ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

山ガールデビュー???

ええー、お仕事いたしました。

山ガールさん向けの月刊誌で、「ランドネ」という雑誌があるのですが、3月号には別冊付録「スモールハイキングブック」というのがついています。冬でも楽しめる低山ハイキングのルート集みたいな。その中で、何人かがテーマ別におすすめの山を挙げているのですが、おすすめ人のひとりが、私だったりします。ぎょえー!  他のそうそうたるおすすめ人にまじって、こんな誰もしらないオバチャンが、エラそうに山をすすめていいんだろうか。

一応、「眺めのよい山」ということで、自分の好きな山を5つ挙げています。…ニシの好きな山、だったらあれとあれとあれだな…、そう頭に思い浮かんだ方、たぶん正解です。買って確認してみてください(笑)。

…今回のお話をきっかけに思ったのは、もっと「ゆる山のレパートリーを広げたい」ということ。歩く時間が3〜5時間ぐらいで(場合によってはもっと短くて)、うんと気持ちよかったり、ぴりっと辛かったり、花がいっぱい楽しめたり…。私が好きな山以外にも、もっとたくさんいい山があるんじゃないか。関東近辺でもっと探してみたいし、関東でない地域のゆる山詣でもしてみたくなっています。

そんなわけで、ランドネ3月号、御興味有りましたら、是非。
[PR]
by toshizo-Ni | 2011-01-25 18:00 | 仕事のこと。 | Comments(5)

ほっこり女子ハイキング・棒ノ折山

土曜日、ちょっとしっかり歩きたくなって、ハイキングにいってきました。

今回訪れたのは、大好きな奥武蔵の、大好きな棒ノ折山。以前いた山岳会の後輩、あっちゃんを誘っていってきました。

往路はいつもの白谷沢ルート。歩き始めは少し寒かったですが、歩くうちに気持ちいい感じに暖かくなってきました。天気がよく、日が当たっているところは、ほこほことしてあたたか。沢の水はところどころで凍って、不思議な形を造り出していました。どんどん快適に歩き、途中、岩茸石の上に乗って休憩などもしながら、11時半ごろには山頂に到着。雪をかぶった赤城山や谷川岳も見えていたようです。日だまりの中でお昼休み、持ってきたバーナーでお湯を沸かし、コーンスープを飲んだりして。

下山はいつもの滝ノ平尾根ではなく、青梅方面へ。上成木バス停へ下るルートを取りました。このルート、初めて歩いてみたのですが、ところどころ急な下りはあるものの、おおむね歩きやすく、楽しくおしゃべりをしながら歩いているうちに高度を下げているような感じ。気持ちのよい道でした。…ちなみに、上成木バス停を通るバスの便は、やや少なめで、曜日(平日/土曜日/日曜・祝日)によってダイヤが違います。今回はしっかり時間を調べずに行ってしまったのですが、バス停に着いたらタッチの差でバスが出たあとでした。…が、親切な地元の方のご好意で、途中のバス停まで送ってもらい、ことなきを得たのでした。帰りは青梅駅近くの喫茶店でおいしいカレーを食べて帰宅。

久々の奥武蔵、久々の女子ハイキング、楽しく気持ちのよい時間でした。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2011-01-24 00:19 | 山や岩のこと。 | Comments(0)

山道具を試す。

d0100314_10124664.jpg
ええ〜、お仕事いたしました。

1月15日発売の「岳人」2011年2月号で、「山道具を試す」の構成および原稿かきをしております。

山道具を紹介する連載です。今までは一人のライターさんが1年連載をする形だったのが、今年は2人で隔月(不定期)の連載となり、2人のうちのひとりが私だったりします。せ、、責任重大です。ちなみにもうお一人は若月武治さん。かつて道具ページをお一人で担当されていたこともある、山道具に非常に精通したライターさんです。岳人の一読者だった頃、この方の道具紹介はすごく分かりやすく、ためになるなぁ…と思っていた方。1月号は、若月さんが「アウターシェル」を担当されていたのですが、あいかわらず分かりやすく、そして的確な記事にため息。

私は…といえば、道具に関しては人並み程度の知識しか持ち合わせておりませぬ。山道具屋に行けば、値段のことを気にしながら、店員さんから勧められるままに道具を購入する。そんな人間が、道具に囲まれて分からないことを四苦八苦しながら調べ、解決し、読者に有効な情報として提供する…そんな展開を考えています。非常に対照的なふたりが連載をするおもしろさを、今年の連載で感じていただるよう、がんばっていきます。

で、今回のテーマは「ザック」。ひえー!!

