ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧

<   2009年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ひとり下手

「ひとり上手」とかいう歌がありましたよね、中島みゆきでしたっけ。

今の私は、ずばり「ひとり下手」。ちょいといろいろなことがありまして、家でひとりで過ごしていると、なんとなく気持ちが落ち着かず、寂しい寂しい気分になってしまうのです。仕事が忙しければそれで気がまぎれるのでしょうが、今はちょうど仕事の境目。激烈にヒマなのであります。

とくに、夜、うちでひとりぼっちなのが駄目。
テレビもつけずにネットサーフィンなんざしていると、どんどん気持ちがへこんでいってしまいます。いかんなぁ…。

昨日。たろさんは飲み会だそうで、帰りが遅くなると事前通告あり。こりゃヤバい。…てなわけで、午後からPUMP1で遊び、夕方遅くに撤収後、クライマーのMさんとカンちゃんのお店=バーを襲撃しました(笑)。山の話やらクライミングの話やら、年齢の話やら接骨院の話やら(笑)で大盛り上がり。今回御一緒したMさんは、山岳会でも活躍するクライマーさん。すごい登りをいつも拝見していましたが、ゆっくりお話をするのは初めてでした。今、私がちょっと悩んでいること…会での遭難対策の考え方…に、とても的確なアドバイスをいただけて、有難かったです。

そんなこんなで、気付けばPUMP1で遊んでいたのと同じくらいの時間、カンちゃんのお店にいましたとさ。…いや、居心地よかったっす。楽しい夜でよかった(笑)。カンちゃん、Mさんありがとう(って、二人はこの日記を見ることはないわけですが…笑)。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-02-28 18:09 | ぼやき。 | Comments(6)

岳人春山2009、出ました。

d0100314_18215152.jpgお仕事した本が出ました〜。

別冊岳人「春山2009」
東京新聞出版局
http://www.tokyo-np.co.jp/gakujin/

…なんか、昨年も同じようなこと宣伝してたよな〜と思った貴方、1年以上ワタシのブログを御愛読いただき、有り難うございます。

今回は、ごくごく一部ですが、ハイキングコースの取材と原稿かきをしています。
どこに出ているかは、「購入して熟読しましょう!」…え???違う?

いや、冗談はさておき(笑)。
春の山歩きのおともに1冊いかがでしょう。春らしい花の山歩きのルート紹介が満載で、いきたいところが増えてしまうこと間違い無し(かな?)。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-02-26 18:23 | 仕事のこと。 | Comments(6)

新メニュー。

d0100314_1134489.jpg一応、主婦です。一応、夕食作ります。

とはいえ、料理がすごく得意なわけでも好きなわけでもなく、「とりあえずたろさんと私が美味しくお腹いっぱいになればいい」と思っているだけです。研究熱心でもないので、料理のレパートリーも全く増えません。たまに野菜をたくさんもらったりすると、それを美味しく消費するために、レシピ集のサイトで検索をしたりしますが…。

で、本題。
先日、山仲間のよねさんのブログに載っていた「白麻婆」なるものが非常に美味しそうでした。レシピを聞いてみたら、どうやら私にも作れそう(手順が難しくなさそう、スーパーで販売している材料でなんとかなりそう)だったので、昨晩トライしてみました。実はレシピを聞いただけでは味の想像ができず、作りながらけっこうドキドキ(笑)。調味料を足すたびに味見をして。

うんうん、とりあえず美味しくできました。塩と鶏ガラスープ、ホタテのうまみでなんだか中華〜な感じです。ねぎもたっぷり。たろさんからは「もう少し辛くてもいいかも」とのお言葉あり。

たまには新メニュー開拓もよいものですね。楽しく、美味しくいただきました。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-02-25 11:36 | おいしいもの。 | Comments(8)

インドカレーが食べたくなって。

d0100314_1283510.jpgときどき、無性に食べたいスイッチが入ります。

山仲間のよねさんのブログを見ていたら、インドカレーを食べた話が出ていて、久々にスイッチが入ってしまいました。実は自宅からわりと近いところに、インドカレーの店があります。東京生活だか散歩の達人だか、この近辺の特集のときに出ていました。一応インド人シェフが腕を振るっているようです。ときどき1人でランチを食べにいきます。なかなか美味しいのです。

