天気予報が気になる

…山に行く予定があるから、ではありません。

町歩き本の取材があるのです。今ピンチに追い込まれている仕事です。
もっと早くに取材をしておけばよかったのですが、いろいろあってなかなか進まず、今週取材を…と思ったら、天気予報は連日雨! 通常のお店取材なら、雨でもガスでも(いや、町なかでガスはなかろう)行けばよいのですが、町歩き取材となると…。歩きながらコースタイムをチェックし、町の写真なども撮りながら歩くので、雨だと話にならないのです。

今日ロケハンにいくぞ!と早起きしたら思いきり雨だったり、明日は雨予報だからしょうがないから自宅で原稿かきを…と思ったら翌朝妙にいい天気だったり。本当に天気に振り回されています。でも天気には文句が言えないもんねえ…。カメラマンさんと一緒の取材でなくて、本当によかった。困るのは自分ひとりだもんねえ。

とりあえず明日から、取材に走ろうと思っています。
が、今日の天気ときたら、なんなんだろう。なんだか青空見えてるなと思ったら、一気に空が真っ黒になって土砂降りの雨。雨が止んだかなと思ったらカーッと日が差してきて。なんだよなんだよと思ってたら、またまた空が真っ黒になって、今は土砂降りの雨とともに、遠くから雷の音が。こういう天気がいつまで続くんだろう。今日までだといいのですが。…え、無理? 
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-08-30 17:03 | 仕事のこと。 | Comments(2)

電話とメールが怖い

ああ、久々です、この感覚。

仕事がかつてないほどにいっぱいいっぱいです。とりあえず今週末までに原稿をあげ、来週連日取材をしないといけないものがひとつ。ガイドブック改訂版のゲラ戻しと入稿作業がひとつずつ。それらの締切は来週の週末。普通に考えたら、私の仕事のペースでは間に合わないスケジュール…ですが、ここまでためこんでしまったのは私の責任。

いちばん力を入れなくてはいけない原稿書きは、今日、明日がヤマ場。

そんな今、私が一番怖いのは電話やメールの着信音。クライアントからの催促、問い合わせではないかと、ヒヤヒヤしています。メールの場合、ドキドキしながら受信メールのチェックをして、それがスパムだったりすると…、ケッ!と思う気持ちと、(クライアントからではなくて)ホッとしている気持ちと。

手と心に嫌な汗をかきながら、日々過ごしています。

そんな中、昨晩は久々に夜PUMPしてきました。ちょうどアドバンススクールの最終回で、クライマー仲間たちが何人かがんばって難しいルートをトライしていました。やっぱり、継続は力なり。ソフトボールの上野由岐子さんも言ってたけど、「練習は裏切らない」んだな。気持ちよくクライミングが楽しめるよう、もうちょっとがんばろう。

…あ、仕事ももうちょっとがんばらなくては。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-08-28 17:25 | 仕事のこと。 | Comments(4)

昨日からずうっと自宅でひたすら原稿かき。

尻に火がついてかなりヤバい状態です。ここはひたすらがんばるしかありません。ホントは天気がよければ町歩きの取材にいきたいのだけど、今週はずっと天気が悪そう。天気には勝てません…が、ちょっと焦り気味。まぁ、できることをするしかないのですが。

そんなわけで、肩こりが最高潮。昨日は右側肩甲骨のあたりがピキピキに張って、軽く寝違えたような状態になっていました。昨日、今日は、カイロの先生は夏休み。でも我慢できないほどつらかったので、久々に近所のマッサージ屋さんにいってきました。

最近はまだ修行中らしき若手スタッフがしてくれていたのですが、今日はたまたま、オープン当初からいるベテランスタッフが対応してくれました。助かった…。しかし、体の右半分がかなりひどく凝っているようでした。昨日ピキピキだった首から背中にかけては、指が入っていく感じさえしません(この人、とても上手で、通常は凝っているところをほぐしながら、指がツボに入っていくような感じがあるのです)。何をやったらこんなにひどいことになるのかと驚かれました。それでも時間をかけてほぐしてもらって、首周りはだいぶラクになりました。

