ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

冬を先取り・小金沢連嶺

勤労感謝の日の連休のうち、2日を使って山にいってきました。

今回歩いたのは小金沢連嶺。大菩薩嶺から縦走し、滝子山に抜けるルートでした。所属する会の女子メンバー、総勢3名とでした。私以外は会でも屈強の女子、私はといえば、、テントを担いで歩く山行はホントに半年ぶりぐらい。正直ついていけるのかちょっぴり不安なスタートでした。

初日は曇り予報でしたが、登山口に着いたらいきなり雪が降り始めました。ひょえー。。。大菩薩嶺からしばらくは雪がうっすらと積もり、周辺はガスガス。大きく見えるはずの富士山は陰も形もなく、一気にテンションが下がります。。が、木々にうっすらと雪が積もっているのは、それはそれで美しく、幻想的な雰囲気でした。天気もだんだんよくなってきて、曇りながらも前方に富士山が見えて、ちょっと感動。

テントは途中のピークで。星空は残念ながら雲に隠れていましたが、眼下には町の灯りがきれいに見渡せました。他に誰もいない、静かな静かな夜。今回は食事係だったので、夕食はカツ煮、朝食はフォー。とりあえず美味しく作れました。

翌日は雲多めでしたがとりあえず晴れ。どっしりとした富士山、そして雪をかぶった南アルプスの山々が見渡せて、とても美しい景色が広がっていました。冬枯れの木々の中を歩き、ぽかぽかと暖かい陽光を浴びて。昨日とうってかわってひだまりハイキングでした。楽しく、気持ちよく歩き、下山後は駅近くの宿でお風呂に入り、ちょっと宴会。さらにコンビニでビールなどを買い込んでホームで宴会(苦笑)。楽しい楽しいひとときでした。

久しぶりの縦走。山のいろいろな姿を楽しみ、仲間との会話を楽しみ。本当に楽しく幸せなひとときでした。山はやっぱり楽しいな。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-11-24 22:59 | 山や岩のこと。 | Comments(4)
Commented by Sumiko at 2009-11-25 07:36 x
おー! 実行できたのですね。
ちょっと位天気がおもわしくなくても、やっぱり楽しいですよね。
下山後の宴会モードの様子を読んで、よっぽど楽しかったのだなあと思いました。

冬ですね☆
Commented by ニシ at 2009-11-25 08:52 x
>スミコさん
はい、前日に予報が雨から曇りになったので、
えーい行ってしまえ、ということで決行したのですが…。
正直、もともとがアメガス体質なので、多少の悪天候でも山を楽しめる人間なのです(同行者によってはかなりいやがられますが…)。
山に入ってしまえば楽しい、本当にそうだと思います。

いよいよ冬ですねえ。。。
今年は少しだけ新しいことにチャレンジしたいと思います。
Commented by ボン at 2009-11-25 13:31 x
朝食はフォー!

盛り上がってるなー・・・と一瞬思いましたが違いますね。
懐かしい流行語を思い出しました。
初冬の澄んだ空気のなか、カツ煮もフォー!も美味しそう!
Commented by ニシ at 2009-11-25 19:25 x
>ボンさん
はい、一応美味しくて盛り上がりましたが、
あの「フォー!」じゃないですから(笑)。
フォーはよかったら、
次回山でご一緒するときに作ってみましょうかね。。うふふ。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