d0100314_9165544.jpg6月23日(日)、那須の井戸沢にいってきました。

所属する山岳会の人たちに、お仕事仲間のカメラマンさんをまじえて、総勢4人で。当初は土日で泊まりの沢に行き、焚き火&釣りを楽しむ予定だったのですが、金曜まで雨が降っていて少し不安だったので、日曜日帰りの沢に変更しました。ここにいったことのある知人達が「すごくきれい」「滝がいっぱい」と絶賛していた沢で、以前から行きたいと思っていたのです。

天気は雲多めの晴れ、暑過ぎず寒過ぎずのなか、快適に沢登りが楽しめました。明るくてきれいな沢は、日の光を浴びて水がキラキラとしています。滝が次々と現れ、そのすべてが高巻きせずに登れるのが楽しくて。あまりにテンションが上がり過ぎて、最後は「わざわざ水が流れているところを選んで」登っておりました。40過ぎて水浴びにはまるなんてねえ…苦笑。ああそういえば、初めにちょっと道を間違えました。はじめにある分岐で、水流の多いほうに行きましたが、間違いでした。分岐のあるところでは、思い込まず面倒がらずに地図を合わせることが必要ですね。

下山は登山道を途中まで下り、中丿沢を下降。登山道は夏の花がずいぶんあちこちに見られました。沢の詰めではシナノキンバイ(かな?)やイワカガミ、ハクサンチドリ、コバイケイソウなどが咲いていました。登山道沿いにもいろいろと。あと、分岐の大峠近くにはコケイランの群落も。びっくりです。中丿沢は傾斜がゆるくナメが続く沢。もう少し暑ければ、ウォータースライダーとか楽しめたんだろうなぁ。今回は暑くなかったし、水流も少し激しい感じだったので辞めておきました。それでも終盤、ちょっと(腿ぐらいまで)水に浸かろうかと思って淵に入ったら、思いのほか深くて、思わずちょっとだけ泳いでしまいましたよ。楽しかった…けど、全身ずぶぬれ、ちょっと寒かったです。下山後は温泉に浸かって温まり、帰京。

ずっと前から気になっていた沢、予想以上にきれいで楽しい沢でした。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-06-26 09:16 | 山や岩のこと。 | Comments(4)

毎月第3水曜日は「東京近郊ゆる登山講座平日バージョン」の日。

今月は鎌倉アルプスにいってきました。北鎌倉から歩き始めて鎌倉へ抜ける、いつものルートです。鎌倉・横浜以外は雨予報、でもなぜかここだけは「夕方まで曇り」予報。なんとか昼過ぎまででももってくれることを願いつつ決行しました。

今にも雨の降り出しそうな色合いの曇りでしたが、結果的には雨に全く降られることなく、風が強かったものの樹林に遮られてそれほど風を感じることもなく、気持ちよく夏前の緑濃い低山を楽しむことができました。途中で小さな花を愛でたり、大木をみんなで触ったり、たっぷり遊ばせてもらいました。

鎌倉アルプスって、本当にすぐそばが住宅街。なのに、山道に入ると緑が濃くて、全然それを感じません。人里離れた深い森の中にいるような感覚を味わえるのが、おもしろいなぁっていつも思います。

雨に降られたときのエスケープを考えたり、岩が濡れて滑りやすいときの対処を考えたり、今回は「ゆる登山」ながらもそれなりにプレッシャーのかかる山行となりました。でも何とか無事に歩けてよかった。最後、住宅街に入ってから、見頃を迎えたあじさいが沿道に咲き乱れていました。鮮やかな青や紫、ピンクの花の群落は、がんばった皆へのごほうびみたいで、ちょっと嬉しかったです。

おつかれさまでした。来月もまた楽しく歩けますように。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-06-21 18:17 | 仕事のこと。 | Comments(0)

ボルダリングにはまる。

最近、ボルダリングにはまっています。

以前は、インドアではルートしかやらない人間でした。だって、ボルダリングは怖いもの! 
それが、昨年ぐらいから、ボルダリングは怖くないことを理解し、短時間の滞在でも楽しめることが分かってからは、少しずつボルダリングもするようになってきました。

そして、今年の3月に、自宅から自転車で5分以内のところにボルダリングのジム「アンダーグラウンド」ができました。…近いうえに課題が面白く、また、できたばかりでアウェイ感もなく(…常連の多いジムって、アウェイ感がありませんか?)、もともとヘタなので、行けば行くほどできる課題が増えて行くのが嬉しくて、気づけばヒマを見つけて足を運ぶようになりました。そして、短時間でも躊躇なく行けるようになりたいと、とうとう月会員になってしまいましたとさ。

