さくらさくよ。

今日は、きものでおでかけ。

着付けの先生の還暦のお祝で、神楽坂でお食事会があったのです。会はお昼からだったので、その少し前に仲のよい仲間たちで集合。この仲間たちとはふだんは着付けのお稽古や成人式のお仕事でしか会いません。いつも作業着のような服装で会うメンバーが、それぞれに思い思いの着物で集合。今日の私の着物は藍染めの大島紡に灰色と黒の紋織錦?の名古屋帯。ちょっと粋な雰囲気にしています。

市ヶ谷から飯田橋に向かう線路沿いの桜並木を歩きました。おほりばたの桜は今がちょうど満開。朝少し早かったせいか、お花見客も思ったほどおらず、ゆったりとお花見が楽しめたのでした。実はここ、大学時代に大好きだった人と歩いた、思い出の桜並木です。その彼とは音信不通となりましたが、当時と同じように桜は咲いているのだな。なんとなく懐かしいような、切ないような気持ちでした。

先生のお祝会は、先生の門下生やお仕事で御一緒している先生方があつまり、大盛況。町家造りの和食処で、ゆったりと京会席風の料理をいただき、懐かしいメンバーたちと語り合ったのでした。しかし、大半が着物姿。ひとつとして同じ色・柄はなく、しかもみんな着道楽。本当に壮観です。明るくポジティブな先生の嬉しそうな笑顔に、こちらも癒されてきました。夜は義父のお誕生日の食事会。楽しい1日でした。

桜…、あとどのくらい咲いているかしら。
少し寒くなってきたからもうしばらくもってくれるといいのですが。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-03-31 00:58 | 日々のつれづれ。 | Comments(2)

ちょっとまじめーなお話です。

先日、所属する会の先輩と話をしていて話題になったのが「山岳保険」。
昨年からクライミング熱が高まり、PUMP1に多く出没するようになり、クライマー友達もずいぶん増えました。スクールで出会った仲間と、外岩(ゲレンデ)にも行くようになりました。

が、みんな山岳保険(クライマー保険?)に入っているのだろうか?

登山の場合、山岳保険というのがあります。通常の旅行傷害保険に危険割増をつけたものです。山で遭難した場合の捜索費用、死亡・後遺障害、個人賠償責任(誰かに怪我をさせてしまったときの賠償金)などですね。多くの場合ハイキングのみ適用のものと、アイゼン、ピッケル、ロープなどを使う登山も適用されるものとで分けられます。私は所属する会で、後者の保険に加入しています。

基本的にクライミングジムで活動をし、岩にあまり行かないクライマーさんたちの場合、保険に入るという発想がないのかもしれません。ジムのアウトドアスクールや講習会は、保険料込みとなっているものも多いようですし。

…ただ、ゲレンデとはいえ岩場は、事故が起こらないように完璧に整備された場所ではありません。たとえば自力で動けないような大怪我をする場合もあるでしょうし、自分の落石で人に怪我を負わせることもありえます。入っていないことで、大きな金銭的な負担がふりかかってくることになります。

そんなわけで、外の岩にも行くという「山をやらないクライマーさん」、ちょっと考えてみませんか? ちなみに、セブンエーという代理店でクライマー向けの保険を扱っているようです。クライミングジムでも保険の紹介?みたいなことはしてくれるのかなぁ?
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-03-28 17:45 | クライミング。 | Comments(2)

肉か、魚か。

今日は午前中にお届けもので銀座方面へ。

ガイドブック改訂その2の編集部に立ち寄り、約束のものを渡し、今後の予定などを軽く話して、用件終了。時刻は11時過ぎ。少し早いけどお昼お昼。うふふ。

先日行った寿司屋にまた行くか〜と思ったのですが、実はこの近所にはお気に入りのトンカツの店があるのです。10年ほど前に勤めていた職場に近く、一時期は1日おきぐらいに通っておりました。看板はなく「カツランチ」と書かれた貼り紙?があるだけ。昼時にいくと、いつもサラリーマンが行列をしておりました。そういえば、と思って足を伸ばしてお店のあった場所に行くと、なんと移転しているではありませんか。しかも先日の寿司屋のお向かいに!

