ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

こてんぱん・県界尾根

年内最後の山行は、八ヶ岳。

12月29〜30日、八ヶ岳東面、県界尾根から赤岳を登る、1泊2日の山行でした。所属する山岳会の先輩・うっしーさんとYさん、同期のIさん、総勢4人でいってきました。

スタートは清里のスキー場から。トレースは全くなく、歩き始めてすぐに、雪の多さにわかんを履きます。…先輩方はスノーシュー、私とIさんはわかん。…ふかふか雪の歩きにくさか、背負った荷物の重さか、歩き始めてすぐに息が切れます。他の皆さんはさくさくと楽しそうに歩いていくのに…。とほほです。はじめは沢沿いの緩やかな道、いくつか堰堤を越えていきます。

しばらく歩いて尾根に取り付いて行きますが、雪は少しずつ深くなり、傾斜も強くなっていきます。スノーシューで快適そうに歩いて行く先輩方の背中がどんどん遠くなっていきます。ラッセルしているのは先輩なのに…。しかし、わかんだとスノーシューのあとをつけていっても少しずつ潜ります。しかも私は先輩方より歩幅が小さく、新しいステップをつけようとすると「ズボッ!」とはまってしまったりして。… バテバテになり、小天狗の先、樹林の中の広場で幕営。

翌日、テントはそのままにして、小雪が降る中をスタート。はじめは見晴らしもよく、赤岳や権現岳なども見えていたのですが、だんだん見えなくなりました。ゆるやかな稜線、歩きやすそうに思えて先輩方にお願いして先頭を歩かせてもらったのですが、いざ歩いてみると潜る潜る。膝上?腿ぐらいまでもぐってもがいたり…。息が上がるけど…楽しい!(ゆっくりの歩みで、他の方々には迷惑だったかもしれませぬが…。。すみません、すみません)

しかし、楽しく感じる一方で、体力的にはかなりきつかったらしく、大天狗を越えてしばらく歩いたところで、両手の指先が冷たくなり、感覚がなくなってきてしまいました。正直これはまずいかも…と先輩方に「もうだめ」コールをし、その場で撤退となりました。テン場まで戻り、ゆっくりお茶をして撤収。行きに3時間以上かけた道を1時間ちょっとで下り、あっと言う間の下山でした。

ううん、今回もブレーキになってしまった。申し訳ない気持ちでいっぱいです。
しかし、こんなにバテバテできつかったのに、ちょっとだけしたラッセルは本当に楽しかったのですよね。もうちょっとたくさんできるように、体力と技術を身につけなくてはいけないな。そして、ラッセルをするような山行のときは、メンバーでギアを揃えるのが大切だと実感。とくに私は足が小さくて体重が重い=雪で沈みやすい体型なので、気をつけなくては。まずは山道具屋の初売りでスノーシューを買うことにします。あと手袋も、もっといい組み合わせを考えたほうがよさそうです。

いろいろと苦い思いをいっぱいした今年最後の山行。
来年も、きっと苦い思いをいっぱいするだろうけど、臆せずイケイケに進んでいこうと思います。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-12-31 22:15 | 山や岩のこと。 | Comments(0)

海の幸買い出しツアー

今年最後の日曜日、たろさんとドライブデート。

土曜日の夜、テレビを見ていたら、「年末買い物ツアー」みたいな番組をしていて、なんだか行きたいねえ、いっちゃおうよ…ということで、那珂湊に行くことになったのです。たろさんとドライブするのは久しぶり。年末だし、放送直後だし、きっと混むだろうからなるべく早めにいっちゃおう、と早起きして出かけました。

高速はスイスイいけたのですが、市場近くにくると、駐車場に入る渋滞が始まっていました。朝9時前にもかかわらず、すごい人だかりです。なんとか車を停め、お店をのんびり見ながら歩きます。

今回のお目当ては、テレビに出ていた回転寿司のお店。なんだかすごく美味しそうだったのです。開店前から軽く行列をしていましたが、オープンと同時に入ることができ、新鮮で大きなネタの寿司を味わうことができました。どれもとても美味しかったのだけど、もう少し「地もの」のネタがいろいろあればいいのにな…。いや、12月だから少ないのかな。表示されてないだけで、実はいろいろあったのかな。しかしおいしくいただきました。

