山ざんまいの週末

6月最後の週末はどっぷりと山へ。

土曜日は、所属する山岳会のHちゃんと、つづら岩でレスキューおさらい会。

5月に都岳連の「岩場のセルフレスキュー講習」に参加したのですが、そのときに習ったことを反復練習しよう…ということで計画したのです。つづら岩は、登山口から1時間歩かなくてはなりません。さらにこの日はバスでアクセスしましたが、バスの場合はバス停から登山口までさらに15分程度かかります。ワタシもHちゃんも山歩きは久しぶり。1時間以上の登りの最後の急登でぜぇぜぇと息があがってしまったのでした。とほほ。

岩場では、東面の小さな岩場を使って、リードをビレイしているときの自己脱出や、引き上げのシステム作り、懸垂下降の練習などをしました。手間取るものの、案外に覚えていることにほっとしつつ、反復練習。猛暑の日だったようですが、私たちが練習をしていたところは日陰で涼しく、岩のてっぺんに立つと風もひんやりとして気持ちよかったです。

熱中しすぎて帰りのバスの時間が危うくなり、行きに1時間半かかった道を40分弱で駆け下りました。おかげで翌日は大腿部が筋肉痛…。

翌日日曜日は、会の沢登り講習会で葛葉川へ。

沢登りをするのは2年ぶり。昨年は縁がなく、まったく行ってませんでした。もともと水が嫌い、泳げないので、沢はしなくても生きていける…のですが、今年はいろいろとチャレンジ?しようと思い、参加したのです。

しばらく雨も降っていないし、水量はそれほどでもないのかな?と思っていたらとんでもない。2年前にいったときよりずっと多く、とくに滝をのぼるときは顔が水にかかり、「ひぃぃ〜!」という感じでした。ぬれた岩を歩いたり登ったりするとき、フェルトの靴は案外に滑らないのだ、と理解するのにすごく時間がかかり、終始おどおどと歩いていたような。

それでもふと見上げれば木々の緑が美しく、吹く風は心地よく、沢も悪くないのかな?と思ったわけで。…でも、もうちょっとゆったりのんびりと歩くのが、私には合っているなぁ…なんて思ったりしたのでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-06-29 14:14 | 山や岩のこと。 | Comments(4)

家事に癒される

別にいい奥様なんかじゃないんですけどね。

仕事が立て込んでくると、家事をあまりしなくなります。「どうしてもしなくてはいけないこと」以外はしなくなります。たとえば、洗濯はするけど、掃除機かけはしなくなる(ホコリで人は死なない)、夕食の準備はするけど後片付けはお願いしちゃう(いや、めったにしないけど)、みたいな。食事の準備にしても、忙しくなると炒めるだけ、煮込むだけ、みたいな手のかからないものを作るようになります。本当にひどくなると「作れない!」と叫びますが。

だから、非常に仕事が立て込んで嵐のような毎日を過ごしたあと、仕事が落ち着いてきてうちのことをするのが、実は非常に好きだったりします。普段は別に家事が好きでもなんでもないのですが。掃除機をかけるだけで幸せ、ゆっくり料理を作れるだけで幸せ。なんだかね。

すごく余裕のない毎日を送ってきていたのですが、ようやく終わりが見えてきました。そういえば、宅配野菜にキャベツがまるまる一個あったなぁと思い出し、昨日の晩ご飯はロールキャベツにしました。キャベツを蒸して、中の具を作って、包んで。こまこまとした作業に幸せを感じます。そういえば人参は葉っぱつきだった…と思い出し、人参の葉を細かく刻んで具に混ぜ込んで。ことこと煮込み、いい匂いがしてくるときの幸せなことといったら。

食べるときも幸せだけど、作るときも幸せ。…あ、何か登山と同じだな。登っているときは幸せだけど、登るために準備をしているとき…下調べをしたり装備を揃えたりしているときも幸せ。

ちなみに、人参の葉入りロールキャベツ、けっこう美味しかったです。たっぷり入れたのでちょっと葉の匂いが強めでしたが、こってりしたひき肉がうまく中和されていい感じだったかも。ごちそうさまでした♪
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-06-25 15:45 | 日々のつれづれ。 | Comments(2)

街で道迷い

するんですよ、ええ。

今日は仕事で2件ばかりお届けものがあり、外出。いずれも1年ぶりぐらいに訪れる会社でした。そのうちのひとつは神保町にあります。山道具屋のさかいやの近所です。細い路地に小さなビルがたくさん建ち並んでいるなかで、、たしかこのへんだったとあたりをつけて歩いていったのですが、ありません。げげっ。いやぁ、たしかここに喫茶店があって、その並びだったと思ったんだけど。

