ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

近況つれづれ2011.03.16

地震がおきてから、5回目の朝を迎えました。

とりあえず元気です。…ただ、余震はあいかわらず。昨晩は小さな縦揺れから大きな横揺れが長く続く余震があり、かなりドキドキしました。もっとも、今日の昼に同じような余震があったときには冷静に対処できたので、多少学習しているのかもしれません。それがいいことか悪いことかはわかりませんが。

 最近、極力テレビを見ないようにしています。テレビで延々と流れるのは見ていると真っ黒い気分になってしまうようなニュース、そしてACのコマーシャルの繰り返し。ニュースも始めは集中して見ていたのですが、最近は胸がつぶれるような画像、したり顔でコメントをするアナウンサーやコメンテーターの姿が延々と流れるだけで、今の自分に必要な情報が流れているとは思えない。そう割り切ったら、テレビはつけていなくて平気になりました。たろさんと家にいるときは、モヤさまとか、バラエティ番組の録画を見ています(いろいろ撮りためていてくれたたろさんに感謝)。

買い占めもまだまだおさまりそうにないです。いきつけのスーパーには、パンや即席麺の姿はありません。品物もずいぶん少なくなってきました。買い占めするなって、よく言われるけど、実際にスーパーであの状態を見たら、買い占めというか、買いたくなる気持ちはすごく分かります。今日はあるけど明日以降、本当に欲しいときにはあるか分からないでしょ…って感覚。自分ひとりならなんとかなっても、養う人がいればなおさら。だから私は、買ってしまう人のことを安易には笑えない。…もちろん、カップ麺をひとりで10個も20個も買うようなヤツがいたら、あほか、と思うけど。

今、不安に思うのは「娯楽自粛」ムード。こんなときにレジャーに行くなんて不謹慎、みたいな人が少なからずいる。でもね、行けるんだったら行けばいい。楽しむことが罪悪なのではという風潮になり、みんながお通夜みたいな顔をして余震におびえながら暮らしている状態なんて、絶対いいことない。

「こんな大変な時期に山に行くなんて『不謹慎』」って意見が、ごく近い身の回りにあって、ちょと寂しくなった。…たしかに今の時期、余震だってひどいし、土砂災害や雪崩のことを考えたら、行くべきではない。こんな時期に山にいこうとする人がいるなら、リスクをリスクとして判断できない人か、山は逃げちゃうと思って焦っている人のどちらかだろう。でも、行くべきでないと思うのは「危ない」からであって、「不謹慎だから」ではない。たとえば1カ月後、地震も収まってきたし山に行こうとなったとする。でもおそらく被災地の復興はまだまだ途中だろう。そんなとき、被災地の人のことを考えろ、山に行くなんて不謹慎、と言われたら悲しい。山に行きたい、山を楽しみたいという気持ちを否定されたくない。

地震のこと、放射性物質のこと。いろいろな情報がテレビで、ネットで流れている。ひとつひとつを見ているとどんどん不安になっていく。…でも、ふと思った。信じられるものを信じようって。本当に信じられるのは、自分や自分の知っている人がじかに見たものや体験したこと。誰かがこう言ってたよ、的な情報に踊らされるのはもうやめよう。

不安な状況はまだまだ続くだろう。いや、今この平穏な状況がずっと続くかさえわからない。
私はたまに後ろ向きになったり、脱線したりするだろう。だけど、折れずにいたいと思う。
[PR]
by toshizo-Ni | 2011-03-16 15:28 | 日々のつれづれ。 | Comments(10)
Commented by nima at 2011-03-16 16:07 x
おひさです。
わたしもまったく同じきもち。
昨日あたりからもう情報でお腹いっぱいで、辛くなってきた。

でも自分で取捨選択しなくちゃいけないんだなって思い出して、今を過ごしてる。

にしさんも同じ気持ちでいるってわかってうれしかった。
またね。
Commented by ニシ at 2011-03-16 16:53 x
>nimaさん
ごぶさたしています!元気ですか?
おうちは被害にあってないですか?大丈夫??

こういうときって、正しい情報を得ることが大切なはずなんだけど、情報があふれかえり、しかもデマや思い込みなものも含まれているから、難しいです。

今、お仕事は違うことをしているのですか?
ちょっと落ち着いたら、久々にお目にかかりたいっす。
Commented by にしむら at 2011-03-16 16:58 x
わたくしとこは、「山岳地形に与えた影響が計り知れず云々」と、自粛を要請されました。
そんなものの結果、いつ返ってくるかの方が計り知れないっての。
岡山にクライミングに行く計画を取りやめた人もいる。
しかし離れるのは、推奨すべきだと思うわ。
じっとしてても、なんにもならんよね。
そりゃ動けばテレビからは遠ざかるけど。
Commented by ニシ at 2011-03-16 17:59 x
>にしむらさま
ああ、、書いたことが少し誤解されているかもしれません。
山にしろ岩にしろ、今入るのは反対です。
山に入るリスク(地盤が不安定、落石・崩落の可能性、何かあったときに交通手段がない、通信手段もおぼつかないこと)を考えれば、入るか辞めるかは明らか。
自粛? それ以前の問題だと思います。

山に入らないのは、危ないからであって、
山に入ることが不謹慎だからではない。
そういう意味です。
Commented by toshizo-Ni at 2011-03-16 18:39
すみません、日記の一部に誤解を招くと思われる表現がありましたので、さきほど修正をいたしました。
Commented by にしむら at 2011-03-16 23:28 x
や、ちがうんです。「3月いっぱい」とお達しがあって。
山行中に、震度5程度でゆれると、落石が懸念されますが、「地形に与えた影響」ってのが、4月とか5月に解除になるかというと、「それはないだろ~」と思ってしまったのです。準備に結構時間をかけたので、余計にね~。
Commented by nima at 2011-03-17 08:37 x
リプありがと。仕事は掛け持ちでいろんなことやってます。
あっちのほうももちろんやってますよ(^ ^)
落ち着いたら会っていろいろ話したいですね。
Commented by ニシ at 2011-03-17 09:13 x
>にしむらさま
そうですね、地震が山に与えた影響ははかりしれないと思います。
実際、地震でいろいろなところで雪崩の被害もあるようですし、しばらくは岩に張り付くのも不安ですよね。

>nimaさん
掛け持ちで…。。すごい。
うん、ちょっと今考えていることがあって、
もし実現するならnimaさんに相談したいんだな。
また連絡します。
Commented by ヒット at 2011-03-17 10:04 x
本日の朝日新聞の番組ウォッチの欄にも同様のことが出ていました。多くの方が同じ気持ちなんですね。
Commented by ニシ at 2011-03-17 11:15 x
>ヒットさま
ご来訪ありがとうございます!!!

そうですね、繰り返される津波や地震の映像、被災地の人たちの心を考えているのか分からないようなレポート、見ていて胸がふさがります。
被災地の状況が報じられても、自分たちに今直接できることがない…というのも、胸がふさがる理由のひとつだと思います。
昨日から普通の番組も少しずつ始まっているようで、それは有り難い…と思います。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