食後は、魚介類の買い出し。威勢のいいお店の人たちや、気合いの入った買い物客たちに圧倒されつつ、お店を回りました。イクラやたらこなどを買おう!と思っていたのですが、そして美味しそうで安いものがいろいろあったのですが、どうせ夫婦二人だしそんなにたくさん食べられないしな…、と躊躇してしまいました。それでも、しらす干しやサクラエビ?、佃煮をまとめ買いし、たろさんの希望でみりん干しのセットも購入。ホクホクしながら帰途についたのでした。

みりん干しですが、早速いくつか食べてみましたが、美味しいです。べたべたに甘いのではなく、しっかり魚の味わいがあります。ご飯が進む感じ。取り寄せできるように、お店のカードもらってくればよかった(みりん干しを売っているお店はいくつかあり、どこも一応自家製らしいです)。

たまにはこんな休日もいいな。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-12-28 00:07 | 日々のつれづれ。 | Comments(0)

海の見える山

土曜日、低山ハイキングにいってきました。

今回訪れたのは、千葉県。房総半島にある鋸山です。山頂から海の絶景が楽しめる山、前から気になっていて、ようやく訪れることができました。絶景にこだわりたかったので、「絶対的晴れの日」を狙っていました。

土曜日、天気予報は晴れ。しかし冬型がとても強く、寒くて風の強い日。歩く時間は3時間ないぐらいだったので、うちを出たのは少し遅めでした。しかし、、海沿いの電車が強風のために少し遅れたりして、最寄り駅の浜金谷駅に着いたのは11時近く。…げっ、強風でロープウェイが運休! しかも歩いていくうちに雲がずいぶん出てきました。うーむ。

階段の登りが多く、思ったより体力を消耗。しかし、山頂からの景色は期待を裏切りませんでした。美しい海岸線、広々とした海、うっすらと富士山も眺められました。海の見える山、なかなかいいです。

しかし、、とにかく寒かった。あまりに寒くてほとんど休まずに歩き、下山して保田駅に着いたら電車が遅れていて30分以上待つことに。電車に乗ってからも強風で遅れたりして、たいして運動量は多くなかったはずなのにどーっと疲れたのでした。

もうちょっと暖かい日にまた行きたいな。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-12-26 23:04 | Comments(2)

日和田馬鹿

今年最後の祝日は岩登りへ。

所属する会の方々と日和田山にいってきました。どうせ岩場は冷たいだろう、日陰だから寒いだろうと少し遅めのスタートにしたのですが、最寄り駅に下車するとハイキングのオジサンオバサンでいっぱい。そして岩場に到着すると、おそらく年末山行などの訓練なのか、いつもよりたくさんの人がロープをたらし、岩に張り付いておりました。うげえ、これじゃあ登れないよう。。と焦りながら、同行のIさんと準備。

あいているところを見つけてちょこちょこと登ります。今回は、リード&フォローで登る手順のおさらいがおもな目的。コールの確認をし、数本登ります。はじめは私がリードで、そのあとIさんにもリードで登ってもらいました。昼前に、うっしーさんが到着。合流したあと、女岩へ移動。

女岩を登るのは初めてです。難しいルートばかりだし、登れないから無理無理〜と思っていました。

うっしーさんがトップロープをかけてくれて、5.10aのルート「ニューレフト」にトライ。3人で交互に登りますが、みんなで悪戦苦闘。ルートもよくわかならい。見かねた(らしい)他のパーティーの常連のおじさまが、5.10b「左ルート」を登ってくれました。うっしーさんはそれを見てあっという間に完登。…やっぱりすごいや。なんで同じようにできるんだろう。…しかしおもしろそうじゃないか!

というわけで、トライさせてもらいました。おじさまがしていたのと同じホールドを使い、気合い一発ムーブを繰り出したら…、取れなかった上のガバが取れた! しかしヨレヨレです。「おりまーす」と声をかけたのですが、ビレイをしてくださっているうっしーさんがおろしてくれません。「次のムーブも練習してみなよ!」…鬼?

こんな感じでだまされながら(笑)、テンションをかけ、一手出すたびに叫びながら、気づいたら上までいけてました。う、、うれしい。しかし、上のほうはムーブがつながらない。腕の力がもうないからなのかなぁ。

みんなで何度も登り、気づいたら真っ暗になっていました。ヘッデンつけて岩登り、みたいな人のレポートを見るたび、そんな阿呆な人が世の中にはいるんだなぁ…と思っていたのですが、自分がそういう人間になるとは。馬鹿だなぁ(嬉)。

真っ暗な登山道を下り、駅近くにあるホルモン焼きのお店で打ち上げ。今年5月にオープンしたお店らしいです。ホルモンとお酒とキムチしかないみたいですが、おじさんおばさんがいい人で、気持ちよく楽しく飲めました。

