骨盤矯正

一昨日の新聞に、隣町にある整体のお店?の折り込み広告が入っていました。

もともとひどい肩こりと腰痛に悩まされている私。デスクワーク続きのせいか、数日前から肩こりが悪化し、ガッチガチでときどき気分が悪くなるくらい。腰の具合もあまりよろしくありません。チラシを見ると、カウンセリングもしっかりしてくれるらしく、しかも整体と骨盤矯正のコースがチラシ持参で半額になるらしい。こりゃー行ってみるしかないでしょう、ということで、仕事の合間に(仕事をさぼって?)いってきました。

初回なので問診票をかき、さっそく調整をしてもらいましたが…。やはり首まわりの筋肉がガチガチに固く、他の人が滑らかにできる動きが、私には全然できないらしいことが判明。さらに背骨も、普通の人が横から見るとS字型なのに、私の場合は下のほうが曲線になっておらず、腰に負担のかかりやすい構造?になっているらしいことも判明。さらにさらに、骨盤も右側のほうが歪んでいたようです。背骨の模型で説明をしてもらいながら、妙に納得。さまざまな体のクセを指摘されながら調整をしてもらい、最後におうちでもできるストレッチを教えてもらって終了。

リラクゼーションではないので、肩こりの症状が劇的におさまった!というわけではないのですが、ちょとだけすっきり。自分の体がどういう状態なのか、どうして痛みがあるのかなどを分かりやすく説明してもらえるのはいいですね。 また、体のゆがみは、足の組み方や体重の掛け方など、普段の生活でクセになっているものに起因することも多く、何気なく行なっていることを見直し、ゆがみを生じさせるクセを直していくことも必要なのだとのこと。

継続して調整をしてもらうことで、体が改善していくのだと言われました。しばらくは週1ペースで通えたら通いたいなぁ。半額サービスは初回のみなので、次回からはちょっと高額ですが…。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-11-30 20:28 | 日々のつれづれ。 | Comments(5)

山の勉強会

今日は、所属する山岳会の人たちと奥武蔵にハイキング。

…といっても、メインの目的はハイキングではなく、搬送の体験・練習会でした。昨年から、会で「救急法」担当になっていまして、年に一度、救急法の講習会というのを行なっています。先日も集会で三角巾の使い方やら何やらやったのですが、せっかくなので、屋外で搬送の練習会もしてみようよ、という展開になったのです。

今日の天気は曇り。なんとなく雨が降りそうな黒い雲が立ちこめていました。練習会はやめて、さっさと下山して温泉宴会しようか…とも一瞬思ったのですが、せっかく道具も持ってきているし、まぁ30分ぐらいだけやろうよ、ということに。登山道から少し離れた広場で、ヒューマンチェーン(手をつなぎあって担荷をつくり、人を運ぶ)、雨具やザック、スリングを使った背負い搬送をみんなでやってみます。

実際に担いでみると、いろいろなことに気づきます。人は思ったよりも重いのだ…、平坦な山道でも人を担ぐと歩きづらく、斜面はさらにきつく感じるとか。担がれる側になると、どんな動作で恐怖を感じるかもよくわかります。この作業をするときは、いわゆる「緊急時」で、手のこんだ完璧な体勢を作るより、簡単で素早くできるもののほうが間違いがなくいいのだということも実感。

いろいろやってみたけど、一番素早く、担ぐほうも担がれるほうも負担を感じなかったのが、240cmの太めのスリングを使った背負い搬送…というのも、驚きでした。スリングが食い込んで痛いのでは…と思いましたが、この時期、それなりに服を着た状態だと、短時間の背負いならあまり負担はないようです。これの応用で、クライミングロープをぐるぐる巻いてで240cmの輪っかを作り、スリングと同じように背負ったものが、食い込みもなく、しかもロープがうまく背負う人を固定するのでよいと思いました。

私が講習会で教わったことを発表しつつ、先輩方が「こういう方法もあるよ」と提案をし、試しながらこれはいい、これはあまりよくない…とみんなで検討をして。30分ぐらいで…なんて言ってたのが、気がつけば1時間半近く熱中していました。下山後は温泉に浸かり、近くの餃子屋で打ち上げ。…とても楽しく、有意義な時間が持てました。一緒に勉強してくれた会の皆さんに感謝。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-11-29 22:12 | 山や岩のこと。 | Comments(5)