しばらく歩き回って探してみたのですが、ありません。いけばどうせわかると思って、住所も電話番号も控えてきませんでした。いつもは持ち歩いている東京の小さい地図の本も持ってきていませんでした。ぐげ。道迷い遭難です。

やむをえず、今回の仕事をしている出版社に救助要請(涙)。
「す、すみません、●●さんにお届けものにきたんですけど、迷子になってしまいました。たぶん近くまで来ていると思うのですが…」
電話に出てくれた顔見知りの担当者が爆笑。そりゃそうだ。住所とビル名を教えてもらい、電話を切って、ふと見上げたら…、私の目の前のビルがそれでした。ほぎゃ。あれえ、こんな感じのビルだったっけ?と首をかしげながら登っていき、ようやくお届けものができたのでした。

山では必ず地図とコンパスを持っていますが、私の場合、街で道迷いをしてしまうのです。少し前に一度いったことがある、なんてのが一番怪しいです。地図とか連絡先をちゃんと持ち歩いていけばいいのに、本当に学習能力ないんですよね。。今度こそ気をつけます、ええ。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-06-23 21:05 | 日々のつれづれ。 | Comments(2)

登山のための救急法講習

いってきました。がっつり勉強してきました。

東京都山岳連盟の遭難対策委員会が主催する「登山のための救急法講習」に、参加してきました。場所は奥多摩。土日で泊まりがけでした。

初日は、救急法の概論や包帯法(三角巾の使い方)、搬送、救助要請のしかた、2日目は疾病についての知識、搬送法の復習、救助のシミュレーションを行ないました。実は昨年も同じ講習会に参加しているのですが、昨年は都内で、通いの講習会でした。

今年は屋外での実習を視野に入れ、奥多摩での開催だったようですが、幸い初日は天気がよく、昼過ぎから屋外で搬送の実習をしました。登山道で人を背負って歩いたり、たんかを担いだりしました。さらに登山道から数メートル滑落した登山者を背負って救助…というのをしましたが、これが全然駄目。登りの一歩を踏み出せないのです。室内なら平坦で、すぐに担げてどこまでも歩けそうでも、山の斜面だと傾斜もあるし、すべります。いい体験になりました。

先生方が繰り返しおっしゃっていたのは、「山の救急法は、すぐに救急車がこないことが大前提であること、あるものでなんとかしなくてはならないこと」。救助要請が必要なほどひどい事故にあうことはなかなかなくても、あったときには適切な判断と対処ができないといけないのですね。こういう講習に参加するのは、技術を学ぶ…というのも大切だけど、気持ちを新たにするというか…、山でけがをする、病気で倒れることは自分(や自分の仲間)にありえないことではないのだと気づくいいきっかけになります。

ずうっと仕事で、ずうっと作業場に詰めて作業をしていたので、久々に山にいき、たくさんの人と山の話ができて、なんだかとっても幸せでした。やっぱり山はいいな。これからも安全に、楽しく山と向かい合っていけますように。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-06-22 23:19 | 山や岩のこと。 | Comments(2)

体が動きたがっている

今日、またまた小さい波をひとつ越えました。

毎年している仕事なのに、今年は本当に苦しい。余裕がなくなるのを見越して早めの進行にしていたのに、実際に早めに進んでいるはずなのに、次々に想定外のことが起きて、どんどん苦しくなっていきます。例年は大きな波が2つぐらいくるとラクになるのですが、今回はだめっぽいです。今日も、当初予定の締め切りがなぜか4日も前倒しになり(私たちの仕事では普通それってあり得ない。後ろに倒れることはあっても、前って普通ない!)、昨晩から今日にかけて半泣きで仕事。やっと落ち着いたところです。

クライミングジムにもいってないし、山も全然歩いてない。いや、先々週に岩に行ったけど。ずうっと家に詰めて仕事をしているから、びっくりするほど動いてない。万歩計とかつけてたら、1000歩歩いてないんじゃなかろうか。

そんな毎日を続けているとどうなるか…というと、体を動かすだけで、体が喜ぶのですね。たとえば、自宅から近所のスーパーに買い物に歩いていくだけでうれしい。昨日はなんと、スーパーまでジョギングしてしまいました(本当にゆっくり、しかもスーパーまでは歩いても5分ちょっと)。…なんか、気持ちいい!!!すっかりハイテンションです。

そして今日、仕事の打ち合わせに出かける前に、久々に大阪の山仲間よねさんから電話。初心者向けの山道具の質問から、今何やってる、こんどどこ行く?みたいな話になりました。…山や岩の話をしているだけで楽しくてしょうがない…。なんだかねえ。

