ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

お茶会

毎年4月29日は流派の大茶会。
今年も行ってきました。素敵な茶席にたくさんお邪魔して、お茶をいただき、すばらしいお道具を拝見して。楽しいひとときでした。今回の着物は金茶色の訪問着に、銀糸の袋帯。お太鼓に柄がうまく出せなかった…。くすん。

楽しいひとときでしたが、お席を十分に楽しみたいと思ったら、もっと勉強しないといけないなあと痛感。お道具のこと、日本の気候風土、文化。席主がお客様のことを考えてしつらえた趣向を読み取れるか。読み取れれば奥深く楽しめるし、読み取れなければ「キレイですね、ステキですね」で終わってしまうのです。お茶を始めて20年なんて、本当にヒヨッコ。まだまだ知らないことがたくさん。

そして、ただお稽古を続けているだけでは、得られるものは少ないのだということもわかってきました。少しずつ積み重ねていこう。お茶会にももっと足を運んでみよう。たくさんよいものを見て、学ぼう。

で、今晩からしばらく山へ。前半は仕事、後半はプライベートです。仕事部屋に着物と山道具と仕事の資料が散乱していましたが、ようやく落ち着きました。思ったより大きくなってしまった荷物に愕然。テンパっていた机仕事から心を切り替えるのがうまくいかず、なんとなくドキドキしています。…ま、楽しみましょう。
[PR]
by toshizo-Ni | 2016-04-30 17:32 | 和もの。 | Comments(0)

お仕事しました。

d0100314_2158478.jpg

遅ればせながら、お仕事の報告です。

⚫山と渓谷5月号
山道具の特集で、女性用ザックについて原稿書きました。テスターを、登山ガイドでイラストレーターの橋尾歌子さんにお願いしまして、一緒に山でザックを担いで歩いています。
今回のロケ地は和田峠。陣馬山にもっとも近い登山口です。花粉の飛びまくっている日で、2人で鼻水をずるずるさせながら、山道を何度も往復したのが懐かしい。。。橋尾さんや私を知っている方には、クスッと笑ってもらえる小ネタもちょっとだけ突っ込んでおきました。ふふ。
試したザック、一応ベストバイとか選んでますが、どれもみな良いザックでした。女性用ザックの進化、侮れないです。

⚫️登山用具2016(山と渓谷社)
トレッキングポールやヘルメットなど、いくつかのアイテムについて原稿書いてます。久々に、大量の登山道具に囲まれた仕事。しばらく見ない間にトレンドが変わっていたり、著しく進化をしていたりして、興味深かったです。そして毎度のことながら、見て、触っていると欲しくなるわけですよ。。。実は昨日、この仕事で知って気になっていた登山用具を一つ買ってしまったのでした。何を買ったかは内緒。次のテント泊山行で使えそうですよ。ふふふ。

たまたま今月は道具に関する仕事が重なりました。仕事をしながら、そして出来上がったものを見て、岳人で山道具の連載をしていた頃のことを色々と思い出してました。貴女に仕事を頼んでいいの?と声をかけてきてくれた編集長。右も左も分からない状態の私にいろいろと教えてくださった先輩ライター。段取りが悪くても嫌な顔ひとつせずに一緒に頑張ってくれたカメラマン。さりげなくサポートし続けてくれた担当者たち。電話の向こうでいろいろとアドバイスをくれたメーカーの方々。あの頃があるから、今があるんだな。多くの方々に、感謝。
[PR]
by toshizo-Ni | 2016-04-26 22:00 | 仕事のこと。 | Comments(0)

利尻にいってきました。

d0100314_20393171.jpg

4/13〜18で、所属山岳会の先輩方と、利尻に行ってきました。

旅人時代、礼文島には何度も訪れましたが、利尻に上陸したことはありませんでした。対岸から綺麗な姿の山を見るだけの島。初めて上陸したのです。稚内からフェリーで1時間半。

今回はスキーツアーの先輩方に同行させていただく形でした。残雪の利尻岳登頂を目指しましたが、山の頂にたつことはできませんでした。良い天気の日もあり、雨に降られた日もあり。一般ルート(鴛泊ルート)から山頂を目指しました。ピークハントを試みた日はとてもよい天気だったのですが、稜線に出るとガリガリの岩で風も強く、翌日の天候にも不安があったので、手前のピーク、長官山までもたどり着けずに下山。

一般ルートであっても、登りたいな、登れたらいいなという思いだけでは登れない山なんだな、雪の利尻は。本当に登りたいなら、しっかりタクティクスを考えなくてはならないし、連れて行ってもらう気でついていくだけじゃだめだ。それがわかっただけでも収穫。

山には登れなかった。悔しくないといえば嘘になる。でも今回の自分に登るだけの力量がなく、準備も足りなかったのだから。本当に行きたければ、万全に備えをしてまた行けばいいのだ。

先輩方との楽しい時間も、得難い財産。4/13から北海道に入り、日本海沿いに車で北上してドライブを楽しみ、14に島に上陸して利尻山を満喫。18 に離島してそのまま稚内から羽田へ。13の夜を過ごした増毛の街も楽しかった。。なんだか、ずっと笑いっぱなしだったなあ。

楽しい島旅でした。おつかれさまでした。ありがとうございました。
[PR]
by toshizo-Ni | 2016-04-24 20:40 | 山や岩のこと。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