ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

谷川は今日も雨だった…

週末は所属する会の雪上訓練で谷川岳にいってきました。

昨年、一昨年と西黒尾根を往復していたのですが、今年は新人さんも多いことから、1泊で天神尾根での訓練となりました。総勢11名の大所帯です。

初日は、ロープウェイで天神平からスタートし、熊穴沢避難小屋前にテント泊。天神平のあたりでは快晴、雪上訓練をする人たちでとてもにぎわっていました。テント設営後、肩の小屋をめざして歩きます…が、だんだん周りがガスガスになり、途中から何やら降ってくるものが。雪ではなく、雨でした! 12月なのに! テントに戻ってきたときにはかなりずぶぬれ。訓練モードだったし気温は高めだと予測していたので、古い雨具(防水透湿機能がかなり衰えている)で来ていたのですが、大誤算。グローブも中までぐっしょり濡れてしまいました。とほほ。

夜は宴会後、何を血迷ったのか、後輩のAちゃんとツェルト宿泊体験。マットやシュラフを使い、ふたりでツェルトで寝たのですが、寒くて寒くて、しかも夜中じゅう吹き荒れる雪と風の音にも気をとられ、なかなか寝付けませんでした(といってもそれなりに眠っていたらしい)。

翌日はガスガスの中、山頂を往復。前夜、雪がかなり降ったらしく、トレースはなくなっていました。ちょっとしたラッセル気分を味わいながら、歩く楽しさ。。360度乳白色&風の吹き荒れる山頂を踏み、さくさくとテント場に戻りましたが、クラストした広い雪面でトラバースして歩く練習をしたり、わざとトレースをはずしてふかふか雪をラッセルしたり。だんだん楽しくなり、奇声を発しながら歩いていたら、後輩たちに「ニシさん馬鹿かもしれない…」と笑われました。

テント場に戻り、テントを撤収し、さくっと下山。タイミングよく発車寸前だったバスに飛び乗り、水上駅前のそば屋で宴会し、帰途についたのでした。

いろいろと充実した、ある意味天気にも恵まれた(笑)山行でした。いやぁ、雪訓で雨なんてめったに体験できないでしょう。この時期の雨は怖いというけれど、ホントにそれを実感できました。とりあえず訓練もできたし、さて、今年の冬はどこに行こうかな。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2009-12-14 22:05 | 山や岩のこと。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