休養こそ一番の薬。

木曜日もひたすら取材の日。

天気予報では雨マークでしたが、とりあえず曇りで天気がもってくれて、本当に助かりました。徒歩移動のとき、雨が降っているというのは本当に気が滅入るものだし、この時期の雨は本当に寒いですから。

前日は「声が出ない」という状況でしたが、この日はさらに悪化。声は出ないが咳は出る、という非常によろしくない状態。咳をがまんしながらかすれ声で取材をし、お店を出たと同時にゲホゲホと咳き込んで。かなり苦しかったです。それでもお店のみなさんのご協力もあり、取材はとどこおりなく終了。ありがとうございます。

自宅に戻っても咳は止まらず、なんとなくだるい。しかも各店で試食をしたのがよろしくなかったのか、なんとなく気持ちも悪い。ニシたろには悪いのですが、食事の支度はできず、ふとんにもぐりこみます。途中、何度か目を覚まし、咳き込んだり吐いたりしながら、それでも結局今朝まで10時間以上休んで…。ようやく症状がおちつきました。

今も声は出にくいのですが、昨日よりずっと状態はよくなりました。ホントは昨晩のうちにいろいろ仕事進めたかったのだけど、思いきって休んでよかった。さて、もう少し頑張るかあ(でも頑張り過ぎないようにしなくては、ね)。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-11-30 09:52 | 日々のつれづれ。 | Comments(0)

ボヘミア〜ン!(涙)

昨日に引き続き、今日も取材です。

今日は埼玉県西部へ、カメラを担いでの独り取材。どのお店もとてもすてきなお店で、いろいろと楽しい話が聞けました。本日まわったのはあまり「観光地」ではない地域ですが、他の地域からも訪れたくなる、美味しいお店がいっぱいでした。

さて、昨日は喉の痛みと咳に悩まされ、最後には「超・だみ声」となってしまいましたが、今朝起きたら、なんと声が出ない!ウィスパーボイスって言うんですかね、無声音? 焦ってうがいをしたり、お茶を飲んだりしますが、効果なし。しかし今日は取材が6軒。今さらキャンセルするわけにはいきません。時間がたてば声がもとに戻ることを期待して、取材先に向かいます。途中にはのど飴を買って、ずうっとなめて。

…だめでした。
終日「調子の悪い葛城ユキ」状態(このギャグが分かる人、間違いなく35歳以上ですね?…笑)。ときどき調子がよくなることもあるのですが、突如かすれて、さらに無声音になり、の繰り返し。お店のみなさんには、本当に御心配&御迷惑をおかけしてしまいました。ごめんなさい、ごめんなさい。

救いなのは、風邪の症状が「声」だけだったこと。喉の痛みも、熱も、頭痛も、胃痛・腹痛などもなく、昨日は止まらなかった咳も今日はほとんどなく。しかし、しゃべってナンボの世界で声が出ないと言うのがこんなにつらいこととは。

さて、明日も終日取材ですが、、私は声を取り戻せるのか? つづく。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-11-28 21:47 | 日々のつれづれ。 | Comments(2)

ゲロゲ−ロ。

今日は予定通り(涙)仕事で清里日帰りです。

ガイドブックの取材でした。お店の件数はそれほど多くなかったのですが、飲食店が3軒、それからソフトクリームの撮影…。吐く息も白くなるような寒空の下で、ソフトクリームを撮影して、終わったら食べて。食べ終わる頃には体も冷えきってしまいます。夏場なら楽しいのでしょうが、この時期はホントに過酷な取材でした…(苦笑)。

数日前から喉の痛みがひどく、咳がよく出ます。
熱はなく、風邪ではないのだな、と思っていたのですが、どうやら今年の風邪は「熱はないが喉が痛くなり、その症状が2週間近く続く」というのが流行のようです。久々に流行に乗ったぜ。…いや、違う。全然違う。

