乙女岩登り・つづら岩

土曜日、つづら岩に岩登りにいってきました。

同行したのは所属する山岳会の後輩2人、最近岩女子への道を着々と進んでいるAちゃんと、新人のSちゃん。どちらも20代女子。念願の「女子岩登り会」でした。

とりあえず右端のルートをアップで登り、次に左ルートを。いずれもAちゃんにトップをまかせ、私はのんびりフォロー。左ルート、最後がかなりしょっぱかったようで、トップのAちゃんも、次に登っていたSちゃんもかなり難航していたようです。あきらめず、粘り強くトライをするAちゃんに、ちょっと感動。こちらもがんばってビレイをしました。

さぁて、次は一般ルートをトップで登らせてもらおうか…と思ったところで、雨がひどく降り始めました。お昼を食べながら雨が弱まるのを待ったのですが、どんどんひどくなる感じ。無念の撤収です。帰り、ちょっと早く駅に着いたので、駅前の喫茶店でお茶をして帰りました。手作りのモンブラン、美味しかった…。

登った本数は少ないし、トップでも登っていないので、正直不完全燃焼。「しょぼーん」という感じです。が、女子どうしの岩登りは楽しいかも。またいきたいな。そしていつか、女子どうしのパーティーでアルパインクライミングができるようになりたいなぁ…と、夢はふくらむのでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-06-26 23:27 | 山や岩のこと。 | Comments(4)

気が緩んだら。

終わりが一生来ないかのようなパニックの日々がようやく終わろうとしています。

7月刊のガイドブック、本日特集ページの入稿を終え、やっと一息つけるようになりました。明日はちょっとの原稿を仕上げたら、あとは基本的に「待ち」の姿勢。その間に新しい仕事の企画を考えたり、ためている雑務を片付けていけばいい。

で、終わりが来るなぁ…と気が緩んだら、突然持病の腰痛がやってきました。

今朝からなんとなーく、ぎっくり君の前触れのような違和感。
これは絶対よろしくないなと思い、仕事が終わったところで、行きつけのマッサージ屋さんへ直行。幸い、とても上手な古参スタッフにお願いすることができました。よかった。「傷めている」と「疲れている」の境目のような状態だったようです。「疲れているだけだったら、マッサージで楽になるんですけどねー、傷めていると、あとでちょっと痛みが出るかもしれません。今日はゆっくり休んでくださいね」…はーい。

で、今。ちょっと痛みが出ているのでアイシング中。

考えてみたらずっと机に向かってパソコン打ちっぱなし…みたいな日々。朝は5時とか6時に起きてすぐパソコンの前に座って、夜は夜でずうっと作業して。ところどころで外出はしてるけど。そりゃー肩もこるだろうし、腰だって疲れがたまって当たり前。でも、本当に本当にテンパっていたから、「痛い」と感じることさえできなかったんだろうな。痛いのは、たぶん体と気持ちが健全な証拠と思うことにします。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-06-23 22:45 | 和もの。 | Comments(4)

公私ともにガツガツ

しばらく日記の更新をしませんでしたが…、生きてます。

先週はひたすら仕事、仕事。打ち合わせをしたり、原稿整理をしたり、初校戻しをしたり。仕事以外のことをしていないので、日記に書くことがないのです。金曜日にようやく落ち着きました。…といっても、まだまだ気が抜けないのですが。

そして、土日には、東京都山岳連盟の遭難対策委員会が主催する「山の救急法講座」に参加してきました。昨年も同じ講習会に参加していますが、やはり忘れてしまっていること、うろ覚えだったものがいっぱい。秋には所属する山岳会で講習をしなくてはならないので、いい勉強になりました。ありがとうございました。

働いているときも、そうでないときも、毎日が100%ハイテンションで過ごしているようなのですが、さすがに疲労気味です。しかしあと1週間…もうひとがんばりすれば、たぶんゴールが見えてくるのかな。ラストスパート、気合いを入れていきます!
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-06-21 16:58 | 日々のつれづれ。 | Comments(0)