最近は、本当に悪い部分を「治療」してもらっていました。それはそれで速効性があり、非常によいのですが、今回のように、マッサージ…リラクゼーションというのも、ときにはよいですね。時間をかけてほぐしてもらうのは、気分的にとても心地よいなぁ、と思ったのでした。
※ただ、、このお店の残念なところは、スタッフの指名ができない(らしい)ところ。
 それさえできれば、ホントにたぶん通いつめるんだけどな〜。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-08-26 23:08 | 日々のつれづれ。 | Comments(6)

PUMPのちでーすい。

日曜日、会で沢登りに行く予定が、雨で中止に。

1日ボケボケ過ごすのももったいないので、参加予定だったN先輩、Hちゃんを誘ってPUMP1へいきました。午前中から行ったのですが、すでに激混み! ルートエリアには尋常ではないほど人があふれていました。おそらくこの雨で岩や沢から転戦してきた方々ばかりのようです。

今回は、あまりインドアジム慣れしていない先輩方とまったり登るモードに。
スラブ壁やsora壁で、簡単な課題をまったり登ることに終始しました。それでも6本登って、最後は腕がパツパツに。最近登りこんでいないから、フリの動きとか、疲れないムーブとか、すっかり忘れているのですね。いかんなぁ。今週からもう少し通っていかないと、どんどん動きもカンも悪くなっていきそう。

午後になりさらに混み合ってきたので、3時過ぎに撤収し、赤羽へ。最近ちょくちょく通っている(!)「しゃもじや」へ直行します。…ええ、こんな時間でもあいている飲み屋さんです。というか、赤羽は真っ昼間からあいている飲み屋さんがいくつもあります(その筆頭が、テレビなどにもよく出る「まるます家」ですね)。

ちなみにN先輩もHちゃんも酒豪かつよく食べる人。乾杯のビールがあっという間になくなり、頼んだ料理も次々になくなります。彼らの辞書に「お腹一杯」とか「もうお酒はいい」という言葉はありません。「まだいける」という言葉が太ゴシックで書かれているようです。もちろん真剣かつ楽しい山の話、会の話でも盛り上がります。好きな人達と好きなことの話で盛り上がれる幸せ。酒のピッチもどんどん上がっていきます。

結局、クライミングをしていたのと同じくらいの時間を飲み屋で過ごし、おひらきに。ジョッキでビール、結局6〜7杯飲んでいたようです。気持ちよく泥酔し、料理も美味しかったし、いうことなしです。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-08-25 11:10 | クライミング。 | Comments(2)

本気女子モード

d0100314_2161923.jpg普段は女捨てモードの装いで生活しています。

最近は外歩きの仕事が多く、出かける時はTシャツに山用パンツ、ザックにカメラなど取材道具を詰めて。自宅にいるときはさらにラフなスタイルで。メイクも外出のとき以外はしません。

が。

今日は、所属する茶道の流派のパーティーがあったのです。
場所は帝国ホテル。ドレスコードはもちろんフォーマル。着物=訪問着であります。ちなみに7、8月は薄い生地の着物(絽とか紗とか)を着ます。数年前に母が誂えてくれたブルーグレーの絽の訪問着を着ていきました。帯は白地にピンクと緑の模様、銀糸がちょっと混じった袋帯。

いやぁ、、着物を着るのは久しぶり。しかも薄くて滑りやすい絽の着物。きれいに着ようと思ったらなかなかうまくいかず、かなり時間がかかってしまいました。しかし、けっこうきっちり着られたのでよかった。。髪も今回は美容院でセットしてもらいました。ショートカットを無理矢理アップスタイルにしています(笑)。

しかし…。この着物の内側には、右太ももに大きなアザがあり、右腕に擦り傷がいっぱいあり。ギャップ激しいよねえ…と思うと、ちょっと笑えます。

パーティーじたいは非常にアットホームな雰囲気で楽しく、料理もとても美味しくいただけました。幸せなひとときでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-08-23 02:17 | 和もの。 | Comments(5)

故障中。

劔から帰還してもう数日たつのですが…。

体へのダメージが抜けきれないようです。
毎日なんとなくだるくて、集中力が続きません。くしゃみをするとギックリ腰になりそうなほどひどかった腰痛は、昨日カイロに行って治してもらってきました。が、左首筋から背中にかけて、なんとなく張っています。

