表妙義ハイキングの翌々日、1泊で雲取山にいってきました。

今すすめているガイドブックの取材です。カメラマンさんと2人で歩いてきました。当初は鴨沢から雲取山を経由して雲取山荘に泊まり、下山は三条の湯経由でお祭へと考えていました。

…ですが。初日は想定外の雨。歩き始めはまだよかったのですが、ぽつぽつと雨が降り始め、七ツ石の避難小屋あたりからはガスもひどくなり、取材どころではありません。そこで2日目の好天に期待をかけて、鴨沢往復のルートに作戦変更。1日目は山頂をショートカットして雲取山荘まで進み、早めに行動終了。

2日目はいい感じに晴れ渡り、快適に歩けました。2日目の早朝、山頂からは雪をかぶった富士山がきれいに眺められましたよ。前日の雨の恩恵ですね。こちらも想定外、ちょっと感激しました。紅葉の見頃は山の中腹あたり。稜線のカラマツはぼちぼち終わり頃でした。前日はガスで何も見えなかったのに、こんなにいい景色だったんだ〜と、今回が初・雲取山のカメラマンさんは感激していたようです。

今回は鴨沢から往復、雲取山荘泊まりのルートにしましたが、難しい岩場もなく、少し標高を上げればずっと明るい樹林帯。稜線は巻き道も分かりやすくて歩きやすい。本当に気持ちよく歩けました。何度か雲取山を歩いているけれど、こんなにいい山だったんだなぁ…って再発見。雲取山が多くの人に好かれているのが分かるような気がしました。

同じ部屋に泊まった方々は三峰から登って来たようで、聞けば鴨沢とは雰囲気が違い、こちらもよさそうなルート。次回があれば歩いてみたいなぁ。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-ni | 2013-10-31 23:04 | 仕事のこと。 | Comments(0)

d0100314_233506.jpg10月最後の日曜日、所属する山岳会の仲間と表妙義にいってきました。

もともと土日で泊まりの山へ…と計画をしていたのですが、やはり悪天候にやられ、どうやら天気がよいのは日曜だけらしい。…ということで、急きょ日帰りハイキング。以前から興味はあれど、交通も不便だし(車がないと行けない…)なかなか行く機会がなかった山でした。行程が長いので前夜発、近くの道の駅でテント泊して、早朝から歩き始めました。

前日までの雨のせいか岩は濡れていて、クライミングで考えればなんてことない岩場であっても、登山靴だとなんとなく怖い。足元の悪い長い鎖場は、腕力が力つきそうでなかなか怖い。あなどりがたき破線ルートでした。

とはいえ、、ぼちぼち稜線は紅葉が見頃。切り立った岩場が赤や黄色の葉で染まっている様子は本当に美しく、高度感のある岩場はやっぱりワクワクします。周囲の山々の眺めもすばらしく、青空の下、気持ちよく歩けることができました。帰りは登山口近くの日帰り入浴施設で汗を流し、少し渋滞に巻き込まれつつも無事帰京。

考えてみたら…、仕事(ガイドブックの取材や講座)でしょっちゅう山を歩いていますが、純粋にプライベートで仲間と山に行ったのは本当に久しぶりでした。楽しくて心地よくて、ずっと笑っていたような気がします。みんな、ありがとう。
[PR]
by toshizo-ni | 2013-10-28 22:57 | 山や岩のこと。 | Comments(0)

台風に翻弄される。

今年、今月に入ってから、台風にしてやられています。

プライベートの山や岩の予定をいくつかつぶされ、それはまぁ仕方ないのですが、仕事の山取材も全然すすまず、ちょと困った状態です。先月はわりとうまいこといった…予定を組むといい感じに天気がもってくれて、取材がばっちりうまくいっていたのですが、今月はモデルさん、カメラマンさんの予定を押さえては、雨で延期…というのを繰り返しています。

10月3連休は、会の先輩と東北に紅葉の沢登り…の予定でしたが、その前に入れていた妙高方面の山取材が台風で中止となり、時期的に間に合わないということで、取材に振り替えました。取材じたいは台風と台風の合間の一瞬の?晴れをつかまえることができ、大成功。…でしたが、おそらく台風の影響で紅葉の具合はいまひとつだったような気がします。

3連休後は原稿かきの仕事を進めるために机作業に終始し、ようやく今週山取材が一気に進められる!と思ったら台風がダブルで! 本当に参ります。。来週にはよくなってくれるんだろうか。。明日からしばらく天気が悪そうなので、今日はひとり山取材で湯河原幕山へ。終日曇りでしたが、高曇りだったので、海とか近くの山は眺められました。梅の時期に来たら、きれいだろうなぁ。混むだろうけど。

