カテゴリ:クライミング。( 103 )

クライマーの衝動買い

d0100314_17573388.jpg買っちゃいました、えへ。

本気トライ用のクライミングシューズ。
モカシムのPUMPカラー(ブルー。今は使い込んで灰色ですが)を、リソールしながらずっと使い続けていたのですが、とうとうつま先に穴があいてしまいました。しかも下の革まで(しばらくクライミングしてなくて、ちゃんとケアしてなかったからだよ…)。ここまであいてしまうともはや修復不可能。愛着はあるしたぶんまだ履けるけど、新しい子を探し始めていました。

昨日、お仕事で「山の店デナリ」さんにうかがい、ちょっとした待ち時間のときに、クライミングシューズ売り場を見ていたところ、この子に出逢ってしまいました。かわいいし、試着してみたら、しっくりくる感じ。…ええ、もう、これにします!と衝動買い。あとでファイブテンのサイトで調べたところ、「アナサジLV」というモデルらしいです。アナサジ・ベルクロのローボリュームラスト(木型)採用モデル、女性や細身の足型の方に最適、ですって。「体重の軽い方にも使いやすい一足」…私に喧嘩売ってます?(滝涙) そういえば、初めて買って履いたクライミングシューズはアナサジ・ ベルクロでした。足にぴたっと来る感が違和感なかったのは、履いたことのあるモデルだったから、なのかなぁ。でもずいぶん前の話なのにね。

とりあえずは来週のインドアで試してみようかなぁ。それとも週末の城山で? うふふ。

そして、買ってしまったもうひとつは、尾瀬あきらの「オンサイト!」
クライミングの漫画です。むかし、PUMP1に置いてあるものを読んで思い切りはまりました。しばらく読んでなかったのですが、なんとなく無性に読みたくなり、というか手元においておきたくなり、買ってしまいましたよ。絵がきれいだし、臨場感あるし、名言の宝庫だし。
「たちはだかるすべての壁を登れ」
「できると思えばできる、できないと思えばできない」
「落ちなければいいのよ」
…くぅぅー!

困るのは、ちょくちょくと読んでしまうこと。そして読むと一気に読み進めてしまうこと。仕事の息抜きにふと手に取り、がーっと時間が過ぎてしまう時の驚きと焦りときたら。でも辞められないのです。そして読むと無性にクライミングがしたくなります。仕事さぼっていけないか、算段を始めてしまう駄目な自分。ホントにね、困ります(苦笑)。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-11-22 17:58 | クライミング。 | Comments(4)

なつかしPUMP

火曜日の夜、PUMP1でクライミングをしてきました。

山仲間(というより最近はクライマー仲間)のあっちゃんと。彼女とはときどき夜にPUMP1でクライミングをしていましたが、火曜日の夜に行くのは久しぶりだったような。

ルートエリアにいくと、懐かしい顔がずらり。クライミングスクールに通っていたころのスクールメイトや、山仲間、通っていたころに親しかったクライマー友達。うわぁ、久しぶり、どうしてた?山ばっかり行ってたんじゃないの?と皆に言われ、最近ちょっとずつ復活していることを伝えて。

…その後もぞろそろと知人が訪れては、うわぁ、久しぶり、どうしてた?…の繰り返し。

久しぶりに会ってもまた親しく話ができて、「ビレイしてくれる?」と言い合えるのがうれしいな。どんなに離れていても、そしてうまく登れなくても、PUMP1は自分にとって「ホームグラウンド」なんだなって思います。

宿題にしていたsora壁の茶色■(5.10b)、なんとか2便出してRPできました。1便目は全然駄目で、これは無理か…と思っていたのですが、2回目、案外にいけてしまいました。ずいぶん登った後だったのにな。これはちょっと嬉しかった。そして最後にクールダウンで登ったスラブ壁の黄色■(5.10a)が初登でいけてしまいました(といっても、先に登っている人を見ていたのではオンサイトではなくてフラッシュ)。ちょっといい感じで終わることができてよかったな。低レベルな喜びですみません、すみません。パートナーのあっちゃんも宿題の5.10aをRPしたり、別の5.10bを余裕でオンサイトしてました。好調な感じでした。いいねえ〜♪

