温泉縦走・八ヶ岳

週末、1泊で八ヶ岳にいってきました。

本当は劔岳にクライミングに行く予定だったのですが、諸事情ありつぶれてしまいました。どこにも行かないのも寂しいので、同行予定だったカトちん、あっちゃんと、残念山行を企画したのです。今回の私の希望は「本沢温泉で宴会」。稲子湯から本沢温泉にいき、一泊することにしました。

本沢温泉に行くのは初めてです。稲子湯からの道は、歩きやすくて、静かで、本当に心地よかったです。苔むしたしらびその林は、本当に妖精のいそうな雰囲気。こんなに気持ち良くていいのかな〜とみんなで言いながらのんびり歩きます。それでも昼過ぎには本沢温泉に到着。さっさとテントを張ったあと、小屋前のテーブルに陣取ってまずは生ビールで乾杯。持ち寄ったおつまみなどを出し合って、宴会を。

ほどよく気持ちよくなってきたところで、「露天風呂に偵察に行こう!」となりました。登山道からまるみえ、脱衣所もない露天風呂でした…が、カトちんの粋なはからい(というか、強引な交渉)で、あっちゃんと一緒に露天風呂に入ることが出来ました。乳白色の温泉、温度もちょうどよい、とてもいいお風呂でした。幸せ〜! カトちん、ありがとう。そして、待たせてしまった&追い出してしまった男性客の皆様、すみませんでした(笑)。

翌日は本沢温泉を出発し、硫黄岳に向かい、さらに横岳、赤岳へ。天気に恵まれ、絶景の稜線歩きでした。彼らとこの道を歩くのは、4年前の冬の合宿以来。冬との違いを楽しみながら、楽しく歩きました。夏から秋への変わり目、岩場の花はもう終わり頃でしたが、それでも名残のコマクサやイブキジャコウソウ、コゴメグサなどが咲いていました。

赤岳まで着いたところで、私は下山。私以外の2人は権現岳方面へ。久しぶりに地蔵尾根を下りましたが、数年前に歩いたときよりもずっとガレて悪くなっていると感じました。最近はこの道を冬しか歩いておらず、冬は適度に傾斜があって歩きやすい印象だったので、よけいにそう思ったのかもしれません。ほとんど休みなく、黙々と下って美濃戸口へ。バスと電車を乗り継ぎ、帰宅したのでした。

残念山行…と思っていたのですが、天気にも恵まれ、歩いて道は予想以上に素敵で、念願の露天風呂にも入れて…、結局いいことづくめ。夏の八ヶ岳は久々でしたが、緑がいっぱいで「生きてる!」という感じ。同行者との足並みも揃い、とても心地よい山行でした。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-08-30 22:22 | 山や岩のこと。 | Comments(0)

ええ〜、宣伝でございます。

今年3月に、初心者女子向けの山歩きガイドブック「東京近郊ゆる登山」を出させていただいたのですが、それがきっかけで、初心者向け山歩き講座の講師を受け持つことになってしまいました。NHK文化センター 横浜ランドマーク教室の秋期講座です。

講座名:東京近郊ゆる登山
日程:10/9から月1で、合計3回。
内容:<NHK文化センターのサイトより引用>
自然の中に身を置いてのんびり、まったりと。心が癒され、健康にもよい低山ハイキングのよさが最近クローズアップされています。ハイキングに興味があるけど、一人で始めるのは不安、何から始めていいのかわからないという方々、この講座から山歩きを始めてみませんか。初心者向けの山歩きガイドブック「東京近郊ゆる登山」をテキストに、所要3時間前後の山歩きを楽しみます。一緒に歩きながら、安全に気持ちよく山を楽しむための、ちょっとしたポイントもご案内いたします。
※詳細はNHK文化センターのホームページ内「横浜ランドマーク教室」でご覧下さい。

…だそうです。何やってんだか、大丈夫なのか、自分。
もっとも、普段初心者のお友達と山歩きをしたり、会で新人さんを連れて山を歩くときに伝えていることを、そのまま伝えていこうと思っています。これから山を始めたい人に、安全に、気持ちよく山を歩く、はじめの一歩のお手伝いができれば。