そんなわけで、仕事がぽっかりあいてしまった今日の午後も、行ってきました。

実は先週の土曜日にも(山岳会の総会の前に)行ったのですが、そのときはオープン直後から混んでいてあまり登れませんでした。でも今日、週はじめの平日の昼下がりはすいていて、お腹いっぱい登り込めました。腕がパンパンに張っています。ふふ。

休みを取りながら、3時間近く登っていたけど、結局課題は宿題の5級がひとつできただけ。あとは、前回から頑張っている4級が1手だけ進んだとか、微々たる成果。登れば登っただけ上達する時期から一歩進んで、ぼちぼち「壁」が見えてきているのかも。でも今のところ、登るのがひたすら楽しいのでよしとします。

大きな仕事も落ち着いて、時間はあるのだ。
通い詰めて、一気に上達…したいなぁ。できるのか?  
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-06-17 20:01 | クライミング。 | Comments(3)

山に行かない週末。

久々に、全く山にいかない週末を過ごしました。

土曜日は所属する山岳会の年次総会。終了後は、楽しく飲み会。
早い時間から、ちょと飲み過ぎたかも。

日曜日は、所属する茶道の団体が主催する「研究会」がありました。
普段なかなかお稽古できない難しいお点前を、家元のご指導のもと行います。数名がお点前を行い、他の人たちは見学します。少し前までははじめからお点前をする人は決まっていて、事前に練習をして来ていたのですが、最近は題目だけ先に決まっていて、お点前をする人は「当日のくじ引き」…。非常に緊張しますが、勉強になります。自分のお稽古を見直すきっかけにもなります。今回は最後にくじを当ててしまい、ひたすら緊張。…でもとりあえずいつものお稽古の通り、ボロを出さずに?すみました。

しかし、、長時間のお手前を見学している間はずっと正座をしているので、足がひたすらしびれます。もう10年以上お稽古を続けているのに、駄目なんだなぁ。しかも最近体重が非常に増えているため、しびれやすくなっているのかも。

今日の着物は、緑色の縦縞模様の単衣に、かわいらしい鳥のポイント柄が入った灰色の名古屋帯。着物は母親から、帯は妹から譲ってもらったものです。ご一緒した先生方から、あなたのお着物いいわね、と誉められて、ちょっと嬉しかったです。自分が誉められているというより、親を誉められているようで、ちょっと嬉しいんですよねえ。ふふ。

山に行かなかったけど、結局かなり体を酷使?したかも。ふう。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-06-16 19:46 | 和もの。 | Comments(4)

岳人7月号、出ました!

d0100314_1758165.jpg
岳人7月号、本日発売でございます。

あれ、今月は奇数月だし、山道具連載はできるほうの人だよねえ。
…いつも私のブログや岳人を愛読していただき、ありがとうございます。はい、山道具連載は若月さん担当の登山靴。夏山縦走に向けて靴を買い替えたい方はぜひ参考にしてくださいまし。

今回の特集は「沢登り」。実は特集ページの全体企画進行をしております。
沢初心者なのに!ひぃ! 

山行記録あり、ガイドページあり、魅力的な読み物あり。沢に入れ込みはじめた沢初心者が、勢いだけで自分が読みたい内容の特集を作っちゃったよ、という素敵な(か?)内容になっています。なかでも個人的に押しなのはヤマセミ倶楽部の竹内秀樹さんに執筆していただいた「谷川連峰の沢」ページ。読み物として楽しく、ガイドとしてもガッツリ使っていただける内容だと自負しております。

また、沢登りのエキスパートが自らの好きなジャンルについてアツく語るページがあります。文字数多いですが、読んでみてください。かなりワクワクします。

すばらしい著者たちのすばらしい原稿に混じり、ちゃっかり私も昨年夏に訪れた利根川本谷の山行記録をアップしています。心躍る楽しかった沢旅のようすが、少しでも伝わるといいなぁ…。

ちなみに、今回の特集は、エントリーユーザーのことをあまり考慮していない内容になっています。初心者向けオススメルートとかハウツウ的なものもありません。すみません。私の周りにいるような、沢が好きな人たちがもっと楽しむための特集、を意識しています。
…でも、どこまでできたんだろう。最後は自分の知識のなさ、浅さにへこむ日々。がんばっていいものを作ったと思ってはいますが、本当にそうなのか不安。…いつもそう。ガイドブックを作っているときだって、自分が携わった本を見るのは怖かった。間違いがあったらどうしよう、クレームが来やしないか、いつもドキドキしています。こればっかりは性格なのか、原稿かきの経験をいくら重ねてもなおらないんですよねえ。

正直なところ、感想を聞くのが怖いですが、ひとりでも多くの人に…沢が好きな人にも、そうでない人にも読んで、「沢いきたいな」と思ってもらえたら、とても嬉しいです。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-06-14 17:59 | 仕事のこと。 | Comments(0)

