ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

体は若くない。

d0100314_2153312.jpg先週、炎の1週間を過ごしたわけですが。

土日も仕事をしたとはいえ、けっこうゆったりモードだったのに、なんだか微妙に疲れが取れていないようです。ちょっと気合いを入れて仕事をすると、すぐ疲れてしまいます。いやだなあ。

同世代の山仲間と話をしていたとき、「昔は徹夜で仕事なんて平気だったけど、今はだめだね。2、3日徹夜モードが続くと、1週間以上調子が悪いんだよね」と言われました。…ホントにそのとおりです。一度壊れかけるまで体を追い込むと、戻るのに倍以上の時間がかかるみたいです。こういうとき、気持ちは若くても、体は若くないんだなぁ、って思ってしまいます。昔から運動をしていて、なまじ体力はあると思っているから、なおさらたちが悪いですね。

でも、ここで惚けてしまうと、これからの仕事がちょっときつくなるので、今はがんばらなくちゃ。

ところで。先日の取材で自分に買ったお土産。渋草焼という焼物のお皿です。お店の取材をし、帰り際に品物を見ていたら無性に欲しくなり衝動買い。あーあ。ひとつひとつ手作り。決して安いものではありません(私のお財布感覚からいうと)。しかし、ここの器は、料理を美味しそうに見せるのです。

使おうか、だれかへのプレゼントへとっておこうか、悩みましたが、今日、使ってしまいました。…やっぱりいい感じ。買ってよかった。使ってよかった。うん。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-06-30 21:54 | 日々のつれづれ。 | Comments(9)

休息。

週末はゆっくりまったり、に決めました。

ホントは今日は習い事にいく予定でしたが、あまりにも体がズタボロでお休みしました。明日は山の予定でしたが、雨なので無理せず中止に。…いつもなら、「気分転換に雨でも山にいっちゃえ!」となるのですが、今回は全然だめでした。気持ちより体がついていきません。…ホントに過酷だったみたいです。

今日は、ちょっとだけ仕事。といってもぐっちゃぐちゃになった仕事部屋の片づけがメインでした。いい仕事をするには、整った環境から。ついでにたまったメール関係も仕分け&削除。…かなりスッキリしました。

夜、ゆっくりご飯を食べたり、テレビを見たり。…なんだか、そんなことに過剰に幸せを感じてしまいます。明日はちょっとがんばって仕事ができそう…かな。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-06-29 00:02 | 日々のつれづれ。 | Comments(2)

真っ白な灰。

この言葉にピンとくるあなた、間違いなく30代後半以降ですね?(笑)

昨晩、印刷所に最後の原稿類を持ち込み入稿。とりあえず、ガイドブックの原稿類はすべて手を離れて印刷所に。ほっとしました。

しかし今週は本当に長かった。地図とゲラの初校戻しが重なり、さらにこの本の核心となる特集ページの入稿。印刷所の日程はもうはじめから決まっていて、基本的に動かせません。そのため、作り手はそれに間に合うよう、必死で動かしていきます。今年は段取りが悪く、いろいろなものが後手後手になってしまったため、そのしわよせがこの1週間に一気にきてしまいました。

平均睡眠時間3時間前後。疲れ果てて寝ても、不安ですぐに起きてしまう。作業しているときは、いつも手に嫌な汗をかいていたような。

最後に残したのは特集ページの原稿かき。取材で感じた楽しいこと、驚いたこと、強く思ったことを、決して長くない時間でどれだけ書き込めたのだろう。取材をしたあとの原稿かきは、とても楽しいけど、胃がキリキリとくるような緊張感もあります。

そんなわけで、怒濤のように走り抜けた1週間。今、まさに燃え尽きて真っ白な灰です。この週末は嵐のあとを整理して、次の大嵐、そしてさらなる嵐への準備を始めなくては。止まっている時間はないけど、ちょっとだけ息抜きをしたいなぁ。明日は雨だけど、ちょっとだけ山いきたいなぁ。どうかなぁ。。。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-06-28 11:19 | 仕事のこと。 | Comments(8)