こんどの週末は、一応山…なのですが、救急法の講習会。ちょっとだけ山も歩けるのかな? せっかくなので、緑にいやされてきます。…で、その前に、講習会に行けるように仕事を根性で終わらせなくては!
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-06-18 19:02 | 日々のつれづれ。 | Comments(6)

旅に恋する女たち

一応、宣伝です(笑)。

本日、女性トラベルライターの旅情報サイト「旅恋.com」がオープンしました。
http://www.tabikoi.com/

言い出しっぺは、私の仕事の先輩であり、飲み仲間?飲み先輩でもあるS姉御。旅が好きで旅の仕事をしている私たちが得た「自分目線の旅情報」を発信していこう、という話でした。

たしかに…、たとえばお店の取材をして、お店のご主人と雑談で思い切り盛り上がったりする中に、とっておきの旅情報があったり。すごくいいお宿でいろいろなお話が聞けたのに、文章にしたら80文字ぐらいしか書かせてもらえなかったり。なんでもおもしろがって仕事をしていると、ネタってたまるもんです(笑)。もちろん仕事以外でもね。

このサイトでは、7人の女性トラベルライター(いや、、実は私は『トラベルライター』と自分を定義していないのですが…)が、自分の得意なジャンルについて、随時情報を発信していきます。7人ということで、七色レンジャーと称しております。私は、B級グルメと山系アウトドアを担当する黄色レンジャー。初回は夏のハイキングネタです。ついでにいえばシリーズものもひとつ原稿を書いております。よかったら読んでやってください。

私の記事および他のメンバーの記事などについて、いろいろ感想などお聞かせいただけるとありがたいです。…ちなみに、女子の作っているサイトですが、もちろん男子が見ても楽しい情報満載でありますよ(笑)。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-06-15 18:33 | 仕事のこと。 | Comments(7)

またまた高山。

今年、2回目の飛騨の取材にいってきました。

お店の取材はもう、5月末で終わっていたので、今回は高山を中心に、仕事のキーマンとなる地元の人たちへの挨拶回りがメインでした。はじめ、天気予報はあまりよくなかったのですが、終わってみれば両日ともほぼいい天気で(一瞬集中豪雨に見舞われましたが、車中だったので無問題)取材への支障もありませんでした。よかったよかった。

今回はカメラマンさんと、版元の編集長と3人編成でした。
3人の共通項、それはたぶん「何でも面白いと思うこと」だったんじゃないだろうか。各所で聞くいろいろな話に耳を傾け、町を歩いて見えるものに興味を示し。だからどんどん面白い話が聞ける。面白いものに出会える。取材が全部終わって「疲れたけど楽しかったねえ」と言える幸せ。そういう人たちとできる仕事は、(本が売れるか売れないかにかかわらず)とても楽しい。

電車の待ち時間が少しあったので、ラーメン食べよう!という話になりました(いや、私が食べたいとだだをこねたというのが本当のところだけど)。ちなみに、高山ラーメンのおいしい店は、ほとんどが駅から離れたところにあります。駅から離れたところに行く時間はなく、それでも何か食べたいと入った駅近くのお店。…すざまじくすべりました(いや、床がすべったのではなく、食べたものがすべった)。店を出て「こんどこそおいしいラーメンが食べたい!」と叫ぶ私に、「…なんか、高山に一緒に来ると毎回帰りにラーメン食べてますよね。で、毎回『今度こそ!」って言ってますよね」とカメラマンさんが失笑。くすん。

そして帰りの電車の中。ぼけーっとしていると、近所に座っていたおばあちゃんたちの団体が、車内販売のお姉さんに声をかけていました。
「おねーちゃん、お酒ちょうだい。スーパードライと、キリンガラー!!」

…ラガーだろ、それ。

最後まで笑いの絶えない取材でありました。ああ、楽しかった。おつかれさま。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-06-13 11:56 | 仕事のこと。 | Comments(6)

悪意はない。

非常に個人的なぼやきです。数日たったら消すかもしれません。

あまり悩みなんてなくて、したいことをして生きている…というイメージを持たれている、そしてたぶんそれはおおよそ間違っていないと思われる私ですが、ときどき、悩んだり嫌だなぁと思うことがあります。そのひとつが「子供」です。子供がとても欲しかった時期があります。実は未だにそれを心の中で消化しきれていないので、子供ネタにはちょっと、いやかなり弱いのです。子供が嫌いなのではありません。自分の姪たちのことはとてもいとおしいと思うし、友人たちの子供は、いや、友人たちに限らず子供はかわいいと思います。