持久力は少しずつ戻りつつあって、5.10aぐらいの課題だと、ムーブは分かるし出せる(持久力なくて腕が終わってしまうと出せないけど)。この調子で週1〜2ペースが持続できるといいなぁ。

そういえば。スクールメイトだったYさん。ご一緒していたときは初心者で全然登れない、見かけも冴えないオジサンだったのですが、昨日久々に会ったら、スリムになり、ウェアもちょとかっこよくて、はじめだれだか分からなかった。しかも最近はイレブンクライマーになっているらしい。いけてるオッサンクライマーになってました。…継続は力なりってこういうことをいうんだな。イレブンクライマーは「ドリーム」ではなくて、地道な努力の積み重ね。…がんばろう、私も。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-11-21 12:50 | クライミング。 | Comments(0)

今日は初めてのクライミングジムにいってきました。

埼玉県、西武池袋線武蔵藤沢駅近くにある、ベースキャンプというクライミングジムです。日本を代表するクライマーである平山ユージさんがプロデュースをしています。以前から気になってはいたのですが、何せ遠い。行きつけのジムなら家から近いところにあるし、わざわざ埼玉の奥のほうにいくならジムではなくて岩にいきたい…そんなわけでなかなか行く機会がなかったのですが、週末の岩の予定が雨予報で中止になり、同行予定者からジムのお誘いがあったため、いってみることにしました。

当日、天気は快晴。こんな日に山にいかないなんて馬鹿だ。岩だってきっと乾いているはず…と少しブルーになりながら、ジムに向かいましたが…。

いや、、楽しい。
とても広くルートも多数。天気良かったせいかそれほど混んでいなくて、登りたいルートをいろいろ登ることが出来ました。普段PUMP1をホームにしている私、壁の感じがどうかなぁ、登れるかなぁ、難しくないかなぁ…と少し心配していたのですが、5.10代前半までのグレーディングは少し甘めの印象。難しさをあまり感じることなく登ることができたような。一方で、作っている人の癖もあるのか、難易度が低くてもムーブが定まらないな…無理矢理登ろうと思えば登れるんだけど、いい感じにムーブが決まらない…と感じるルートもありました。

P1では5.10aでアップアップしている私ですが、ここでは5.10aは比較的余裕で登れる感じ、5.10bもふたつ登れちゃいました。ひとつはフラッシュ、もうひとつはオンサイトです♪ お買い得なのだとは思いつつ、嬉しい…。あ、そうそう、せっかくなので、ユージさんが作ったルートにもひとつトライしてみました。5.10dのルート。…終盤のトライですでに腕が疲れていたせいもあるのでしょうが、2クリップしたところで動けなくなりドロップアウト…。ま、いいんです、記念受験ということで。

あと、このジムは若い人率が高いですね。若くて上手な人の割合が高い印象です。だからといって、新参者のおばちゃんが登りづらい…という印象はなくて。広くて登るところがいっぱいあるから、かも。

思っていた以上に楽しく、いいジムでした。機会があればまたいこうと思います。
一緒に遊んでくださった皆様、ありがとうございました。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-11-19 00:06 | クライミング。 | Comments(2)

一歩ずつ前へ。

木曜日、山関係のセンパイ、KさんとPUMP1へ。

週1ペースで通おう!と思っているのに、最近はどうもうまくいかず2週に1ペースになっています。だめだなぁ。人と約束をして行くようにしないと、やっぱいいや、と行かなくなってしまうので、Kさんとお約束。

今回はちょとひかえめ、5本登って終了しました。それでも、5.9の課題は疲れていなければ余裕で登れるんだ、とか、垂壁の5.10bがもうちょっと頑張ればいけるんじゃないか(全然無理そう、ではない)とか、駄目なりにも少し前に進んでいるんだなって思います。

最近たまたま、意識の高いクライマーさんと話をする機会がありました(別に有名クライマーというのではなく、真摯に練習を続けている普通のクライマーさん)。そのうちのひとりは、クライミングが好きで、楽しくて仕方ない、という方。難しいルートに行くなら、しっかり技術を上げ、準備をして行くべき。登れないのに取り付いて後続に迷惑をかけるなんて、そのルートに登る資格がないと思う…というような話をされていて、ああたしかにそのとおりだと。