撮影にあたって道具を取り寄せ、実際に道具を入れて担いで家の中をぐるぐる歩き回ったりしています(その姿を見たたろさんから、家出するの?と苦笑された)。あと、大きく紹介しているザックは、実際に冬山の山行で荷物をガッツリ詰めて使っています。いろいろと試して、本当に勉強になりました。記事を読みながら、仕事部屋で大量のザックに囲まれながら背中を丸め、ぶつぶつ呟きながらザックをいじっている、あるいは、普段着でザックを背負い家の中を歩き回り、鏡の前で横向きになって首をかしげている私の姿を思い浮かべていただければと思います。
[PR]
by toshizo-Ni | 2011-01-19 10:13 | 仕事のこと。 | Comments(2)

冬山セルフレスキュー講座のお誘い

えー、宣伝でございます。

東京都山岳連盟の遭難対策委員会では、「山のセルフレスキュー講座」を年4回(だったかな?)行っているのですが、2月には「冬山セルフレスキュー講座」を行います。今年は以下の日程、場所で行われます。

●日程
机上講習:2011年2月15日(木) 19:00〜21:00
実技講習:2011年2月19日(土)〜20日(日)
●場所
机上講習:国立オリンピック記念青少年総合センター
実技講習:土合周辺(土合山の家に宿泊)
●講習内容
雪崩事故や転滑落事故を防止するために必要な技術の習得と事故への対応
雪崩のメカニズム、雪質観察、弱層テスト、埋没体験、ビーコン・プローブによる捜索、
冬山でのアンカー構築と引き上げ・引き下ろし、など。
●参加費
15,000円(東京都山岳連盟の加盟団体員、リピーターは13,000円)
※宿泊代(6500円)は別途支払い。

詳細は東京都山岳連盟のサイトでご確認ください。
http://www.togakuren.com/

冬山には行くけど、雪崩や遭難対策についての知識はない、習いたいけど機会がなかった…という方にはおすすめの講座です。冬に山に行く以上、山の難易度にかかわらず雪崩や転滑落で事故をする危険は100%ないとはいえず、自分あるいは自分の同行者に何かあったときに、何もできないのはつらく悲しいことです。こういう講座のいいところは、技術を習得することもそうですが、「どんなことがおこりうるのか」を具体的に知るきっかけになることもあると思っています(実際私がそうだったので…)。

そんなわけで、よかったら、講習会に参加しませんか?というお誘いです。
もしかすると、私もお手伝いスタッフで参加する…かもしれませぬ。参加にあたり質問などありましたら、遠慮なくどうぞ。
[PR]
by toshizo-Ni | 2011-01-16 22:54 | Comments(0)

落ちこぼれ研修生

土日で登山の研修会にいってきました。

昨年から、東京都山岳連盟の遭難対策委員会というところに所属しています。で、委員を対象にした、冬山セルフレスキューの技術研修会が土合であったのです。研修に参加するのは初めてです。他の先輩方の足を引っ張らないようにしなくては、大丈夫だろうか…とかなり緊張して参加してきました。。

金曜日の夜中に宿泊施設に到着し、土曜日は朝早くから終日屋外で研修。ビーコンの実験、雪質観察や弱層テスト、さまざまな支点構築のおさらいを行いました。天気はよくない予報だったのですが、ときどき青空が見えるいい天気でした。夕食後、夜はシート搬送のセッティングのおさらい。日曜日はさまざまな支点構築の実験、引き上げのシステム作りを行いました。日曜日は予報通りの悪天候、朝からずっと雪が降っていて、ときどき風が強く吹きつけてとても寒かったです。

新人で体力も技術もない私、講習についていくのが精一杯でしたが、講師の方々や先輩がたによくしていただき、なんとか2日無事に終了。しかし、問題はこれから。習っただけではだめで、それが身に付くように繰り返して練習していかないと(といいつつ、すでに頭がパンク状態…)。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2011-01-16 22:26 | 山や岩のこと。 | Comments(2)