新しくなったお店には小さく店名の看板が出ていて、この店が「松若」という名前なのだと初めて知りました。店は2階建てになり、1階にはカウンターと厨房、2階がテーブル席だそうです。カウンターに座り、「カツランチ」をオーダー。カツランチ以外にもコロッケ、ハンバーグ、オムレツなどいくつもメニューがあり、組み合わせもできるのですが、トンカツ好きの私が頼むのはいつもカツランチ。

千切りキャベツとトンカツ、豚汁、ごはん、漬物のセットで850円ナリ。
サクサクの衣、分厚い肉、からりと揚がって全然油っぽくないし、お腹にもたれない、絶妙のトンカツです。豚汁は大きく切られた大根と人参、豚バラ(かな?)のうまみがたっぷり。田舎風おかあちゃんの味ですね。漬物は細かく刻んだキャベツ?キュウリ??が小皿に山盛りで、これをご飯にのっけて食べるのが私流。

お店が新しくなって、なんとなく居心地悪いかも…と一瞬思ったのですが、出てきたものを見て、食べて、「変わってない!!」と安心。カツも豚汁も漬物も、昔のまんまでした。美味しくて、懐かしくて、ホントに嬉しかったです。ありがとう。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-03-26 18:06 | 日々のつれづれ。 | Comments(2)

土日返上で働いて、やっとあいた1日。奥武蔵にいってきました。

今回登ったのは武川岳です。実は、「初心者ハイカーが、お花見をしながら歩ける、登り2時間ぐらいの山」を探していて、そういえば武川岳はカタクリが咲くはず…とロケハンを思い立ったのです。いくつかルートがあるなかで、今回は名郷から天狗岩を経由して登ります。武川岳からは、二子山を経由して、芦ヶ久保に下ります。

このルートは何度か歩いています。全く同じルートを昨年の同時期に登って、楽勝・快適、楽しく登れたように記憶していました。

…が。実際歩いてみると、名郷からのルートは所要時間は2時間ちょっとなれど、岩場はあるし、斜面のトラバースは道が細くて歩きづらいし、初心者向けでないことが判明。…いや、人の記憶ってあてにならないものですね。変化に富んで楽しい道ではあったのですが。ロケハンはあきらめ、思いきりトレーニングモードに変更。やや早のペースで、ひたすら休まずに歩きます。久々の歩きなので、息があがるあがる。

里のほうは、梅が咲いていたり、野の花がたくさん見られるのですが、山はまだまだ冬から春へ向かう途中のようでした。カタクリは花どころか葉も見られませんでした。木々の芽吹きもまだもう少し先のようです。が、ずうっと下山していき、あとひといきでゴールという沢沿いの道で、アズマイチゲが一輪。よくがんばったと誉められたようで、ちょっとうれしくなりました。

しかし…。奥武蔵は杉の植林に被われた山が多いのですが、この山もそうでした。山にいるときはなんでもなかったのですが、下山してしばらくすると鼻水がとまりません!くしゃみもいつもの1.5倍ぐらい! 完璧発症です。明日からしばらくは「花粉症抑制のためのニンニク入りカレー」を励行します。とほほほ。

しかし、久々にたっぷり歩いて、花粉だけでなく山の気もたっぷり浴びてきました。充実充実。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-03-26 00:54 | 山や岩のこと。 | Comments(2)

失礼の定義

携帯メールでお礼の言葉、は失礼ですか?

私は実は新聞の投書欄を読むのが大好きな「オバチャン」です。ええ。
今日も読んでいたら、こんな内容の投書がありました。

親戚の子供の合格祝にお祝を書留で送った。子供の母親から携帯にお礼のメールが送られてきたので、電話できちんと礼を言うべきではないかと返信した。親しき仲にも礼儀あり。贈り物や世話になったら相手に電話をかけ、感謝の言葉を伝えることが大切だ。

…うーん。。。。。。
それって現代のマナー? 普段からメールでやり取りをするような相手から何かをしてもらったり贈り物をもらったら、私だったらメールでお礼状を送ってしまうなぁ。そして私が誰かになにかを贈ったとして、メールで「ありがとう!」と来たら素直にうれしいです。無事に届いたんだな、喜んでくれたんだな、って。手段はなんであれ、ありがとうの気持ちを表すことが貴重なのだと思うけど。

もっとも、私は日常的に仕事でもプライベートでもメールを使っている人間だからそう思うのかもしれません。ついでに言えば(日記でも何度かこぼしていますが)電話が嫌いですから。もちろん、目上の方には書面でお礼状とか、TPOによって使い分ける必要はあるかと思いますが…。どうなんでしょうね。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-03-25 19:49 | 日々のつれづれ。 | Comments(5)

花も団子も。

なんとなく沈澱した気持ちで始まった今週。

ざっと仕事をし、午後、ガイドブック改訂版その2のゲラ受け渡しに編集部へ。ひとつ大きなミスが発覚し、ちょっと落ち込むも、とりあえず引き渡し完了。とりあえずよかった。

