濃いのが苦手。

最近、「濃いもの」が駄目になってきました。

たとえば濃い味の料理。外食をしたり、外でお惣菜を買ったりすると、味付けがとても濃いときがあります。味としてはよいかもしれないけど、すごく濃い。…というのが駄目みたいです。美味しいなら、ちょっとだけならまだいいけれど、そうでもないとけっこうツライ。…そうやって考えると、やはり外食の料理やお惣菜の味付けって、基本的に濃いめだったりします。決して上手くないけれど、自分で作る料理が(面倒だけど)、安らぎます。

あと、匂いが濃い=香水の匂いも駄目になってきました。…これはここ1〜2年ぐらいに顕著になってきたかも。歳をとるといろいろな感覚が鈍くなっていくと思っていましたが(たとえば聴覚とか、運動神経もですが)、嗅覚は鋭くなっていくの?と思ったりして。たとえば電車の中で香水を振り掛けたような女性が隣に座ると、以前は多少我慢できたけど、今は無理。できれば席を変わりますし、無理なときはさりげなくハンカチで口と鼻を押さえてしまいます。

で。昨晩、某所で山関係の先輩と飲んだのですが、前から気になっていて入った店の料理が、ほぼ全部濃かった…。塩味のものはより塩辛く、みたいな。ちょとめげました。そしてさらに、後ろの席に座っていた男性が香水をガンガンに振り掛けていたようで…。匂うというより臭い。大衆酒場でその臭いはないだろう。てか、飲食店でその臭いは反則だろう。席を替わりたくても満席で替われない。しかも全然帰らないし、その人!(いや、私たちもだけど)…ダブルできつかったです。先輩にいろいろ話を聞いてもらえてありがたかったけど。

歳のせいなのか、こらえ性もなくなってきているんでしょうかねえ。。。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-05-31 18:46 | ぼやき。 | Comments(2)

無事に終了いたしました。

NHK文化センター横浜ランドマーク校舎で、「東京近郊ゆる登山講座」という6カ月の講座を受け持っているのですが、その講座の特別編、単発の講座があったのです。5月23日に募集をかけたところ、あっという間に満員御礼。救済企画として5月28日にもう1回開催。合計2回行いました。行き先はいずれも鎌倉アルプスでした。

23日は21人、28日は6名の受講生が参加されました。
いずれも天気がよく、春から初夏に向かう途中の柔らかな緑のなかを、気持ちよく歩くことができました。23日は空気も澄んで見晴らしがよく、富士山はもちろん伊豆大島、箱根の山々までくっきりと見渡せました。21日は大勢で賑やかに、そして28日は人数が少なめでしたが、そのぶんひとりひとりと話をしながら密度濃く歩くことができたように思います。

単発の講座だと、いらっしゃる方は皆さん初めてお目にかかる方です。いつもの定期講座なら数回歩くうちに顔と名前が一致して、その方の体力レベルや好みも把握できますが、単発講座はどんな方がいらっしゃるかまったく分かりません。そういう意味では非常に緊張します。最後まで気が抜けません。

とはいえ、今回はとりあえず…途中でいろいろとありましたが…2回とも全員無事にゴールにたどり着き、多くの方に「楽しかった、また山に行きたい」とおっしゃっていただけました。よかったです。

これから山を始めたい方の役に少しでも立てたかな。そうだったらいいな。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-05-30 01:05 | 仕事のこと。 | Comments(0)

雨なのに岩登り

金曜日、なぜか岩登りにいってきました。

所属する山岳会のK先輩と。当初は越沢バットレスでガンガン岩登りをしよう!という話だったのですが、当日になって天気が非常に悪くなるらしいことが判明。登っている途中で降られてもシャレにならないので、どこにしようかと考え、向かった先は日和田山。ここならアプローチも短いし、1ピッチのゲレンデだし、雨に降られたらすぐ撤収できる、という判断でした。

少し遅めに集合して岩場に向かい、準備してまず男岩でも登ろうか…と思ったら、ポツポツとくるものが。いきなり雨が降り始めました。そんな馬鹿な。降るとは聞いていたけど、午後からじゃなかったの? しかしとりあえず1本ずつ登ります。…そのうち、岩場に居た他の人たちはみな撤収していきました。そりゃそうだ、雨だし。

