ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

またまたまた谷川岳

金曜日、谷川岳にいってきました。

今回は仕事です。ロープウェイでアクセスして、天神尾根を往復するハイキングルートでした。今年は異様に谷川岳詣でをしています。7月3連休のときに馬蹄形縦走、その翌週に谷川岳南稜から国境稜線に抜けて。そういえば今年の4月にも日帰りで天神尾根を歩いたっけ。その前に来たのは昨年の12月。…どんだけ? 

天気がちょっと心配だったのですが、現地に着いたら快晴! 日ざしはとても強いけど、空気はすでに秋の気配…ちょっと冷たくて、木陰に入ればひんやりとしていました。さすがに夏の花は終わり、秋の花にはちょっと早かったのかな。歩いていて花が見られないのはちょっと寂しかったです。

今回はお仕事なので、カメラマンさんに撮影をしてもらいながら、登山道についてのメモをとりながら、それでものんびりと楽しく歩きます。眺めもとてもよくて、本当に幸せな気持ち。そういえば去年の10月、仕事で谷川岳に来ていますが、そのときは曇り(というかガスガス)だったっけ。「こんな景色だったんですねえ〜」カメラマンさんが感激していました。

山頂近くで、谷川岳登頂3000回を目指している男性に会いました。今回2735回(だったかな?)だそうです。いろいろな困難を乗り越えて、目標に向かって足を進めている姿が、とてもかっこよかったな。自分なんてまだまだこれから。山って自分次第でいつまでも楽しめるんだって思わせてもらいました。ありがとうございます。また会えるといいなぁ…。

山頂で景色を満喫し、7月に歩いた馬蹄形の稜線を懐かしみ、あとはまっすぐ下山、そして温泉へ。最後まで雨に降られることもなく、よかったよかった。いい山行でした。

そうそう、この日は本当に天気がよく、周辺の山もきれいに見渡せました。とりわけ魅力的だったのが、谷川岳から仙ノ倉や平標へとつながる国境稜線。なんて魅力的な稜線。ここを歩いたら絶対に気持ちいい。そうだ、10月になったら行こう。絶対に行こう…。え、また谷川岳に行くのかって? 何度目だって? いいじゃないですか。好きなんだから。ええ。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-09-10 22:00 | 山や岩のこと。 | Comments(0)
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