ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

notピークハンティング・乗鞍岳

仕事で乗鞍岳にいってきました。

ガイドブックの取材です。来年発売予定のものですが、高山植物の写真などは今の時期でないと撮影できないので、先行取材となりました。

初日は朝6時にカメラマンさんのクルマで都内を出発。乗鞍高原からシャトルバスに乗り換えて11時には乗鞍岳の畳平バスターミナルに到着しました。乗鞍岳の山頂は剣が峰ですが、今回はハイキングのページの取材なのでパス。バスターミナル裏手のお花畑や、小ピークのハイキングルートを撮影してもらいながらコースチェックをしたのでした。バスターミナルに着いたときは少し青空も見えていたのですが、あっという間に雲が広がり、あとはずうっとガスガスでした。

さほど歩いていないし、高低差もないはずなのに、さすがに標高2700mの高地。ピークに向けて登っていると息があがり、少し頭痛もしてきます(もともと高度に弱いのです)。それでも今が盛りと咲くハクサンイチゲやクロユリ、ミヤマキンバイなどの高山植物は本当に美しく、気持ちが癒されました。

この日は乗鞍岳白雲荘に宿泊。「昔ながらの山小屋」…ということですが、個室もあり、風呂もあり、料理はとても美味しく、私にとっては山小屋というより旅館という雰囲気でした。食後は宿の方からいろいろとお話を聞きながら日本酒をひたすら飲み、とても心地よく過ごせました。

翌日、雨予報だったはずが、よい天気。朝4時に起き、速攻で準備をし、大黒岳でご来光を。雲がやや多めでしたが、きれいなご来光でした。その後、さらに取材を続け、昼前に乗鞍高原に戻って観光名所やお店の取材をし、帰京したのでした。

2日間、朝も早くからフルパワーで活動し、カメラマンさんも私も、かなり体力気力を使い切りました。しかし、いいものをたくさん見て、いい話をたくさん聞けて、とても有意義で充実した取材でした。おつかれさまでした。ありがとうございました。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-08-09 00:51 | 仕事のこと。 | Comments(5)
Commented by ろん at 2009-08-09 07:27 x
乗鞍スカイラインが一般車両乗り入れOKの最後の年に、

バイクで行きました♪

エンジンのアイドリングが、普通は1000rpmなのに

上の方に登ると500rpm程しか回らず、

空気が薄いのを実感しました。

最近は、乗鞍や上高地など車両乗り入れ規制ばかりで

残念です。環境を考えると仕方ないですが…
Commented by WrittenbyKaoruF at 2009-08-09 14:37
乗鞍はかつてはバスや車で一気に上がれてしまったので
一緒に行った人が軽い高山病になりました。
山に慣れていてもその日の体調や体質などで
なる場合があるんでしょうね。何はともあれ
良い取材ができたようで、お疲れ様でした。
Commented by ニシ at 2009-08-10 16:47 x
>ろん君
今回はエコーライン(乗鞍側)から行ったのですが、
エコーライン、スカイラインともに素敵な山岳道路ですね。
ドライバーさんには残念な乗り入れ規制ですが、
道路周辺の自然はかなり状態がよくなってきていると聞きました。
次回は奥様、お子様とシャトルバスでいらしてみては?

>Kaoruさん
確かに標高2700m、高山病になる人が多いのもうなずけます。
今回、私はもともとの体調が悪すぎだったので、
ある意味しょうがないのですが…。
しかし、花もたくさん見られ、山々の景色も美しく、
天国のような場所を仕事そっちのけで楽しんでいたような…笑。
できたらプライベートでもまた行きたいです。。
Commented by a-yan at 2009-08-10 23:51 x
私も土日乗鞍にいましたよ~ お花、とても綺麗でしたね。
確かにいきなり2700は高度を感じますね。
おまけに、帰りは車にもかなり酔って、観光センターまで
戻り着いてからしばらく横になってました。
Commented by ニシ at 2009-08-11 00:49 x
>a-yan
ごぶさたでーす。
私が行ったのは、8/4-5なのです(平日なのね)。
お天気はどうでしたか? 花はまだずいぶん咲いていたでしょう?
標高2700mというのは、富士山の5合目より高いのです。
たかだか数十分の登りでもけっこう息があがりました。
道もけっこうカーブが多くて、乗り物酔いしやすい人にはつらいかも。
…それでも、いいところでしたよね(笑)。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