仕事をガンガンまわしていかないとよろしくない状況なのですが、そんなわけで、進ちょく状況がはかばかしくありません。まいったなぁ…。

体も故障しているのですが、実は山行でもうひとつ故障したもの、それは携帯電話。

2日目に土砂降りの雨に降られたのですが、雨ぶたの奥に入れておいた携帯が浸水しました。普段はそこに入れておけば、十分雨から守れるのですが、今回はその雨ぶたに思いきり水がたまっておりました(それだけひどい雨だったということですね…)。当然のごとく、携帯は動かなくなり、データの取り出しもできませんでしたとさ。

そんなわけで、新しい携帯を買いました。私らしくない、ピンクのかわいい携帯です。これは水没させないようにしなくては!
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-08-21 14:18 | 日々のつれづれ。 | Comments(6)

Rock&Snow・劔岳

お盆休みに山にいってきました。

今回もまた、所属する会の夏合宿です。行き先は劔岳。
ベテランの先輩方と、去年または今年岩を始めたばかりの初心者さんたちと、総勢7名でした。今回は六峰の登攀、長次郎雪渓を詰めて本峰越えという、一般登山道ではないところを楽しんできました。詳細は山ブログのほうにアップ予定。でもちょっと時間がかかるかも。すいません。

六峰は、一番簡単で楽しい(はずの)ルートを、3人で登りました。全ピッチリードです。簡単なところとはいえ、非常にプレッシャーがかかりました。しかも途中から天気がどんどん悪くなり、最後のピッチで土砂降りの雨…。半袖・七分丈パンツだったので凍えて死ぬかと思いました(苦笑)。他のルートを登っていた先輩方に助けられ、なんとか終了。いやー、アルパインクライミングは「スピードも安全のうち」なのだと実感。大いに反省です。

今回は登攀具・ロープも持っていたので、軽量化をしても15kg超。しかもロープは雨で濡れ、一番重いときで20kg近くあったと思います。ちなみに私は重いのが大の苦手(誰でも?)。小屋泊まりでヤマを楽しんでいたときは、おそらく5kgぐらいの荷物しか持っていなかったのに。何やってんだ、自分。でも楽しいからやめられないのですよね。あーあ。

山の花はそろそろ真夏の花から秋の花への移行時期。終わりかけのチングルマやハクサンイチゲ、ヨツバシオガマ。そろそろ咲き始めたトウヤクリンドウやアキノキリンソウ。アオノツガザクラやイワギキョウもずいぶん咲いていたなあ。室堂近くにはきれいな青紫色のミヤマリンドウや、白っぽいタテヤマリンドウが満開でした。今回はたまたま花好きのメンバーが私以外にも2名いて、花談義に花が咲き、写真を撮りまくり。楽しかったなぁ。。

劔、本当に素敵な山です。大好きです。
今度はどこから、どうやって登ろうか。楽しみは尽きないです。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-08-19 15:49 | 山や岩のこと。 | Comments(2)

元の木阿弥PUMP

午前中は仕事をし、午後から久々にPUMP1へ。

日記で見直してみたら、最後に行ったのはS木5.10bをRPした7/12。週末に山行があったり、平日は忙しかったりで、ほぼ1ヶ月ごぶさたしていました。

ゆったりのんびりボルダーエリアでアップしていたら、なんとなく腰に違和感…。今日はもうあまり無理をしないことにします。ボケボケしているうちにクライマー仲間たちがぼちぼちと到着し、ルートエリアへ。

しかし、5.9の課題を2本登り、5.10aの課題を1本したところで、あっという間に腕が疲労。楽勝でクリアするはずの5.10aの課題でテンションの嵐。最後はホールドが保持できません。うう。。。そのあとは気持ちを切り替え、岩登りの練習になるようにとスラブ壁を中心に。スラブは久々だったので、ヨボヨボでしたが、なんとかクリア。

いや…。
ジムには行ってないけど、岩場には毎週のように行っていたわけで、腕がそれほど落ちているとは思っていなかったのですが、全然だめでした。1ヶ月前にあった保持力とかムーブの感覚とか、跡形もなく消えてなくなってしまいました。クライマー仲間たちからは「慣れだから!」「また来るようになればもとに戻るから!」と慰められました。ホントかなあ。…ホントなんだろうな。通わなくては、続けなくてはうまくならないのがクライミング、だもんね。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-08-09 21:43 | クライミング。 | Comments(4)

野菜生活で現実逃避?