自分を振り返ってみて、心が痛い。。岩が好き、このルートに行ってみたい、とか言ってるけど、技術を上げる努力をどれだけしてるのかな。全然してないよね。やらなきゃうまくならないんだ。そしてやっていれば少しずつでもうまくなっていく、行きたいところに行けるようになるんだ。

…そんなわけで、「忙しい」を言い訳にせず、少しがんばっていこうと思います。
定期的に同じような反省を続けているけど。でも、がんばろうと思います。うん。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-11-01 22:17 | クライミング。 | Comments(0)

リハビリ中

最近、週1ペースでクライミングやってます。

8月はじめ、半年ぶりぐらいにPUMP1でロープクライミングをして、あまりに登れなくて笑うしかない状態。それではあまりにも〜なので、その翌週に前の山岳会の後輩とPUMP1に行きました。先週は沢に行っていたのでクライミングには行けず、今日、山岳会の王子を誘ってPUMP1へ。

彼と最後に登ったのが昨年の12月。どうやら彼はそれ以来のインドア・ロープクライミングだそうです。
12月に行った時はボルダリングもすごく頑張っていた時期らしく、5.10台の課題をすんなりと登っていたのですが、今回は…。「ムーブが分からない!」と言いながら登っていました。たしかに前回の彼とは全然違って、ある意味安心です(ああ、心狭いぞ、私)。

私は…といえば、少しずつですが戻ってきているような。前回登れなかった課題をいくつかRPし、5.10aの課題をいくつか触ってみて。持久力がないのは仕方ないけど、ムーブはだいぶ思い出してきました。もうちょっと登り込めば、うすかぶりの壁でも5.9ぐらいまでの課題は普通に登れるようになりそうな気がします(つまり今はそれも危ういのですよ)。

今日は結局10本ぐらいずつ登って終了。汗だく、ヘロヘロ。でも楽しかったです。
ありがとう、王子。

訪れるごとに、できることが少しずつ増えているような気がするのが嬉しくてしかたない今日このごろ。このまま最低でも週1、できればボルジムも含めて週2ぐらいで通えるとよいのだけど…。とりあえず、このままの調子でがんばっていきましょ。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-08-29 23:06 | クライミング。 | Comments(0)

ひさびさパン1

昨晩、久々にクライミングをしてきました。

向かったのはPUMP1。山先輩のKさんに誘われ、ロープクライミングをしにいきました。考えてみたら、PUMP1に行くのはたぶん半年ぶりぐらいです。その間、ちょこちょこっとボルダリングのジムには行っていましたが、それだって最後に行ったのはもう1カ月前ぐらい。クライミングって、行かない習慣がつくと、もはや行かなくなるのですね。行かないことで、自分の心の中で敷居がどんどん高くなり、気づけば半年…。

超リハビリモードで、5.7とか5.8とかの壁をタラタラとのぼったのですが、あっと言う間に腕が疲れました。おそらく5.10aぐらいまでのルートなら、ムーブは分かる。でも腕が終わっていてホールドを持つ手に自信が持てない…というパターンですね。最後に5.10aの課題をふたつほど触りましたが、1/3ぐらい行ったところで腕が張り、あとは各駅停車モード。…途中で下ろしてもらいました。とほほ。

いやー、わらっちゃうぐらい登れませんでした。まいったな、こりゃ。

K先輩も久々のクライミングジムであっと言う間に腕が疲れ果ててしまったらしく、1時間半ほどで撤収。さっさと赤羽に移動し、軽く飲んだくれて帰途についたのでした。

少し仕事も落ち着いてきたことだし、今後は足を運ぼうと思います。目標、最低でも週1で!
そんなわけで、クライマー友達のみなさん。クライミング(とくにPUMP1)に行くときは、声をかけてください。なるべくご一緒しようと思います。ひとりではなかなか「いこう!」という気にならないので、人様の力を借りようという算段でございます。よろしくおねがいいたします。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-08-09 19:42 | クライミング。 | Comments(4)

