「岳人春山」でました。

d0100314_18125293.jpgお仕事した雑誌の宣伝で〜す。

別冊岳人「春山2008」
東京新聞出版局
http://www.tokyo-np.co.jp/gakujin/

山の雑誌でございます。今回は道具ページを担当しています。山道具のお店の方にお話を聞き、選び方のポイント、最近の傾向などを紹介しています(初心者向きの内容なので、熟練の山やさんたちにはあまり目新しい情報はないかもしれませんが…)。道具カタログページもあるので、買い換えを予定しているような方は見ていただけるとよいかもしれませぬ。

道具ページのなかで、GPSについてもちょっとだけ取り上げています。こちらもお店の方からお話をうかがえたのですが、いろいろと目からうろこ状態でした。GPSなんて高いし、使わなくても山にいけなきゃだめなんだ〜ぐらいに思っていたのですが、使い方を改めてうかがうと、転ばぬ先の杖であり、山を楽しむためのアイテムのひとつなのだなと感じました。どんどん性能も上がっているようですし、購入を検討してもよさそうです(もう少し値段が安くなったら…笑)。

別のページでもちょこっと原稿かいてます。
どのページかは見て当てて下さい。一応署名原稿?です。実は恥ずかしながら写真もでていまして、鬼瓦のような形相でカメラを睨み付けています(大嘘)。

春のお花見ハイキングから残雪歩きまで、いろいろと「春の山の楽しみ」を提案しています。どんどん山にいきたくなる、そんな本だと思います。写真もきれいですので、ぜひお手にとって見て…できれば買ってほしいです!(笑) 
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-02-28 18:13 | 仕事のこと。 | Comments(12)

山岳会は学校か?

所属する山岳会で、新人さんの世話係をしています。

こんどの週末、ハイキングをすることになり、新人さんもお誘いしています。前回の集会で見学にいらした方にも声をかけたのですが、
「参加したいです。どんな服を着ていったらいいかわからないので教えてください。
持ち物もわからないので教えてください」とお返事が。

全く登山をしたことがないという方のようです。
ちなみに、集会にいらしたときに、山に必要な持ち物、服装については、装備リストを渡し、私がじきじきに説明をしています。日帰りハイキングから始めるのに最低限必要なものなども、かなり丁寧に説明をしたはずなのですが…。

うーん。。
正直、日帰りのハイキングに誰かを誘って、何を持っていくか分からないと言われたのは初めてです。会でも、それ以外でも。たとえば何か新しいことを始めたいと考えたとして、どんなものが必要かとか、どんなことをすればよいかとか、最低限のものは自分で調べたりしませんかね。調べてわからないことがあればもちろん答えますが、全くわからないから一から教えてくれ、というのはどうなんだろう? 山岳会は学校じゃないし、ガイドでもないんだけどな。…って思うのは間違っている?

ひさびさに「なまはげモード」発動しそうになりましたが、ガマンガマン。一応、集会で渡したリストと説明したことを参考に揃えてほしいこと、中でも注意してほしいポイントをいくつか改めてピックアップしておしらせしたのでした。ふう。なんだかな。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-02-27 00:45 | 山や岩のこと。 | Comments(9)

デンカク!

今週は炎のように仕事をする1週間です。

…ってなことを今年に入ってからずうっと言ってるな。。

ガイドブックの改訂版その2の作業が追い込み。今週末が入稿予定日です。今日からひたすらデンカク=電話確認作業をしなくてはいけません。掲載するお店、施設に、営業時間やら料金やらの確認をしていきます。すでに出版されているガイドブックで、しかも相手はいろいろなガイドブック、情報版ですでにお世話になっているところが多く、社名を言えば「ああどうも、いつもお世話さまです」と言ってくれるのが心強いところ。

それでも(昔から私の愚痴日記におつきあいいただいている方なら分かると思いますが)、私は大の電話嫌い。なかなか腰が上がらず、いざ始めるとひたすら進むものの、ちょっとでも冷たい応対をされると(!)集中力が切れてしまいます。…とはいえ、時間がもうないのだから!と自分に言い聞かせ、ひたすらがんばる日々。

