいガラス張り、公園が眺められていいですね。

ゆっくり食事を楽しんだあとは出光美術館へ。企画展「オリエントの美術」を見てきました。非常に見応えがありました。じっくり見ていると、あっという間に時間が過ぎてしまいますね。見学後は、眺めのよいラウンジで一息。ソファがあまりに座り心地よくて、立ち去りがたかったです(笑)。ちなみに企画展以外にも、常設展がいくつかあるのですが、すべてしっかり見ようとすると、おそらく1日あっても足りないくらいなのではないかしら。さほど広くないビルの1フロアだけど、展示物が非常に充実していました。

d0100314_19112934.jpgその後は東京駅まで歩いて移動。リニューアル後の駅舎を見るのは一同初めて。テレビなどで見ているステキな建築にうっとりとため息をついておりました。その後は「カフェ難民」になりながら、駅地下のお店に流れ着いて甘いもので一息。…ああ、楽しかった。でもずいぶんたくさん歩いて、ちょっと疲れました(笑)。

ちなみに本日の着物は紅花紬に淡い紫色のカジュアルな袋帯。 紅花…といっても赤や朱色ではなく、シャーベットオレンジ。ちょっと温かみのある色使いです。お茶のときはフォーマルな着物(訪問着や色無地)ですし、紬はなかなか着る機会がありません。始終着物を着ていた頃は気に入ってよく着ていた着物で、友人達も覚えていてくれたようで、「紅花紬、やっぱりいいねえ」と褒めてもらえました。

家で着よう!と思ってもなかなか着られないので(もはやあきらめムード?)、着物で外出の機会を少しずつ増やしたいと思います。さて、今度はどこへ行こうかな。ふふ。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-01-21 19:12 | 和もの。 | Comments(0)

大雪の日。

山から帰って来た3連休の最終日、茶道教室の初釜でした。

この日の予報は午後から雪。朝から雨だったため、雨避けの草履カバーや雨コート、襟巻きなど一応完全装備で出かけました。ドレスコードは訪問着、梅と竹に鶯のブルーグレーの訪問着に、白地に扇模様の袋帯を合わせました。雨とはいえフォーマルです。気合い入れて着ましたよ。

初釜じたいは、先生や先輩方とともに、楽しく心地よいひとときが過ごせました。

しかし…、お部屋の窓からちらちらと見える、尋常じゃない降りかたの雪。電車は大丈夫だろうか、だんだん不安になってきます。そして初釜が終わり、先生のおうちをおいとまするのに玄関のドアを開けたら…、とんでもない雪景色が広がっていました。ひええー!

妹が近くに車を停めていて、駅まで送ってくれるというので、乗せてもらうことにしました。…が、駐車場でびっくり、車の前後に雪が積もっていて、なかなか出せません。車の前の雪をどかしたり踏み固めたりして、ようやく発車、その後も慎重な運転で駅まで送ってくれました。有り難い…。電車(武蔵野線)は完全に止まっているかと思ったのですが、微妙に動いている模様。吹きさらしの駅のホームで30分以上待ち、ようやく電車がやってきました。待つ間、足の指がじんじんと傷みます。…考えてみたら、冬山では厚手の靴下にシンサレート入りの冬靴を履いていますが、今日は足袋(綿製)の上にビニールのカバーのみ。そりゃ傷みますわな。

電車に乗ってしまえばこちらのもの。一駅乗って地下鉄に乗り換え、あとはすんなりと自宅最寄り駅までいけました。最寄り駅から自宅まで、歩いて5分弱の道のりでしたが、雪が固まっていて滑りそうになったり、水浸しで水たまりになっているなかをじゃぶじゃぶと渡渉?したりして、実は今回の一番の核心はここだったかもしれません。無事に帰り着いてよかった…。

ちなみに、この3連休、最終日まで山にいた知人達。車で移動をしていた面々は軒並み大変な思いをしたようです。中山尾根でご一緒していたメンバーも渋滞に巻き込まれ、車を出してくれたうっしーさんは、翌日の夕方4時に自宅に着いたとか。お疲れさまです。

何はともあれ、無事でよかった。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-01-15 20:13 | 和もの。 | Comments(0)

お茶会

d0100314_022420.jpg快晴の日曜日、山に居なかった私。

今日は実家のある越谷市で市民まつりがあり、茶道の師匠が席持ちをしたのです。朝から着物を着て会場にいき、おてまえやらお運びやらをしました。いつもの茶席よりずっとカジュアルな立礼席(りゅうれいせき=椅子席でお茶をいただく席)で、とても多くのお客様が訪れました。休む間もなくひたすらお菓子やお茶を出し、終わったらドーッと疲れました。今日はおてまえや、お客様とのやり取りを楽しむというより、ひたすらバタバタと動き回り1日が過ぎたという感じです。昨日も準備で訪れているので、2日連続で消耗。…いや、下手な縦走登山よりずっと疲れます。体も心も。