久々にクライミングモードになってます。

クライミングジムに最後に行ったのはいつだったろう? 3月に指をケガして以来? いや、そのあとに行ったっけ?…ま、そのぐらいごぶさただったわけです。岩登りには何度か行ってましたが。

夏の岩登り・沢登りシーズンに向けて、少し登れるようになっておきたいなと思い、仕事が一段落(というよりプチ失業?)したのもあって、水曜日、山岳会の集会の前にAKB PUMPへ。実は集会所からとても近いところにあるのです。久々だし、全然登れないだろうなと、おそるおそる壁に取り付きます。…久々過ぎて、テープの色(級)が替わってました。ひぃ。

紫(10、9級)、ピンク(8級)は無問題。濃緑(7級)もまあいける。これは大丈夫か?と黄色(6級)にも取り付いてみました。相性のよい課題だったのか、ちょっとどきどきしながらも登れちゃった。あれえ? ちょっとこれ、昔と全然替わってないんじゃないの〜? と、ちょとだけ気をよくして、1時間半ほどで終了。

そして今日(金曜日)、東京に出る用事があり、帰りに再びAKB PUMPへ。ピンク、濃緑で軽くアップして、黄色をいくつかトライ。2/3ぐらいはできて、1/3はできなかった。やはり得意なムーブのものはできるけど、苦手なムーブ、あるいはホールド(スローパーとか)のものは駄目なんだな。あと、ずっとやってなかったぶん、持久力がなくなってます。黄色をいくつかトライしているうちに、上腕がカチカチに張ってきました。くすん。それでもめげずに赤(5級)にもいくつかトライしてみました。…だめだこりゃ。ひとつもできやしない。結局1時間ちょっとで疲れ果てて終了。

でも、駄目なばかりじゃなく、水曜日にできなかった課題がふたつクリアできました。うひひっ。

ボルダリングでよいので、少しこまめに通って、クライミング力をつけていこうと思います。仕事帰りとかに、ちょっとだけでも足を運んでいれば、かわっていくような気がします。どうやらうちからも近く、仕事関係の場所からも近いAKB。いっそのこと回数券でも買っちゃおうかな。

話はまったくかわりますが、クライミングを始めたばかりのころにとてもお世話になったクライマーさんが、先日亡くなってしまいました。あまりにも突然過ぎて信じられなくて、気持ちが全然ついていかなくて。でも、もし彼が「千の風」になっているのだとしたら、きっとここにも来るのだろう。最近ずっとお目にかかってなくて、忘れられちゃってるかな、でもここで登っていれば思い出してくれるかな。ずっと昔に彼に言われたことを思い出しながら、今日は壁に貼り付いていました。

あなたのようには一生なれないけど、細々と、でもずっとクライミングを続けていきますね。
今までありがとう、そしてさようなら。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-06-22 21:35 | クライミング。 | Comments(0)

超・ひさぱん

金曜日の夜はクライミングジムへ。
同じ山岳会の王子と、PUMP1にいきました。

しばらくクライミングをさぼっているうちに全然登れなくなり、しばらく行かないうちに、ホームグラウンドのPUMP1が遠くなり、行きづらくなり…。11月末の岩登りで全く登れず、それはまずいと12月から少しずつボルダリングジムにいき始めました。で、PUMP1に行くのは本当に久しぶり。半年まではいかないけど、3カ月は行ってなかったと思います。岩にはときどき行ってたけど、クライミングジムでロープクライミングをするのは久しぶりです。

久しぶりなので簡単なルートから登り始めたら、3本ぐらいで腕がパンプしてしまいましたよ。
なんで5.9ぐらいでテンションかけてるんだ、自分。

一方の王子は最近ボルダリングをがんばっているらしく、以前一緒にロープクライミングをしたときよりずっと上手になっていました。やっぱり、若い人は上達が早いな(笑)。

18時ぐらいから登り始めて21時ごろまで登り、帰りはクライマーの友人達と赤羽で飲んだくれて(軽く飲むつもりがガッツリ飲みになってしまった)帰宅。久々に会う人もいっぱいいて、楽しい時間でした。

あまりに登れないのは悔しいし、登れたほうが楽しいに決まっているので、もうちょっとがんばろう。できれば週2ペースで通えれば、少しずつ登るカンも戻って行くだろうか。そして、やっぱりPUMP1はホームなんだと実感。行きづらくて足が遠ざかってしまっていたけど、これを機会に復活しようと思います。しばらくは簡単なルートを何本も登って、持久力を戻していかなくちゃだな。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2011-12-17 23:27 | クライミング。 | Comments(0)

久しぶり!