本日、野菜の届く日。朝からワクワク。

今回うちに来た野菜たちは
とうもろこし、玉ねぎ、きゅうり、さやいんげん、トマト、なす、ピーマン、にんじん、キャベツ

トマトはホントに完熟。真っ赤です。スーパーで先日買ったのとは全く違います。スーパーで買うトマトは、真っ赤=熟れ過ぎでぐじゅぐじゅというイメージがありますが、今日来たトマトは真っ赤だけど身がしっかりしています。いい感じ。タコときゅうりとトマトのマリネにして美味しくいただきました。

キャベツは、小さめだけど葉がみっしり詰まったのが1玉。
1玉あったら作るものはロールキャベツです。前回作って大好評。もちろん具にする玉ねぎも届いたものを使います。キャベツを蒸して、玉ねぎとひき肉を炒めて、形を作って煮込んで。(いつもの私の料理にしては)手間のかかる料理ですが、作るのも、食べるのも大好き。…しかし、正直仕事がそれなりに忙しく、手間のかかる料理を作る時間はないのですが…。ああ、いわゆる「現実逃避」ですね。

美味しい野菜を取り寄せると「野菜をたくさん食べるようになって、ダイエットになった」と先輩ライターさんがおっしゃっていましたが、ちょっとうなずけます。なるべくたくさん野菜を食べたくなるし、肉や魚(とくに肉)の消費量が少なめになってきたような。…が、今はまだ体型に全く反映されていませんが(苦笑)。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-08-08 21:54 | 日々のつれづれ。 | Comments(4)

聞きたくないの。

数日前のこと、ちょっと驚くことに出会いました。

腰痛の治療院に行き、帰りにホームで電車を待っていたときのことです。後ろから、声高な女性の声が。「はい。●●様の印鑑証明書と、権利書と…、○○が必要になります。債務者の方のお名前を…」えええ、権利書?債務者??

おそらく、私が昔していた職業と似たような職種の方が、クライアントと携帯電話で話をしていたようです。しかし、声をさえぎるものもなく、丸聞こえなんですが…。しかも人にあまり聞かれたくない内容の話じゃないの、それ? 

誰かと会話をしているとき、それを自分達以外の誰かに聞かせるつもりはない、というより、聞かれていたら嫌な気持ちがしませんか(私は嫌です)。でも、携帯電話ってそういう感覚がなくなるアイテムなのでしょうか。たとえば電車の中や、お店の中で、携帯で話をする人がいますが、みなさんけっこう大声で話しています。電車やお店の中だと密閉された空間で、しかも間近に人がいる状態なのに、自分の会話が人に聞かれていることに(聞きたくなくても聞こえて来る)無頓着なんですよねえ。。なんだかね。

で、そういえば。先日町歩きの取材に出向き、お昼に鶏料理の店に入ったのですが。
私が美味しく親子丼を食べていたら、数名のオバサマたちのグループが入店。私の隣の席に座りましたが、どうやらメンバーの中に鶏肉が苦手な方がいたようです。小さい頃に養鶏農家の近所に住んでおられたらしく、鶏をさばくのを間近で見て育って、鶏肉が食べられなくなったのだとか。…ええ。美味しく親子丼を食べている私の隣の席で、鶏をさばく話やら羽根をむしる話やらをを大声で延々としているわけですよ。

…ちょとひどくね?

周りにいる人のことなんて全然考えないんでしょうね。ついでに言えば、鶏料理の店でそんな話をして、お店の人がどう思うかも(お店の人は厨房にいて聞いてなかったみたいだけど)。

しかし半面教師。グループで話をしているときでも、携帯で話をしているときでも、人って自分のおしゃべりに夢中になると、周りが見えなくなるんですよ。自分はそういうことをしていないかな。気を付けなくてはね。
[PR]
by toshizo-Ni | 2008-08-05 15:04 | ぼやき。 | Comments(0)