4月3週と4週の土曜日、石井山専新宿東口ビックロ店にて「女性のための登山初心者入門講座」をサンケイリビング新聞社さまの主催にて開催し、講師をつとめさせていただきました。

登山の楽しさや始め方、山道具の選び方などについてレクチャーするという、これから山を始めたい方向けの講座でした。初めての方でも気軽に、それでも安全に楽しく山を始め、続けてもらえるよう、非常にゆるい感じの内容にしました。そして、登山用品店に親しみをもってもらえるよう、最後は店長さんに売り場の実演までしていただきました(ありがとうございます)。

山はこんなに危険だ、道具もこれとこれがなければ駄目だとハードルを上げることは簡単。でもそれでは登山は始められない。敷居はうんと低く、でも続けてもらいながら山をただしく知ってもらいたい…と常々思っています。かつて、登山は初心者にはとても高い敷居だった。そして今はうんと低い敷居になった一方で、山のリスクや基本的なルールやマナーを知る機会は極めて少ない。これから増やしていくべきは、「山が好きになってはまり始めて人への啓蒙」ではないのかな…と思うようになりました。難しいけど、、自分に何ができるのか、考えてみたいと思います。

両日ともにたくさんの方にお集りいただき、無事に終了いたしました。なんとか役目が果たせてよかったです。おつかれさまでした、ありがとうございました。

帰りにはがんばった自分にご褒美。ハイキング用のショートパンツと、かっこいいクライミングパンツを買ってしまいました。くふふ。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-04-29 20:13 | 仕事のこと。 | Comments(0)

釣り特訓

d0100314_2025787.jpg今日は渓流釣り(テンカラ)特訓会で山梨の管理釣り場へ。

一昨年の秋に初めて釣りをして、昨年はマイ釣り具を買ったにもかかわらず、練習不足で釣果ゼロ。今年は沢で自分の釣った魚を食べるのだ!あと、できれば渓流釣りの仕事もゲットするのだ!

お仕事仲間であり、釣り師匠のけいんさんのスパルタ指導(笑)のもと、ひたすら竿を振り、キャッチ&リリースを繰り返しました。はじめは全然釣れず、釣れればどうしようどうしようと大騒ぎ。それでも何度も繰り返すうちに、竿を振る感覚はだいぶ身に付いたような気がします。魚が釣れたときの所作(手を高く挙げ、釣り糸をたぐって、魚を掴んでハリを外す)もだんだんスムーズになってきました。それでも「あたり」の感覚がまだ身に付いていない感じ。精進せねば。

ああ、あと生きた魚が触れるようになりました(笑)。すごいぞ、進歩したぞ、私!

楽しく充実した1日でした。ご指導いただいたけいんさん&みどりさん、ありがとう。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-04-24 19:56 | Comments(0)

上野村山開き

d0100314_2051551.jpg
群馬県上野村の山開きにいってきました。

上野村は群馬県の南のはじっこ(という表現でいいのか?)、埼玉県や長野県との県境にあります。6年前から毎年この時期に山開きのイベントをしているようです。藪山ハイキングの第一人者、山歩きライターの打田えい一さんのお誘いで、いってきました。

山開きでは神事のあと、村内の低山を登ります。例年違う山に登っているようですが、今年は標高1500mぐらいの金比羅山に登りました。…といっても、この山、私の持っている山と高原地図には登山道どころか山名すら掲載されておりませんでした。マイナー山です。

実際には中腹の金比羅神社までは登山道があり、その先は怪しい踏み跡?をたどる尾根歩きとなります。低山とはいえ侮りがたく、ファンキーで楽しい山歩き。冬の豪雪の名残で沢沿いに雪が残り、山はようやく春が始まった感じ。木々が芽吹き始め、ミツバツツジが赤紫色の花を咲かせていました。

下山後は美味しいイノブタ汁で温まり、さらに温泉で温まり、心地よく帰途についたのでした。初参加でしたが、地元の皆様の素朴なおもてなしも嬉しく、とても楽しい1日でした。アプローチがやや悪い場所ではありますが、おもしろい山がたくさんありそう。また訪れてみたいと思います。素敵な出会いに感謝。ありがとうございました。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-04-22 20:03 | 山や岩のこと。 | Comments(0)

d0100314_23473467.jpg遅ればせながら、宣伝です。
「東京周辺 お泊まりゆる登山」実業之日本社

これから山を始めたい、あるいはもっと山を好きになりたくなった人に向けた、ハイキングのルート集である「ゆる登山」シリーズの第三弾でございます。
今回のテーマは「泊まって山を楽しむ」。…と言っても、山小屋泊まりのルートはあまりなく、そもそも、大半は日帰りでも登れてしまう山なのです。それでもわざわざ山小屋に泊まったり、下山してから、あるいは入山前に温泉宿や山麓の宿に泊まってみようよ、と提案しています。

