ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

内房さかなドライブ

d0100314_22551750.jpg湯河原幕岩の翌日は、主人とドライブデート。
房総半島に行ってきました。お目当ては、テレビにもよく出ている海鮮料理の店。保田漁協直営の「ばんや」でした。オープン直後に行ったのに、すでに行列。 さすがの人気店です。でも10分ぐらいで入れました。
オーダーしたのは朝とれ寿司、スルメイカ刺身、刺身三点盛り。どれも美味し過ぎて泣けました。本当は煮魚とかかき揚げとかも美味しいのだそうですが、そんなにたくさん食べきれないので断念。でも周りの人が頼んでいるのがとても美味しそうだった…。くすん。

お目当てのお店はもう一軒あったのですが、行ってみたらすでに売り切れ閉店。ガーン。
天気がよければ鋸山にでも(ロープウエイで)登るかなと思っていましたが、土砂降りの雨だったのでやめました。そのまま来た道を戻り、海ほたるでお昼ご飯にあさりラーメンみたいなのを食べ(思ったより美味しかった)、帰宅。

…結局、ドライブデートというより、ただのグルメツアー? でも楽しかった&美味しかったです。
我が家のおさかなドライブの定番は、那珂湊回転寿司ツアーだったのですが、行き先が新たに増えました。ふふ。ごちそうさま!
[PR]
by toshizo-Ni | 2015-02-25 22:56 | おいしいもの。 | Comments(0)

常春じゃない。湯河原幕岩

d0100314_22465399.jpg

土曜日、湯河原幕岩正面壁にいってきました。

所属する山岳会のクライマー先輩Y氏(師)、後輩と、3人でいきました。天気予報で「晴れ、風がなく暖かい日」と聞いていたのですが、終日どんよりと曇りで気温は上がらず、ときどき風とともに冷気が吹き付ける1日となりました。そんな天気になのに、岩場にはたくさんの人が貼り付いていました。外国人(欧米か!?)のグループがいて、かなりインターナショナルな雰囲気をかもしだしてました。

考えてみたら、初めてここに来たのはもう5年以上前。当時いた山岳会の先輩方と、やっぱり梅の咲いている時期に来たんだった。当時は岩の崩落か何かで登攀禁止のエリアが広くて、知らずに正面壁に取り付いて管理事務所に怒られ、降りてきたら人だらけでどこも登れなかった…という。

基本的に、先輩にトップロープをかけてもらって登る、というのを何本か。はじめは全然登れなくて泣きそうになりましたが、気温が少し上がるにつれて、岩に慣れるにつれて、少しずつ楽しくなってきたような気がします。一番最後に、すごくカンタンで短いルートをリードで登ってみました。緊張したけど、、面白かったな。

先輩の登りを見て、いろいろとお話をして、今期したいことと、そのためのアプローチが見えてきたような気がします。そのためには「自分に言い訳しないで時間を作る」こと。がんばろう。

今度はいつ行けるかな。シーズン中にもう何度か行けたらいいんだけどな。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2015-02-25 22:47 | 山や岩のこと。 | Comments(0)

試験、合格しました!

d0100314_1991977.jpg

ご う か く し ま し た !

昨年から受験していた、日本山岳ガイド協会「登山ガイド(ステージ1)」の資格試験。11月に第一次の筆記試験を受けて合格し、今年1月に受けた実技試験の結果が、本日届きました。開封し、内容を確認し、ガッツポーズ。やった♪
とりあえず「試験」と呼ばれるものはすべてクリア。あとは、3月にファーストエイドの義務講習を受講すれば、ミッションコンプリート、晴れて登山ガイドです。

ちなみに、登山ガイド(ステージ1)というのは、無雪期の低山、一般登山道をガイドできる資格です。
取ったほうがいいのかなと思いつつ、受験料とかスケジュールとかにめげて受けずにいました。また、資格を取るということは、自信になり、励みになると同時に、言い訳ができなくなることでもあります。プロとして、目の前にいる人たちに向き合って行くという覚悟を持つことでもあります。そのことに自信がなかったのだと思います。

が、昨年ご縁をいただいて、山を始めたい方の前でお話をする機会を何度か得ました。お話をしながら、おそらく話をするより一緒に歩くほうが、分かってもらえるし楽しんでもらえるのにな…と感じたのでした。山を始めたい人の窓口になるために、もう少しできることを広げたいと思い、一念発起。さらに、「ゆる登山講座」の受講生の皆さんの存在や、夏にお目にかかった憧れの登山家さんからのひとことが、背中を押してくれました。

