ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

5月の高尾山

d0100314_23105624.jpg
4月の講座に引続き、高尾山にいってきました。

今日は新しい仕事の下見。
写真を撮りながら、コースのチェックをしながら歩きました。4月の新緑の時期から季節は進み、山は緑色がかなり濃くなっていました。濃い緑の中に点々と見える紫色は山の藤でしょうかね。暑くて、本当に初夏という感じでした。山頂から見える富士山も、だいぶ雪解けが進んでいました。雪をかぶった富士山が見えるのはいつまでだろう…。

6号路を下ろうと思ったら、GW期間中は登りのみ(混雑のため、一方通行にしています)。どこを下ろうかちょっと考えて、3号路を初めて下ってみました。緑が豊かで歩きやすくて、予想以上にいい感じのルートでした。チゴユリやリンドウ、ホウチャクソウなどが咲いていました。スミレはもう終わりかなぁ…。途中で1号路に合流できるポイントがいくつかありましたが、今回は合流せずに下って、6号路の琵琶滝に出ました。
琵琶滝から少し下ったところで、滑落事故があったらしく、事故者と消防の人たちがいました。消防(警察?)の人たちが次々に登山道を上がってくるのでびっくり。山で救助要請をするって、大変なことなんだと改めて実感。

山麓近くで、山菜などを売っているお店があったので立ち寄り、小さめのたけのこ2本購入。うどとかワラビとかもあったのですが、今回はたけのこのみ。たけのこももう終わりだなぁ…。今年はよく食べた。うふふ。

サクサク歩いて12時頃に下山。暑かったせいか、昨晩ちょいと飲み過ぎたせいか、頭が少しクラクラしましたが、なんとかミッションクリア。おつかれさまでした。

ちなみに、、新しい仕事は6月に発生予定。詳細発表できる段階になりましたら、こちらのブログでも紹介しますね。どうぞお楽しみに。
[PR]
# by toshizo-Ni | 2015-05-02 23:11 | 山や岩のこと。 | Comments(0)

丹沢で訓練会

d0100314_22115970.jpg4月最後の土曜日は丹沢へ。

この春に資格を得たガイド仲間と、地図読み山行でヨモギ尾根を歩いてきました。ヨモギ尾根というのは、三ノ塔から北東方向に伸びる尾根で、地図上には登山道のないルートになります。山麓のキャンプ場から蓬平というピークを目指し、尾根を下る…という非常に渋いルートを設定しました。

このエリアの起点となるヤビツ峠はずいぶんと人が多かったですが、私たちの歩くルートは登山者もほとんどいない尾根。踏み跡はそれなりにしっかりとあり、目印となるテープもあちこちにつけられていました。さっくり歩けばたぶん2時間ちょっとで歩けてしまうルートですが、地形図を読んだり、途中で山座同定をしたり、樹木や草を調べたり。ちなみに蓬平にはヤマトリカブトの若葉がずいぶん生えていました。これ、ヨモギと間違えちゃう人、いるんですかねえ。。

下りはピークやコル、尾根の分岐をきっちり読みながら下山。そして山麓近くで、検定試験で学んだロープワークの復習。フィックスロープを張ったり、引き上げ、引き下ろし、その他もろもろ。案外に覚えているものですね。

途中で雷も鳴って不穏な天気でしたが、なんとか雨に降られることも無く下山。よかったです。

普段の山行では、やはり先を急いでしまい、ここまで地図を読み込んだり草花を調べたり…というのはなかなかできないです。目的を持って、こういうトレーニングを重ねていくのは大切だと思います。これからも定期的に開催しよう!と約束して終了。みんな忙しくて思うように時間がとれないかもしれないけど、細々と、でも確実に続けていきたいな。おつかれさまでした。
[PR]
# by toshizo-Ni | 2015-04-28 22:12 | 山や岩のこと。 | Comments(0)

4月のゆる登山講座

雨に泣かされまくった4月の講座。

2015年春夏シーズンのスタートです。今期からクラスを4つ受け持つことにしました。NHK文化センターの講座が3つと、個人で運営する登山教室のクラスが1つ。新たなチャレンジ、試行錯誤をしながら進めていくことになります。