とりあえず半分ぐらい終わったので、明日もう半分、気合いでがんばります。

夕方、へろへろになったところで、1本の電話がありました。
昨年、ガイドブックの仕事で取材をしたお店で、できあがったガイドブックを見たよ〜という、お礼の連絡でした。いやいや、お礼を言わなくてはイケナイのはこちらのほうで、たいして大きな扱いでもないのに、お仕事の忙しいさなかに、たくさんお話を聞かせてくれて、写真を撮らせてくれて。

この仕事をしているときは、取材ノルマが数十軒、毎日のように現地に足を運び、しかも風邪をこじらせてひどいことになっていたんだった。声がでなくなったりして、つらい仕事だったけど、たくさんの人から温かい「気」をたくさんもらったような気がします。かかわってくださったたくさんのみなさんに感謝。

そんなわけで、出たガイドブックが、るるぶ情報版「川越・狭山・所沢」。
一部エリアの取材執筆を担当しています。あまり面白みのないガイドブックではありますが、よろしければお手にとってごらんくださいまし。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-02-25 20:11 | 仕事のこと。 | Comments(2)

まったり仕事。

今週は土日も自宅で仕事。

先週、先々週は泊まりで山に行っていたので、久々になんだかゆったりと過ごしています。仕事…といっても、あまりキリキリしていなくて。ホントなら平日にキリキリ仕事して、土日はゆったり休んだりすればよいのでしょうが、そんな生活を続けていたら、なんだかいつもキリキリしているような感じになってしまいました(たまたまここ数回の土日は、ゆったり休むという雰囲気ではなかったし)。

そんなわけで、昨日は夕食前まで仕事して、あとはのんびり。お昼にはちょっと気になっていた駅近くの中華料理の店にたろさんと行ってみました。…一昨年閉店してしまった、私たちの大好きだった中華料理店には遠く及ばない、平々凡々な味わいの料理でした。くすん。

今日はちょっと遅く起きて。
今、久々に食パンを焼いているところです(もちろん、ホームベーカリーを使って、ですが)。おやつの時間にちょうど焼き立てパンが食べられるかな。うふふ、楽しみ。

とりあえず今日のノルマは、原稿をひとつあげればクリア。がんばろー。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-02-24 10:57 | 日々のつれづれ。 | Comments(2)

臨時休業

突然思い立って、本日は仕事オフモード。

昨日、無事にガイドブック改訂版その1の初校戻しができ、次の仕事の山は今月末。またしばらく心にゆとりのない生活が続くので、週末は仕事をすることにして、今日を振り替え休日?にしてしまったのです。

朝、とっちらかった仕事場の整理をし、家の掃除をしてから、美容院へ。ふだんはだいたい3ヶ月おきに通っているのですが、もう半年近く行ってませんでした。ずいぶん髪も伸び、パーマも落ち、いつも超・無造作ヘア(単なるボサボサ頭)。ずいぶん伸びましたねえ…と笑われながら、バサバサと切ってもらいました。…しかし、ヒトサマにしてもらうシャンプーがこんなに気持ちいいと思ったのは久々です。

午後は、王子で仕事の打ち合せが1件。ガイドブック改訂版その2のために取材に出てもらっていたKアニキと会い、取材の報告を受け、このあとの仕事の段取りを詰めます。こまかく現地を見てきてくれていて、有り難い…。

打ち合せのあと、東十条の串焼き店「新潟屋」へ。夕方4時から営業していて、6時ぐらいではすでにお客さんでいっぱい…という人気の飲み屋さんです。営業時間の早さ、東十条という場所柄から、なかなか人を誘っていくのが難しい場所ですが、今回はちょうど打ち合わせ終了時間がこのぐらいになるし、しかもKアニキは無類の酒好き。ここはもう誘っていくしかないでしょう(笑)。

早めに着いたおかげで待たずに座れました。まだ日の高いうちからビールをのみ、激烈においしいもつ煮込みを食べ、絶品の串焼きを食べ。レバ刺しも美味!! 1時間半ほどいて、それでもまだ6時前。粋な酒飲みは長居をしないもんだというKアニキに従って 今日はお開き(いや、それでも1時間半もいれば、ねえ)。気持ちよく、ちょい酔っ払いです。