上まで行けたけど、できればテンションなしでつなげたい。すでにホールド、スタンスが頭にこびりつき、ふとした拍子に思い出すようになっています。…右でガバとって、レイバックぎみに振って左を伸ばしてガバとる。右足をいいスタンスに乗せ、左足はカンテにヒールかけて伸び上がって右手で次のガバとる。右足クラックに入れて左足ヒールフックで乗り込む…いけるかな。

…ということで、たぶん土曜日も日和田山の予感。馬鹿だなぁ(笑)。

ついしん:
日和田山馬鹿の予定だったのですが、いろいろあって延期となりやした。
明日は、以前から気になっていた「海の見える山」に遠征しようと思います。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-12-24 10:26 | 山や岩のこと。 | Comments(0)

決意表明!

山に行かない日はなるべく30分以上ジョギングをします!

ジョギングが登山のトレーニングに最適なのは、以前から知っていたのです。実は決意して2年くらい前にランニングシューズも買いました。…が、もともと「努力が苦手」「継続が苦手」な人間です。ランニングシューズは購入した直後に風邪をひき、治ったころにはモチベーションが下がってしまったため、購入してからずっと「下駄箱の素敵なオブジェ」と化しておりました。山に必要な体力は山でつければいいんだよ、と自分に言い訳をしておりました。

しかし。先日の阿弥陀岳で体力のなさを痛感し、とにかくできることから始めることにしました。

今日は天気もよいし暖かい、絶好のジョギング日和だ、ということで、お昼ごはんのあと、着替えてお出かけ。うちからすぐのところにある川っぺりが、ウォーキングロードのようになっていた記憶があったのです。行ってみると…一応散策ができるような感じに整備されていました。早速走ってみます。初回なので、ゆっくり、ゆっくりと、コースチェックをしながら走ります。ときどき階段の上り下りや、ゆるい坂道もあり、ちょっといい感じかも。慣れない走りにたっぷり汗をかいたところで30分、終了〜。

…なんだ、出来るじゃん。遠くのウォーキングロードまで行かなくても、思い立ったらすぐ行けるいいコースがあったじゃん。

今はゆっくり30分が限界だけど、慣れてきたら少しずつ走る時間を延ばしたり、コースをいろいろ開拓してみよう。階段・坂道ダッシュなどもできそう(たぶんしばらくはしないけど)。…しかし、努力が苦手、継続が苦手な私。いつまで続くだろうか。いや、続けてみせようホトトギス。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-12-22 16:39 | 日々のつれづれ。 | Comments(5)

冬山シーズン始動・阿弥陀岳南稜

先週末は、八ヶ岳。

所属する山岳会の人たち総勢6名で、阿弥陀岳南稜にいってきました。会を移籍してからはじめての本格的な山行です。しかも今年は夏から秋にかけてアルパインクライミングの機会に恵まれず、重い荷物を背負っての縦走は本当に久しぶりでした。

土曜日は曇り。舟山十字路を9時半ごろにスタートし、立場山の少し先のテン場まで、3時間半ぐらいの行動でした。はじめはなだらかな道でしたが、旭小屋を過ぎ急登になると、一気に息があがってきました。ザックの重み、ピッチの早さがこたえます。それでもなんとかよたよたとついていき、12時半ごろ到着。昼過ぎからずっと宴会でした。お酒の量がちょっと足りなかったか。でも、これ以上飲むと翌日が不安だったのでちょうどいいかも。夕食はカツ煮を作りました。

日曜日は快晴。テントを撤収し、朝6時頃にスタート。青ナギを過ぎ、すぐに樹林の中の急登に。…全然脚がついていかず、どんどん遅れていってしまいました。すみません、すみません。ゼエゼエと息をしながら歩き、眺めのよい稜線に出たあたりで日の出を迎えました。周りの山々も全部見えていて、ちょっと感激。その後は岩稜帯を歩き、一ヶ所ロープを出してもらい、急な雪壁を登りました。…雪も締まり、ちょと氷になっているだけで何の問題もない登りのはずなのに、途中で息がきれて思うように登れません。とほほ。その後は快適に岩稜を歩き、気づいたら阿弥陀岳の山頂でした。快晴、絶景の山頂でのんびりとします。

