ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

核心は下山後:金時山

日曜日、箱根にいってきました。

金時山にハイキングです。…え、一昨日も行ってない?と突っ込んでくれた方、私の日記をこまめにチェックしてくださり、ありがとうございます。一昨日は山の雑誌の仕事で、金時山から明神ヶ岳への縦走でしたが、今回は金時山単独。一応仕事でした。カメラは編集担当のIさんにお願いし、仕事仲間とそのお友達と総勢6名でした。…が、行きのバスで隣り合わせた女の子がなぜかメンバーに加わり、総勢7名となりました。Iさん以外は全員女性、素敵なレディース山行です。

今日のメンバーはみなさん山にあまり慣れていない初心者さんだったので、ペースはゆっくりと。天気は雲の多い晴れで、富士山は一応きれいに見えていました。ゆっくりと歩きつつ、周りの景色を説明しつつ登っていき、山頂に到着。着いたときには一応富士山が見えていましたが、だんだん雲の中に隠れていってしまいました。

今日はとにかく登山者がいっぱい。紅葉はもう終わり気味なのに…、かつてない人の多さにクラクラしました。山頂もとにかく人だらけ。そのなかでスペースを見つけて昼食。今回は山頂でキムチ鍋を作って、女の子たちにごちそうしました。大きな鍋をIさんに持ってきてもらい、食材はこちらで用意して。味はともかく(一応美味しいと言ってもらえたけど)山で料理をして食べる楽しさを体験してもらえて、よかったです。

下山後、ホテルの日帰り風呂に入ろうと思ったのですが、あまりに山頂でゆっくりしすぎてタイムオーバー。白い濁り湯に入り損ねた〜。東京に帰ろうと思ったら、新宿行きの高速バスは満席で乗れず、箱根湯本までバスで行こうとしたら車内は大混雑、しかも宮ノ下あたりで道路渋滞。登山電車に乗り換えたらこれまた都心の通勤ラッシュ並みの激こみ。湯本からロマンスカーに乗ろうと思ったら、満席で乗れず、急行電車でのんびりと帰ったのでした。ふぅ。

山歩きじたいは3時間ちょっとの高低で、ゆるーく、まったりと歩けたのですが、下山後の大混雑に心身ともに疲れ果てました。いやぁ、行楽シーズンの箱根、恐るべし。今日はよく眠れそうです。お疲れさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-11-08 22:10 | 山や岩のこと。 | Comments(2)
Commented by ボン at 2009-11-09 11:27 x
うおー!金時山→明神ヶ岳に行ってたのですねー!うらやましい。
素晴らしい展望をガイドブックの写真で見て以来、憧れてます。
でも、もちっと紅葉が落ち着いてから行ったほうが人が少なくてよいのかな??(汗)
チビっ子の頃、満員の登山鉄道で窒息しかけた記憶が・・・
チビっ子の頃からチビだったものでね・・・
Commented by ニシ at 2009-11-09 11:44 x
>ボンさん
はい、金時〜明神は、私の大好きなルートです。
個人的に、金時山の適期は紅葉が終わった晩秋〜初冬に
かけてだと思います。
空気が冷えて眺めがよく、富士山もきれいに冠雪してるしね。
もちろん人もずっと少ないし、高速バスにも乗れます(笑)。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