爽やかな秋晴れはいつになったらくるんだろう?
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-10-22 22:38 | 仕事のこと。 | Comments(2)

日曜日は所属する山岳会の方々と岩登りの予定でしたが、雨にやられてインドアクライミングに転戦。山岳会の先輩・うっしーさんと武蔵藤沢のベースキャンプにいってきました。

最近ボルダリングはがんばっていますが、ロープをつけてクライミングをするのは久しぶりです。たぶん6月の越沢バットレスが最後で、夏は沢しか行ってない(笑)。ベースキャンプに来たのは1年ぐらい前だと思うし、というより、インドアでロープクライミング、ヘタをしたら1年ちかくぶりなんじゃないだろうか。

なので、クリップの動作が不安。高度が上がってくると不安。そして長いルートだと持久力がなくて不安。はじめはもう、肩と腕に力が入りまくり、ガッチガチでした。そういえば昔、すごく強いボルダラーの友人がルートをすると、クリップのたびに不安オーラを背中から出しているのを笑っていたのですが、たぶん自分が今そういう感じなのだと思います(genさん、あのときは笑ってごめん)。それでも、ボルダリング通いのおかげか、保持力はついているようで、多少悪いホールドもだましだまし持てるようになってました。

そういえば。岩から転戦?してきたらしい知人たちにたくさん逢いました。ひとりぐらい知り合いがいるかなぁと思っていたのですが、とんでもない。M田さんチーム、以前所属していた山岳会の方々、遭対のHさん、旧知の山仲間・陣さま。世間は狭い、てか、狭過ぎでしょ。でも久々に皆様と会えて嬉しかったです。

久々のロープクライミング、終わってみればとても楽しかったです。ボルダリングに通いつつ、これからはルートも少しずつ慣らしていきたいなぁ。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-10-21 22:39 | クライミング。 | Comments(0)

はじめての鍼治療

最近、週に何度も山に行っているせいか、膝が本当に回復しなくなってきました。

7月3連休の沢で右足首を捻挫し、かばって山に行ってたら左の膝が時折ひどく痛むようになってしまいました。それらをしっかり治さないまま、休まずに山に行き続けていた今、常に両膝がギシギシいっているような状態。何度も捻挫して放置してきた足首がうまく機能していないのもよくないんだろうな…。このあとも山仕事はしばらく続くし、冬のガチ山行に向けて少しでも状態をよくしておきたい。

…そんなわけで、以前、友人に教えてもらった十条の内田治療院に行ってきました。院長先生がマラソンをする方で、そのせいもあってマラソン、トレランをする人たちが多く通っているようです。鍼治療ですが、すごく痛い、でもすごく効く、でもでもすごく痛い…と定評のある?ところです。そのため、教えてもらってから予約の決意をするのにかなり日数がかかってしまいました…。えへ。

優しそうな先生に、不具合について話を聞いていただき、治療スタート。
…い、、、痛いです。ホント、痛いです。一応我慢できるけど痛いです。

やはり、筋がどれも堅くなっているらしいとか、足首に疲労物質が溜まっているらしいとか、思った以上によろしくない状態だったようで、結局1時間半以上かけて治療をしていただけました。有り難いことです。。治療終了後、受付の方から「大丈夫ですか、すごく時間かかってましたね…。すごく悪かったんですね…」と暖かい声をかけていただきました…あはははは(涙)。初めて治療を受ける人は、治療後の痛みで歩くのも苦労する…と聞きましたが、それほどではなく。それでも大腿部の表側がうっすら筋肉痛のように痛みます。

週1ペースで少し通うことが必要になりそうです。がんばります。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-10-18 22:47 | 日々のつれづれ。 | Comments(0)

今月のお仕事。

宣伝させていただきます!

●岳人11月号(10月15日発売)
ちょいとフライングぎみですが、ちょうどこの日あたりに家にいないので。。
あれ、山道具は奇数月だし、先月ザックについて書いてたよね?とおっしゃる方。毎月ご愛読いただきありがとうございます。そのとおり、今月の山道具連載は「できるほう=若月さん」が担当しています。
ワタシは…といえば、最新の山道具を紹介するページで、SOTOのマイクロレギュレータストーブについて紹介記事を書いています。このブランド、アウトドア向けのバーナーでは比較的新参ですが、使っている人たちの評判がよく、口コミで少しずつ認知度が広まっています。
…ですが、正直なところ、使っていない人にはその商品の魅力や特徴が分かりにくいのかなぁ…と常々思っていました。今回は改めて商品についての解説をしていただき、読者(=使っていない人)に分かりやすく説明を試みています。カタログを見ても分かりにくい、商品の特徴が少しでも伝わればと思っています。

