ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ほぼ初・湯河原幕岩

土曜日、湯河原幕岩にいってきました。クライミングです。

今回のメンバーは、チーム41(くしくもみんな41歳という、不思議なつながりの山仲間たち)のMさん、Yさん。天気もよさそうだし、岩でもいくべえ、ということえ、急遽決定した岩登り会でした。早朝東京に集合し、Mさんの車で湯河原へ。駐車場に車を停めて身支度をしているうちにも、どんどん車がやってきます。さすがに人気の岩場。しかも、仕事関係の方にもお会いしてしまいました。ひえー、ごめんなさい、帰ったら仕事しますから(嘘)。

一番人気のある(らしい)岩場(桃源郷?)はすでにロープが張られて人がいっぱい。その上にあるアリババの岩場も人がいて、さらに登ってシンデレラフェイスへ。幕岩にきたらまずここに登らなくちゃねと言われ、よくわからないままシンデレラ(5.7)にリードでトライ。…なんだか滑りそうで怖い。。「滑らないんだ」と理解するまでにすごく時間がかかります。

そのあと、人のいない岩場を求めて上へ上へと進み、オリンパスの丘というところにきました。アプローチも厳しく、下手な一般登山道よりずっと悪いので、ほとんどクライマーは来ないようです(5.8とか9の岩場で、上手なフリークライマーにはそそられない場所でもあったらしい)。なので、私たちの貸切状態! 下は人であふれかえっているのにねえ。。ふふ。

メデューサ(5.8+)、パンドラ(5.9)をトップロープで登りましたよ。どちらも、今の私には厳しい、しびれるルートです。パンドラは最初が核心。2回くらい足を滑らせてフォールしてしまいました。うー。その後、メデューサをリードで。2つめのクリップが怖くて途中でズル。フォールするかとちょっとドキドキしてしまった。でも上部はしびれながらも安定して登れました。やっぱりリードが楽しいかも…。

その後、カサンドラ(5.9)をリードで。ふたりの粋なはからいで、オンサイトトライをさせてもらいました(彼らはすでに登っていたので)。こんな垂直なところ登れないよ、と思いつつ、なんとかオンサイト。上部の岩場なので、てっぺんからは太平洋、海岸線がきれいに見渡せて本当に幸せな気分になりました。最後にペガサス(5.10a)をリードでトライしたものの、途中で全くわからず、数回宙ぶらりんになり、終了…。とほほ。

暗くなる前に終了。他の岩場を案内してもらいながら駐車場に戻り、さほど渋滞にもあわずに東京に戻り、オッサン系の居酒屋で飲んだくれて帰ったのでした。

湯河原幕岩はほぼ初でした(一度来たことがあるけど、混んでいてほとんど登れなかった)。楽しかった…けど、もうちょと登れたほうがもっと楽しいよなぁ…と思いつつ。きっと、足を置ける感覚がつかめれば、もっと楽しく登れるんだろうな。ちょっと遠くの岩場だけど、また来たいな。おつかれさまでした。
[PR]
by toshizo-Ni | 2010-11-28 20:10 | 山や岩のこと。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