ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧

<   2007年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

穏やかな年の瀬

d0100314_1427296.jpg
のんびりと自宅で過ごす年末。しばらくぶりだなぁ。。

昨日は、前日の飲み会の余韻をひきずり(つまり二日酔いですね)、日中はまったりモード。リビングのカーテンを洗濯したあとは、とくにすることもなくゴロゴロ。昨晩帰宅すると、ゲラが2件分届いていましたが、締切がいずれも年明けでよさそうなので無視(いや、日中はゲラを読めるようなモードではなかったので…)。すみません。

そういえば、と思い立って、アイゼンの爪とぎにトライしてみました。使い始めてそろそろ5年になりますが、一度も爪をといだことがなく、かなり丸くなっていました。先日山道具屋さんに行って話をきいたとき、爪の丸くなったアイゼンだと、氷でホントに滑るし、かえって危ないと言われ、一念発起。慣れない作業でかなり手間取りましたが、なんとか10本爪×左右足できました。よかったよかった。

夜は、私の実家で食事会。両親と妹・姪、叔母夫婦と、彼らが懇意にしている力士さんと、焼肉に舌鼓。あいかわらず姪っこには激烈に好かれているようで、ずうっとペタペタされていました(笑)。有り難いことです。

で、今日は少し早起きして、おせち料理作り。今年は正月も自宅で過ごすので、あれこれ作ってみようと思っているのです。ちなみにお煮染め以外は初トライです。とりあえずなますと田作り、お煮染めは完成。あとは昆布巻、伊達巻きなどを作る予定。料理は決して得意ではないのですが、楽しいかも。

夜はお蕎麦たべて、テレビ見て、地元の夜祭り「狐の行列」でも見に行くかも。穏やかな年越になりそうです。

今年もいろいろなことがありました。いいことばかりではなかったはずなのだけど、こうやって食べ物のいい匂いをかぎ、窓の外に広がる青空を眺めながらパソコンをたたいていると、なんだか今年もいい一年だったなぁ、という気持ちになります(幸せなヤツですね)。

何はともあれ、無事に1年を終われることに感謝。たくさんのよい出会いがあったことに感謝。来年もどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-12-31 14:29 | 日々のつれづれ。 | Comments(0)

登りおさめPUMP

あまりの悪天候のため、週末の年忘れ山行が中止に。

…となれば、行くところはひとつしかありません。土曜日、山行に同行する予定だったHちゃんと朝10時半に待ち合わせをし、向かった先はPUMP1!…一昨日が登りおさめじゃなかったの?というツッコミはなしでお願いします(笑)。 

1階のボルダーエリアでちょっとだけアップして、2階のボルダーエリアへ。Hちゃんは2階初体験です。傾斜の強い壁にかなり苦心している様子。私は例によっていちばん簡単なピンク課題(8、9級)ものしかしません。が、ひとつだけオレンジ課題(6級)にトライ。スタンスをあれこれ考え、とりあえず落とせたのでよかった〜。いつもなら2階で登り過ぎると腕が疲れてルートができなくなると考えるのですが、今日は時間がいっぱいあります。

お昼を食べたあとにはルートエリアへ。思ったより混み合っておらず、わりと好きなところが登れてよかったなぁ。久々にスラブ壁の赤■(5.9)を登りましたが、久々すぎてムーブをすっかり忘れておりました。とほほ。今日は難しいものにトライというより、今まで登ったことのある5.9や5.10aの課題をゆるゆると登る感じでした。2時過ぎると、スクールの仲間たちがぼちぼちと登場。みんなでワイワイと登ります。

遊んでいると、スクールの先生だったMr.が登場。コンペの練習?で登りたいとのことで、仲間たちと交互に先生のビレイをしつつ、見学します。無駄がなく、美しく、かつ大胆なムーブの連続に思わずため息。Hちゃんも「人間って、こんな動きができる生き物なんだ〜」と感動していた様子。スクールでもないとMr.が登っているところなんてなかなか見られないし、クリスマスプレゼント?少し早いお年玉??みたいな気分です。