「子供は?」攻撃にはずいぶん慣れました。この歳になると、「まだ?」と聞かれることはなくなりましたが。子供は?攻撃に限らず、言っている本人は無意識で全く悪意はないのだけど、言われたほうはぐさっと心に刺さったり、ざらりと心をなでられるような言葉があります。そのひとつが「産んだ人(育てている人)にしか分からない」。つまりその言葉は、言葉を発した本人の意識があるかどうかはともかくとして「産んでない(育てていない)ヤツには分からない」という意味を持ちます。私に直接そう言う人はさすがにいませんでしたが、たとえば複数名で会話(それはリアルな会話であったり、ネット上の会話であったり)をしていて、そのうちの数名が子供のいる人で、というシチュエーションで、この言葉が出ることはざらにあります。その言葉はざらりと私の心をなで、ひっかき傷ができるのです。

多くの場合、それらの言葉は悪意がない言葉だけに、対処に困るのです。悪意があれば「ひどい!」と怒ることができますが、ないので言われたらただ傷つき、悶々と悩み、やがて距離を置くようになる。置けるのなら幸せなのですが、たとえば仕事付き合いとか共通の友人が多いとか、置けない場合もあるのですよね。。心にうまく折り合いをつけられることもあれば、つけられないこともある。最近、忙しくてちょっと心が弱っているとき、運悪く地雷を踏んでしまい、悶々としていたというわけです。ここに書くことで、ちょとだけ発散。すみません。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-06-13 11:31 | ぼやき。 | Comments(14)

ふきの煮物

私にとっての「おふくろの味のひとつ」です。

金曜日に届いた産直野菜の箱の中に入っていたふき。強い匂いとともに、実家にいた頃にずっと食べていた母の作ったふきとたけのこの煮物の味を思い出しました。母親にレシピ(というより、ふきの調理)をきき、仕事がちょっとだけ落ち着いた今日、やっと作ってみました。

ゆでてあくを抜き、すぐに筋をとり(生のまま筋をとるとあくで手が真っ黒になるのだと言われました)。筋をとっていると、やっぱりフキの匂いが漂ってきます。はぁ〜、幸せ。そしてたけのこと一緒に煮て、できあがり〜。

食べてみると…ん、苦い。どうも、細いものほど苦みが強いみたいです。でも美味しい! 母の作ってくれたものとはかなり違う気がするけど、、それでも美味しくいただきました。…思うに、苦みも味のうちなのかも。今日はかぶのクリームシチューも作ったのですが(かぶは産直野菜)、かぶはちょっぴりえぐみというか…土臭さというか…。強い風味があったのです。そうか、かぶってこういう味だったんだなって。

ふきは思ったより手間なく調理できるのだとわかったので、そしてたろさんもどうやら食べられそうなので、また作ろうかな。…でもふきの季節はもう終わりかなぁ。やっぱり、旬の野菜はいいな。ごちそうさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-06-11 00:06 | 日々のつれづれ。 | Comments(9)

今日は岩登りをしてきました。

所属する山岳会の岩登り会でした。場所は、栃木県にある、藤坂ロックガーデンという岩場です。どちらかといえば、本ちゃん向けの練習の岩場と認識されているようです。今回は、ベテランの先輩から岩登り初体験の初心者まで、総勢9名でいってきました。

天気もいいし、かなり混んでいるのかなぁ、、と思っていましたが、そこそこ人数がいたわりには、岩場が広いので、渋滞待ちみたいなものもなく、自分たちが人を待たせることもなく(たぶん)すみました。よかったです。

岩場では、3人1組になり、それぞれのチームで好きなところを登りましょう…ということに。私のいるチームは、いつもの縦走パートナーのHちゃん、あまり岩ではご一緒しないMさんと、女性3人組パーティーになりました。はじめに簡単なルートを2本登ってウォーミングアップのあと、自分たちにはすこし難し目のルートを数本。

とりあえず今回はすべてリードで登りましたが、やっぱり外岩のリードは緊張します。しかし、自分にいけるかちょっと微妙なところを、落ちたら駄目、絶対いけるから大丈夫と自分に言い聞かせ、バランスを取りながら越えていく、心がヒリヒリするような瞬間。下手だけど、センスもなくてなかなか上手にならないけど、それでも岩登りは楽しい!面白い!!

夕方までがっつり登り、指先がひりひりしています。それでも幸せなヒリヒリ感、ですね。帰りには温泉にいき、佐野ラーメンの美味しいお店で軽く打ち上げをして帰りました。またいきたいな、こんどはいつ行けるかな? おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-06-07 22:09 | 山や岩のこと。 | Comments(6)