沢にばかり行っている。

6月は沢ばかり行っていたような気がします。

6月に入ってすぐに沢始めで丹沢・葛葉川本谷。
沢を始めたばかりの頃、もといた山岳会で何度か足を運びましたが、正直あまり楽しいと思えなかった沢。だって…、暗くて、岩はヌルヌルしていて、大勢で行くものだから滝では待ち時間が長くて寒くて、詰めはぬた場のようにドロドロで。本当によくないイメージしかなかったのです。今回はいつもご一緒する山岳会の先輩とふたりで。ご好意でずっとトップを歩かせてもらったけど、気持ちいいったらありゃしない。滝だって気持ちよく登れちゃった。なんであんなに嫌だったんだろう…。

その1週間後ぐらいに奥多摩・軍刀利沢。
山関係の団体の先輩と一緒にいきましたが、私が詰めを間違え、現在地をきちんと確認しなかったせいで、下山がかなり怪しかったです。それでもなんとか日没前に下山。魂が冷えました。そして、「悪いところ慣れ」している先輩の胆力に改めて脱帽。…ちょっとでも状況が悪くなるとパニックになる自分に反省。

さらに1週間後には、またまた奥多摩・逆川。
こちらは山岳会の同期と、そのお仲間と3人で。何度かきている沢のはずなのに、取り付きを間違え、登り返して。…最近取り付きや詰めがトラウマです。数年前に登ったときに難儀した始めのほうの滝にはスリングがかかって、登りやすくなっていました。なんだか気持ちよく登れてしまいました。

そして月末に、奥多摩(秋川)の石津窪へ。
大滝好きの沢ガールといってきました。もちろん大滝は彼女が嬉々として登っていきました。
考えてみたら、女子だけでの沢登りは初めて。同じように山が、沢が好きで、無駄に体力差がなくて、危ないと思うポイントがたぶん似ていて。…一緒に歩いていて本当に気持ちよくて、ああ、パートナーってのはこういうんだな、って思って。すごく幸せな気持ちで沢登りができました。

7月に入れば谷川方面にも行けちゃうな。泊まり沢、今年はどこにいこうかな。ふふ。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-06-30 17:34 | 山や岩のこと。 | Comments(0)

岳人7月号、出ました。

d0100314_224133.jpgお仕事いたしました〜。
岳人7月号(6月15日発売)
「この夏、登りたい沢」という小特集?の企画編集を担当いたしました。
昨年の7月号は第一特集でページもたくさんいただけたのですが、今回はちょこっと。気軽に行ける日帰り沢、沢旅を楽しめる泊まり沢、そして関西の素敵な沢エリア・台高の3本立てです。なんか楽しそうだな、行ってみたいなと思っていただけると嬉しいデス。お忙しいなか、原稿を書いていただいた皆様、本当にありがとうございました。

それから、拙著「東京周辺お泊まりゆる登山」を、書評欄で紹介していただけました。大きくページを取っていただき、ありがとうございます。

メイン特集は「6人のクライマー 30の質問」。
今が旬の6人のクライマーたちのインタビュー記事です。アツくてキラキラしています。インタビューを受ける側も、インタビューをする側も。岳人が今できることを懇親の力で作った…という感じの特集です。ひとりの読者として、読みながら胸がいっぱいになりました。。

そしてそして。皇太子殿下の「富士山」のエッセイ。
登山が大好きな殿下。でも彼が山に行くのはとても大変なことです。お付きの人がたくさんつかなくてはならないし、現地の人たちにも負担をかける。場合によっては道を整備しろみたいなこともあるでしょう。だから思い立ったらプラッと、なんてたぶん一生行けない。今なら誰でも、思い立ったら行けちゃう富士登山なのに、彼は山頂に立つのに50年かかった。
心優しい、1人の登山者としての殿下の姿をかいま見ることのできる、皇室ファンとしては本当に本当に貴重な1本です。

読み応えたっぷりです。是非お手元にどうぞ!
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-06-17 22:41 | 仕事のこと。 | Comments(2)

15周年。

d0100314_22375510.jpg
結婚したのは1999年6月6日。明日で結婚15周年です。

節目の年なので、結婚式を挙げたホテルのレストランで、お祝いディナーをしてきました。式の時は、料理もほとんど食べられず、外の景色を眺める余裕もありませんでしたが、今日はゆっくり楽しめました。美味しい料理でした。

そして最後にサプライズ。ピアノの生演奏もすてきで、思わず涙ぐみそうになりました。ありがとうございます。

これからも、楽しく、穏やかに一日ずつ積み重ねて行きたいと思います。
いつもありがとう。
[PR]
by toshizo-Ni | 2014-06-05 22:36 | 日々のつれづれ。 | Comments(2)