忘れてはいけないこと

火曜日の夜10:00、NHKの「プロフェッショナル」をときどき見ます。

この間、何気なくテレビをつけたらちょうどその時間で、この日はインテリアデザイナーの片山正通さんが取り上げられていました。思わず魅入ってしまいました。

私がフリーランスになって間もない頃…、雑誌の取材でお話をうかがったことがあります。たしか、、空間デザイナーが手がけたお店の特集か何かだったと思います。私よりずっと若いのにすごくしっかりしている編集担当のピヨコさんと、私で、彼が手がけたお店に行ったんだったか、事務所にお邪魔したんだか。

すごいお仕事をたくさんしている人なのに、威圧感、大物感が全然なくて、すごく自然体な雰囲気だったのを覚えています。正直、空間デザイナーさんが手がけるようなお店は私にとっては「管轄外」。変なことを言って機嫌を損ねられたらどうしよう…とすごくビクビクしていたのですが、ピヨコさんがうまく質問のリードをしてくれて、なんとかなったような(…ダメダメライターだったんですね。いや、今もダメダメですが)。

テレビの中の片山氏は、そのときよりも多少恰幅がよくなり、多くの仕事を成功させて風格も出てきていたような。でも…、おそらく以前も今も変わらずに、真摯に仕事に向き合っているのが伝わってきました。その中で「自信がないから考え続ける」というフレーズがあって、すごく驚きました。あんなに成功を重ねているのに、たくさんの人から信頼され、求められている人なのに。

私は自分の仕事に自信のない人間で…、だから120%の力を出し切る。120%出し切って、ようやく人並みなんじゃないか。…というスタンスで仕事をしていたのだけど、最近はその不安を押し込めるすべを身につけてしまったような気がします。そうやって仕事をこなしてきたけれど、でも、それじゃやっぱりいけないのかもしれない。

いつも全力疾走では、そりゃー力つきてしまうけど、せめて目の前にある仕事に真摯に向き合い、出来上がったものを自信をもって人に勧められるような人間になりたいな。思い出とともに、大切なものを思い出しました。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-11-26 13:20 | 日々のつれづれ。 | Comments(4)

冬を先取り・小金沢連嶺

勤労感謝の日の連休のうち、2日を使って山にいってきました。

今回歩いたのは小金沢連嶺。大菩薩嶺から縦走し、滝子山に抜けるルートでした。所属する会の女子メンバー、総勢3名とでした。私以外は会でも屈強の女子、私はといえば、、テントを担いで歩く山行はホントに半年ぶりぐらい。正直ついていけるのかちょっぴり不安なスタートでした。

初日は曇り予報でしたが、登山口に着いたらいきなり雪が降り始めました。ひょえー。。。大菩薩嶺からしばらくは雪がうっすらと積もり、周辺はガスガス。大きく見えるはずの富士山は陰も形もなく、一気にテンションが下がります。。が、木々にうっすらと雪が積もっているのは、それはそれで美しく、幻想的な雰囲気でした。天気もだんだんよくなってきて、曇りながらも前方に富士山が見えて、ちょっと感動。

テントは途中のピークで。星空は残念ながら雲に隠れていましたが、眼下には町の灯りがきれいに見渡せました。他に誰もいない、静かな静かな夜。今回は食事係だったので、夕食はカツ煮、朝食はフォー。とりあえず美味しく作れました。

翌日は雲多めでしたがとりあえず晴れ。どっしりとした富士山、そして雪をかぶった南アルプスの山々が見渡せて、とても美しい景色が広がっていました。冬枯れの木々の中を歩き、ぽかぽかと暖かい陽光を浴びて。昨日とうってかわってひだまりハイキングでした。楽しく、気持ちよく歩き、下山後は駅近くの宿でお風呂に入り、ちょっと宴会。さらにコンビニでビールなどを買い込んでホームで宴会(苦笑)。楽しい楽しいひとときでした。

久しぶりの縦走。山のいろいろな姿を楽しみ、仲間との会話を楽しみ。本当に楽しく幸せなひとときでした。山はやっぱり楽しいな。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-11-24 22:59 | 山や岩のこと。 | Comments(4)

山行きすぎ。

手がけている山のガイドブックの仕事、佳境でございます。
アンケートにお答えいただいた山女子の皆様、ありがとうございました。

今週は比較的天気がよかったので、なおかつ来週はあまり天気がよくなさそうなので、集中的に山取材を進めていました。日曜日に日光の鳴虫山にいき、月曜日は奥武蔵の棒の折山、水曜日は冨士山麓の石割山、そして今日は丹沢の鍋割山。…天気の問題のほかにもいろいろと事情があり、山にいかなきゃいかなきゃ、と思って進めていたのですが、こうやって数えてみたら、1週間のうち4回…。そっか、気づかなかったよ。どうりで今日は疲れているなと思ったよ。。

ニシたろさんには「ばっかじゃないの」と言われています。
ええ、ばかですが、何か?

