ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

山は、逃げる。

そのニュースを目にして、呆然とした。おもわず口に出た一言。

北岳バットレスで大規模な岩盤崩落(山梨日々新聞 2010.10.14)
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2010/10/14/2.html

一昨年の9月、所属する会の先輩方と3人で登ったバットレス第4尾根。そのときは時間もなく、白根御池小屋から4尾根を登って、その日のうちに下山しなくてはならなかった。「今回はスピード重視でいくから」リーダーの判断で、一番上手い先輩がほぼオールリードで登った。私はお情けで1ピッチだけ、一番簡単なところをリードで登らせてもらった。天気もよくて楽しかった…けど。先輩につれていってもらって、登らせてもらっただけ、という印象がぬぐえないまま。

それからずっとチャンスを狙っていた。岩の技術を上げ、連れて行ってもらうのでなく、パートナーと一緒に行く4尾根を。

今年、その思いが叶う…はずだった。
でも、行けなかった。技術不足、準備不足。いろいろと悪いことが重なった。
駄目だったものはしかたないよ。技術を上げて来年行こう。山は逃げないんだから。無力感と悔しさを心にぎゅっと押し込めて、そう自分に言い聞かせた今年の秋。

…ちがったよ。山は逃げるんだ。いや、逃げることもあるんだ。

考えてみたら、岩だって「自然のもの」なのだから、それも多くの人に歩かれて、触られているのだから、風化するだろう、劣化するだろう。それでも心のどこかで、崩れるわけがない、なくなるはずがないと思っていた。でも、絶対に安全とか、ずっと登れるなんてない。山に向かう私たちは、それをいつもどこかで心に留めていなくてはならない。

山は逃げないなんて嘘。
本当に登りたいなら、「いつか登りたい」なんて思ってちゃ駄目なんだ。
強く、そう思う。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-10-15 15:06 | 山や岩のこと。 | Comments(10)
Commented by うし at 2010-10-15 17:15 x
これは大変だ。しばらくは登れないんですね。。。がーん!
Commented by てる at 2010-10-15 19:03 x
私も四尾根は連れて行ってもらったので自分的にはノーカウントです。
もう二度と行けないのかなあ。
Commented by ニシ at 2010-10-15 19:35 x
>うしさん
はい、しばらく…というか、新たにルートが拓かれるまで
登れないということだと思います。
ショックです。本当にショックです。

>てるさん
連れていってもらったものも、それはそれで楽しいのですが、
自分の山ではない…という気がします。
4尾根やその他のルートがどうなるか…、
来年にならないと分からない、というところでしょうね。
Commented by YONE at 2010-10-15 20:27 x
同じくニュースを聞いてびっくり!
バットレスの4尾根は山を始めた年に初めて登った思い出のバリエーションだけに複雑な心境。。。
崩壊の予兆はいくつかのブログで指摘されていたけど、こんなに早く崩れるとは。
自然は変わりゆくものなので、新しい4尾根のルート(簡単になったか?難しくなったか?)ができたと思ってポジティブに考えよ~
でも、
> 本当に登りたいなら、「いつか登りたい」なんて思ってちゃ駄目なんだ。
には強く同感。
今できることは後回しにせず、今やるべし!!!
Commented by ニシ at 2010-10-15 21:00 x
>よねさん
そうだった、4尾根はよねさんの初アルパインのルートだったね。
そうだね、ポジティブに…うん。(しんみり)

今年は、4尾根も含めて、目標のルートに登るチャンスがあったのに
登れなかった…というのが、いくつかあったのね。
で、待っていても、ぐちをこぼしても、山は近づいてくれないんだ。
…いろいろ考える年頃なのです。
Commented by juqcho at 2010-10-15 23:10 x
北岳バットレスは皆のかけがえのない道場であり、財産なんですから、岩が落ち着きさえすれば、必ずルートが再生されますよ。
既存のラインでは、大チムニーの左の城塞ハングを人工登攀で、というのがとりあえず思いつく線かな。残置ピンが弱そうなので、ちゃんとしたボルトが欲しくなりますけど・・・。
登攀解禁を期待して待ちましょう!
Commented by a-yan at 2010-10-17 15:29 x
びっくり!今年からやっと計画に入れてもいいかなと思った、憧れのルートです。。。
まだニュースを詳しくチェックしていないけど、平日だった分、登攀者の遭難は大丈夫だったのかな。
Commented by ニシ at 2010-10-17 21:41 x
>juqchoさん
そうですね、人気のルートですし、整備されます…よね。。。
今までのようにアルパイン初心者の登竜門、みたいなルートが
再びできてくれればよいのですが…。。うう。

>a-yan
そうだよね、アルパインを始めれば登りたいと思うあこがれのルート。
この崩落にからんで、
・岩場の取り付きあたりで幕営(テント泊)をしていた人が
 落石でひとり亡くなっています。
・おかしいなと思いながらも登っていったグループが、
 崩落した地点で進めなくなり、ヘリで救助されてます。
Commented by カジタニ at 2010-10-22 12:40 x
バットレスは初の本チャンであり、登竜門であって、とても感慨深いだけに残念。

登攀対象としては、自分の中では終わったルートだけど、新しい人がいつまでも挑戦し続ける場所としてあり続けてほしいので、再起を祈るばかり。
Commented by ニシ at 2010-10-22 22:45 x
>カジタニさん
そっか、カジタニさんもここが初の本ちゃんルートだったのですね。
経験者には思い出のルートだろうし、
これから目指す人にはあこがれのルート、ですよね。
そうですね、どういう形で復活?するのか、今は祈るような気持ちで見守るしかないです。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