久々に、ほんとーに久々に、クライミングジムいきました。

仕事が忙しくなり、なかなかジムにいけず、いかないとなんとなく行きづらくなるのです。いきつけのジムも、いきたいと思っているジムも、自宅からは30分ぐらいかかります。イケイケなときは何とも思わずに行ける時間なのに、行かなくなると、この30分がハードルになるのですね。。

しかし!来月末には久々にマルチのルートを登る(それもトップで!)。冬もちょっとは岩登りにいきたい。
多少なりとも登るカンを取り戻しておきたい。できればうまくなりたい。

ぽっかりあいた仕事のあいま、意を決して、西日暮里のボルダリングジムにいってきました。
メインのフロアには上手そうな常連さんがいらしていたので、人見知りで小心者の私はこっそりと、2階の小さなエリアで、ひとりこそこそとクライミング。一番簡単な色(ピンク)のテープ課題をひとつずつ進めていきます。大半が登れて、ちょとだけほっとします。気をよくして、次に簡単な色(赤)をしてみると…むむ、できない!(自分にとっては)急に難しくなりました。とほほ。…それでもいくつかは登れました。登れるのが1/3、登れないのが2/3ぐらいでしょうかね。

ちょっと疲れたな、と思ったところでタイムアップ。さくさくと帰宅したのでした。

やっぱりクライミングは楽しいな。久々にいい汗をかきました。ルートだとけっこう長居してしまいますが、ボルダリングだと集中して1時間とかできるのがいいですね。ひまをみつけて、少し登り込もうと思います。
[PR]
by toshizo-Ni | 2011-10-27 19:50 | クライミング。 | Comments(4)

初ジム。

今日、仕事のあいまをぬって、クライミングジムにいってきました。

いつものPUMP1ではありませぬ。

夜に東京駅近くで山関係の会議があり、会議の前にちょとだけ行けるところ…と考え、西日暮里にある「ライノ&バード」というボルダリング専用のジムに行ってみることにしました。もちろん初めてです。てか、ボルダリング専用のジムに行くのが初めてです。ええ。

電車に乗っている時間は10分弱、西日暮里駅からも歩いて数分。うちから案外に近いみたいです。

ドキドキしながら館内に入り、会員カードを作ってもらい、簡単な説明をしてもらって、さっそく壁に。…むむ、ボルダリングエリアしかない。小さい。…そりゃそうか。一応7級から課題があるようです。…むむ、7級かぁ、PUMP1の壁だと9級からあるんだけどな…、全然登れないんじゃないだろうか…とドキドキしながら触ってみます。

…あ、一番簡単なピンクの課題(7級)はとりあえず登れるみたい。でも、どっかぶりエリアのピンク課題は全然だめだった。そういえば登り込んでいたときも、どっかぶりのボルダー課題は登れなかったっけ。赤(6級)は登れるのと登れないのが半々ぐらい…かな。

このジムに行った知人たちいわく、ゴールが高いところにあって怖い…。ああ、たしかにボルダリングの割には高さがありました。一番上のほうまで行くと、ちょっとドキドキしてきます。手を出して落ちたらどうしようとか、ゴールタッチして、下りられなかったらどうしようとか考えてしまって。…でも、一応床はマットだし、不意落ちしなければちゃんと受け身の態勢で落ちられるんですよね、うん(…ということを、4月の長瀞ボルダーで理解した私)。

1時間ぐらい黙々と登って、ちょっとよろよろになったところでタイムアップ。撤収して会議に向かったのでした。

西日暮里、仕事の行き帰りに便利かも。ボルダリングなら、チョークと靴だけ持って行けば登れるし、どうせそんなに長い時間はもたないし(涙)。…というわけで、ときどき行ってみようと思います。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2011-06-17 00:28 | クライミング。 | Comments(2)