が。このお店で唯一つらいと思うのが、匂い。
いや、食べ物の匂いではなく、お香の強烈な匂いが。オープンしたころはずいぶん匂うけど、ま、いっか、という感じでしたが、年を追うごとに匂いが強烈になっていくのです。お店に入ってご飯を食べている時間って30分もないくらいですが、着ているものに匂いがつくぐらいです。ちとつらいなぁ…と思い、少し足が遠ざかっていたのですが、どうにもインドカレーが恋しくなり、お店に足を運びました。

今日は、「本日のカレー」1種類とナン、ライス、サラダ、スープ、ドリンク、チキンティッカがつく1000円のランチセットをオーダー。カレーは「ほうれん草とチキンのカレー」でした。カレーはマイルドで、ナンも注文を受けてから作っている感じでした(いや、客が私だけだったからだろうな…)。チキンティッカも肉が小さめながらもジューシーでスパイスの味もよくて。味は満足。かなり。

…しかしやはり。前回来たときにも増してお香の強烈な匂い。うーむ。
これがなければ、値段もそこそこリーズナブルだし、正直週1で通うんだけどなー。でもでも、この匂いがあまり気にならない(というか好きな)人にはおすすめのお店であります。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-02-24 01:29 | おいしいもの。 | Comments(5)

日和田山・その後

日和田山岩登り会から一夜明けて。

いや、昨日のうちから、おかしかったのです。
妙に顔が痛痒い。少しくしゃみが出る。そういえば昨日は「杉花粉が多く飛ぶ日」だと言っていたっけ。日和田山は奥武蔵の山々の例にもれず、杉が多く見られます。花粉症の人は大変だよなぁ…なんて思っていたのですが。

今日、朝起きてしばらくしてから、くしゃみがたびたび出ます。そのうち、鼻水も出始めました。そんな私を見て、たろさんが嬉しそうに

「花粉症、花粉症♪」

…発症でしょうか。一昨年、やはり奥武蔵の山歩きをして花粉症らしき症状が出ましたが、昨年はそうでもありませんでした。いや、たまたま花粉の多く飛ぶ日に杉いっぱいの場所に行ったために、一時的に花粉症らしき症状が出たのか?? …しばらく様子を見ようと思います。さて、どうなることやら。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-02-23 00:34 | 日々のつれづれ。 | Comments(2)

今年初日和田山。

土曜日は会の人達と岩登り会でした。

行き先は、奥武蔵にある初心者向けのゲレンデ、日和田山。総勢4名でいきました。うち1名は、ほぼ初心者の方。ガイドさんの岩登り講習会で数回岩登りをしたことはあるそうなのですが、ロープワークやビレイは全く分からないとのこと。これから一緒に遊んでもらうために、必要な技術を覚えてもらうことが、今回の一番の目的でした。

朝、岩場に着いて、準備をはじめたら…、寒いこと、寒いこと。多少歩いて温まった体が、止まって準備をしていると、どんどん冷たくなっていくような。この岩場は杉の樹林に囲まれ、しかも私たちが練習をする面は午前中はほとんど日が当たりません。そんな中で、八の字結びを何度もくり返し、ビレイの基本動作を練習し、登っている人のビレイなどを見学し。もう寒い寒い。

ひととおり覚えていただいたら、あとは何本か登ったり、ビレイをしてもらったり。
…が。とにかく岩が冷たい!触っていると、指先が冷たくなってじんじんしてきます。そんなばかな。あまりに寒くて、簡単なルートなのに体もスムーズに動きません。いやいや、まいった。どんなに低山でも、冬に日陰の岩場、いくもんじゃないっす。でも、久々に岩に触れて、ちょっと幸せだったかも(馬鹿?)。

寒いし、寒いし、寒いので(笑)、早めに撤収。帰りに池袋駅前の赤提灯でちょっとだけ打ち上げをしました。やきとんの盛り合わせやら、煮込みやら、いろいろ飲んで食べた気がするのに、お会計をしたらひとりあたり1300円ちょっと。えーーー!恐るべし、池袋。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-02-22 11:54 | 山や岩のこと。 | Comments(2)