お知り合いで、「最近山ガールがブームだし、山にいってみたいけど、一人では不安、何から始めていいのかわからないのよね」という方がいらっしゃいましたら、さりげなーーーく、「こんな講座があるみたいだよ」と勧めてみてください。無理のない範囲でけっこうであります。どうぞよろしくおねがいします。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-08-27 11:19 | 仕事のこと。 | Comments(7)

根性があって、でかい。

今日は久々に、仕事の合間をぬって「昼下がりのマダムクライマー」に。

暑くて暑くて、行かなくていいかなぁ…と一瞬思ってしまったのですが、いやいやここで行かなくては半年会員のもとがとれなくなると自分に言い聞かせ、自転車こいでPUMP1へ。暑かったせいか、すごーーーくすいていました。

先週は山もあって全然いけてなかったから、多分10日ぶりぐらいのクライミング。いやぁ、やっぱり体が重い。しかも右足に自信が持てないから、どんどん腕に変な力が入っていってしまう。新しくsora壁にできた課題(5.10b/c、5.10c)に取り付いてみたら、思い切り打ちのめされました。ホールドが持てない!動けない!! どちらもトップアウトさえできませんでした。まじへこみです。

あとはゆるゆると簡単な課題を触って、終了。それでも全部で9本登ったのか…。よくがんばった、自分(と言っておこう)。

帰りに、常連のUさんと世間話。私の親より少し若いくらいの年代の女性で、もう何年も通い続けている方。私がボロボロだった5.10b/cの課題を、スムーズに登っていってました。やっぱり、技術がありますよねえ、かなわないなぁ…と言うと、彼女いわく「でもニシさんは根性があるじゃない!」…はは、たしかに。それに、パワーもあるし、(女性にしては)でかいし。「そうね!根性があって、でかいのよね!」 …すみません、それ、誉めてます?

膝の具合も、少しずつよくなってきているし、また通っていこうと思います。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-08-26 00:28 | クライミング。 | Comments(2)

お仕事劔岳

劔岳にいってきました。

今回はお仕事です。山の雑誌の取材でした。カメラマンさんと室堂に行って、登山者のファッションチェックをしてきてちょうだい。というのが主な仕事で、いきがかり上、劔岳も登ることになったのでした。ルートは室堂を起点に往復、という通常ルートでした。

初日、木曜日は快晴。室堂から剣山荘まで。お盆明けの平日のせいか、室堂も、登山道も閑散としていました。それでも小屋に着くとそれなりに人がいて、同じ部屋には、かわいい山ガールも! 

翌日は剣山荘から山頂へ。快晴を狙っていったのに、なぜか登り始めてすぐに雲が出てきました。周囲一面が真っ白になり、「呼んじゃったか、私…」と軽くへこみます。が、雲の流れは早く、青空が見えたり、見えなかったり…という感じでした。楽しく楽しく登り、カニのタテバイもいい感じ! 山頂には3時間ばかり滞在し、登山者にインタビューをしたり、雲が切れたのを狙っては写真を撮ってもらったりしました。同室の山ガールたちとは、下山をともにして、モデルさんになってもらいました。よかった〜。で、この日はみくりが池温泉まで下山。剣山荘から先が長かったです…。。

最終日は登山者インタビューをいくつかして、終了。室堂からアルペンルートを乗り継ぎ、あずさで帰ってきたのでした。

劔岳はやっぱり素敵な山。見ても素敵で、歩いても素敵。山頂からの景色もたまりません。行く前は傷めた膝のことが心配で、歩き通せるか…と思っていたのですが、歩いていたら楽しくて、気持ち良くて、気づいたらなんとなく大丈夫になっていました。よかったです。

今回は「人間観察」も仕事のうちだったのですが、いろいろな人がいました。全身ペアルックのご夫婦、山頂でスイカをまるごと一個切り分けていた若者のグループ、お互いに助け合いながら登っていた母娘、数十年ぶりに来たの、という単独のお婆ちゃま。…みんなそれぞれのスタンスで、山を楽しんでいました。