取材の仕事というのは、基本的にしゃべりっぱなしになります。
お店の人とお話をずっとしていますし、移動中も、カメラマンさんとずっとお話をしていることが多いです。今日は、移動中はずっとのどあめをなめ続け、咳が止まらなそうになるとお茶を飲んだり、だましだまし過ごした1日。正直なところ、取材中はあまりのどの痛みも感じません。…が、取材がひとつ終わると、どーっと疲れて。

すべての取材が終了したら、すっかり「オッサン声」になっていました。
まるで「青空球児・好児」の球児さんのようだわ。ゲロゲ−ロ!(この意味が分かる人、あなたはそろそろ40過ぎですね?…笑)。いや、しゃれになりません。それでも、明日も明後日も取材が続くのですよね。明日は6軒、明後日は5軒。終わる頃にはどんなだみ声になっているのか…。おっかないような、楽しみなような(大嘘)。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-11-28 01:28 | 日々のつれづれ。 | Comments(3)

うちあわせ。

今日は夜に打ち合わせが1件。

来年早々に立ち上げる、ガイドブックの改訂版の打ち合わせです。もといた会社で行なっていた仕事をこちらで引き受けることになり、いままでの改訂版でもお仕事をお願いしていた方と、お仕事の段取りについてお話をさせていただきました。いままでどのように仕事をしていたのか、今回どのようにお願いしたいのかを詰めます。

この方は、仕事仲間、というよりも、北海道旅行をしていた頃の「旅の先輩」。私がもといた会社でしていた「北海道のガイドブック」の編集・取材スタッフだった方で、山好き、花好きは彼女の影響を著しく受けています。愛用している山用の雨具は彼女が着ているのと同じメーカーのものだし。

お会いするのはたぶん1年以上ぶり。
仕事の話はそこそこに、最近の旅の話、山の話などで盛り上がります。私は「旅」のほうは引退してしまいましたが、彼女は今も旅も山も現役。旅行ガイドブックの仕事をしている身には、旅人の話…どんな人がどんなふうに旅をしているのか…がとても参考になります。楽しく実りあるひとときでした。

ちなみに、今日は魚料理がメインらしい和風創作料理のお店に入りました。
魚のよさがウリのお店だったようなのですが、うーん、、ちょっとオシャレすぎ、創作度が高すぎ、あまり馴染めなかったなぁ。。あとで聞いてみたら、先輩「私、肉料理が好きなのね…」、、わ、私もです(爆)。

さて、明日は日帰りで清里取材。日帰りですよ、ええ…(嘆息)。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-11-27 00:53 | 日々のつれづれ。 | Comments(2)

秋のお茶会

3連休の最終日、お茶会でした。

実家のある埼玉県S市で行なわれた市民のお祭りで、うちの師匠が茶席の席持ちをし、社中一同で参加したのです。お茶の心得のない人も訪れるお茶会だったのですが、師匠が持ち出した道具は棚から茶碗、掛け軸などにいたるまでよいものばかり。目の保養になりました。

しかし、おてまえのほうは…(汗)。2回しましたが、1回めは間違えっぱなし。久々に座った瞬間に頭が真っ白になりました。いやぁ、まずいまずい。2回目は落ち着いてできましたが…。しかし、お茶会というのは、ふだんとは違った「気を遣う」場です。お客様に気を遣い、先輩方に気を遣い…、正直、非常に肩がこります。もうガチガチです(苦笑)。

今日は、エンジ色の江戸小紋に、黒っぽい名古屋帯をあわせました。地味めな組み合わせだったので、黄色の帯締めと辛子色の帯揚げをアクセントに。

ちなみに…、この江戸小紋、いろいろな柄がパッチワークのように染められている、遊び心のあるデザインです。伝統工芸士の手によるもので、買ったのは着物の着付けを始めて間もないころ。…今思うと、フォーマルに着るにはややくだけていて、でもカジュアルに着るにはちょっとモノがよすぎる。通常の鮫小紋とかにしておけば、フォーマルな茶会でもどんどん着られたんだけどなぁ。着物って、こんなふうに、あとから「…失敗した」と思うものが多いような気がします。