ちなみに今日のドレスコードは色無地。薄い小豆色の色無地に、白地に有栖川文様の帯を合わせました。この着物はまだ独身の頃、母にあつらえてもらったもの。たぶん初めてあつらえてもらった色無地です。色が地味だよなぁ…と思って最近余り着ていなかったのですが、今日はずいぶん多くの方に「ステキなお色ね」「お似合い」と褒められました。有り難いです。考えてみたら、母があつらえてくれた着物、若い頃のものは紫色が多いんですよね。それほど好きな色ではなく、もう少し違う色がいいなぁ…と思っていたのですが、実は紫色が似合う顔なのかもしれません(どんな顔だよ…)。

…ま、疲れましたが何とか終わってよかった。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-10-22 00:03 | 和もの。 | Comments(0)

お初釜

今日は、茶道の教室の初釜でした。

久々に着物を着て教室へ。今日は梅に鶯のブルーグレーの訪問着に、きらきらした洋花の柄の帯。スタートが遅いので余裕をかましていたら、着付けにずいぶん時間がかかってしまいました。やっぱり着慣れていないと時間もかかるし、きれいに着られないんだなぁ…。

初釜にする内容はいつも同じです。炭のおてまえのあとにお昼ご飯、そのあとにお濃茶、そして薄茶。和やかで心地よい時間。気持ちを新たにし、今年もがんばろう、という気持ちになりますね。

ここ数年、お稽古をご一緒している先生のお孫さんが、今年成人式だそうで、かわいらしい振り袖を着ていらっしゃいました。今日はちょっとだけ彼女もおてまえを披露していました。彼女に初めて会ったのは、彼女がまだ小学生のとき。それからもう10年以上たっているんだな。なんだか感無量です。

実は登山よりも長く続いている茶道。今年もがんばってお稽古をしていこうと思います。

で、、今年はもう少し着物を着る日数を増やしたいなぁ…。最近カジュアルの着物を全然着ていない。着付けにはまっていた時代にたくさん買ったのに、もったいない。たとえば家で仕事をする日など、着物で過ごすようにしたいなぁ。。できるかな?
[PR]
by toshizo-Ni | 2011-01-08 22:19 | 和もの。 | Comments(0)

気が緩んだら。

終わりが一生来ないかのようなパニックの日々がようやく終わろうとしています。

7月刊のガイドブック、本日特集ページの入稿を終え、やっと一息つけるようになりました。明日はちょっとの原稿を仕上げたら、あとは基本的に「待ち」の姿勢。その間に新しい仕事の企画を考えたり、ためている雑務を片付けていけばいい。

で、終わりが来るなぁ…と気が緩んだら、突然持病の腰痛がやってきました。

今朝からなんとなーく、ぎっくり君の前触れのような違和感。
これは絶対よろしくないなと思い、仕事が終わったところで、行きつけのマッサージ屋さんへ直行。幸い、とても上手な古参スタッフにお願いすることができました。よかった。「傷めている」と「疲れている」の境目のような状態だったようです。「疲れているだけだったら、マッサージで楽になるんですけどねー、傷めていると、あとでちょっと痛みが出るかもしれません。今日はゆっくり休んでくださいね」…はーい。

で、今。ちょっと痛みが出ているのでアイシング中。

考えてみたらずっと机に向かってパソコン打ちっぱなし…みたいな日々。朝は5時とか6時に起きてすぐパソコンの前に座って、夜は夜でずうっと作業して。ところどころで外出はしてるけど。そりゃー肩もこるだろうし、腰だって疲れがたまって当たり前。でも、本当に本当にテンパっていたから、「痛い」と感じることさえできなかったんだろうな。痛いのは、たぶん体と気持ちが健全な証拠と思うことにします。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-06-23 22:45 | 和もの。 | Comments(4)

桜の茶会

今日はお茶会でした。

埼玉県越谷市に「花田苑」という日本庭園があるのですが、園内に茶室があり、毎月2〜3度、茶会を行っています。今日は私の師匠が席持ちをしたため、お手伝いにいったのです。

夕方から雨予報だったのですが、朝はどんより曇り、昼前から一気に天気がよくなり、蒸し暑くなってきました。とりあえず茶会の間は雨も降らず、ほっとしました。今日はお手伝いの方々の人数が少なく、ほぼフル回転状態。おてまえをしたり、お運びをしたり、外で受付をしたり…終わって、どっと疲れています。。。

園内には桜やツツジ、花木が何種類もあります。今はちょうど桜が見頃を迎えていました。満開の桜が本当に美しく、今日はずいぶんお花見の人たちも来ていたようです。そして、茶会が終わり後片付けをしていたとき、急に空が曇り、風が強くなってきたのですが、風が桜の木を揺らし、すごい桜吹雪になっていました…まさに「吹雪」。あまりにきれいで、みんなで魅入ってしまいました。

ちなみに今日の着物は、若草色の行儀小紋に、有栖川文様の白地の帯を合わせて。帯揚げや帯締めはちょっと春らしく、レモンイエローとパステルピンクのものを。着物はちょっと色が渋めかなぁ…と思っていたのですが、案外に大丈夫だったようです。よかった…。しかし、たまに着物を着ると、なかなか着付けがうまくいかないものですね。あと、探し物をしていたら、着物にはまっていたころに揃えた小紋や紬がいくつも出てきました。ああ、最近カジュアルな着物着てないな。久々に着たいなぁ。終日自宅作業のとき、たまにはカジュアルな着物を着ようかな。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-04-11 19:12 | 和もの。 | Comments(2)