ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

<   2013年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ニシ先生奮闘記2013秋冬・日和田山

d0100314_22193222.jpg2月は第一土曜日が「ゆる登山講座」でした。

今回の行き先は日和田山です。ロッククライミングの岩場のある山として知られ、私自身は「岩登りの練習会」で訪れることの多い山ですが、幼稚園の遠足などでも登られる、奥武蔵でも人気の低山でもあります。今回のルートは「もっと歩きたい!東京近郊ゆる登山」に掲載をしている、武蔵横手駅から歩く縦走コース。総勢15名、こぢんまりと楽しく歩いてきました。

雨予報の日でしたが、結果的には曇りときどき晴れ。昼過ぎからは青空が差し、暑いくらいでした。冬枯れの山は晴れているときに歩くのが一番。日ざしを浴び、落ち葉を踏みしめながら歩くのは本当に心地よいものです。で、道中にロウバイが咲いているところがありました。前回の宝登山では見頃のロウバイを期待していたのがあまり咲いておらず寂しい思いをしましたが、今回は満開。陽光を受けて輝く花がとてもよい匂いを漂わせていました。山頂、そして山頂直下の金比羅神社での眺めも非常によく、皆さん大喜び。そして下山して高麗駅に向かう途中にある「高麗豆腐」の店で皆さんお買い物。おすすめの味噌漬け豆腐やら黒豆ゼリーやら湯葉やら…皆さん思い切り買い物をされていました。

天気に恵まれ、とても気持ちよく歩けました。
で、歩いてみて改めて思ったのは、このルートはとても素敵なハイキングルートだということ。難所もなく勾配もゆったりとしていて、心地よく歩けると思います。山上集落があったり、いい感じの雑木林があったりします。のんびりと、山や緑を楽しみながら歩けるのがいいです。…あえて難点を挙げるなら、道標の類いが少し分かりづらいところでしょうか。でも、それを差し引いてもいい山だと思います。

次回も気持ちよく歩けますように。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-02-04 22:20 | 山や岩のこと。 | Comments(4)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