最後に、前回宿題となった、ほこら右壁のピンク棒(5.10a)にトライ。ずいぶん遊んで疲れてるし、どうかなぁと思いましたが、RPできました。よかった〜。やっとこれで年が越せます。Hちゃんは、5.7と5.8の壁でリードにトライ。最後にはトップロープで5.10aの課題も登れてとても楽しかった様子。よかったよかった。

夕方からは、中止した山行の参加予定者ほか数名が集まって、残念会(という名の飲み会)。運動したあとのビールは本当においしい! 思いきり飲み、食べ、語り、時間が過ぎていきました。しかし、17時半から飲み始め、2次会がお開きになったのは夜中の1時半…。なにやってんだか(笑)。

今年の登りおさめ&飲みおさめですね。
気持ちよい時間が過ごせる仲間たちの存在に感謝。来年もよろしくお願いします。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-12-30 13:47 | クライミング。 | Comments(0)

年末のマダムクライマー

午前中にプチ大掃除も終わり、いい気分。

午後からでもOKですよ、というボンさんのお誘いを受け、久々に「昼下がりのマダムクライマー」変身。PUMP1にいってきました。冬休みなのか、1階のボルダーエリアには子供達がたくさんいましたが、ルートエリアはガラガラ、登りたいルート選び放題。うひひ。ボンさんと交互に登ります。

最近登りこんでおらず、全然自信がないので、ゆるゆるモードで、できそうな課題ばかりこなします。はじめにsora壁の緑■(5.8)でアップ。先日痛恨のワンテンをした苦手課題、ウェーブ壁の黒■(5.9)もとりあえずクリア。調子にのってsora壁の水色■(5.10a)をオンサイト。うん、気持ちいい。

で、ほこら右壁のピンク棒(5.10a)にトライ。…が、ホールドの見落としが多く、ワンテン。もう一度トライするも、はじめにワンテンしたところはクリアしたものの、その後腕がいっぱいいっぱいになり、テンション。もう1手ガマンすればいいホールドだったのに。ああ悔しい。で、ラストに富士山壁の赤■(5.9)をクールダウンで登っておしまい。

ボンさんはあいかわらずバランスよく、きれいなムーブで登っておられました。アドバンススクールを経て、力強さも加わったような。気持ちよく登ってもらえるよう、魂のビレイをさせてもらいましたよ(笑)。

とりあえず今年のクライミングはこれで最後…のはず?
今年はクライミングの楽しさに目覚めた年です。スクールに通い、ルートを一緒に頑張る友達も増え、充実していました。外の岩にもずいぶん足を運んだな…その割に、グレードが上がっているわけではないのですが、まあいいか(笑)。

おつきあいいただいた仲間の皆様、PUMP1のスタッフの皆様、本当にありがとです。
来年もどうぞよろしく。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-12-28 00:52 | クライミング。 | Comments(2)

年越の準備

もういくつ寝ると…??

すでに仕事をする気はほとんどなく、午前中にライターさんと電話で軽く打ち合わせしたぐらい。あとは1件返事待ちの案件があるけど、さほど急いでいるわけでなく。

なので、プチ大掃除。
昨年は引っ越して1年未満だったので、ほとんどいや全く大掃除らしきものはせず。今年は前から気になっていた食器棚の掃除を。中身を出し、棚を拭き、食器を戻します。ついでに、よく使うけど出し入れしづらい場所に入れていたものを、出しやすい場所に置きなおしたり、使わないものをしまったり。うーん、気持ちいい!