帰ってから確定申告書類でも作ろうかと思っていたのですが、戦意喪失。
明日やります(苦笑)。明日やっとかないと、またしばらくできなさそうだし。

いやいや、しっかり充電。明日からがっつりがんばれそうです。ふふ。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-02-22 21:56 | 日々のつれづれ。 | Comments(3)

お仕事です!(笑)

登山道具メーカーの2008年秋冬ものの展示会に行ってきました。

最近、登山系雑誌で山道具ページの仕事を受け持つことがあり、編集担当のIさんから「御一緒しませんか?」という有り難いお言葉をいただきました。ガイドブックの仕事がテンパっていて不味い時期ではあるのですが、これからの仕事に必要な情報だしと思って、時間をやりくりしていってきました。

会場は浜松町の都立貿易センター。
いくつかのメーカーが展示会を行なっており、会場をぐるぐるとハシゴしました。いつも電話やメールでやり取りをしているだけのメーカーの広報担当の方とお目にかかってお話をうかがったり、商品を実際に手に取ったり。展示会に行ってみること、やっぱり大切です。カタログだけでは読み切れない商品の情報や傾向がよく分かります。

今回いろいろ商品に触って感じたのは「軽さ」。
いろいろな道具がどんどん軽量化しているとはよく言われるけど、本当にそうなのだと実感。ザックにしても、薄くて強い生地を使ったり、背中のフレームを簡単に取り外しできるものにしたり。あと、驚いたのがアイゼンの軽さ。アルミ合金の10本・12本アイゼンは激烈に軽いですが、通常のタイプのアイゼンも私の持っているものよりずっと軽い!

今回御一緒したIさん、私よりずっと若い感じなのに、仕事ぶりは思いきりベテランです。メーカーの担当者にどんどん声をかけ、今年の情報を聞いたり、的を得た質問を重ねていきます。知識があり、実際に山に足しげく通っているからこその質問だなぁ、と納得。うーん、見習いたい。いや、見習わねば。

しかし…、見ると欲しくなりますな、いろいろと。
つくづく、展示会が「展示販売会」でなくてよかった。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-02-21 01:27 | 仕事のこと。 | Comments(2)

馬車馬

最近の自分を漢字3文字で表現するなら? …馬車馬、ですかね。

ふたつ抱えているガイドブックの改訂版、ひとつは今週末に初校戻し、もうひとつは来週入稿。…まったく余裕のない状態です。受けたときはもう少し余裕を持ってできるのではないかと楽観視していましたが、目測誤った…。

しかし、嫌な仕事ではなく、きちんと支持を出してくれるよい担当者と、気心の知れた仕事仲間と組んでできる仕事なので、まだ気持ちにゆとりがあります(気心の知れないメンバーとの仕事で感じるストレス、時間に余裕のないときは本当にたまりません)。

あまりにも忙しく気持ちにゆとりがなくなると、日記を書くことさえできなくなるんだな。先週は全く日記を書く気持ちになりませんでした。日々のつれづれさえ思い浮かばないんだもの。今は、数分前に急ぎ原稿をひとつアップして、気持ちが落ち着いたところ(笑)。

しばらくゆとりのない生活が続きます。たぶんクライミングジムにもほとんど行けないな。久々に上京してくるらしい友人がいて会いたいのだけど、ちょっと厳しいか。山岳会の集会も、報告だけして(飲み会パスして)仕事場に戻ることになりそう。うー。とりあえず今月がヤマ。がんばれ、自分。まけるな、自分。

おもいきりぼやきモード。。ま、いっか(笑)。
[PR]
by toshizo-NI | 2008-02-19 10:01 | 仕事のこと。 | Comments(2)

冬山講習

この週末は谷川に講習会にいってきました。

都岳連の主催する「冬山のセルフレスキュー講座」に参加したのです。以前から、冬山については(いや冬山に限らず)もう少し勉強が必要だと思っていて、タイムリーな講習会があれば、参加したかったのです。

今回の講習は、雪崩を知り、遭難救助の基本を学ぶ、という感じで、1泊で行なわれた実技講習では、雪質観察、埋没体験、アバランチトランシーバー(ビーコン)を実際に使ってみる、雪崩遭難救助のシュミレーションなどを行ないました。

埋没体験は、全身埋没を体験しましたが、たかだか30cmぐらいしか埋もれていないのに、しかも頭まわりはきちんと空間を作ってもらっているのに、雪の重み、息苦しさを感じました。…体全体が押しつぶされると、思いきり息ができないのですね。