遠くて、あるいは交通の便が悪くて日帰りでは行けない、でもゆるくていい山はたくさんあるのにな、というのが今回のきっかけでした。日帰りで行けるけど厳しい山だって、泊まればゆっくり楽しめる。混雑する人気の山も前夜泊にして早朝から歩けば静か。お泊まり山は決してベテランや健脚の人だけのものじゃない。むしろ、ゆるく、まったり楽しむための手段。

今回も、紹介ルートは全て歩き、いいと思ったところだけ紹介しています。そして今回は「女子度を上げよ」という版元N氏の指令のもと、素敵山ガールにもたくさん同行してもらいました。今までより華やか、楽しげです。ありがとうございます。
ハウツウページには、大好きな鈴木みきさんにイラスト描いていただきました。いつもありがとうございます!

マイカー登山をする人、健脚な人なら、日帰りでもOK。
でも、敢えて泊まると思わぬ出会いが広がるかも。

そんなわけで、絶賛発売中。
そこの女子、もちろん男子でも、今年はお泊まり山、行きましょ。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-04-21 23:56 | 仕事のこと。 | Comments(4)

春の始まり

d0100314_1750981.jpg1週間で3回山へ。

NHK文化センターの「東京近郊ゆる登山」講座です。
2014年春夏バージョンは、第2土・日曜と、第3水曜日に講座を開催いたします。先日の土日にそれぞれ講座を行いました。 土曜日は昔からやっている土曜クラスの初回で三浦富士、日曜日は新設クラスの初回で浅間尾根へ。実は先週の水曜日は2013-14年秋冬バージョン水曜クラスの最終回で金時山へ。…1週間で3回山へ行くことになりました。で、さらに今週の水曜日は2014年春夏バージョン水曜クラスの初回。たまたまとはいえ、ちょっときついです。

4月の低山は芽吹きの季節。枝先に力をためた木々が淡い緑色や濃い赤色の若芽をつけ、日当りのよい足元には色とりどりの花が咲き乱れます。日の光は暖かく、それでいて吹く風はまだ少し冷たい。遠くに見える3000m級の山々はまだ雪をかぶっています。歩くのに心地よく、歩くだけで元気になれそうな季節です。

浅間尾根は山の花が見頃を迎えていました。顔を上げればサクラが見頃を迎え、ミツバツツジが紫の花を咲かせていました。そして日当りのよい広葉樹の林床にはカタクリが満開!!講座とはいえ嬉しくて雄叫び(すみません…)。さらに、アズマイチゲやにりんそうのつぼみ、満開のスミレ。そういえばシロバナエンレイソウもあったな。花好きにはこたえられない季節です。花の姿はほんの一瞬。出逢えたことに感謝。

講座を始めて4年目。これから山を始める人が、安全に楽しく山に向かい合ってほしいと思って続けています。ただ一緒にのんびり歩くだけ、それだけの講座ではありますが、そのすばらしさを知ってもらえたら…と思います。今シーズンも事故なく、楽しくいけますように。がんばります。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-04-14 17:50 | 仕事のこと。 | Comments(0)

春山最終章:雨ヶ立

3月最後の土日、久々に山にいってきました。

今シーズンの「谷川周辺シリーズ」の最終章、所属する山岳会の人たちと、雨ヶ立〜大烏帽子山を目指しました。

…が、暖かさでグサグサになった春の雪は歩きづらくて、林道歩きといえどもなかなか進みません。また、日曜日はかなりの悪天候が予想され、雨が降るとアプローチの林道もかなり悪くなりそうだったので、作戦変更。昼前に着いた板幽沢出合で幕営とし、周辺で雪上訓練をしました。
さくっとテントを張り、お昼ご飯のあと、ロープワークを中心に練習。ロープを使うのは久しぶり。忘れているもの、すんなりできないものが確認でき、いい勉強になりました。

結局4時間近くみっちりと訓練をし、終了後は楽しい宴会! 山の中、しかも人がいない山の中での宴会は最高です。いいペースで飲み、食べ続け、9時過ぎには就寝。みんな寝不足だったようで、ぐっすりと眠れました。

日曜日は早々に撤収し、下山。途中で、負傷していた右足首を再度ひねってひやりとしましたが、なんとか下山できました。宝川温泉で露天風呂を満喫し、水上駅前の中華食堂でがっつりお昼を食べ、帰途につきました。
雪ももうグサグサだし、今シーズンの谷川シリーズはオシマイかな。たくさん楽しみました、ありがとう。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-04-02 17:45 | 山や岩のこと。 | Comments(0)