あとは掃除機をかけ、普段拭かない扉などを拭き、冷蔵庫の中を拭き中身の整理をして。ああ、スッキリ! 明日、カーテンの洗濯をすれば、とりあえず大掃除は完成、のはず。

今年は年末年始を自宅で迎えるので、おせち料理もどきにもトライしてみようかと。…昨年も同じようなことを言っていましたが、突発的に両親と旅行になり、作れずじまいでした。今年はたぶん予定なしなので(笑)、煮物やなます、できたら黒豆とかだてまきとか、作ってみたいなあ。

ちなみに。
昨年同様、12/29-30に年忘れ山行にいってきます。場所は赤岳…ですが、天気予報ではかなり荒れ模様。行者小屋で宴会してそのまま下山の可能性大です(いや、それはそれで楽しいと思うのですが)。楽しんできます。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-12-27 13:57 | 日々のつれづれ。 | Comments(2)

ないものはない、ではすまない。

どこかの国の大臣殿がおっしゃっていましたが…、全然違う話題です。

現在している仕事は、山道具のハウツーもの。おもな山道具についての解説と、商品カタログのページから成り立っています。山道具全般のハウツーについては、自分も実際に使っているユーザーだし、どんなものが必要で、何がポイントなのかは分かります。今回はお店の方々からお話もうかがえて、最近の傾向なども得られました。

が。問題はカタログページ。
それこそ星の数ほど…というと大げさだけど、ある商品の中から、よさそうなものを選び、紹介する。ここ数回、同じお仕事をさせていただいてますが、この「選ぶ」作業が自分には難しいのです。普段から山道具屋に足を運んで商品の傾向を見たり、売れ筋の商品、新製品などをチェックしておけばよいのですが、なかなかそこまで手が回りませんでした。というより、下手に山道具屋に行くと、余計なものまで買いそうで怖いんだもの!(爆)

事前の情報収集、知識の貯えが、本当に大切。クライアントが全部お膳立てをしてくれて、あとは取材して原稿かくだけ〜な仕事なら、付け焼き刃でもなんとかなる。でも、企画から自分でするような仕事の場合、対象となる素材をどれだけよく知っているかがカギになります。これはもともとの守備範囲である旅行ガイドブックでも同じこと。そのエリアの最近の流れや旅行者の動向が見えていないと、旅行者に使い勝手のよい、おもしろいガイドブックはできない。

仕事として受ける以上、知識がない、わからないではすまない。
読者に役立つ、よりよい情報を提供したいと思う。…来年の課題は「知識の蓄積」ですね。ただ受けるだけの仕事から一歩前進、をめざそう、うん。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-12-26 14:48 | 仕事のこと。 | Comments(8)

年賀状かき

クリスマスイブは、ひたすら年賀状書き。

イルミネーションを見にいくわけでもなく、クリスマスディナーに行くわけでもなく、まったりと自宅で過ごしたのでした。唯一クリスマスらしいものといえば、ケンタッキーフライドチキン(ニシたろが買って来てくれました。ありがとう)。

日中は、年賀状の裏面をPCで作り、プリントアウトして。毎年、一般用、山&旅仲間用、仕事用の3パターンを作ります。それぞれすでに決まったフォーマットに、写真や図柄を差し換えるだけという簡単作業。一般用はニシたろと一緒に映っている写真が例年だったのですが、今年はよいものがなく、夏休みの夫婦旅行の風景写真です。ちょっと寂しい…(苦笑)。山写真も、今年はひとりで映っているものがほとんどなく、選定に苦慮。

裏面はパソコンですが、宛名はいつも手書きにしています。もちろん宛名を印刷してしまうこともできるのですが、なんとなく、宛名と裏面につけるコメントは手書きにこだわっているのです。すみません、古い人間で。

私の場合、年賀状をやり取りする人たちって普段あまり会えない人が多くて、宛名を書くことで、どうしてるかな、元気にしてるかな、とその人たちを思い出す、という効果があります。そしてちょくちょくお目にかかっている人の場合は、来年もよろしくね、の意味を込めて。メールである程度のものは足りてしまう世の中だけど、やっぱり年賀状を書くのが、もらうのが好きです。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-12-25 13:05 | 日々のつれづれ。 | Comments(4)