●TOKYO STATION STYLE
東京駅ライフスタイルをもっと楽しむフリーマガジン、です。東京駅構内に置いてあるようです。
秋のトレッキング特集で、監修をしています。ハイキングについて、ハウツウやおすすめの山などについて、記者さんにお話をさせていただきました。ハウツウ部分は非常に分かりやすく、東京駅を起点に行けるおすすめの山も(ゆる登山などに掲載している、私の好きな山ばっかり)いい感じにまとめられています。また、駅ビルで買うことができるお弁当やおやつなども掲載されています。
東京駅で見かけたら、手にとってみてくださいませ。

そんなわけで、ぼちぼち仕事もしております。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-10-11 20:53 | 仕事のこと。 | Comments(0)

下山後温泉

10/2-3は、登山ガイドブックの取材で篭の登山(かごのとやま)にいってきました。

何となく名前に惹かれ、さらに高山植物の山という噂も聞き、以前から気になっていた山。しかし行程は短く標高もさほど高くないハイキングや間でありながら、東京からは遠く、交通の便も非常に悪い。なかなか訪れることができませんでした。
満を持して(?)訪れた山、さすがに高山植物は終わっていましたが、あちこちに名残があり、夏のお花畑が想像できます。紅葉にはやや早め、それでもところどころきれいな赤に木々が染まっていました。天気はやや雲多めですが青空。浅間山など周りの山々が雲に覆われていたのはちょっと残念でしたが…。なだらかなアップダウンを繰り返す展望の山、とても気持ちよく歩けました。

そして、この山の山麓にあるのが「高峰温泉」。温泉好きなら知っている、山の秘湯です。
今回の仕事は「山麓の山小屋泊まり」がテーマだったので、下山後に高峰温泉に宿泊しました。標高2000mの雲上の湯。ほんのり硫黄の匂いがする乳白色の温泉です。眺めのよい内湯と、非常にワイルドなロケーションの露天風呂があります。露天風呂は夜に入らせてもらいましたが、まぁ素敵なこと。目障りな囲いもなく、遠くの夜景や星空が満喫できました。
お風呂を満喫し、その後はゆっくり食事を味わい、部屋でくつろぎ、夜は星空観察会に参加して。温泉がよいのはもちろんのこと、スタッフのみなさんの気配り、館内の居心地の良さ、料理の美味しさ。本当に幸せな気分で過ごせました。…下山後に温泉宿、やっぱり最高です。毎回こういう贅沢はできないけど、温泉宿(あるいは温泉郷)を目当てに山を選ぶ、みたいなのが、たまにはあっていいんじゃないのかな。

機会があれば、季節を替えてまた訪れたいです。というか、たろさんと冬に来たいなぁ。のんびり温泉に浸かったり、クロカンスキーを楽しんだりしたいな。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-10-08 19:04 | 仕事のこと。 | Comments(0)

心配されている。

久々に近所の接骨院に行きました。

腰を一度ひどく痛めて以来通院していて、最後に訪れたのが8月末。普段は次回の予約をして行っていたのですが、そのときはたまたま先の予定が立っておらず、「また連絡します」と言ってそれっきりになっていました。

その後も膝が痛かったり腰が痛かったり(ババアか!)していたのですが、なかなか時間がとれなくて行きそびれていました。…が、連日の無理がたたり、かなり腰と膝の具合が悪化。さすがにまずかろう…と思って予約を入れ、行って来たのです。

いつも治療していただいている先生が
「山に行くって言ってからずっと来てなかったから、もしかしたら遭難したのかと思った」と本気でおっしゃっていました。何度かうちに電話もくださったそうです(いや、、主人は会社勤めで日中は家にいないし、私も本当に出ずっぱりだったから)。無事でよかったと、ほっとしておられました。
そして、あまりに私の身体の状態が悪く、ため息をつきながら(笑)治療をしてくださいました。

しばらくは、山に行く合間に整骨院で治療を受けるような状態になりそうです。治療費が湯水のように流れていくのは仕方ない、身体を休める時間がないなかで、少しでもベターな状態で山仕事ができるようにしようと思います。
…それにしても、、心配してくださる人がいるのは有り難いことですね。すみません。
[PR]
by toshizo-Ni | 2013-10-01 19:12 | 日々のつれづれ。 | Comments(2)