昼下がりのマダムクライマー2011

最近、またクライミング熱が上がってきています。

忙しさにかまけてずっとPUMP1に行っておらず、半年会員権を棒に振っていたのですが、先月ぐらいからまた週1〜2ペースで通っています。登れたほうが楽しいもの。

今日も、午後から、仕事のあいまにちょっとだけいってきました。

昨年スクールに通っていた頃のブログを読み返したら、「保持力はあるけど持久力はない」先生からのコメントが出てきて、ああ、そういえば、そんなことを言われたっけ、実は今もそうだよな、と納得。で、持久力アップにトレーニングとして「5.10a〜cの課題を1日7本以上登る」というのが書いてありました。

…そんなわけで(どんなわけだ?)、今日は5.10a〜cの課題を7本登る!と目標を立てて、スタート。時間もあまりないので、今日はなるべく長時間休まないように、どんどん登りました。とりあえず、目標達成しました(…あ、5.10cは登らなかったです。aとbで全部で7本)。

ダイヤモンド壁のオレンジ■(5.10a/b)、初めてトライして、1回目は終了点近くでワンテン。…しかしこれはいけるぞと思ってもう1回トライしましたが、思った以上に腕が終わっていて、2回フォール…とほほ。そして、ほこら左壁の茶色×(5.10b)も初トライ。やはり腕が終わっていて、半分過ぎたところからほぼ各駅停車となってしまいましたが、案外に行けそうな予感。苦手な大きめホールドが続く課題なのですが、思ったよりも持てるな…という印象でした。

この調子で、週2ペースで登り込んでいけば、そのうちもとのレベルに戻っていくかなぁ、戻っていくといいなぁ…と思いつつ。今日登れなかった2本は、次回、なんとかRPしたいなぁ。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2011-01-13 00:45 | クライミング。 | Comments(0)

体によいことを続ける

約1年前、食べたものを記録するダイエットをしていました。

健康診断の結果があまりよろしくなく、食生活の見直しもかねて、食べたものを記録し、栄養を考えた食生活を意識するようにしていたのです。おかげで一番プヨプヨだったときからずいぶん体が締まりました。…が、あまりに順調に体重が減り、なんとなく不安になったのと、もういいやと思ってしまったのとで、記録を中断。…そしたら、半年ぐらいかけて、ゆっくりもとに戻ってきてしまいました。

で、意を決して先月から、記録を再開しています。

基本的に三日坊主な人間ですが、今回はとりあえず1カ月継続中。記録するのが当たり前、の生活になってきました。…体重もゆっくりとですが、下降中。よかったよかった。

で、今年は「山にもクライミングジムにもいかない日は、昼休みにジョギングをする」という目標を一応立てました。なかなか実現しなかったのですが、本日、意を決してトライ! 寒いなぁ、面倒だなぁ、と思っていたのですが、走り始めてみたら体も温まってきましたし、何より青空の下をトコトコ走るのは気持ちがいいみたいです。我が家からスタートして、あまり信号のない裏道を通って隅田川沿いの遊歩道に出てひたすら走って。15分走ったら来た道をそのまま戻りました。あとでチェックしてみたら、4kmぐらいだったようです。

走りに行くためにどこかグランドやランニングコースまで自転車や電車を使っていくのは面倒だけど、家の近所にこんなにいいコースがあるのなら、続けられないこともないのかな…と思い始めています。

食事の記録にしろ、ジョギングにしろ、体にいいことを細く長く、無理のない範囲で続けていけたらいいなぁ。がんばりすぎずに、がんばろう。うん。
[PR]
by toshizo-Ni | 2011-01-12 00:00 | 日々のつれづれ。 | Comments(2)

ふるさと祭り 東京

今日は、たろさんとデート。

東京ドームで開催している「ふるさと祭り東京〜日本のまつり・故郷の味」にいってきました。何やら、ご当地グルメ的な美味しいものがたくさん食べられるらしい…というのにつられたのです。

東京ドームに着いてびっくり。オープン直後に行ったはずなのに、まず、入場券を買うために長蛇の列に並ばなくてはなりません。寒いなか屋外で10分ほど並び、いそいそと入場。日本全国各地のご当地グルメの屋台が並んでいます。ぐるぐるとお店をのぞきながら、今回の目的だった「全国ご当地どんぶり選手権」コーナーへ。ハーフサイズの丼で、各地のおいしい丼ものが1つ400円で食べられる…という魅力的なコーナーだったのですが、着いてみてびっくり。それぞれのお店で食べるには「チケット」が必要で、そのチケットを買うために長蛇の列ができているではありませんか…。仕方なく列の最後尾に並び、待つこと1時間近く…。。チケットを6枚買い、6つの丼を食べ比べてみることにしました。