黒子たちのクリスマスイブイブ

この週末は着付け三昧。

土曜日は振袖の着付けの練習会。大きな会場を借り切っての合同練習会です。昔からの仕事仲間と久々に会いました。着付けをしたり、モデルをしたりしましたが、みんな上手くなっているんだなぁ。。ちょっと焦るけどしょうがない。こんなことを言ってはなんだけど、「できることしかできない」のだから。この日はいつもの相方が不在なので、とりあえず「作業の確認」に力を入れます。

日曜日は、着付けの試験。成人式にお仕事をするため、毎年必ず受けなくてはいけない技術チェックです。2人組で、20分で着物を着せなくてはいけません。1回目、相方ともども思いきり浮き足立ってしまい、いつもしないミスを連発。ちっとも美しくないできばえで、先生から非情の「やり直し」宣言。嫌な汗が流れます。が、気持ちを落ち着かせて再トライ。やっといつもの調子が戻ってきました。作業をしながら落ち着け、焦るなと自分に言い聞かせ、なんとか合格。よかったです。

試験が終わってから、先生ともども軽く打ち上げ。「クリスマスイブイブパーティーだね」と盛り上がります。試験のプレッシャーから逃れた面々、美味しいものを飲み、食べ、大騒ぎ。さらにそのあと、帰りながら東京ドームのイルミネーションを眺めて。ちょうど花火など打ち上がっていたりして、なんだかラッキーでした。

まだまだ技術を安定させないといけないし、課題はいろいろありますが、とりあえず気持ちよく年が越せそうです。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-12-23 22:51 | 和もの。 | Comments(0)

今年の山行:select5

水曜日は所属する会の忘年会。
1年の無事を喜び、ともに山行を重ねた仲間達と飲んだくれてきました。

各自で「今年のベスト山行」を発表するので、改めて自分の1年を振り返り。今年の5本、はこんな感じです。

1、前穂北尾根&滝谷(10月)
会の熟練の先輩方と。山行のお誘いがあってから、何度かの岩登り訓練会を重ね、幹事を引き受けて諸々の調整を行なった、思い入れの強い山行です。結果的には岩で難航し、道なき道をへたれながら歩き、先輩方に支えられボロボロだったわけですが、天気にも恵まれ、最高のデビューを果たすことができました。

2、八ヶ岳天狗尾根(2月)
ふかふか雪のラッセル、ルートミスでしょっぱい岩登りを強いられ、体力切れで凍傷。冬期バリエーションで思いきり痛い目を見た山行です。体調管理、山行に対する姿勢などいろいろなことを考えさせられ、それらは自分のその後の山行に大いに反映されている…と思いたいです。ちなみに、5月GWに同ルートを踏破。感激ひとしおでした。

3、劔岳(9月)
会の同期、Hちゃんと2人でのテント泊。昨年10月の連休で暴風雪→撤退という思いきり痛い目を見ましたが、今回は天気に恵まれて最高の山行となりました。昨年真っ白で何も見えなかった空間には、美しいツルギの山容が。カニのタテバイ、ヨコバイなど岩稜歩きも気持ちよかった…。劒って本当に素敵な山でした。

4、西穂〜奥穂縦走(8月)
これも会の先輩方と。以前から歩いてみたいと思っていたルートで、急きょ山行が決定したのでした。天気もよく、安全に楽しく岩稜歩きができました。でも2日目の西穂山荘〜涸沢までは行動時間12時間以上。長かった…。

5、二子山中央稜線(11月)
登山ではないのですが…。一応「つるべで登るデビュー」でした。いや、ボロボロだったのですが。ズル登りいっぱいしたのですが。しかもフォールしましたが(涙)。今期の最終目標が「つるべで岩登り」だったので、とりあえず。

********************************
今年は基本的に、「会の人と行く山行」ばかりでした。だんだん「気心の知れた信頼しあえる人と登りたい」と考えると、そうなってしまいますね。また、今年は自分にとっては「アルパイン元年」。完璧におんぶにだっこ、ではなく、すこしずつ自分も参加する立場で行きたいと思い始めました。ただ、技術的にはまだまだおんぶにだっこ状態ですが(笑)。少しずつ精進していきたいと思います。