そういえば桜がもう咲いていると昨日ニシたろが言ってたのを思い出し、ちょっと遠回りして会社の近所の桜並木へ。まだまだ咲き始めたばかりだけど、つぼみがいっぱいにふくらみ、樹全体が赤くそまった桜の木は、「気」をいっぱいに溜め込んで今にもはちきれそうな…美しさとともに、パワーを感じます。桜の花を見上げ歩くだけで、こちらにも気が降り注いでくるような。

桜並木を過ぎ、駅に向かうと、、道端に「すしランチ500円、16時まで」という魅力的な看板が。なに、寿司が500円! しかも16時まで!!(そのときちょうど15時30分ぐらい) 実は私は寿司が大好きです(いや、寿司が嫌いな日本人などいるのか?)。え、昼食?自宅で食べましたけど、何か?

ちょこっと路地を入ったところにある渋い感じの寿司屋さんへ。お客さんはなく、ご主人はヒマそうに高校野球を見ていたようですが、一応営業はしていたようで。500円のにぎりランチは終わってしまったらしく、550円のちらしランチをオーダー。正直、ネタがしょぼいか、量が少ないかだろう、あまり期待をしなかったのですが、出てきたちらし寿司は!!! ネタが大きくなかなか美味。これで550円?一応銀座なのに??

美味しいものでお腹がいっぱいになるほど、幸せなことはないですよね。この界隈には今後もちょくちょく来るので、また来ようっと。うふふ。

落ち込んでいた気分が、ちょっとだけ上向きに。単純な人間です、はい。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-03-24 22:54 | 日々のつれづれ。 | Comments(6)

停滞。

ていたい、と変換すると、まず「手痛い」って出るのね…苦笑。

週末はずっと仕事でした。
月曜日アップの作業があり、その準備をひたすら。…といっても、本来ならそれほど分量も多くなく、1日ガーッとがんばればできてしまうような中身。なのに、最近の私ときたら、この「ガーッとがんばる」気力に欠けているみたいです。

ガッっと作業を進め、集中力がきれると、PCでニュースのチェックやら、仕事と全然関係ないことをしてしまう。睡魔が襲ってきて全然集中できない。いや、まいった。結局二日がかりでようやく終わりが見えてきたところです。よかった。

どうも気持ちの浪が激しいみたいです。なんだかなぁ。

一日自宅に詰めて、外にも出ずにいたのですが、帰宅したニシたろから「さくら、咲いてたよ」と報告が。季節は着実にめぐって来ているのですね。気持ち切り替えていけたらいいな。明日は東京に出るから、行き帰りに桜並木でも寄り道してみようかな。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-03-24 01:48 | ぼやき。 | Comments(0)

お看板

今日は所属する流派でお免状をいただいてきました。

早朝にいきつけの美容院で髪を結ってもらい、先生と待ち合わせをし、お家元宅へうかがいます。お炭点前を拝見し、茶会席をいただき、難しいお濃茶のお点前を拝見し、お薄(普通の抹茶)をいただき、最後にお看板をいただき。長い長い一日でした。

何度か日記にアップしていますが、山より長く続いているのが茶道。長くしても終わりではなく、習うことはまだまだたくさん。お免状をもらったから終わり、でもなく、まだまだ発展途上?です。これからますますがんばって勉強します、という決意表明なのでしょうね。ちなみに、お看板をいただくと、茶道での名前をつけてもらえます。通常は名前の一字と「宗」の字をつけることが多く、私は本名「淑子」の淑の字をとって、「宗淑」というお名前をいただきました。…なんだか女性らしい? すみませんね…(なぜ謝る?)。

本日の私のドレスコードは色留袖。お免状を頂く方は訪問着などのフォーマルウエア、先生は黒留袖をお召しになります。私の色留は濃紫色、黒字に桜と紅葉をあしらった帯を合わせています。考えてみたら色留を自分で着たのは初めてです(今までにも数回着ていますが、いずれも着付けをしてもらっていました)。なんとかうまく着られたような。よかったよかった。

しかし、終日緊張の連続でヘロヘロ。帰りに実家に立ち寄り、お祝をしてもらい、帰宅したのでした。おつかれさまでした…。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-03-20 23:19 | 和もの。 | Comments(10)

d0100314_2143958.jpg日曜日は、所属する会の岩登り会で、湯河原へ。

湯河原幕岩に向かったのです。今回はS親方を筆頭に総勢7名。平均年齢60前後、私以外はみなさん「往年のクライマー」さんたちです。湯河原駅に集合し、タクシーで幕山公園へ。どうやら梅は今が満開の時期だそうで、これは絶好の梅見クライミングが楽しめそうだと盛り上がります。着いた幕山公園、梅の香りがふんわりとただよい、紅白の梅が出迎えてくれました。梅まつりの時期は200円入場料を取られますが、この景色を見られるなら、まいっか〜という気分になります。