しかし、いずれもとてもよい山でした。鳴虫山では日光連山の絶景を満喫し、棒の折山では沢筋の道を歩いて広葉樹の紅葉を楽しんで。石割山では雲の間から顔を出す大きな富士山にテンションがあがり、鍋割山では山頂の鍋焼きうどんの美味しさにため息をつき。

体力的にはしょっぱいけど、たぶんこれからさらに佳境でさらにしょっぱくなるけど、楽しい思いを糧に、もうしばらくがんばります。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-11-20 23:08 | 山や岩のこと。 | Comments(4)

すみません、登山(山歩き)を趣味とされている女性にアンケートです。

現在進めている山のガイドブックで、リサーチを行なっています。
以下の質問にご回答いただけますでしょうか。

1、どんな行動食(おやつ)を持っていきますか?
 あなたがよく持っていくもの、その行動食を持っていく理由(例:カロリーが高いから、消化がいいから、好きだから、などなど)もあわせてお答えください。

2、山に持っていく持ち物のなかで、快適に登山をするために便利で、持っていて楽しいアイテム、自分の山行にははずせないこだわりのアイテムがあれば、お答えください。
ちなみに、私の便利アイテムは手ぬぐい(軽くて用途が広い、かわいい)、島ぞうり(夏は山行後、風呂あがりに履き替える)、試供品のメイク道具(軽くてかさばらない)ですが…(笑)。

3、普段、山には誰と行きますか? その仲間はどうやってゲットしましたか(例:ネット山岳会のオフ会でとか、学生時代の友人をしつこく誘ったとか…)

※アンケートの回答は、コメントに書き込みをする形ではなく、メールまたはmixiのメッセージにてお願いいたします。
※アンケートにご回答いただいても、謝礼などは出せないのですが…。次回山にご一緒したとき、おいしいおやつをふるまう、ぐらいのことはできると思います(苦笑)。

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-11-17 11:05 | 仕事のこと。 | Comments(2)

晩秋ハイキング・鳴虫山

今日は久々に仕事で山歩き。

…といっても、山歩きを最後にしたのは先週の日曜日だから、全然「久々」ではないらしいです。今回訪れたのは、日光市街にある「鳴虫山」という山。日光の山というと、男体山とか女峰山、日光白根など大きな山が思い浮かびますが、鳴虫山は標高1100mちょっと、こぢんまりとした山です。…といっても歩いてみるとけっこう手強く、高低差もけっこうあるし、ルートファインディングの難しいところもあります。

日光市街は今が紅葉の盛りのようでしたが、山はすっかり葉を落としていました。落ちたカエデやミズナラの葉が、色とりどりの絨毯のようでした。うっそうとした杉林の林床には黄色く葉を染めたコアジサイが群生していて、不思議な雰囲気。この山はツツジの名所でもあるのですが、ツツジもすでに赤い葉を落として冬支度をしているようでした。

今日は快晴。この山は日光連山の展望ポイントでもあるようです。「ようです」というのは、今まで数回訪れていても、展望を実感したことがなかったのです。…が、今回は、鳴虫山の山頂からきれいに山々が見渡せました。そっか、晴れて空気が澄んでると、こんなに近くに山が見えるんだ…。とても気持ちのよい山でした。

下山後は、リサーチもかねてお昼ご飯&お土産さがし。お昼ご飯を食べに、駅前にあるレストランに行ったのですが、ちょっとひどかったです。店内はほぼ満席で、店員は4人ほどいたようなのですが、すみません〜と声をかけても誰も応対してくれません(たぶん店の入口に私がいたのは気づいていたのに)。で、ようやくつかまえて声をかけたら「料理出すのに30分以上かかりますけどっ」と。あまりにもなので「じゃあけっこうです」と店を出ました。いや、どんなに忙しくても、客を客と思わない態度はないだろう。美味しいお店かもしれないけど、そんな応対をされて気持ちよく料理が食べられるわけがない。

で、お隣のお店に入ったら、そこも混んではいたけれど気持ちよく応対してくれましたし、料理もちゃんとあまり待たずに出てきました。帰りにはかなり混んでいたのですが、入口に「ただいま満席、すみませんがお料理にも時間がかかります」と看板を出していました。同じ状況でも、応対一つで気持ちよくなったり、不愉快になったりするなぁ、って。

ま、悪いお店にお声をかけずに済んだわけで、山もしっかり歩いてルートのチェックができたわけで、取材&リサーチとしては大成功。いい1日でした。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-11-15 22:01 | 山や岩のこと。 | Comments(2)