来年も安全に、楽しく、自分の山行の幅を広げていきたいと思っています。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-12-21 14:38 | 山や岩のこと。 | Comments(0)

寝違え。

谷川から一夜明けたら、首が回らなくなっていました。

寝違えです。首の左側の筋がキンキンに張っているようで、全然曲がりません。もともと最近肩から首にかけてひどく凝っていたのと、雪上訓練で重い荷物を担いだのと、どっと疲れたのが全部重なったのでしょうね。久々にひどい状態です。3日たちましたが、全然治る気配がありません。むしろ悪化?そんなばかな。

しかも、もともとの肩こりと変なふうに連動しているのか、ずっと仕事していると、すごく気分が悪くなってきます。熱とか咳はないので、たぶん風邪ではないんだな(もちろん仕事イヤイヤ病でもないことを願う)。昨日、今日と午前中は取材。終わって自宅に戻り、原稿をかかなくてはいけないのだけど、全然進まなくて、ちょっとヤバ。

調べてみると、寝違えというのは、首から肩の筋の「炎症」なんだそうで、温めたり揉んだりするのはNG。冷やすのが正しいのだそうです。…知らずに揉んでましたよ。お風呂にゆっくり入って温めてましたよ。治らないわけですわ。あとで冷湿布買ってこなくちゃ。

今週は仕事で、山道具のお店の方々にお話を聞きにいっています。道具のこと、登山全般のこと、いろいろとためになるお話を聞けて、有り難いことです。そのへんの感じたことはまた後日書いてみようと思います。…とりあえずこのあとは原稿書きをがんばらなくちゃ。ファイト、ファイト。寝違えに負けるな、自分。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-12-19 13:22 | ぼやき。 | Comments(2)

雪上訓練・谷川岳

土日に、所属する会の雪上訓練にいってきました。

今回の訓練地は谷川岳西黒尾根。登山歴数十年のベテラン、S親方をリーダーに、総勢5名。週末は悪天候…という予報でしたが、「冬山に『中止』という選択肢はない」という親方の鶴の一声で開催決定。

初日は土合から西黒尾根にとりつき、小ピークの先の広場まで。今回はロープや食料を背負っていて、重量およそ20kg。重さがかなりこたえますが、歩き始めてリズムが掴めてくると、足も進むようになりました。尾根に出ると周辺の山々がきれいに見渡せて気持ちいい! テント設営後に深い雪の斜面をラッセルする訓練や、滑落停止訓練(といっても雪がフカフカすぎてあまり訓練にならず)などをしました。

訓練後はテントで飲み、食べ、語り。夕食のキムチ鍋、一応好評でした。そして夜は満天の星空に感動。気温もそれほど下がらず、気持ちよく眠れました。

日曜日は朝から軽く吹雪(ある意味予定通り…)。とりあえずいけるところまで行くということで、ザイルをつないで稜線をラッセルしながら進みます。森林限界をこえてしばらく歩いたところで、「この先は雪崩の心配もあるので、今日はここで引き返そう」という親方の判断により、来た道を戻ります。途中、ちょっとした岩蔭でツェルトをかぶって休憩(ビバークの訓練です)。

テントに戻りふたたび重いザックをかついで下山。私のルートミスでプチ薮こぎ&新雪ラッセルになりましたが、なんとか無事に下山できました。よかった…(涙)。特急水上に乗り、帰京。赤羽で途中下車し、OK横町の酒場で打ち上げて、やや泥酔して帰宅したのでした。

ホントに充実の訓練でした。個人的には苦手だったラッセルのコツがもう少しでつかめそう。ラッセル、テント生活、ルートの判断。ベテランの親方から直接指導が受けられ、いろいろなお話がうかがえたのが本当に有り難いことです。この訓練が生きてくるように、今年はどんどん雪のある山へ行こう! おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2007-12-17 11:55 | 山や岩のこと。 | Comments(4)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