ビーコンは初めて触りました。今は、いろいろな種類のものがあるのですね。最近の機種ではデジタル表示され、精度もかなり高いものがあるようですが、結局は使う人の習熟度…クロスサーチがしっかりできるとか、が大切だと感じました。

あと感じたのは「意識の違い」。
うまく言えないのですが…、たとえば雪山にいくとき、ビーコン、ゾンデ棒、スコップは必ず持っていくか、個人装備で持っていくか、という話です。普通に山行をするぶんには不要だし、テント泊するならスコップは共同装備でよいと考えます。でも、自分達が雪崩にあったとき、あるいはすぐ近くで雪崩の現場に遭遇したとき、これらがなければ埋もれた人を探すことも、掘り起こすこともできません。

…山を続けていって、この先雪崩に遭う確率(自分が巻き込まれる、現場に遭遇する)は非常に低い。でも、ゼロではない。その少ない可能性に備えようと考えるか、備えるまでもないと考えるか。

実は土曜日の夜には悪寒がひどく、軽く吐き気もしていて(風邪だったようです)、翌日の講習に参加できるか心配だったのですが、宿で買った風邪薬がよくきいたのと、しっかり睡眠を取ったのとで、なんとかもちました。充実した講習会、受けてよかったです。機会があればまたぜひ参加したいと思います。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-02-18 01:10 | 山や岩のこと。 | Comments(0)

卒業検定・八ヶ岳

3連休は八ヶ岳へいってきました。

…またですか? とあきれ顔の方、いつも私の日記を見ていただき、ありがとうございます(苦笑)。今回は所属する会の冬合宿。総勢6名でした。山行記録は山ブログのほうにアップしました。
http://yamanade.exblog.jp/

今回は、行者小屋をベースにし、2日目に硫黄岳〜横岳の稜線歩き、3日目には阿弥陀岳を登頂。いずれも、かねてから歩きたいと思っていたルートでした。天候に恵まれ、最高のコンディションで歩くことができました。

今回は、6名中3名が、会の新人さんたちでした。あとは最近ご指導を受けることの多いS親方と、いつものパートナーHちゃん。終始先頭を歩き、率先して重荷を担ぎ、八ヶ岳の山行でここまで緊張し、プレッシャーがかかったのは初めてでした。最近のトレーニング不足と精神的な不安からかなりバテバテになってしまいました。八ヶ岳の卒業検定!と思って参加した山行ですが、まだまだダメダメです。。

しかし。
青空の中の稜線歩き、山頂から眺める周囲の山々の神々しいまでの美しさ。阿弥陀岳の山頂からは南・中央・北アルプスの山々や富士山が一望に見渡せました。最高のひととき。やっぱり八ヶ岳は最高です。

そういえば、2日目の夜はHちゃんとツェルトでプチビバークをしました(ビバークと言っても、シュラフ使ってヌクヌクだったので…苦笑)。いい体験ができました。
いろいろといい勉強になった今回の山行。充実しすぎて、2日たった今もすっかり抜け殻状態です。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-02-13 23:45 | 山や岩のこと。 | Comments(2)

だめぱん。

今日は久々にPUMP1へ。

ボルダーだけしに行ったのが先々週。ルートをしたのはその前の週。考えてみたらかなり間があいていたのですね。持久力もすっかり落ちてしまっていました。自分のイメージするように体が動かず、体の重みを腕で支える自信が持てず、今日は上のグレードにどんどんトライするつもりが、今まで登れていた課題でドロップアウトする始末。

正直、ルートでここまで「怖さ」を感じたのは今回が初めてかも。パートナーのすーさんにも「今日はいつもとテンポが全然違うよー。すごく自信がない感じ」と指摘を受けてしまいました。単に時間があいてしまったせいなのかしら。継続は力なり。逆に言えば、継続しなければどんどん技術は落ちてしまいます。

最近、仕事の忙しさとか、こんどの週末の合宿山行に気持ちが向いていたりして、壁へのモチベーションが思いきり下がっていました。…でも、下がっていても続けることが必要なのかな。もうちょっとがんばろう。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-02-08 01:41 | クライミング。 | Comments(4)