しかし。私たちはなぜか女岩のほうに移動。ここならハングしているところもあるし、多少雨を避けて岩が登れるのでは?…という目論見です。…そして濡れてはいるけど多少まし?な右ルートにトップロープでトライ。さらにその後、あぶみをつかった岩登りやらハーケンを打つ練習やら、人のいない岩場でいろいろと練習をし、結局岩場を撤収したのは夕方5時近くでした。そして高麗駅近くのホルモン屋で打ち上げをし、さらに飯能駅近くの焼き鳥屋にハシゴして飲んだくれて終了。

…え、雨ですか?降ってましたよ。午前中に降り始めたときから、ずうっと。

ま、いつも激混みの日和田山が貸切で練習できたから、ハーケンを打ったりナチュプロを使いながらあぶみで登る練習ができたからよかった、濡れた岩が登れたから沢登りの練習にもなったでしょ、ということで。…ああ、馬鹿だねえ。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-05-28 01:09 | 山や岩のこと。 | Comments(2)

ええ〜、宣伝&告知でございます。

現在、NHK文化センター横浜ランドマーク校舎で「東京近郊ゆる登山講座」なるものを行っています。実際に山を一緒に歩いて、心地よい歩き方や基本的な山歩きの知識をお伝えするという講座です。こちらは月1回、半年間の連続講座なのですが、この講座の単発特別編を企画、受講生を募集しております。

開催日は5月28日(月)、行き先は鎌倉アルプスです。
詳細はこちらから。
http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_789131.html

一応、横浜在住の方でなくても受講可能です(当たり前か…)。スタートは北鎌倉駅10:00なので、多少遠方の方でも集合時間には間に合うと思います。おそらくこの日はやや暑いと思いますが、濃い緑のなか、気持ちよく汗をかきながら歩くことができると思います。下山は鎌倉駅なので、下山ショッピング(笑)も楽しめますよ。

もし、これから山を始めたいけど周りに山をするお友達がいなくて不安という方や、山を始めて間もないけどもっと山歩きのことを知りたいという方(で、月曜日はお仕事などがないという方)がいましたら、ぜひお誘いいただけると有り難いです。…山はよく歩いているし詳しいけど、なんちゃって山ガールのニシノサンを見てみたい、という方も歓迎致します(受講料を払ってまで見る価値があるかは著しく疑問)。

どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-05-27 19:51 | 仕事のこと。 | Comments(0)

初夏のゆる登山・御岳山

土曜日、ゆる登山してきました。

行き先は御岳山。御嶽神社からロックガーデンを周遊するルートを歩きました。講座の下見です。久々に、クライマー友達のたけさんに同行していただきました。

このルートを歩くのは初めてです。水辺の散策路が心地よいと聞いていて、前から気にはなっていたのですが、歩いてみたらたしかにいいルートでした。降り注ぐような新緑のこもれび、沢のせせらぎ。登山道はおおむね平坦で歩きやすいです。変化にとんだ景観を楽しめます。「ロックガーデン」といっても、岩を登ったりする要素はなく、沢沿いの道の脇に少し岩が見られたり、きれいな滝があったりするぐらい。

沢沿いに休憩できるポイントも点在しているので、ところどころで一息つきながら、夏は冷たい水に足を浸けて楽しんだりしてもよさそうです。

やや早のペースでサクサクと歩き、気になるところは写真を撮ったりメモをとったりしながら、昼過ぎには下山。あっという間でしたが、気持ちよく初夏の山を楽しむことができました。たけさん、ありがとう。

山は春から初夏へ。気温も上がり、木々の緑はどんどん濃くなり、沢の水が冷たく心地よいと感じる季節になってきます。でももうしばらく低山の緑や花木をのんびり楽しみたいな。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-05-21 21:55 | 山や岩のこと。 | Comments(0)