…が。4回のうちの2回が、雨で中止となりました。あいやー。
梅雨時でも台風シーズンでもないのに、こんなこともあるのですね。

決行したクラスのひとつは4月上旬の高尾山〜景信山縦走と、4月中旬の弘法山。
高尾山〜景信山は、ちょうど桜の見頃。ミツバツツジや桜などの花木が満開でした。山頂からはうっすらと富士山の姿も。稜線を歩いてくと、対岸の山々が新緑と桜のだんだら模様になっていました。弘法山はさすがに桜は終わっていましたが、新緑がとてもきれいで、足元の草花もいろいろと楽しめました。

木々の芽吹き、彩り鮮やかな花々。やっぱり春の低山はいいですね。
5月は雨にたたられずに決行できるといいな。
[PR]
# by toshizo-Ni | 2015-04-22 21:48 | 仕事のこと。 | Comments(0)

岩三昧の週末

4月18、19日の土日は岩三昧。
木曜から日曜まで北海道遠征の予定が、諸事情あってなくなってしまいました。天気予報はよいから岩に行きたいよ…と手当たり次第声をかけ、土日それぞれにパートナーをゲットできました。

土曜日は、最近ジムでのクライミングもご一緒している山仲間のTさんと湯河原幕岩に。思ったより空いていて、登りたかったルート、いろいろ登れました。どんどんオンサイトトライをしたらいいよ!とTさんに言ってもらえて、がんばってみました。幾つか宿題もできてしまいました。トップロープでトライした5.10bの課題、次はリードでいきたいな。ホールドを覚えているうちにもう一度行きたいです。

日曜日は昨年のキノコ狩りで知り合ったHさんと、広沢寺の岩場に。30人くらいの講習会の団体?が来ていて泣きそうになりましたが、間をぬってガツガツと登れました。昼過ぎから雨が降って来たので早めに終了しましたが、マルチピッチのルートも2本登れて満足。

今回のテーマは「リードで登る」。簡単なルートでいいから、回数を重ねること。土曜日は幾つかオンサイトトライもできました。少しずつ、岩に立ち込むこと、小さいホールドを持つことに慣れて来ているのかな。前回の岩よりずっと、登れる感が上がって来ました。

いい週末になりました。みなさま、ありがとうございました!
[PR]
# by toshizo-Ni | 2015-04-20 21:42 | 山や岩のこと。 | Comments(0)

最近のお仕事、ほか

ブログも全然更新せず、仕事用のホームページも更新せず…。
生きています。仕事も一応しています! 大丈夫です!

●山遊び入門サポートBOOK(ネコ・パブリッシング) 3月31日発売
日帰りハイキングを中心とした、山歩きルート集のムック本です。
山歩きのコースガイドなどの執筆のほか、巻末のハウツウページの監修・執筆を行っております。
この本のステキなところは原稿…よりも、イラストレーターのこいしゆうかさんによるイラストマップ。すごくかわいくて、おもしろい。行ったことがある人なら「ああこれ分かる分かる」な小ネタコメントも満載です。

春の低山から夏のちょっと高い山まで。はじめてさんから、ちょっと慣れた人まで楽しめる本だと思います。よろしければ是非ご覧下さい。

●山と溪谷5月号(4月15日発売)
こちらはお仕事をしているわけではありません。
雑誌のなかほど、「その後の薮岩魂」という小特集(なのかな)に、ちゃっかりモデルとして出ております。西上州の山々をメインフィールドに、薮・岩山で活躍する山歩きライターの打田鍈一さんが、最近歩かれた山のルポとルート紹介をしています。
モデルで同行させていただきましたが、渋くて、でもとても楽しいルートでした。低山なのに全然簡単じゃない。自分でルートを探す楽しみに、もっと触れたいと思う山行でした。

メインの特集は「プロに教わる体験的山道具選び」。
こちらも読みごたえがあります。登山シーズンに向けて山道具の買い替えを検討しているかたは是非。

●NHK文化センター横浜ランドマーク校舎「東京近郊ゆる登山講座」
2015春夏シーズン(半年)が、4月から始まっております。歩行時間3時間前後の山をゆっくり歩く、登山に必要なハウツウなどもお伝えする月に1度の現地講座です。第2土曜日に開催のクラスと、第3火曜日に開催の2クラスがあります。
今回は、土曜クラスにまだ若干の空きがありますので、今からお申し込みいただければ今期の受講が可能です。ハイキングに御興味のあるお友達がいらっしゃいましたら、ぜひご紹介ください。主催は横浜ランドマーク校舎ですが、受講にあたり横浜在住などの制限はありません(笑)。