こっぱずかしいですが。

一応、お知らせであります。

ラジオに出演するらしいです。
FMヨコハマで「E-ne! 〜good for you〜」という番組があるそうなのですが、6/15(火)の16時から10分ほど、金時山について質問を受けるようです。一応、ちょっとだけ拙著「東京近郊ゆる登山」の宣伝もさせてもらえるらしく。電話で生出演だそうで、本気でびびっております。

私のことを知っている方はよくご存知のとおり、滑舌の悪い人間です。しかも頭が悪くアドリブのきかない人間です。とりあえず質問の内容はもらった。答えもちゃんと考えた。大丈夫、大丈夫、なんとかなる、たぶん。…と、自分に必死で言い聞かせているところです。

無理にきかなくていいです。が、覚えていたら、なおかつラジオが聞ける環境にあるようでしたら、きいてみてやってください。はい。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-06-15 00:27 | 仕事のこと。 | Comments(1)

やっぱり壁が好き。

今日は久々に午後からPUMP1へ。

仕事が忙しくて平日にはいけず、土日も山やらお茶やらいろいろと予定が入り、PUMP1に行くのはスクールの最終回以来。…3週間ぶりか!  私の好きなsora壁が先週張替えがあったらしく、今日はこの壁を下のランクから登っていこう、と、ゆるーくまったりモードにします。…3週間ぶりだもの、全然登れないにきまってるもんねえ。とりあえず、5.7、5.8、5.9はオンサイト。そして黄色×(5.10b)もなんとかオンサイト。よしよし。

登っているうちに、もとスクールメイツのハマちゃん、アキさんがやってきたので、交互に登っていきます。ハマちゃんは今もスクールに通っていて、PUMPにもこまめに通っている様子。どんどん上手くなっているなあ、いいなぁ。昨晩夜明け近くまで飲んでいたらしいアキさん(それなのにPUMPにくるか!)も、ダルダルっぽいけどしっかり登っています。いいなぁいいなぁ。

…私はといえば、その後sora壁の茶色×(5.10c)、2回トライしてRPならず。ゴール前でへたれました。くすん。

その後、16:20からのボルダリング道場にみんなで参加。ハマちゃん、アキさん、そして仲良しの皆さんとワァワァいいながら、課題にトライ。無茶苦茶楽しかった…。最近、ボルダーもちょっとは登れるようになってきて、そうなると道場がとても楽しくなるんだな。今日の課題はいずれも「無理めに見えて、がんばると登れる」ものばかり。すごく気分がよかったです、はい。

すごく楽し過ぎて、帰り予定時刻を大幅オーバー。すみませぬ。

やっぱりクライミングって楽しい! もっともっと上手くなりたいな。というより、もっともっと壁に向かいたいな。今はちょっと忙しくてなかなか時間がとれないけど、あと2週間もすれば落ち着く(はず)なので、ガンガン登りにいこうと思います。半年会員にもなっちゃおうかな。うん。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-06-13 22:58 | クライミング。 | Comments(4)

はじまりの山・高尾山

梅雨入り直前の土曜日、高尾山にいってきました。

私の両親よりちょっと若いぐらいの、、昔男子・昔女子の面々と。彼らは、私が山を始めたばかりのころにご一緒させていただいた山のサークルの方々です。山にいってみたいけど一人じゃ怖いし、何をしていいのか分からない…と思っていたころ、勤務先の先輩が紹介をしてくれたのでした。

それから10年以上の年月がたち、今は山岳会の人たちと行くことが多くなって、彼らと山に行くことはほとんどなくなってしまいました。…が、そのうちのひとりが「東京近郊ゆる登山」をたまたま書店で見たことがきっかけで、久々に山にいこう!まず高尾山から!と話が持ち上がり、あれよあれよと言う間に開催決定。

久々に…、お目にかかるのは4〜5年近くぶりの方々ばかりでしたが、皆さん笑ってしまうくらい変わっていません。歩きながら近況報告をしあい、それらが落ち着くと、かつて一緒に歩いた山の話で大盛り上がり。いついつあの山に行ったね、あのときは●●さんが迷子になったんだ、▲▲山はどのメンバーで行ったっけ、黄色い花がきれいだったよ、あれは何の花だったっけ?…。