毎日が綱渡り。

昨年も同じようなことを書いていますが…(笑)。

なぜかここ1、2年、同じような流れです。いや、昨年と同じスケジュールで同じ本を作っているのだから、仕方ないのだけど。で、今年はさらに余裕のない進行。すべては私の段取りの悪さに起因しているから仕方ないです。周りの人に迷惑をかけつつ、それでも仕事は進んでいきます。やらなきゃ終わらないもの。

仕事の休憩時間や、仕事場への移動時間に、山の本をちょこちょこと見ながら、かろうじて気分転換をしています。

昨日は必死で最後のレイアウト出し準備、今日は必死で地図の初校戻し。明日は必死で出ている初校ゲラをチェックし、その翌日にまとめてアップ。さらに翌日にはまとまった原稿をアップしなくては。…書いていて吐きそうになってきました。まさに今週がヤマです。いけるのか、いや、いかなくちゃ。

でもこれが終われば、見えてくるのは明るい未来(ホント?)。
ゴールは見えていないけど、もうひといきのはず。がんばろう。

ついしん:
そういえば、昨日、仕事場からの帰りににわか雨にあいました。駅を出てすぐの店で、傘を買おうとしたら売切れで、ちょっと止んできたからそのまま帰ろうか、と軽く雨が降る中を歩いていきました。雨に打たれて歩いているうちに、ここが町の中でないような気がして…、ちょっとだけ気持ちよかったのでした。なんだかね。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-06-24 19:38 | 仕事のこと。 | Comments(1)

救急法講習

週末、東京都山岳連盟が主催する講習会にいってきました。

セルフレスキュー講習シリーズの「山の救急法」です。2月の雪山レスキュー、5月の岩場レスキューに続く第3弾。土日の2日間にわけておこなわれました。登山における救急の考え方から、疾病概論、搬送法、止血(三角巾の使い方)、骨折などの固定、テーピング、さらに実際にけが人を発見した場合のシミュレーションなどを行ないました。

本格的な救急の講習会に参加するのは初めてで、いろいろと勉強になりました。何より思ったのは、「体で覚えなければ使えない」ということ。たとえば、救急パックの中に三角巾やテーピング用テープを入れていますが、実際に使い方がわからなければ宝の持ち腐れ。使い方を習い、反復して練習し、身に付けたものだけが現場で出せるのですね。

シミュレーションもしてみましたが、明らかに「うその現場」なのに、何をしてよいのかわからず、オロオロしてしまいます。判断に困ることもたくさんありました。練習して積み重ねていかないと…、駄目なのですね。

今回は都内だったので、泊まりではなく、土日とも日帰りでした。土曜日の帰り、講習会仲間(笑)のMさん、Tさんと飲み。ちょっとだけ飲んでいくつもりが、気付けば泥酔モードで、電車を何度も乗り過ごし、結局終電に…(馬鹿?)。今日こそは早く帰ろうと一瞬思ったのですが、なぜかMさんとともに、都岳連のスタッフの方々のうちあげ会?に合流するはめに。雲の上の人達と飲み、語り、悩みを聞いてもらったり、、楽しいひとときで、今回も終電モード…(大馬鹿?)。

今後の登山活動にちょっと大きな転機が訪れる予感をはらみつつ、実り多い講習会でした。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-06-23 01:40 | 山や岩のこと。 | Comments(3)

きついけど幸せ。

ガイドブックの編集作業が佳境です。

一昨日、昨日は1泊で高山へ出張。
特集ページの取材撮影でした。お店をまわったり、古い町並みを歩いたり。現地で考えなくてはいけない要素も多く、かなりグダグダな進行でしたが、今回の相方カメラマンさんに非常に助けてもらいました。取材先では、いろいろな話を聞かせてもらい…、予想以上の大収穫。いいお店だった、というより、人の温かさに触れることができて、体はぼろぼろなのに心はほっかほか。