青いトマト

昨日の夜は、山仲間との楽しい泥酔会。

いつもの赤羽の「しゃもじや」で飲んだくれ、さらに河岸をかえてカンちゃんの店で飲んだくれ。今朝は思い切り二日酔いでございました。

今日の晩ご飯は体にやさしく、野菜たっぷりめに。
昨日、取り寄せの野菜が届いたのですが、その中に見慣れない食材がひとつ。青いトマトです。炒め物やフライ、ピクルスやジャムに…と説明にあったので、卵と、残り物のひき肉と一緒に炒めてみることにしました。…むむ、しゃりしゃりとして、ちょと酸味の強いトマト、という感じ。美味しいです。

ちなみに今日の夕食は
青いトマトと卵とひき肉の炒め物、かぼちゃの煮物、きんぴらごぼう、さつまいもの味噌汁。どれも美味しくいただきました。外食もいいけど、ちょっと体の疲れているときは、うちで作るご飯が落ち着くような気がします。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-11-14 21:37 | おいしいもの。 | Comments(2)

久々買い物スイッチ

今日は午前中に銀座で打ち合わせが1件。

同時に、原稿やら何やら、今日アップ予定のものを届けて、ミッションクリア(いや、このあとも仕事は続いているのですが…)。いやあ、すっきりさっぱり。

で、帰りに銀座の無印良品へ。Meal MUJIでランチをしたあと、ちょっとお店をぐるぐるとまわりました。20年以上使っていた定期入れがとうとうぼろぼろに壊れてしまったので、新しいのを買いたいなと思って(いや、、正確にいえば前からやや壊れてはいたのですが、とうとう革の部分がヘタヘタになり、布の部分が切れてしまいました)。大学入学のとき、妹からプレゼントにもらったもので、大切にしていたのですが…。

使い勝手がよさそうな小さな定期入れがあったので購入。で、さらにお店をぐるぐると見てまわると…。これも欲しい、これも欲しいと次々に。…といってもたいした量ではなく、金額も微々たるものですが。今日買ったのは、定期入れとスパッツ(山用のじゃないですよ)、ベルト、靴下(これも山用のじゃないですよ…笑)。

仕事が終わって気持ちが解放的になっていると、たいして欲しくもないものまで買ってしまいます。実はそのあとビックカメラに足を向けてしまい、iPod買おうかな…とまでスイッチが入りかけたのですが、考えてみたら電車通勤するわけでなく、電車移動中は音楽聞くより本とか読むほうじゃん、私!と気づき、購入スイッチをストップさせたのでした。

今日はこのあと、山仲間たちと久々に飲み会です。の・む・ぞー♪
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-11-13 15:24 | 日々のつれづれ。 | Comments(0)

おみやげ天国

今週は天気も悪そうで、ずうっと自宅作業…原稿かきであります。

先週まではひたすら山に行ってました。ガイドブックの仕事でした。歩くルートのリサーチに加えて、下山後の立ち寄りスポットのリサーチもしており、食べるお土産物は、一応買って帰って試食して…ということをしているので、ずいぶんとお土産物が増えました。

山仕事のときに、行動食として持っていき、消費しようとしているのですが、なかなか…。
おいしそうなお土産(=間食のもと)がずいぶんと残り、いやーな感じになっております。

最近買ったお土産の中の一番のヒットは、箱根・金時山のおみやげ「公時山(きんときやま)まんじゅう」。仙石原の松月堂のおまんじゅうです。箱根のガイドブックの仕事をしていたころから、その美味しさは知っていたのですが、久々に買って食べてみたら、やっぱり美味しい! 粒あんがぎっしりで、そのあんこも甘ったるくなく、やさしい甘み。山のあとに食べれば甘みがやさしく体に染み渡るようだし、仕事の途中で熱い煎茶といただくと、心がなごみます。

あと、、那須湯本・扇屋の御用饅頭も美味しかったです。こちらはさらりとしたこしあん(だったかな)。茶色い皮で、あんはかなり甘めでした…が、嫌らしい甘さじゃなく。山のおやつにひとつ持っていきましたが、疲れたときほど美味しいと感じました。。うちでいただくなら、渋めにいれた煎茶と相性がよさそうでした。

最近行動食にしているのが、秦野で買った落花生。弘法山に行く途中にあった小さな豆のお店(かな?)で買ったのですが、香りがよくて、美味しい。。山の休み時間にいくつかポリポリやってます。なんだか栄養もありそうで、いい感じです。

普段、旅行のときには(仕事で出張のときにも)お土産を買わない人間なのですが、なんだか、お土産も楽しいな、いいな、と思ってしまいますね。…が、全部きっちり消費して体重増にならないように気をつけなくては。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-11-10 15:40 | おいしいもの。 | Comments(4)