公園の梅林を突っ切って、正面壁エリアへ。広場で荷物を下ろし、準備をし、クライミングを始めます(すみません、登ったのがどのルートか、よくわかりませんでした)。まずロープ無しでも登れそうなスラブの斜面を1ピッチ登り、2ピッチ目はトラバース。さてどこを登ろうかと先輩方がルートを見ていると…、下のほうから
「すみませーん、ここは立入禁止エリアでーす。すみやかにクライミングをやめてくださーい!」と声が。

とりあえず、もう1ピッチ登ればしっかりした支点があるので、そこまで登ってからおりることに。…しかしこの1ピッチが非常にクセモノ、というか私がへたくそでのぼれなかっただけなのですが…。手も足も置く場所がなく、ひたすらヌンチャクをつかみまくってなんとか上へ。とほほ。あとは一気に懸垂で下りました。

岩登りはいったん中断し、みんなでお昼。手作りの和菓子が出てきたり、ネルドリップでいれた本格コーヒーが出てきたり。今回は抹茶を持ってきていたので、みなさんに一服さしあげたり。梅林を眺めながら、優雅なひとときをすごしました。

その後は桃源郷エリアへ。…黒山のひとだかりです。岩場にも、その周りの広場にも人、人、人だらけ。親方が偵察にいき、「ニシさんにもリードで登れそうなところがあったよ〜」と教えてくれた壁へ。ホントに高さ数メートルのちっちゃい壁です。「おたまじゃくし 5.6」は余裕で、気持ちよく。「やせがえる 5.8」は…。ふつうにフェースを登ればよかったらしいのですが、脇のかぶりぎみ?のところを登り、かなり難航。「下ろしてください」と泣きたいのですが、先輩方の大声援&アドバイスでおりるに降りられず…。なんとかクリアできた瞬間「オーっ!」と先輩方の歓声! 有り難いことです。

…私の登りっぷりがあまりにスリリングだったせいか、今日はもうおしまい〜と言っていたはずの先輩方も、つぎつぎにトライして楽しんでおられました。たっぷり楽しんだところでタイムアップ。バスと電車を乗り継ぎ、自宅近くの居酒屋で先輩方と反省会(という名の単なる飲み会)をして帰宅したのでした。楽しかった〜♪

※禁止区域エリアですが、1月下旬に、てんとうむしロックで落石事故があり、それ以来、てんとうむしロックと、正面壁から左側のエリアが立入禁止とのこと。今のところ禁止解除のめどは立っていないようです。湯河原幕岩にいらっしゃるクライマーのみなさん、ご注意ください。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-03-17 21:46 | 山や岩のこと。 | Comments(4)

がっつりPUMP。

今日は午前中仕事をし、午後からPUMP1へ。

1月から2月にかけて、ほとんど通っておらず、すっかり腕力も、攀じる勘どころも忘れてしまっていました。これではいかんと、少しずつ勘を取り戻すべく奮闘中。今日はジム仲間のすーさんと御一緒しました。軽くアップをしてから、ルートエリアでひたすら登ります。

先週は本当に全然登れなくて、最後はほこら左のピンク■課題(5.9)で山のようにテンションをしてしまいました。多少前傾している壁とはいえ、ひどすぎです。今日の目的は、そのルートをRPすることでした。…が、今日も1便目はテンション。ここで腕が完全にパンプアップしてしまいました(号泣)。

ホールドを力を入れて掴み過ぎているとすーさんから指摘があり、優しい課題で練習。少し休んでから改めてピンク■課題にトライ。ヨレヨレでしたが、核心部分を気合いで乗り越し、RPできました。やったぁ、というより、ホッとしました。

その後も数本登り、終了。登り方も少しずつ元に戻ってきているような、でもなんとなく腕の力に自信が持てないような。続けていくしかないですね。がんばろう。…しかし、今日は頑張り過ぎて腕がパツパツ。明日は久々の岩登り会なのですが、大丈夫なんだろうか、自分…(滝汗)。

そうそう、今日は自転車でジムにいきましたが、吹く風がとても気持ちよかったです。
もう春も間近ですね。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-03-15 21:22 | クライミング。 | Comments(0)