とりあえずお茶会が無事に終わってよかった。
さて、今週も「炎の仕事週間」。がんばろう、がんばれ、自分。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-11-25 23:01 | 和もの。 | Comments(2)

冬が来る。

いや、最近毎日寒いです。

ここ数日で一気に寒くなったような気がします。改修工事を行なっていた我がマンションも作業が終わりに近付き、マンション全体を被っていた鉄の足場やビニール?のシートが撤去されました。そしたら…外に出ると風がビュウビュウで寒い寒い。朝はきれいな青空、夕方は真っ赤な夕焼けが眺められてよいのですが、寒さが身に染みます。

何が悪かったのか、どうやら風邪をひきかけているようです。
ずっと喉が痛いです。いつも喉と鼻の奥に何かがひっついているようです。

しかし! ここで倒れるわけにはいかないのです(いや、倒れられたらどんなに楽か…)。来週は手持の仕事がひとつ大詰めを迎えます。ここで一気にたたみかけなくては、明るい12月はやってこないのです。しかし、毎日取材、そして夜に打ち合せも数回。ホントに体がもつんだろうか。いや、何とかするしかないんだな。

週末の山の予定をつぶしたおかげで、今できる仕事はかなり片付いてきました。あとは来週をより快適に過ごせるための原稿の下準備を進めていけば、明るい12月が見えてくるはず。

そういえば。
昨日、今日で書いていた原稿は、毎年しているガイドブックのグルメ特集。今年はなぜか例年より文字数が多く、以前の取材メモなどをひっくり返しながら原稿を書いています。この仕事を始める前にはほとんど行った事がない地域なのに、ずいぶん足を運んでたんだなぁ。。ちょっと感慨深いものがありました。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-11-24 18:26 | 日々のつれづれ。 | Comments(4)

はまるぅぅ〜。

久々の大ヒットです。いや、はまりそうです。

おせんべいやさん本舗煎遊「黒胡椒せん」
http://www.osenbeiyasanhonpo.jp/shousai-usuyaki.html

いただきものなのですが、いや、、すごいです、これ。
雑誌やテレビの「お取り寄せ特集」などでよく取り上げられているようです。薄焼きのおせんべいに黒胡椒がパラパラまぶしてあるんですが、まずお煎餅の醤油味が上品で、硬さ加減もちょうどいい。で、ピリピリっとくる黒胡椒は、辛いだけでなく香りがよいのです。すべてによい素材を使っているのでしょうね。絶妙の組み合わせです。

「やみつきになる味だ」と言われましたが、ホントにそのとおり。手がとまりません。ビールに合うとも言われましたが、これも納得。ちょうど家にビールがなく、ビール買うまで残しておこうと一瞬思ったのですが、無駄な努力でした…(苦笑)。

調べてみたら、駒込にもお店があるようなので、行ってみよう。
もちろん帰りにはビールも買ってね(笑)。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-11-22 17:48 | 日々のつれづれ。 | Comments(0)

町の紅葉

連日取材で駆け回っています。

今日は午前中に一軒だけ取材で埼玉県西部へ。うかがったお店は駅から歩いて15分ぐらいのところにあるのですが、お店の近辺が見事なカエデの街路樹でした。葉が大きくて、切れ目のしっかり入っているカエデだったのだけど、なんていう種類だろう…。終わりかけではありましたが、真っ赤に色づき、落ちた葉は歩道に散り。本当に美しい歩道でした。お店の人にお話をうかがうと、この街路樹を目当てに散策に訪れる人も多いのだとか。

いつのまにか紅葉は山から里に移り、町もすっかり木々が赤く、黄色く色づいているのですね。駅の近くを歩いていると、ケヤキかな?金茶色の葉が風に舞い散っていました。自宅付近も、よく行くスーパーの入口のケヤキはすでに黄色くなっていました。街路樹のイチョウはもう少しあとになりそう。