ゆる登山講座の翌日は岩登りへ。
所属する会の方々と、越沢バットレスにいってきました。

考えてみたら、岩登りをすることじたいが本当に久しぶり。おそらく、昨年の12月ぐらいに古賀志山に行ったのが最後かも(2月に一度、アイゼントレで日和田山に行ったけど、そのときはアイゼントレしかしてないです、たしか)。今年はアルパインのルートにもたくさん足を運びたく、登れなくてブレーキにならないよう、越沢で練習を積まなくては、なのです。

今回は、風邪っぴき病み上がりのK先輩とOBの先輩、そして凍傷あがりの私の3人でロープを組みました。一番簡単な右ルートを、まずK先輩がトップで3ピッチ。多少渋滞はしたものの、ロープワークなどは順調で、思ったより早く登れました。でも久々過ぎて、3級の簡単なピッチをフォローで登るのでさえ、不安で怖く感じます。こんなんで大丈夫なのか、私…。

なのに、次はなぜか私が全ピッチリードで同じルート(右ルート)を登ることに。…K先輩、鬼ですか?(滝涙)

緊張と不安で手に嫌な汗をかきながら、登っていきました。でもでも登っているとだんだん、緊張がいい感じの気持ち良さに変わっていくのですね。もちろんうまく登れなくて数分セミになったり、テンションかけたり、ヌンチャク掴んでズル登りもしましたが…。なんとか3ピッチ、上まで行けました。よかったよかった。

いつもは暗くなるまで登り倒す私たちですが、今回は早めにあがりました。そして帰りに途中下車して飲んだくれて、ほろ酔いで帰宅したのでした。

今年はもうちょっと越沢に通いたいな。そして、登れるルートをもっと増やしていきたいな。すんなり登れるようになったら、アルパインのルートも、そして沢登りでちょっとした滝も、もっと臆せずに登れるようになるのかも。がんばろう、いや、楽しもうと思います。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-05-15 00:15 | 山や岩のこと。 | Comments(3)

毎月第2土曜日は、東京近郊ゆる登山講座です。

5月12日、2012年春夏バージョンの2回目は秩父の蓑山でした。今までは横浜校主催のスクールなので、神奈川の山(ときどき奥多摩方面の山)だったのですが、今回は埼玉校と共催なので、ときどき埼玉の山も入れる、ということになっていまして。蓑山は春におすすめの、私の大好きな山。今回は満開のツツジを期待して行くことにしました。

前回の大楠山は暴風雨でガチ登山だったのですが、今回はいい天気。歩いていると少し汗ばむくらい、でも立ち止まっているとちょっと寒いくらいの気候でした。山麓や中腹の草花はほとんど終わっていて、ヒトリシズカもチゴユリも、イカリソウも見られませんでした。残念。山の上のほうはヤマツツジが見ごろを迎えていて、いい感じでした。山頂でのんびりお昼ご飯を食べて、みんなで幸せ気分。下山もすんなりと進み、一応和同開珎の碑にも立ち寄り、予定通りの時間にゴールの和銅黒谷駅に到着。

2012春夏は、かなり受講生の数が多く、しかも初受講の方が多いのです。前回と今回で、やっと皆さんの名前やおおよその山歴、歩くレベルなどが分かってきました。…今回もとりあえず怪我・事故なく無事に歩けてほっとしました。さて、次回は金時山。どうかなぁ。。気持ちよく歩けるといいなぁ。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-05-14 23:48 | 仕事のこと。 | Comments(0)

d0100314_23472895.jpgGW後半、5/3-6で山にいってきました。

行き先は北アルプス。高瀬ダム付近をベースキャンプに、マイナーピークを登ろう、という企画です。所属する山岳会の先輩方と、新しく入った女子と、総勢4人で春山を楽しんできました。

初日は移動日。どうせベースキャンプ方式だし、高瀬ダムまでタクシーで入れて歩く時間はごくわずかだからと、大町のスーパーで食糧と酒を大量購入したのに…、前日の雨のせいで七倉までしか車が入れない!ありえない重さの荷物を背負い、不動沢のキャンプ場まで2時間歩くはめになりました。とほほ。ヘロヘロになりながら到着し、テントを張ったらたき火で宴会!

