ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ニシ先生奮闘記2013冬平日・大楠山

d0100314_1825432.jpg東京近郊ゆる登山講座@平日バージョンで大楠山にいってきました。

昨日までの予報では終日曇りだったはずなのに、電車に乗って移動するうちに雨が降り始め、気温もぐんぐん下がって。…聞いてない! 準備体操をしているときに雨があがった!と思いきや、歩き始めてしばらくするとやや土砂降りに。…聞いてない!! そういえば昨年の4月、土曜講座で大楠山のときも土砂降りの雨になったんだ。うちの講座にとって、大楠山は「鬼門」なのかも。あのときは本当に寒くて、風も強くて、「ゆる登山講座三大ガチ山行」のひとつになってます。今は笑い話だけど、あのときは、けっこうつらかったなぁ…。

 とはいえ、それほど風雨もひどくならず、下山のときには止んで少し明るくなったようだったので、よかったです。山頂直下の菜の花畑も今が満開でした。霧にけむるなか、輝くような黄色の絨毯、その向こうにコブシの白が咲き乱れ、幻想的な雰囲気でした。

山は春の訪れでほんのりと色づいていました。淡いピンク色の桜をはじめ、濃淡のピンク、白、黄色、芽吹いた木々の赤みを帯びた緑色。足元にはすみれやムラサキケマン、ニリンソウ、さまざまな花が咲いていました。マムシグサの激しいバージョン(色が濃くて花の形が大きく、ひげ部分がとても長い)があったけど、あれは何と言う花だったんだろう。

今年は桜があまりに早く咲き過ぎて、町ではお花見をする時間の余裕もなかったけど、はからずも今日、山のお花見を満喫できました。ありがとう。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-03-28 18:04 | 仕事のこと。 | Comments(0)

最近のお仕事

ええ〜、宣伝させていただきまっす。

●3月15日発売の「岳人4月号」、いくつか原稿書いてます。
・山道具連載、今回は西野担当の「テント」です。タイトルページがとてもメルヘンな写真で、いい感じです! けいんさん、いつもありがとうございます。今回のテーマは「無雪期、日本アルプスの縦走登山2泊以上を2人でするのに適したテント」。見ていただくと分かりますが、大きさも形もいろいろで、おもしろいと思います。今回、撮影のときに全部ひとりで設営にトライしました。大きいものも、すべてひとりで設営・撤収ができました。設営しやすく進化しているのか、私が進化したのか(たぶん違)。

・マムートのヘルメットについて、原稿かいてます。
お話をうかがい、実物を見せていただいて思ったのは「かわいい、そして軽い」。今、北アルプスでは「縦走路の岩稜でもヘルメットをかぶろう」という動きが強くなっているようです。かさばるし、重いし、格好悪いし、いかにも大げさな感じで嫌だ…と思われていたヘルメットですが、今やそんなことはないのですね。形から入る、いいじゃないですか。私もそろそろ、ドカヘル風ヘルメットをかっこいいのに買い替えたい…。

・特集「春山登山」のなかで、「不動岳」書いています。所属する昭和山岳会での、昨年の山行です。登山道のない尾根を、残雪を利用して登っています。GWの北アルプス、人気の山域は人でいっぱいですが、ここはホントに貸切状態。登ってよし、山麓から見上げてよし、素敵な尾根でした。不動岳ってどこ?何それ?と思った方、ぜひお手にとってご覧ください。

そのほか、登山クロニクルに、昨年末に昭和山岳会のメンバーと登った「七倉岳南尾根」の記事が掲載されています。非常にいい尾根、会心の山行だったと思います。よろしければぜひご覧ください。

●3月15日発売の「山と溪谷」4月号
テント泊特集のうち、「初めてのテント泊Q&A」の取材・執筆をしています。
カモシカスポーツの笹原さんからお話をうかがい、まとめています。昔、テント泊初心者だったころに気になっていたこと、不安だったことや、知らなくていたい目にあったことなどを思い出しながら、お話をうかがいました。笹原さんは私にとっては、山道具系の仕事を始めたころから、しょーもないことを質問し、苦笑しながら回答していただいている、「山道具のお師匠様」のひとり。今回もお忙しいなか、丁寧に、楽しく講義?をしていただきました。感謝。
特集じたいは、テント泊初心者の人に分かりやすく、経験者の人が読んでもちょっとした発見があると思います。ぜひお手にとって見てください。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-03-25 18:41 | 仕事のこと。 | Comments(0)

No Music, No Life

ブログ更新、すっかりごぶさたしていました。
とりあえず生きてます。変わってません。山に行って、仕事して、ときどき飲んだくれて、の繰り返しです。
今までにあったことのうち、印象的だったことは少しずつブログ更新していこうと思います。逆順になってしまいますけど…汗。

最近、音楽がないと駄目なヤツになってます。

もともと「音」がなくても生きていける人間でした。ひとりで家にいるときは、テレビがついてなくても平気。見たいものがあれば見るけど、なければしーんとした家の中が快適。仕事をするときは、しーんとした中でないとはかどらない。BGMは集中できなくなるから駄目。

…だったのに。
ここ数日、ちょっと仕事で非常に煮詰まってしまって、朝、仕事を始めるのが苦痛(気持ちが乗らない)でした。ここでなんとかせねばと思いついたのが音楽。iTuneで購入したSuperflyのアルバムをガーッとかけて、テンションアップ。気持ちを上向きにして机に向かう…ということをやってました。なかなか効果がありました。うまくテンションがあがってペースアップすれば、音楽がなくてもなんとかなります。

しかし、そんなことを繰り返していると、「仕事始めに音楽がないと駄目」な状態になってしまうのですね。今ちょっとそんな感じ。そしていつも同じアルバムばかり聞いているので「そろそろ違うのを聞きたいな、何買おうかな‥」と考えてしまいます。いかん、いかんぞ、自分!

No Music,No Life. 
なんだそりゃって思ってたけど、そうなりつつある自分が切ないですわ…。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-03-25 18:21 | 日々のつれづれ。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