忙しく余裕のない毎日ですが、ちょっとした景色に心を癒されています。

週末は久々にテント泊で雲取山に行く予定でしたが、自宅で原稿書きをがんばる(がんばらなくてはいけない)ことになりました。天気よさそうだし、すごく残念&悔しいのだけど、しかたないですね。もし奇跡的に仕事がうまく進んだら、1日ぐらい近くの山を駆け巡るか、半日ぐらいクライミングジムで遊びたいな。御一緒するかた、いませんか?(笑)
[PR]
by toshizo-NI | 2007-11-21 13:58 | 日々のつれづれ。 | Comments(0)

伸び悩み・東吾野の岩場

今日は岩登りの日。

山先輩のしっぷろっくさんと、久しぶりに東吾野の岩場へいってきました。しっぷさんと御一緒するのも、この岩場へ行くのも、久しぶりです。最後に来たのは今年の春先で、今年はずいぶん岩にも行ったし、リードもできるようになった。進化した状態で楽しめる…と思っていたのですが、…全然駄目だった〜。

3級のルートはリードで余裕でいくも、その次に登ったルートは途中で手詰まり。10分近く粘って、結局おろしてもらいました。とほほ。同じルートをしっぷさんにリードでもらってもらい、セカンドでなんとか登ったのでした。あとでルート図を見たら、4級のルートを、途中で5級に入ってしまったらしい。…はじめにルートをきちんと見ずに、その場で楽そうなほうに登ろうとしてしまう欠点を指摘されます。うーん。。

その後、6級を登るしっぷさんのビレイをし、最後に4級のルートを登っておしまい。最後は少し落ち着いて登れた…かな?その後は日帰り湯で汗を流し、打ち上げでお店を3件ほどハシゴ。たのしゅうございました。

うーん。
積極的に外岩に出ているわりには、それが成果に結びついていないような気がして、なんとなくへこんでます。…でも、考えてみたら、この岩場に最後に来たとき、リードもできなかったわけで、それに比べてみれば多少は、進歩しているんだろうか? それにしても、いつも思うことだけど、もう少し余裕を持って楽しく登れるようになりたいもんです。そんな日がいつか来るんだろうか…(苦笑)。

さて、今週・来週は炎の仕事週間。気持ち切り替えて、がんばろ。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-11-19 00:39 | 山や岩のこと。 | Comments(0)

七五三

幸せのおすそわけ、ですね。

今日は、姪の七歳の七五三のお祝でした。義姉の着物を着付けるというビッグイベントがありましたが、無事にミッションクリア。久々に、ホンモノの人間(!)に着付けをしたので、かなーーーーり緊張でした。時間もかかりすぎず着付けができ、とりあえず着崩れなく、苦しくなく着ていただけたようでよかったです。

七五三といっても、7歳ともなると、子供というより、すっかり「おねえちゃん」なのですね。2週前には妹の子の3歳の七五三でしたが、大きさが違う(当たり前だけど)。きちんと日本髪を結って簪をつけて、総絞りの着物は本当によく似合っていて、よかったなぁ。たぶんヘアメイクと着付け、かなり時間もかかるし、慣れない着物は重くて苦しくて大変だったと思うけど、よくがんばってました。

地元の神社でお参りしてから、食事会。楽しいひとときでした。

ちなみに私も久々に着物を着ました。淡い紫の訪問着に白っぽい帯を合わせて。着慣れていると一日着ても問題ないのですが、久々だとなんとなく疲れが出ますね。自宅に戻ってからちょっと横になったら、あっという間に数時間たっていました…苦笑。

結婚式もそうだけど、「幸せな集まり」って人を幸せな気分にさせてくれますね。幸せなオーラに包まれて、満たされるというか…。いい1日でした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-11-18 02:13 | 和もの。 | Comments(0)