食べたのは利尻のうにめし丼、帯広の豚丼、標津のいくら丼、駒ヶ根のソースカツ丼、秋田の比内地鶏親子丼、小田原の地魚丼(だったかな?)。一番美味しいと思ったのは、うにめし丼でした。1つの丼をたろさんと分け合って食べた…とはいえ、たっぷり食べてお腹いっぱい。すでにお土産などを買って帰る気力もなく、たろさんはアイスクリームを食べ、私はりんごジュースを飲んで終了。

広場スペースで各地のおまつりの実演もしていたのですが、すみません、ほとんど見てないです…(苦笑)。

いろいろと美味しくいただきました。ごちそうさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2011-01-10 23:11 | おいしいもの。 | Comments(2)

3年半ぶり・黒山聖人岩

日曜日、黒山聖人岩でクライミングをしてきました。

連休に行く予定だった山行を、風邪のせいでキャンセルしてしまい落ち込んでいたところ、もとの山岳会の先輩、Kさんが誘ってくれたのです。で、Kさんと、もとの山岳会の先輩のYさんと3人でいってきました。

ちなみに、黒山聖人岩に行くのは、むかしPUMP1のスクールで行って以来。日記で確認したら、最後に行ったのは2007年7月…。そっか、3年半ぶりなんだ。笑っちゃうぐらい登れなくて、登れる人の姿を見て、いいなぁいいなぁ、って思っていた記憶しかありませぬ。あれからちょっとはクライミングをがんばった時期もあって、多少技の引き出しも増えているはず。ちょっとはましになったんじゃないか、岩を楽しめるようになっているんじゃないか…と淡い期待を持ちつつ。。

Kさんと私は同じくらいのレベル(つまりヘタクソ)、Yさんは雲の上のクライマーさん。Yさんにリードで登ってトップロープをかけてもらい、Kさんと私がトライする、で、Yさんは自分の課題をトライする…みたいなパターンで登りました。はじめにトライした5.9の課題は、トップロープなのにありえないほど登れず、次にトライした5.8の課題もトホホな状態。昔リードで登った記憶のある5.7の課題は、今は落石で登攀禁止になってました…登れるとこ、ないじゃん。くぅー。

で、3年半前に、上まで行けなかった5.10aの課題(ダイエット・シェイク)にトライ。はじめはトップロープで、次にリードで。はじめはダメダメでしたが、なんとか3回トライしてRPできました。うう、うれしい…。やっぱり登れると嬉しいんだな、うん。そして、クライミングはリードで登れたほうが楽しい、絶対に。

5.9の課題も登れないんだぁ…ってけっこう落ち込んでますが(苦笑)、以前きたときに、トップアウトも出来なかった課題が、RPできたんだよな。そう考えたら、ちょっとは進化してるじゃん、自分。できないことに落ち込むのではなく、できたことをモチベーションに、ちょっとずつうまくなっていこうと思うのです。はい。

思ったよりも近い岩場だし、また行きたいな。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2011-01-10 18:42 | クライミング。 | Comments(0)

お初釜

今日は、茶道の教室の初釜でした。

久々に着物を着て教室へ。今日は梅に鶯のブルーグレーの訪問着に、きらきらした洋花の柄の帯。スタートが遅いので余裕をかましていたら、着付けにずいぶん時間がかかってしまいました。やっぱり着慣れていないと時間もかかるし、きれいに着られないんだなぁ…。

初釜にする内容はいつも同じです。炭のおてまえのあとにお昼ご飯、そのあとにお濃茶、そして薄茶。和やかで心地よい時間。気持ちを新たにし、今年もがんばろう、という気持ちになりますね。

ここ数年、お稽古をご一緒している先生のお孫さんが、今年成人式だそうで、かわいらしい振り袖を着ていらっしゃいました。今日はちょっとだけ彼女もおてまえを披露していました。彼女に初めて会ったのは、彼女がまだ小学生のとき。それからもう10年以上たっているんだな。なんだか感無量です。

実は登山よりも長く続いている茶道。今年もがんばってお稽古をしていこうと思います。

で、、今年はもう少し着物を着る日数を増やしたいなぁ…。最近カジュアルの着物を全然着ていない。着付けにはまっていた時代にたくさん買ったのに、もったいない。たとえば家で仕事をする日など、着物で過ごすようにしたいなぁ。。できるかな?
[PR]
by toshizo-Ni | 2011-01-08 22:19 | 和もの。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