そういえば。今年目立ったのは、トラバースをするような鎖場の通過。ツアー登山の人たちの多くが、ハーネスをつけ、ビレイループにスリングをつけ、その先につけたカラビナを鎖にかけて通過していました(説明がわかりにくいですね。すみません)。劔の鎖場はよく整備されていて、おそらく人の加重がかかっても鎖がはずれることはないだろう…という意味なのでしょうね。前回までの山行では見たことのないスタイル。最近の主流なのでしょうか。

それにしても、十数人(あるいは数十人)のパーティーがいちいち全員それをしていると、非常に時間がかかりますし、後続は大渋滞になります。なんとかならないものでしょうか。一方で、渋滞しがちな鎖場で、足場が不安定な状態で止まって待たなくてはならないようなとき、簡易ハーネスとスリング、カラビナでセルフビレイがとれると、多少安心なのかな…とも思いました。

「好きなことが仕事に出来ていいね」とよく言われます。…確かにそうなのですが、仕事でしていれば、いいことばかりではなく、常に成功が求められ、プレッシャーになることもあります。よくない条件をガマンして飲まなくてはならないこともあります。しかし、今回の山行、いやいや仕事は本当に楽しかった。きっと、楽しかった気持ちがいっぱいの誌面ができあがるはず。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-08-22 00:43 | 山や岩のこと。 | Comments(0)

思い出の味

ビッグマックが期間限定で200円です。

高校生だったころのこと。

我が家ではマクドナルドのハンバーガーを食べる食文化がなく、初めて食べたのは高校生になってから、友達と一緒にでした。…といっても、なかなか食べられない、特別な味。食べるものも、普通のハンバーガーやチーズバーガーばかりでした。

当時、スピードくじのキャンペーンみたいなものがあって。買い物をするとスクラッチカードを1枚くれて、ポテトとかドリンクとかが当たることがあったのです。

ある日、たまたまマクドナルドで買い物をして、カードをもらって、10円玉で削ってみたら…ビッグマックが当たっていたのです。いつもなら絶対買わない、高額商品、いや、ごちそうです。わくわくしながら交換し、食べてみたら…。美味しい! ボリュームもたっぷりで、レタスもいっぱい入ってる! すっかりとりこになってしまいました。

その後、カードでビッグマックが当たることはありませんでしたが、また食べたくて、何度か買い食いしました。かさの多いハンバーガーを少しつぶして、がぁっとかぶりつく。幸せ。…未だに、無性に食べたくなって、マクドナルドに駆け込むことがあります。

…今日、早速食べてしまいました。おいしゅうございました。…が、パティやチーズが少ししょっぱく感じました。たまたまかな?それとも、加齢により味覚が変わった?? …ま、いいや。たぶん期間中に何回か食べてしまうと思います。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-08-18 01:02 | 日々のつれづれ。 | Comments(0)

新盆

この夏は、昨年夏に亡くなった実父の新盆。

昨日、今日と実家にいってきました。私の実家は今住んでいるところから電車で1時間ほど。昨日は母、妹、姪とともにゆっくりと過ごし(といっても、日中は姪と激しく遊びました。魚釣りゲームやボール遊び…。子供って本当にパワフルですわぁ)、夕食はニシたろさんも交えて賑やかに。

今日は親戚をまじえて会食。我が家に叔母たちやいとこたちが集まり、父の話をしながら楽しいひととき。考えてみたら、親戚と会う機会って、若いころはおめでたい場…結婚式とか七五三とか…が多かったけど、歳をとってくるとおめでたくない場…お葬式とか法事とかで会うことのほうが多くなります。今回も、父を喪って初めてのお盆、悲しい席ではあるのだけど、父の思い出話に花を咲かせ、楽しくよい席だったと思います。なかなか会えない叔母やいとこたちに会う機会を父が与えてくれた…ということなのでしょうかね。ありがとう、おとうさん。