嬉しいこといっぱいPUMP1

…なんだか、最近のこの日記、山の話か、壁の話しかしてないですね。。
本来は「山の話と仕事の愚痴」がメインネタだったのですが…(汗)。

今日は仕事の谷間。久々に自転車こいでPUMP1へ。昼下がりのマダムクライマーに変身。

いつものアップ課題を1本登ったところで、妙にいい感じ。今日はちょっと「いけそうな気がする〜(天心木村風に。このフレーズだけ微妙にマイブーム)」モードです。

先週の火曜日に新しくなったばかりのsora壁。常連で私と登りのパターンが似ているIさんが「お買得でおすすめよ!」と教えてくれたのが、水色■(5.10c)。彼女のお買得情報に間違いはありません。取り付いてみると…オンサイト!ぴゃー。オンサイトグレード更新であります。嬉しい…。その後、もうひとつ「おもしろそう」と言われて試してみた白↑(5.10c)は、2テン。手に足やスメアを上手く使わないと登れない、まさにおもしろ課題でした…。いや、登っているときは「無理すぎて号泣モード」でしたが。

しばらく燃え尽きて、コーヒー飲みつつ、ぼへーっとしていたら、お若い男性から「すみません、ニシさんですか?」と聞かれました。クライマー仲間のなおさんのお友達だったようです。ブログ見てくださっていたようで…。有難いことです。少し壁の話や山の話、共通の友人(=なおさん)の話などをしていると、横から声をかけられました。

「ニシちゃん?!」

昔の山仲間、くろじんばさんでした。彼女に会うのはたぶん数年ぶり。ピャー!
ハードな縦走にもどんどん行き、クライミングではすっかりボルダラーになっているという噂は聞いていたのですが、ここで会えるとは。ボルダラーの青年と来ていたらしく、数本ビレイさせていただきました。嬉しい嬉しい再会でありました。

最後に、絶不調になって以来封印していた目標課題、ほこら左壁の水色棒(5.11a)にトライ。いつも駄目なところでテンションし、合計2テンでした。でも、ムーブはとりあえず頭に入ったし、上手くレストを入れつつ気持ちをきらずにいければ、「いけそうな気がする〜」ので、次回からまたしばらくがんばっていこうと思います。

オンサイトグレード上がったり、大切なお友達と再会できたり。今日はとってもいい日だったな。さて、明日は日和田山で岩登り会。楽しんできまーす。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-02-20 23:21 | クライミング。 | Comments(3)

冬山レスキュー講習2009

東京都山岳連盟の「冬山のセルフレスキュー講習」にいってきました。

昨年も同様の講習会に参加しています。谷川岳周辺で1泊2日、雪崩に対する対策を中心とした講習内容です。今回は、所属する会のKさんと2名で参加しました。基礎知識を学ぶクラス1、ロープを使った救助も学ぶクラス2がありましたが、昨年に引き続きクラス1を受講しました。初日に雪質観察や弱層テスト、ビーコンの使い方を学び、2日目は埋没体験と、雪崩遭難救助のシミュレーションを行ないました。

正直、 昨年は講習の内容についていくのが精一杯。しかも初日はすごく寒かったのと、慣れない場にかなり緊張していたのとで、知恵熱?を出してしまい、夜の飲み会にほとんど参加できませんでした。今年は昨年よりしっかり勉強して臨んだので、理解も深まったように思います。知恵熱も出さず、飲み会にも最後まで参加!(爆) スタッフの皆さんや他の会の方々から、有意義なハナシもたくさんうかがえました(飲んで馬鹿話ばかりしてたわけではないんですよ…)。

ちなみに今年は、初日は雨でした。気温が高いので雪にならないのですね。とはいえ風がずいぶん吹いていて、体感温度は少し低かったように思いますが。積雪も昨年にくらべるとずいぶん少なかったように思います。3月以降に谷川方面で山行を考えていましたが、ちょっと微妙かもしれません。2日目はドピーカン。雪を掘ったり埋めたり、斜面を駆け降りたり登ったりしていたので、かなり汗をかきました。

終了後はバスと鈍行電車を乗り継いで帰ったのですが、講習会仲間の面々とバスを待ちながら飲み、電車の中でひたすら飲み、さらに赤羽で途中下車して行きつけの店「しゃもじや」で飲み。…飲み過ぎだっつーの(自爆)。しかし、体を動かし頑張ったあと、楽しい人達と飲む酒はやめられませんです。