今日は入稿作業をし、版元の編集担当さんとデザイナーさんと、今後の作業の打ち合わせ。思っていた以上にスケジュールが厳しいことが判明し、背中に嫌な汗が流れてきました。が、彼等といろいろなものを決めていくのは…、信頼のできる人達と、いいものを作りたいと、ああでもないこうでもない、こうしたほうがいいだろうと話し合いを重ねるのは、本当に楽しい作業です。最後は、これが終わったら来年に向けて、カメラマンさんも誘ってみんなで取材&ロケハンにいこう、いつ行こうか?みたいな話になってしまったのでした(まだ今年の本もできあがっていないのに…笑)。

日記でもよく書いていますが、きつくて厳しい仕事をがんばろう、がんばりたいって思えるのは、一緒に仕事をする人との関係が大きいと思っています。そういう意味で、このガイドブックに限らず、私は「仕事を一緒にする人」に恵まれているのだと思います。有り難いことです。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-06-21 01:48 | 仕事のこと。 | Comments(2)

深緑クライミング・つづら岩

土曜日は奥多摩で岩登りでした。

5月にいき、かなり好きになってしまった「つづら岩」にいってきました。
今回は、先日の岩場レスキュー講習で知り合ったMさんとそのお友達のYさん、うちの会のHちゃんと4人でいきました。

今回の目的その1は「オケラルート攻略」。
Mさんと講習の帰りに話をしていて、話題がつづら岩になったとき、「オケラルートはチムニーの中を登るのが本来のルート」と聞きました。先月いったとき、途中からカンテを左上し、かなり渋かったのですが、どうやら違ったらしい。「狭いチムニーを一度は通らないと!」とMさんに強く勧められ(笑)、いってみました。

スリムなMさんとYさんはさくっと穴の中に消えていきました。さて私も…と思うと、腰が!腹が!腰のポーチやチョークバックを動かし、もぞもぞ動くこと数分、なんとか突破。通れればホールド・スタンスとも豊富で余裕なのですが、動けないと、かなり厳しいルートとなります(笑)。ちなみに私とザイルをつないだHちゃんは余裕で通過してきました…。

目的その2は「レスキュー講習の復習」。
会で実演会をしなくてはならず、やはり一度言わばで手順の復習をしたいなあと思っていたら、一緒にしましょうか?とMさんが申し出てくれたのです。有り難い…。
が。結局はオケラルートを登り、一般ルート(4級)を登ってタイムアップ。ま、いいや、またこんど(笑)。

今回は、Hちゃんとザイルをつなぎました。彼女とは縦走ではいつも一緒ですが、岩で一緒になるのは会の岩登り講習ぐらい。マルチピッチのルートもたぶん初めてだったと思います。ちょっとしょっぱいルートも、本当によくがんばってました。自分はいつも先輩方に岩に連れていってもらい、いろいろなことを教えてもらっています。…それを少しでも、次に来る人達につなげたいなぁ、と思っていました。今回はそのいいきっかけになったのかも。岩でいつもザイルをつないでくれるF先輩の気持ちが、ほんのちょっとだけわかったような気がしたのでした。

さて、こんどはいつ行こうかな? 
暑い日だったら早めにきりあげて、帰りに滝で水浴びしていくのも楽しそうだな〜。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-06-15 18:33 | 山や岩のこと。 | Comments(2)

走っても、走っても

ゴールが見えない。

今日は手掛けているガイドブックの入稿日。今週あたまからひっちゃきになって準備をし(いや、週の始めくらいは多少谷川の余韻にひたっていましたが)、なかなかすすまない作業におろおろしながらも、最後は力技で版元担当者へ持ち込み。自分が原稿を書くのは1/3ぐらいだし、基本的に昨年版までのリライトだし、余裕と思っていたら、全然余裕じゃなかったです。例によって、昨日はあまり寝ていません。今日はかなりヨレぎみ。文字をペンで書くと誤字ばかりだし、タイピングもミスタッチばっかり(汗)。