山三昧の週末

6月第2週の週末は山三昧。

土曜日はNHK文化センターの「東京近郊ゆる登山講座」で、箱根浅間山にいってきました。
天気、悪くないよなぁ…と思っていたのですが、駅に着いたら今にも降り出しそうな曇り空。歩き始めて30分過ぎたごろから雨が降り始め、途中、ちょっと土砂降りに。いやぁー、聞いてない(涙)。…結局強い雨は20分ほどで止み、山頂に着いたときには青空に。ほっとしました。…ただ、このルートは下山が長いのですが、箱根特有の滑りやすい泥の地面、下りで皆さん難儀しておられました。予定よりちょっと時間がかかりましたが、なんとか無事下山。よかったです。山の緑はどんどん濃くなっていて、雨上がりの森は瑞々しく命にあふれている感じで、歩いていて気持ちよかったなぁ。

その後は所属する山岳会のOB会の75周年記念総会に合流。すでに2次会になっていましたが、楽しい時間を過ごせました。かなり年配の先輩方が楽しそうに山の話をしているのはいいですね。そして、一昨年凍傷になったときにお世話になった、普段なかなかお目にかかれない先輩とお話をすることができ、嬉しかったです。

日曜日は、所属する山岳会の人たちと岩登り。奥多摩の越沢バットレスにいってきました。
日曜日なのに、天気よかったのに、岩場はほぼ貸切状態。私たち以外には2人組の1パーティーがいるだけでした。はじめに右ルート、続いて第2スラブ。最後に、鋸ルートを登りました。右ルートと第2スラブ以外のルートを登るのは実は初めて、けっこう緊張しましたが、フォローだったので楽しく登れました。核心部分はかなり怖かったなぁ。落ちなくてよかった…汗。最近あまり岩登りに行ってなくて、岩モチベーションがかなり下がっていたのですが、なんだか面白いな、もっと登りたいなと思えました。今度はいつ行けるかなぁ…。

山にどっぷり浸かって、いい週末でした。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-06-12 00:18 | 山や岩のこと。 | Comments(0)

14年目。

d0100314_10364446.jpg14回目の結婚記念日を迎えました。
14年目は「象牙婚式」なんだそうですね。

結婚したのは1999年(平成11年)6月6日。お互いに物忘れがひどくなっても(ぶっちゃけ惚けても)思い出しやすいようにと、非常に分かりやすい、覚えやすい日に結婚をしております。一応ジューンブライド、です。大きく襟ぐりのあいた、かわいいウェディングドレスに身を包んだのが懐かしい(…そこ、笑うところじゃないですから)。

土日ならちょっといいところへ外食…と思ったのですが、平日なので、おうちでご飯。何にしようか考えて、焼肉にしちゃいました。手抜き…かもしれませぬ。食後には近所の商店街で買っておいた、いちごがたっぷり乗ったケーキを。お祝いにはやっぱりホールケーキが好きです。幸せな気分になりませんか?

結婚したときのことが、すごく昔のようにも、ちょっと前のことのようにも思えます。
毎日の積み重ねがあって、今がある。大切な人と、したいことをして生きていられる今を幸せに思い、自分にかかわるすべてに感謝。

今年も素敵な時間がたくさん過ごせますように。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-06-07 10:36 | 日々のつれづれ。 | Comments(2)

生きてます!

大変ごぶさたしておりました。

4月下旬から5月いっぱい、非常に立て込んでおりまして、なかなかブログが更新できませんでした。

…というのはちょっと言い訳。基本的に忙しいと机に(=PCの前に)へばりついていますので、twitterやfacebookのような、ひとことコメントで済むようなものには、ちょこちょこと仕事のあいまをぬって投稿しております。長文を書くモチベーションが少し落ちていたのかも。

一応元気にしています。仕事に追い込まれて「キーッ!」となっていたりはしましたが。
山にもちょこちょこと行ってます。GWは念願の奥利根稜線歩きも楽しめましたし、沢登りもぼちぼちと行っております。あいまに、山関係の講習会のお手伝いがあったり、ゆる登山講座も順調に行っていたり。
気が向いたらあいまの出来事をブログアップしようと思いますが、しないだろうなぁ…。

5月まで忙しかった仕事も、ようやく落ち着きました。
これからは少しゆとりをもって過ごせそうです。自分の仕事の見直し…新しい仕事の計画などもしなくては。山の計画も立てなくちゃ。ああそれもそうだけど、家族と過ごす時間ももっと大切にしたいなぁ。

そんなわけで、一応元気です。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-06-04 23:22 | 日々のつれづれ。 | Comments(0)