2日目は日帰り登山。南側の尾根を直登して、不動岳という(だれも知らないような)山に登りました。はじめの1時間は雪がまったくなく、ただの薮こぎ、だんだん雪が出てくると、快適な尾根歩きやときどき雪の急斜面。病み上がりにはちょうどいい感じのルートでした。…とはいえ。山頂近くに行くまでは汗ばむような陽気の晴れ。山頂直下の雪稜を歩いていたらだんだん天気が悪くなり、山頂はガスガスで強風&小雪。下山のときは完全に雨になりました。とほほ。ずぶぬれでテントに潜り込み(もちろんたき火は出来ず)宴会。

2日目は12時間行動、かなりお疲れだったので、3日目は濡れたものを乾かし、近くの沢を少し散策し、山菜をたくさん摘んでテン場に戻り、たき火で宴会。晴れていたけどずいぶん風が強かったです。そして4日目は下山。

宴会も、山も、いい感じに楽しめました。今回もまた「たぶんだれも歩いていない」尾根を登って。楽しかったです。…ただ。お酒が少し足りなくて、3日目の途中からは「焼酎のつもりで水を飲む」状態。やっぱり、酒は持って行く分量をしっかり考えないとダメですね(反省するポイントがおかしいだろう…)。

こんどこの山域にくるのはいつになるかな。おつかれさまでした、ありがとうございました。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-05-07 23:37 | 山や岩のこと。 | Comments(0)

GW前半、3連休の最終日にハイキングにいってきました。

今回の行き先は、拙著「女子のための!週末登山」にも掲載している武甲山。私の大好きな山のひとつです。表参道を登り、裏参道に抜けるルート。以前居た山岳会の山仲間、Hちゃんとさぶちゃんと私、3人での珍道中?でした。

彼らと山を歩くのは久しぶりです。山の話をワイワイとしながら、それでもサクサクと登っていきます。見上げれば瑞々しい緑が空一杯に広がり、足元にはいろいろな種類のスミレや、群生するヒトリシズカ、さまざまな春の花が咲いています。表参道の杉の原生林は相変わらず心地よく、なぜか歩いているだけで心が満たされていきます。自然と足取りも軽快になっていたようです。大杉の広場で軽く一本とり、あとはサックリと山頂へ。…山頂はガスガスでした。おそらく、山頂の周りだけガスっていたのでしょう。遠くの上州の山々はもちろん、すぐ下にあるセメント採掘現場さえ見ることができませんでした。くすん。

下山も緑がいっぱい。カタクリもずいぶん咲いていました。上のほうの広葉樹林の下に咲いているだろうな…と思っていましたが、予想通り。くふふ。下山のお目当ては、カラマツの芽吹きでした。山の上のほうはまだ芽吹いたばかり、下のほうはけっこう葉が出ていて、緑も鮮やかでした。アブラチャンが小さい黄緑色の花をたくさんつけていたり、ミツバツツジが咲いていたり、春先の花もにぎやかです。…そして、下って行く途中でいきなり桜の木。ヤマザクラでした。そこからしばらく桜の木が道沿いに続き、まるで桜並木。…これは想定外でした。満開の桜にテンションMAXになるヤマオンナ達(笑)。気持ちよく歩き、サックリと下山。

そして西武秩父駅に向かい、私の大好きな蕎麦屋「手打ちそばこいけ」さんに。連休中&羊山公園のさくらそうまつりのせいでかなり並んでいましたが、缶ビールを飲みながら待ち、1時間弱で入店(苦笑)。…いや、普段なら行列なんてしないのですが、今回の最終目的は「ここでそば(と美味しい酒)をいただくこと」でしたから。焼き味噌と山菜の天ぷら、塩をつまみにおいしいお酒を飲み、極上のそばを味わい、大満足で帰途につきました。

気の合う仲間と久々のハイキング、満喫できました。山の花も予想以上にたくさんで、本当に気持ちよかったな。春の低山はいいな。5月はたくさん足を運べたらいいな。おつかれさまでした。ありがとうございました。
[PR]
by toshizo-Ni | 2012-05-01 08:48 | 山や岩のこと。 | Comments(2)