9時に登頂、30分ほど休憩したあと、下山は御小屋尾根を下りました。はじめは急な下りが続きます。腿がすざまじく張っていて踏ん張りがきかないのが不安で、ここでもどんどん遅れてしまいました。周りの景色を楽しむ余裕ゼロ。樹林帯に入り、道がなだらかになってきて、やっと他の人のペースに合わせて歩けるようになりました。サクサクと下り続け、12時前に舟山十字路に到着。富士見高原の鹿の湯で汗を流し、お昼にほうとうを食べて帰途につきました。おつかれさまでした。

景色に恵まれ、とても楽しく気持ちのよいルート…だったのですが、 バテバテでブレーキとなり、同行者にずいぶん迷惑をかけてしまいました。どんどん遠ざかる他のメンバーの姿を見ながら、「歩けなくっちゃ話にならないんだよ!」という某山岳ガイドさんの言葉が頭の中でぐるぐるとめぐっていました。。今の会の人たちの歩くペースについていけるように、トレーニングをしていかないといけないし、装備についてももう少し考えたほうがいいかもしれない。…いろいろと考えさせられ、ちょっとへこんでいますが、大丈夫。

先に進みたいと本当に思うのなら、もうちょっとがんばろう、自分。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-12-21 01:25 | 山や岩のこと。 | Comments(2)

飲んだくれ週間

今週はなぜか立て込んでおりました…。

仕事はだいぶ落ち着いてきているのですが、なぜか夜に出かける予定が毎日のようにありました。

月曜日は山関係の会議、そのあとに忘年会。なぜか著しく飲み過ぎて、翌日少しダルダルに。火曜日も山関係の会議。ただし皆さん忘年会疲れのご様子で、会議終了後はささっと帰られてほっとしました…。水曜日は所属する山岳会の例会、終了後にいつもの大衆酒場で忘年会。先輩方の話を聞きつつ、楽しく飲んで時間が過ぎていきました。そして木曜日は、銀座で夏にした仕事の打ち上げ兼忘年会。野菜料理の店で、体によさそうな野菜料理を味わい、体によさそうな果実酒などを飲みながら仕事の話で盛り上がりました。

連日の飲み会なので、飲む量はだいぶセーブしています。最近は、浴びるほどビールを飲むのを辞め、ちびちびと日本酒を飲む方向に走っています。たぶんそのほうがカロリーも摂取しなくていいのです。…とはいえ、家でご飯が食べられないのは、栄養が偏ってあまりよろしくないみたいです。なんとなーく体が重いです。

今日は久々に自宅で過ごす夜。

明日からは1泊で山にいってきます。八ヶ岳です。久々に本気トライモードの山なので、ひとり壮行会で金麦飲んでおります。…休肝日になってないじゃん。結局飲んでるじゃん。とほほ。

先日の雪訓よりちょっぴり重くなりそうな荷物にへこみつつ、今シーズン初の本格的雪山にワクワクしています。そして、新しいアイゼン、リソールしたばかりの冬靴、そして今日買ったばかりのヤッケ! もう、ウキウキです。楽しんできますね。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-12-17 23:21 | 日々のつれづれ。 | Comments(0)

冬の山ごはん

d0100314_18322841.jpgええ〜、お仕事いたしました。

12月15日発売の「岳人」2011年1月号。第2特集「冬の山ごはん」の構成および原稿かきをしております。

お話をいただいたのが、かなり切羽詰まった日程のとき。もっとも、自分も多少は会で食事当番をしますし、幸いなことに山ごはんに力を入れている山仲間も多くはないがいる、ということで、引き受けたのでした。山ごはんについてのアンケートをとり、内容を見て構成を決めて。版元の担当の方の段取りにも助けられ、怒濤のような作業で、なんとか形になりました。

アンケートにご協力いただいた皆様、この場を借りてお礼申し上げます(といいつつ、ご協力いただいた方の半数ぐらいの方々は、このブログの存在を知らない訳ですが…)。いろいろとレシピが揃ったと思います。分かりやすくてかわいらしいイラストのおかげで、実際に作るのにしっかり参考になると思います。昔ながらの山ヤさんにとっては、そんなの知ってるよ〜みたいなものばかりかもしれませんが、この冬の山メシのネタにしていただければ幸いです。

ちなみに、今月号の岳人、メイン特集は「冬の槍・穂高」。見ているだけでワクワクするような誌面です。また、新連載もいろいろとあるようで、一読者としても楽しみであります。よろしければ、ぜひお手にとってみてくださいまし。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-12-15 18:33 | 仕事のこと。 | Comments(4)