とてもいい天気で、でも木陰はとても涼しくて。人がとっても多かったのに、それが全然不快じゃない…高尾山って、つくづくおもしろい山です。

歩いていると聞こえてくるのはS子さんの歌声。もと合唱部のTさんといつも歩きながらハモってた。隊列の前に後ろになって写真を撮ってくれるのはYさん。マシンガントークでみんなを笑わせてくれるのはMさん。…なーんにも変わってない。

彼らと歩いた回数はさほど多くはなかったけれど、歩くなかで、いろいろなことを教えてもらいました。…といっても指導を受けたというより、一緒に歩くなかで身に付いていったのです。…山は高い・低いが基準じゃないし、競争でもない。自分のペースで歩きながら山のすべてを楽しむこと。そして一緒に歩く人を気遣う心。仲間と歩く楽しさ。…考えてみれば、ゆる登山の原点は、この人たちと山で過ごしたひとときの中で作られていったものなんだな。

とても楽しい1日でした。皆さんありがとうございます。
次回は秋に筑波山。ちょっと…いやかなり楽しみです。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-06-13 09:08 | 山や岩のこと。 | Comments(4)

旅恋交流会のお誘い

ええ〜、お誘いというより、宣伝でございますね。

女性トラベルライターによる旅情報サイト「旅恋どっとこむ」というのがありまして、ワタクシも一応メンバーとなっております。昨年の6月に発足しまして、今月で1周年。それを記念して、会員向けイベント「交流会」を企画しております。行き先は浅草。ベテランのガイドさんに「普通に歩いていてはわからない穴場情報」を教えてもらいながら歩き、ランチは浅草の旅館でいただき、みやびな江戸時代のお座敷遊びを楽しむ…という企画です。

詳細はこちらをご覧くださいまし。
「旅恋どっとこむ」http://www.tabikoi.com/

会員限定イベントとなっていますが、これを機に、会員登録をしていただいてご参加いただけると有り難い、というわけで(ちなみに会員登録は無料でございます)。知らない人ばかりの会におひとりでいらっしゃるのは嫌でしょうから、会員のご家族やお友達も参加OKとしています。私たち旅恋スタッフは全員女性ですが、参加いただくのは男性でももちろんOK。

サイトをご覧いただいて、ご興味を持っていただけたら、ぜひぜひご参加くださいませ。また、興味を持ちそうな旅好きのお友達にご紹介ください。不明な点などありましたら、遠慮なくご質問ください。多くの皆様のご参加、お待ちしておりまする。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-06-12 00:16 | 仕事のこと。 | Comments(0)

たかやま再び。

ガイドブックの取材で、高山を再び訪れました。

今回は、お店の取材というよりも、インタビューがメインでした。普段あまりやらないインタビュー。けっこう緊張します。何人かの方にお話をうかがいましたが、皆さん気持ち良く話を聞かせてくださり、感謝です。…あとは、プレッシャーに打ち勝って、いい記事を書くだけ(笑)。

夕食は、以前から気になっていた郷土料理の店「京や」さんを訪ねました。とても美味しくて、いいお店でした。念願の漬物ステーキ、鶏ちゃんデビューをはたしました(笑)。とくに漬物を玉子でとじる高山のご当地グルメ「漬物ステーキ」は、以前からその存在を聞いていたものですが、「ふつうのおうちの料理」ということで、なかなかお店で出会うチャンスがなかったもの。美味しかったです。今回は酒豪の編集担当が同行だったので、酒が進む進む。最後はほろ酔いというより、泥酔だったかもしれません。それでもほとんど二日酔いをしなかったのは、飲んだ酒がよかったからなのか。

そして、この時期のお楽しみが「朴葉寿司」。鱒(あるいは鮭)、山菜などを入れたちらし寿司を朴葉の若葉でくるんだもの。朴葉の若葉が出回る初夏限定のご当地グルメです。昨年、高山のスーパーマーケットで買って食べて、その美味しさに惚れ込んでしまいました。今年も同じスーパーで買おうとしたのですが、なんと売り切れ! 数件回ったのですがいずれも売り切れだったり扱っていなかったり。…最後、帰りに訪れたAコープでようやくゲットすることができました。あまりに嬉しくて、帰り道に食べるぶんと、うちに帰って食べるぶんの2パックを購入。美味しくいただきましたとさ。

毎年恒例の高山のガイドブックの仕事も、いよいよ終盤。とても余裕のない状態で毎日を乗り切っていますが、もうひといきがんばろうと思います。…仕事が終わったら、山三昧、岩三昧。いくぞ〜。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-06-11 23:59 | 仕事のこと。 | Comments(2)

ゆるオフ大成功!