作業終了後に、このガイドブックの担当者M氏と軽く今後の予定を詰め、さらに別のガイドブックの担当者I氏ともスケジュールの確認。M氏のお仕事は、来週・再来週がヤマ場になります。I氏のお仕事のほうは思っていたより時間にゆとりがあることがわかり、ちょっとほっとしたような、でもここで気を抜いてはいけないわけで。

なんだろう、ホントにゆとりのない仕事ぶりです。走っても走っても、ゴールが見えません。…ゴールが遠いんじゃない。まったく見えない(苦笑)。変に考え過ぎると無性に焦ってしまいますが、ひとつひとつクリアするしかないのですね。がんばろう。

明日は自分にごほうび@つづら岩。楽しく岩に向かい合ってきます。

ついしん:
山ブログに、先週の谷川岳南稜の山行記録をアップしました。

ついしん2:
山仲間のみなさまへ。
使っていないザック(30L前後、50L前後)があったら、譲っていただけませんか?
多少古くても使うのに支障がなければ可、値段などは応相談。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-06-14 00:54 | 仕事のこと。 | Comments(2)

遠方より友来たる。

夜、久しぶりにPUMP1へ。

大阪の山仲間、よねさんがお仕事で東京にしばらく滞在するらしく、久々に登ろうとお誘いが。ちょいと仕事はテンパっているのですが、息抜きも必要!と気持ちを切り替えて、いそいそとジムに向かいました。

よねさんとクライミングするのはほぼ1年ぶり。近況報告をしながら、交互にどんどん登ります。よねさんはどっかぶりの壁を喜々として登り、私は先日からの宿題、sora壁の緑棒(5.10b)にトライ。2便出してなんとかワンテンまでこぎつけました。ムーブも固まったし、次はたぶんいけそう。…しかし、この課題のポイントは「最後のホールドは無視する」こと。面白いです。

よねさんと話をしていて、「最近、●●さんと会ってる?」という話に。mixiの山コミュのオフ会がきっかけでよねさんとやりとりをするようになったけど、その頃一緒に山に行ったり、壁に取付いたりしていた人達と、考えてみたらほとんど今やりとりがないことに驚き。でもどうやらみんなそれぞれのスタイルで山を楽しんでおられるようで、トレランにいそしんでいる人もいれば、縦走を楽しんでいる人も、クライミングでもボルダーを中心に楽しんでいる人も。かくいう私は、ロープにつながって岩を登って山のてっぺんに立つことを楽しいと思う人間になってしまいました。

短時間に何本も登って、ちょっとヨボヨボ。でも楽しかったなあ。
仕事で煮詰まって体にたまった「どろどろ」が汗でざーっと流れていく感じが気持ちよかったです。登れたらすごく楽しい、でも登れなくても楽しい。ちょっと病気かもしれませんね。おつかれさまでした♪
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-06-12 01:43 | クライミング。 | Comments(2)

虫さされ三たび。

谷川で、またもややられました…。

ずいぶん蚊やら虫がいるなぁ、、と思っていました。そういえば先日のつづら岩でもずいぶん虫がいたのに。虫刺されの薬も、虫よけも持ってこなかったなぁ。。と思っていたら。

左手の甲に1ヶ所、おでこに1ヶ所、首筋に1ヶ所、右足首に2ヶ所。かゆいです。腫れてます。汁出てます(号泣)。とくに手の甲が今回は嫌な感じに腫れてます。

毎度痛い(かゆい?)目に遭っているので、ちょっと調べました。ぶよらしいです。刺すのではなく、かじっているらしいです。刺されるとものすごくかゆくなったり、腫れたり、状態が悪いと頭痛や発熱もするそうです(私はそこまではなりませんが)。かゆみや腫れは1週間ぐらい治らず、1ヶ月ぐらい続くこともあるのだとか。

虫よけはあまり効かないそうですが、次回からは一応持っていきます。刺されたらすぐに塗れるよう、虫刺されの薬を持っていくようにします。

しかし、つくづく学習能力がないです。
でも、顔(目の周り)を刺されなかったのは学習の成果か?いや、偶然か?
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-06-10 00:45 | 山や岩のこと。 | Comments(9)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