そういえば。
親戚に「東京近郊ゆる登山」を初めて見せました(母が近所の書店で買い占めたものを、見せびらかしていた)。この本で、日光の鳴虫山を紹介しています。私の好きな山のひとつなのですが、これを見た叔母たちが「あら、鳴虫山!としちゃん、これも登ったの?」…ええ、もちろん。
「日光に住んでたときね、家から鳴虫山が見えていたのよ。山が曇っていたら傘を持って学校に行ってたわねえ。懐かしいわぁ」

父や叔母たちが小さいころ、一時期家族で日光に住んでいたのです。…そうか、父にとっても、鳴虫山は思い出の山だったんだろうな。本を見てくれたら、きっと「お、鳴虫山か。行ったのか」と聞いてくれたんだろうな。見せたかったな。見てほしかったな。誉めてくれなくていいから、感想が聞きたかったな。

父の思い出に浸って、お盆が過ぎていきます。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-08-16 00:08 | 日々のつれづれ。 | Comments(2)

リハビリPUMP1

水曜日の夜、久々にPUMP1へ。

7/31に膝を傷めて以来です。谷川に行く前、ちょこちょこっと行く時間ができ、だんだん復調してきたな…と思った矢先に膝を傷めてしまいました。さすがにクライミングは無理だよね…と思っていたのですが、ちょっと調子もよくなってきたし、行きたいな…と思っていたところに、山仲間(というか先輩)からお誘いがあり、行くことにしたのです。

夜に行くのは久しぶりです。スクールが数組いたりして、かなり混雑していました。…ま、今回はガツガツ登るのではなく、膝の様子を見ながらのリハビリクライミングの予定。一番簡単な課題から、ゆるゆると登っていきました。力を入れても大丈夫かなぁと心配だったのですが、そろそろと正対で登っていくぶんには大丈夫そうでした。が、やはり終盤には膝が重い感じになり、結局悪いほうの右足をあまり使わないような登りに終始することに。

6本登ったところで撤収し、赤羽で飲んだくれて帰りましたとさ。

案外に登れるんだな、というのが正直な感想。が、疲れていないように見えてもだんだん痛みが出てくること、油断すると膝に悪いムーブを繰り出して「アイタタ」となってしまうので、長時間登るのはちょっと厳しいかも。でも、急に動かすと痛かったりするから、スタティックなムーブとか、痛くないほうの足をしっかり使うことをを意識するようになったし。1〜2時間、5本ぐらい登って勘を忘れないようにするのはいいかもしれないな。足に負担がかかりすぎない程度に、鍛えていこうと思います。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-08-13 00:17 | クライミング。 | Comments(0)

お知らせをふたつほど。

ちょっこしお知らせでございます。

1、The Expedition Day
日時:2010年9月11日(土) 13:30〜
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター
日本山岳協会と日本山岳会主催のイベントです(知人がスタッフをしているため、宣伝に協力させていただいております…)。日本の若手トップクライマー、トップアスリートたちに集まってもらい、「なぜあなたはエキストリームに挑み続けるのか」というテーマで語り合ってもらう企画です。山をテーマにさまざまなジャンルで世界的に活躍している日本人…、平出和也さん、谷口けいさん、佐々木大輔さん、佐藤佳幸さん、間瀬ちがやさん、中嶋徹さんが、それぞれの「山」について語ってくれます。

参加申し込みはイベントブログがあるので、こちらを参照ください。
http://theexpeditionday.blog118.fc2.com/

あこがれの人たちの話が聞けるチャンス、あるようでなかなかないです。なんとか時間をやりくりして行こうと思っています。よかったら一緒にいきませんか〜?