のりてつ。

d0100314_0265269.jpg乗り鉄【のりてつ】=電車に乗ることを楽しむ鉄道マニア。

最近、乗り鉄モードの我が夫・ニシ太郎。1週間ほど前に、「抽選に当たったから、一緒に電車に乗りにいこう」と言われ、よくわからないまま、出かけることになりました。ゆる登山講座を終えて自宅に戻り、慌ただしく仕度をして、出発。土曜日の夜は仙台で1泊。

翌朝、電車の出発時間に合わせて仙台駅に向かいます。どうやら、「特急ひばり」という電車に乗って、上野まで行くらしいです。受付場所でお弁当とお茶をもらい、ホームに行くと、カメラを持った人がいっぱい…。レトロな感じの電車がホームに入ってくると、人々が群がって電車の写真を撮っていました。す、すごい。。たろさんが写真を撮るのを待ってから、電車に乗り、発車。

電車はすごくゆっくりと進んでいきます。車窓からの景色ものんびりと楽しめました。ボケッと外を見ていると、あちこちで、この電車を撮影しようと待ち構えている「撮り鉄」さんたちがいました。そっか、この電車、何かすごい電車なんだな。

d0100314_0271296.jpg車内販売が来ると、どうやらこの電車の限定グッズをいろいろと売っているらしく、飛ぶように売れていました。すごいなぁ…。お昼ご飯は、さきほどもらった駅弁。一応仙台の名産品?がちょこちょこと入り、ご飯は「特急ひばり」のキャラ弁みたいな。かわいかったです。味もGoodでした。

途中、居眠りしたり、青森りんごアイスを食べたりしながら、定刻どおりに上野駅に到着。降りるとまたすごい人だかりでした。

あとで調べたところ、こういうイベントだったらしいです。
「特急ひばり復活運転 485系で上野〜仙台」
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/101211/trd1012111032004-n1.htm

特急ひばりというのは、東北新幹線が開通する前、東北本線で上野〜仙台間を運行していた特急電車だったのですね。ときどきリバイバル運転をしているようです。電車にはあまり興味がない(交通手段としてしか認識していない)私ですが、たろさんの趣味におつきあいする中で、普段見られない人たちの姿を見られて、なんだかとても楽しかったです。いやぁ、世の中にはいろいろな人がいるんだなぁ。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-12-15 00:28 | 日々のつれづれ。 | Comments(0)

ニシノ先生奮闘記:vol.3金時山

12月第2週の土曜日、金時山にいってきました。

10月から、NHK文化センター横浜ランドマーク校で「東京近郊ゆる登山」講座を開講しています。毎月1回、全部で3回の講座の、今回が3回目でした。1回目は雨の高尾山、2回目は鎌倉アルプスでした。3回目は富士山の展望台・私の大好きな金時山です。
ちなみに、2回目の模様はこちら

http://westfield.exblog.jp/12268853/

歩くルートはいつもの「乙女峠から山頂に向かい、金時神社に下る」コース。1回目、2回目は本当にゆるーい山でしたが、金時山は「本格的な山」、受講生の皆さんも少し不安そう。箱根湯本で待ち合わせをし、バスで乙女峠に向かいます。天気は晴れ、でもやや雲が多め。気温はかなり高めでしたが、風が強かったです。

今回もゆっくりペース、たぶん登山地図のコースタイムよりややゆっくりめのスピードで歩きました。そのせいか、皆さんとても気持ち良さそうに歩いておられたような。ちょとした岩場の登りも楽しみながら進み、2時間ちょっとで山頂へ。山頂ではすっかり富士山は雲の中に隠れてしまっていました。風もかなり強かったので、山頂から少し下ったところで風を避けながらランチ。

下りはさらにゆっくりペースで。歩き慣れていない方は、たいがい登りより下りのほうがきついと感じます。とくに金時山は短い時間で急な勾配をくだるので、かなり負担もかかるのです。景色のよいところで立ち止まったり、休憩をはさみつつ、15時に金時神社にゴール。湯本方面に戻るため、仙石案内所バス停まで歩き、おまんじゅうなどを買って、帰りのバスに乗り込んだのでした。

受講生の方々に恵まれ、スタッフの方々のご尽力もあり、無事に3回の講座を終了できました。怪我をしたり体調不良になった方もおらず、本当によかったです。個人的にはいろいろと反省点はありますが、皆さん楽しんでくださったようで、これをきっかけに、山を好きになり、山歩きにはまってもらったらいいなあ…と思っています。

私にとっても、とてもよい勉強になりました。本当にありがとうございました。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-12-13 00:03 | 山や岩のこと。 | Comments(2)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