そんなわけで、とても有意義な会となりました。参加の皆様、そして遭難対策委員の皆様、大変お世話になりました。ありがとうございました(といっても、この日記を読んでおられる方はほとんどいないと思われますが…笑)。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-02-17 00:17 | 山や岩のこと。 | Comments(7)

富士山を見に・扇山

水曜日…祝日だったので、ちょっとハイキングに。

今回の目的地は中央線沿線にある扇山という低山です。所属する山岳会の方々、総勢9名でいってきました。中央線沿線の山は、駅から歩き始めて駅に下山できるルートが多いのが魅力です。また、富士山に近く、眺めのよい山も多いようです。今回訪れた扇山も、富士山の眺めのすばらしい山ということになっています。中央線の鳥沢駅から歩き始め、山頂を踏み、大野貯水池を経て四方津駅に下山する、4.5時間程度のお気楽コースでした。

山道じたいはさほどのアップダウンもなく…、登りも下りも非常にゆるやかで、気持ちよく歩けました。木々が葉を落とし、落ち葉はふかふかのじゅうたんのように足に優しく、ときおり冷たい風がさあっと吹き付けるのがまた気持ちよく。今回は一緒に歩くメンバーの足並みがぴったりと揃い、それもまたいい感じでした。

が、このエリアの特徴というか…、車道歩きが長いのです。今回のルートも駅から登山道に取り付くまでに1時間ほどの車道歩き、登山道が終わってからさらに1時間以上の車道歩きが続きます。歩く時間的には「お気楽」なのですが、舗装道路をたっぷり歩くと、足がかなり疲れますね…。しかし、登山道が終わって「犬目」という集落に出ると、旧甲州街道を歩くのですが、なんとなく「街道」の雰囲気が感じられる町並みが見られて、うれしくなりました。民家に植えられた梅の花はぼちぼちと咲き始め、よい匂いをさせていました。

…で、今回のハイキングの目的だった「富士山」ですが。山頂に近い展望ポイントでは、きれいに眺められました。しかし山頂ではすっぽりと雲に隠れてしまい、何も見えませんでした。。残念。それでも気持ちのよい、癒し系ハイキングでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-02-12 09:24 | 山や岩のこと。 | Comments(3)

戻ってきた…?

火曜日は午後からPUMP1へ。

正直、土曜日に全然登れなくて「クライミングちょっと嫌かも…」モードになっていたのですが、この日を逃すとしばらくジムに行けなくなりそうだったので、気力をしぼって(苦笑)足を運びました。

いつもの常連さんたちに混じって登り始めましたが、なんだか調子が悪くなさそう。アップ課題を登りながら、いつもの感覚が戻っているような感触でした。何本か登ってみましたが、悪くない! 土曜日に全然駄目だったほこら右壁の緑■(5.10a)も気持ちよくクリア。あれえ〜?

で、調子に乗って前から気になっていたほこら左壁の黄×(5.10b)にトライ。私と登りのパターンが似ているIさんが「余裕でいけるわよ、これは!」と激烈に勧めてくださり、ビレイもしてくださったのですが…、あれれ、ホントに余裕でいけてしまいました。オンサイトです。ひえー。さらにさらに調子に乗って、先週新設のスラブ壁の緑(5.10b)にトライ。ひらりひらりと途中の核心を抜け、最後の核心も気合いで抜けたら…あらら、オンサイトしてしまいました。ぎょえー。

ここしばらく全然成果がなく、昔登れていたものが逆に登れなくなったりしていたのですが、久々に(自分にとっては)すごい成果!帰りながら顔がニヤニヤしてしまいました。やっぱりクライミング、楽しいかも!…単純な人間で申し訳ありませぬ。

そうそう、私はどうやら「右」と「左」の識別に弱いみたいです。ちょっと難しい課題を登っていて、「右に大きな黒いスタンスがあるよ!」とアドバイスをもらったのですが、ええと、黒、黒…と必死に探していたのは左でした。…ときどき知能レベルが小学生以下になるみたいです(滝涙)。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-02-10 21:42 | クライミング。 | Comments(5)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