5月にはまたいくつかお仕事の発表ができると思います。
よろしくおねがいします。
[PR]
# by toshizo-Ni | 2015-04-17 18:00 | 仕事のこと。 | Comments(0)

たけのこ生活

d0100314_1746032.jpg
春の恵み。
知人から大きな筍と蕗をいただきました。宅急便の大きな箱に、たけのこ5本と葉つきのフキが一束。

料理は苦手ですが、たけのこの料理のしかたは知っています。
筍は家の大きな鍋を2つ使ってアク抜き。蕗の葉は、蕗の葉味噌に。手間がかかりそうに見えますが、手がけてしまえば難しいところもなく、一気にできるのですね。灰汁抜きしたたけのこは、その日のうちに煮物、それからたけのこご飯に。ふきは厚揚げと一緒に煮て。

さらに、青椒肉絲風の炒め物にしたり、鶏肉と炒めてみたり。ふきを買い足してたけのこと煮たり、またたけのこご飯にしたり。最後はメンマを作ってみて。いずれも美味しくできました。

毎日のようにたけのこ料理を作り、なんだか幸せだったなあ。。やっぱり、旬の食べ物はいいですね。
[PR]
# by toshizo-Ni | 2015-04-07 17:38 | 日々のつれづれ。 | Comments(0)

クライマーへの道

ほぼ毎日ボルダリングを続けていたら、人はどうなるのか。

湯河原幕岩で思うように登れなくて、でもやっぱり岩は楽しいと思って、もう少し登れるようになりたいと思って。できることはなんでもやってみよう…ということで、とりあえず「暇さえあればボルダリングをする」という生活を始めてみました。近所のボルダリングジムで月会員になり、とにかく仕事のあいまに1時間でも壁に張り付くようにしたのです。

久しぶりすぎた初めは7級も怖くて登れないくらい。が、めげずに毎日ちょっとずつ登りにいき、少しずつ登れる課題が増えていき…。やはり毎日触っていると、初めのうちはどんどん登れるようになっていくのです。おそらく、以前登れていたレベルまでは戻るのですね。しかし問題は戻ってから。…なかなか伸びないものです。それでも触り続けていると、持てなかったホールドが持てるようになったり、立てなかったスタンスに立てるようになったりするのです。

そしてもうすぐ1カ月になろうとしています。
上達のペースは落ち、ひとつの課題をクリアするのに時間がかかります。というか、1手伸ばすのに何日もかかっていたりします。それでも、少しずつできることが増えているのかな。そして、「何日か登らないと気分が悪くなる」と感じるようになってきました。

今年は岩登りもがんばりたいし、沢で滝を臆せず登れるようになりたい。「多少フリーを登り込まないと、登れるようにならないとダメなんだ」と思うので、シーズンに向けて、もう少し継続していこうと思います。ガンバ!
[PR]
# by toshizo-Ni | 2015-03-22 17:59 | クライミング。 | Comments(6)

内房さかなドライブ

d0100314_22551750.jpg湯河原幕岩の翌日は、主人とドライブデート。
房総半島に行ってきました。お目当ては、テレビにもよく出ている海鮮料理の店。保田漁協直営の「ばんや」でした。オープン直後に行ったのに、すでに行列。 さすがの人気店です。でも10分ぐらいで入れました。
オーダーしたのは朝とれ寿司、スルメイカ刺身、刺身三点盛り。どれも美味し過ぎて泣けました。本当は煮魚とかかき揚げとかも美味しいのだそうですが、そんなにたくさん食べきれないので断念。でも周りの人が頼んでいるのがとても美味しそうだった…。くすん。

お目当てのお店はもう一軒あったのですが、行ってみたらすでに売り切れ閉店。ガーン。
天気がよければ鋸山にでも(ロープウエイで)登るかなと思っていましたが、土砂降りの雨だったのでやめました。そのまま来た道を戻り、海ほたるでお昼ご飯にあさりラーメンみたいなのを食べ(思ったより美味しかった)、帰宅。

