ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

遠くのステキ山:乗鞍岳

3連休明け、乗鞍岳にいってきました。仕事です。

この日は夜に予定ありだったので、早朝発日帰りという、超過酷な山行になりました。早朝…といっても、カメラマンさんに迎えにきてもらったのは朝4時。車を走らせながら、「いつまでたっても夜が明けない」と笑っておりました。とほほ…。乗鞍高原まで行き、マイカー規制のためシャトルバスに乗り換え、登山口の畳平バスターミナルに着いたのは朝9時でした。

畳平が標高2700m、乗鞍岳の最高峰、剣が峰の標高は3000mちょっと。標高差300m、往復しても3時間半〜4時間ぐらい。…行程だけみればけっこうな「お気楽山」なのですが、そこは標高3000m。不用意に歩けばゼエゼエハァハァ、それなりに高度にやられますし、何より寒いし、天気も変わりやすいです。

歩き始めはガスガス、しかも寒くて手がかじかむほど。こりゃー失敗したね…とカメラマンさんと苦笑しながら歩き始めましたが、だんだんガスが晴れ、青空が見えてきました。いい感じ!  山じたいは非常に歩きやすく、道も整備されています。標高差の割には、のんびり歩いているといつの間にか高度を上げている…という感じでしょうか。で、歩くにつれてどんどん変わっていく景色がまた楽しいのです。眼下には乗鞍エコーラインのくねくねした道が見渡せ、紅葉がじゅうたんのよう。山頂は360度の眺め。今回は雲海がかなり厚くて周りの山が見えませんでしたが、雲の切れ間から穂高と槍も見えました。

正直、歩く時間も短いしあまり面白みはないのか?と思っていましたがとんでもない。楽しくて気持ちのよい山でした。夏の高山植物の時期、秋の紅葉の時期、それぞれに楽しめる、おすすめの山です。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-10-13 16:15 | 山や岩のこと。 | Comments(2)
Commented by えみ丸 at 2010-10-13 21:16 x
私でもこういうところなら行けるかな~?と、希望が湧きます(^^)
やっぱり高いところ行きたいです。
Commented by ニシ at 2010-10-13 22:13 x
>えみ丸さん
はい、歩く時間は短いし、登りも緩やかだし、すごく悪い場所もないし。
なのに眺めはとってもよくて気持ちいい山です。
夏は畳平のお花畑も本当に素敵で、大好きな山になりました。
畳平の小屋に泊まれば、負担なく山が楽しめると思います。ぜひ!
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