2、THE FLINTSTONE(ザ・フリントストーン)
bay FMで、日曜夜23:00〜24:00に放送されているネイチャー・プログラムです。
ホームページはこちら。
http://www.flintstone.co.jp/

自然や環境にたずさわる人たちへのインタビューなどもあり、日によってはかなり著名な方がお話をされていることもあります。…で、実は、「ゆる登山」をテーマに、以前この番組に出演させていただいたことがあるのです(かくしていてごめんなさい! だって、恥ずかしかったんだもの! 笑)。そのとき、「いつか一緒に山に行きましょう。案内してください」とDJの方、スタッフの方々に言われていたのですが…、、実現しました。

8月2日に高尾山でゆるゆるハイキングをしたとブログにアップしていますが、実はこちらの収録でした。そのときの様子が8月15日に放送されます。ひぃぃ。おそらく、私の滑舌の悪さおよびアホっぷりが炸裂する内容になっていることが予想されます。でもでも、真夏の低山だったにもかかわらず、とても楽しくて、気持ちのよいひとときだったことが、伝わるといいなぁ…。

時間も時間なので、無理に聞かなくていいです(笑)。
覚えていたら。どうぞ聞いてやってください。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-08-11 09:33 | 日々のつれづれ。 | Comments(2)

足、その後

先日の谷川岳で右膝を負傷しました。

その後、以前お世話になったスポーツ整体の治療院に行き、数回治療をしてもらいました。まだ曲げ伸ばしをすると痛いし、とくに寝起きや、同じ姿勢だったのを替えるときにすごく痛むのですが、膝の腫れはだいぶなくなってきました。平地を歩くぶんには、あまりびっこを引かずに済むようになりました。なかなか治らない…と思っていますが、それでも少しずつ治ってきているようです。

来週は山歩きの仕事があるため、できれば(多少痛くても)歩きに支障がない程度に治したいのですが…、どうなることやら。

で、実は、谷川でやられたのは膝だけではないのです。

七分丈のズボンをはいて行動をしていたら、ズボンと靴下の間、肌が出ているところをブヨにやられました。日中はひたすら虫除けスプレーをかけまくっていたのですが、疲れてきて余裕がなくなったときにやられたようです。今回は顔や腕は全くやられなかったのですが…。下山をしたら、右足も左足も、すごいいきおいで虫さされの跡で、足がふくれあがっていました。腫れが収まってきて、刺された部分が分かるようになると…、10や20どころの騒ぎではありません。20数えたところで、数えるのを諦めました(苦笑)。とくに右足!まるで天の川のようです(滝涙)。しかもかゆい…。最近になって、ようやくかゆみがおさまってきました。

…とりあえず、元気です。早く膝がよくなって、どんどん山に、岩に行けますように。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-08-10 01:31 | 山や岩のこと。 | Comments(0)

はじめてのおてつだい。

登山の講習会にいってきました。

一昨日のこと。所属している団体の親玉、Kさんから連絡があったのです。「救急法の講習会があるのだけど、手伝いをしてくれませんか? 」と。私でお役に立てることがあれば、と、参加させていただくことにしたのです。

ま、受付や、三角巾の実演の時の実験台でいいんだよね、と思いつつ、会場に出向いたら。

前面のホワイトボードに、メイン講師のSさん、Kさんとならんで、私の名前も書いてあるではないですか!こ、講師? それは聞いてない。どういうことなの、Kさん!
「大丈夫、今日やるのは三角巾だから。できるでしょ?」…ぼえぇ!

ドキドキしながらも、講習会が始まりました。実技のモデルになったり、受講者にアドバイスをしたりしているうちに、あっという間に終了。ぼろをだすこともなく、すみました。終了後は講習会の主催者の方々とお疲れさま会。

焦りましたが、とてもいい勉強になりました。人に教えることは、自分の知識の確認や定着に役立ちます。仲間ではなく、お金を払って参加する見ず知らずの人たちが対象だと、責任もあるので、真剣です。また、今回自分以外の講師はみんなキャリアのある方々。ポイントを押さえた分かりやすい教え方、自分も真似したいと思いました。

お誘いくださったKさん、Sさん、ありがとうございました(…といいつつ、KさんもSさんもこのブログを見ることはほぼ100%ないと思うのですが…)。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-08-06 22:13 | 山や岩のこと。 | Comments(0)