クラクラしながら試験勉強して臨んだ筆記試験、仲間に恵まれた実技試験。なんとかクリアでき、本当にほっとしています。また、受験にあたってアドバイスをくださった先輩方、実技講習で検定でありながらたくさんの指導をしてくださった検定員の方々にも感謝いたします。

…いや、義務講習がまだ残っているんですけどね。
でもでも、今はちょっとだけ喜ばせてください。おめでとう、自分!
[PR]
by toshizo-Ni | 2015-02-12 19:09 | 山や岩のこと。 | Comments(6)

2月のゆる登山講座

2月は第一週土曜と、その翌日が「ゆる登山講座」でした。

土曜日は、先月に続き鷹取山へ。
朝はとても寒いと思ったのですが、日中はぽかぽかと暖かく、気持ちよく歩けました。月曜に訪れたときは見られなかったヤブツバキの花が咲いていたりして、少しずつ季節はめぐっているのだなと思いました。

下山後は、受講生の皆さんと懇親会。山の話や今年の講座の予定の話などで盛り上がりました。最後に皆さんに「山に関する今年の抱負」を語ってもらいました。具体的な山名を挙げる方、講座への取り組み方を語る方、いろいろで面白かったです。私の抱負、講座に関しては「無事故」。遭難や怪我などのトラブルなく、毎回笑って歩き始めて、笑って解散できるようにしたいです。

日曜日は、景信山から陣馬山への縦走…の予定でした。
天気予報は曇りときどき雨。昼前ぐらいまでもってくれればいいなと思って実施をしたのですが、実際には景信山に着いたところで雨まじりの雪に。結局、底沢峠まで進み、陣馬高原下に下山しました。雪解けの地面はかなりドロドロ、雪が残っているところは少し凍って硬くなっていて、やはりこの時期の低山は侮れません。でも、木々に雪がうっすらと積もっているのはとても美しく、雪の積もった平地に足跡をつけて歩くのは楽しく、この場所でこんな景色に出逢えるのは「ギフト」だなぁ…と思ってしまいます。

ただ、、講座としてはNGですね。雨どころか雪の中を歩くのに慣れていない受講生の皆さんは、本当に大変だったと思います。なんとか全員で無事に下山はできましたが、正直危なかったですね。。このクラスはもうずいぶん長くつきあっている方々が多く、多少油断しているところがあったのかもしれません。現地での天候判断や、受講生の管理、いろいろと反省するところが多かったです。

いろいろありましたが、今期の講座はあと1回。気を引き締めてがんばります。
[PR]
by toshizo-Ni | 2015-02-09 23:56 | 仕事のこと。 | Comments(0)

ゆる登山の原点

d0100314_1822295.jpg
1月最後の日、高尾山に登ってきました。
稲荷山ルートを登り、1号路を下ってケーブルカーで下山。昨日の雪がどのくらい残っているかしら…と思いましたが、稲荷山ルートは溶けてドロドロでした。。1号路も昼過ぎだったせいか、散策路に雪はほぼありませんでした。いい天気で富士山もくっきり見えました。

今日ご一緒したのは、私が山を始めたころにお世話になった山サークルの方々でした。
それまで登山の経験は全くなし、山に登ってみたいけど、どこに行けばいいのか、どう歩けばいいのかも分からなかった頃。何度もご一緒して山を歩くなかで、山との向き合い方、山歩きの基本を身につけたように思います。今、山に携わっている私の原点のような存在です。

大半の方が私より一回りちょっと年上。はじめて山にご一緒してから、もう15年ぐらいたちます。最後にご一緒したのは、1冊目の「ゆる登山」ができた直後なので、もう5年近く経つのですが、それでも、お目にかかれば山の話で盛り上がり、楽しい時間が過ごせます。以前一緒に歩いた山の思い出話、最近歩いている山のこと。話が尽きることがありません。
今もバリバリ登っている方、ゆるく続けておられる方、故障などでちょっと山から遠ざかっている方…、みなさんそれぞれですが、離れていても、大切なひとたちです。一緒に歩けてよかった。

暖かい時間が過ごせたことに感謝。また、皆さんと楽しく歩けますように。
[PR]
by toshizo-Ni | 2015-02-01 18:22 | 山や岩のこと。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