…結局、ドライブデートというより、ただのグルメツアー? でも楽しかった&美味しかったです。
我が家のおさかなドライブの定番は、那珂湊回転寿司ツアーだったのですが、行き先が新たに増えました。ふふ。ごちそうさま!
[PR]
# by toshizo-Ni | 2015-02-25 22:56 | おいしいもの。 | Comments(0)

常春じゃない。湯河原幕岩

d0100314_22465399.jpg

土曜日、湯河原幕岩正面壁にいってきました。

所属する山岳会のクライマー先輩Y氏(師)、後輩と、3人でいきました。天気予報で「晴れ、風がなく暖かい日」と聞いていたのですが、終日どんよりと曇りで気温は上がらず、ときどき風とともに冷気が吹き付ける1日となりました。そんな天気になのに、岩場にはたくさんの人が貼り付いていました。外国人(欧米か!?)のグループがいて、かなりインターナショナルな雰囲気をかもしだしてました。

考えてみたら、初めてここに来たのはもう5年以上前。当時いた山岳会の先輩方と、やっぱり梅の咲いている時期に来たんだった。当時は岩の崩落か何かで登攀禁止のエリアが広くて、知らずに正面壁に取り付いて管理事務所に怒られ、降りてきたら人だらけでどこも登れなかった…という。

基本的に、先輩にトップロープをかけてもらって登る、というのを何本か。はじめは全然登れなくて泣きそうになりましたが、気温が少し上がるにつれて、岩に慣れるにつれて、少しずつ楽しくなってきたような気がします。一番最後に、すごくカンタンで短いルートをリードで登ってみました。緊張したけど、、面白かったな。

先輩の登りを見て、いろいろとお話をして、今期したいことと、そのためのアプローチが見えてきたような気がします。そのためには「自分に言い訳しないで時間を作る」こと。がんばろう。

今度はいつ行けるかな。シーズン中にもう何度か行けたらいいんだけどな。おつかれさまでした。
[PR]
# by toshizo-Ni | 2015-02-25 22:47 | 山や岩のこと。 | Comments(0)

試験、合格しました!

d0100314_1991977.jpg

ご う か く し ま し た !

昨年から受験していた、日本山岳ガイド協会「登山ガイド(ステージ1)」の資格試験。11月に第一次の筆記試験を受けて合格し、今年1月に受けた実技試験の結果が、本日届きました。開封し、内容を確認し、ガッツポーズ。やった♪
とりあえず「試験」と呼ばれるものはすべてクリア。あとは、3月にファーストエイドの義務講習を受講すれば、ミッションコンプリート、晴れて登山ガイドです。

ちなみに、登山ガイド(ステージ1)というのは、無雪期の低山、一般登山道をガイドできる資格です。
取ったほうがいいのかなと思いつつ、受験料とかスケジュールとかにめげて受けずにいました。また、資格を取るということは、自信になり、励みになると同時に、言い訳ができなくなることでもあります。プロとして、目の前にいる人たちに向き合って行くという覚悟を持つことでもあります。そのことに自信がなかったのだと思います。

が、昨年ご縁をいただいて、山を始めたい方の前でお話をする機会を何度か得ました。お話をしながら、おそらく話をするより一緒に歩くほうが、分かってもらえるし楽しんでもらえるのにな…と感じたのでした。山を始めたい人の窓口になるために、もう少しできることを広げたいと思い、一念発起。さらに、「ゆる登山講座」の受講生の皆さんの存在や、夏にお目にかかった憧れの登山家さんからのひとことが、背中を押してくれました。

クラクラしながら試験勉強して臨んだ筆記試験、仲間に恵まれた実技試験。なんとかクリアでき、本当にほっとしています。また、受験にあたってアドバイスをくださった先輩方、実技講習で検定でありながらたくさんの指導をしてくださった検定員の方々にも感謝いたします。

…いや、義務講習がまだ残っているんですけどね。
でもでも、今はちょっとだけ喜ばせてください。おめでとう、自分!
[PR]
# by toshizo-Ni | 2015-02-12 19:09 | 山や岩のこと。 | Comments(6)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