6/5に、棒ノ折山にいってきました。

「東京近郊ゆる登山・出版記念ハイキング」でございます。仕事に携わったスタッフやモデルさんたちに声をかけ、さらにミクシィの山コミュにいたころの山仲間・morikatuさんにも協力をいただき、当日はなんと26人の大所帯!驚きです。

ゆる登山にも書いた私の好きなコース、白谷沢ルートを登り、滝の平尾根を下ってさわらびの湯に下るコースをとりました。ゆっくり、まったり、周りの人としゃべりながら、景色を眺めながら、楽しく楽しく歩きました。さほどとばさず、ゆっくり歩いていたのに、コースタイムどおりに山頂へ。ゆっくりお昼ができました。みんなを驚かせようと、すいかをまるまる一個、ザックに入れていったのですが、とりあえず喜んでもらえた…かな。

山は緑がどんどん濃くなっている季節。ときどき山のフジが咲いて、いい匂いを漂わせていました。前日の雨で、沢の水量を心配しましたが、たいしたことはありませんでした。沢沿いの道は、この時期は気持ちがよくていいですね。とても好評でした。

今回一緒に歩いた人たちのなかには、登山初心者さんが何人かいらしていました。ゆる登山でリサーチもかねて何度か一緒に歩いたKさん、Iさんもそのひとり。初めて一緒に歩いたときは、どうということもない下りですごく難儀して、お助け紐を出したりしたのですが、今回はそのときよりずっと厳しい道を、すんなりと歩いていきます。お友達どうしで計画をして、ゆる登山に乗っている山や、そうでない山を歩いたりしていたようです。いろいろと失敗をしながらも、ちょっとずつ山にはまっているんだなぁ。話を聞いて、さらに歩いている様子を見て、なんだかすごく嬉しくなりました。

こうやって少しずつ、ゆる登山の輪がひろがってくれるといいな。

とても楽しい、気持ちよい1日でした。参加してくださった皆さん、どうもありがとうございました。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-06-06 23:34 | 山や岩のこと。 | Comments(0)

以前、こんなイベントの告知をブログでいたしました。

6/5ゆる登山オフのお誘い
http://westfield.exblog.jp/11033747/

拙著「東京近郊ゆる登山」の出版記念…なんて大げさなものではないのですが、みんなでゆるーく山歩きをしようよ、という企画です。何名かの方には参加表明をいただきありがとうございます。

で、一応天気も悪くなさそうなので、決行しようと考えています。

当日の集合についてですが、
7:55に西武池袋線飯能駅北口のバス停集合とします。
8:00に「さわらびの湯経由・名郷行き」というバスがあり、それに乗車します。バスの乗り場付近集合…ということにします。下車駅は「さわらびの湯」バス停。8:45ごろの到着予定です。
※ちなみに、集合時間に間に合うようにするには、西武池袋線、池袋7:05発の快速急行(長瀞行き)に乗ると、7:47に飯能駅に到着します。改札を出て、左に進むと北口です。電車からバスへの乗り換えが少しタイトです。ご注意くださいまし。

私はおそらく、池袋7:05発の快速急行の先頭車両付近にいると思います。

クルマあるいはバイクなどで来ることを考えておられる方は、さわらびの湯バス停に直行してください。下山もさわらびの湯になるのでクルマで来ても回収は楽だと思います。8:45ごろにバスが到着する予定です。ちなみに、さわらびの湯の建物は、バス停から遠いところにあります。建物の前ではなく、バス停の前でお願いします。

※ひやかしで見学したい、あるいは山頂で私たちをびっくりさせたい方へ。
ゆるーくまったりいきますので、山頂まではおそらく3時間半前後だと思います。到着予定時刻は12時30分ぐらいでしょうかね。会えなくても恨みっこ無し、ということで(笑)。

ではでは、よろしくお願いいたします。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-06-02 08:47 | 山や岩のこと。 | Comments(0)