ニシへ東へ。


山と着物とビールをこよなく愛する四十路ライター・ニシの日記です。徒然なるままに日暮らし、パソコンに向かって仕事のこと、山のこと、あれこれ思ったことを書き散らしています。
by toshizo-Ni
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

「何か」に邪魔される

今日は町歩きの取材で浜松町方面へ。

台風一過の青空、空気も風もさわやかで、気持ちのよい日だったのですが、やはり太陽が照りつけると暑く感じます。たいしてたくさん歩いていないのですが、コースチェックをしながら、写真を撮りながら歩き続けると、それなりに疲労感…。

早く終わることが予想されたので、帰りにクライミングジムに寄って帰ろうと思い、クライミングシューズと着替えを持っていってました。ちょっと疲れたけど、せっかく時間もあるし、最近全然登ってないし、行こう!と、ジムの最寄り駅で下車。

…が。ここからなんだか様子がおかしくなりました。

最寄り駅が少し複雑で、地下鉄の乗り換え口と本当の出口が近い所にあるのです。それでもまぁ、普通は間違えないです。それが、ぼけーっと歩いていたら地下鉄の乗り換え口まで下りてしまいました。あれ、違う。…慌てて階段を登って出口に向かいます。少し歩いて階段を下って…あれ、また地下鉄の乗り換え口だった。おかしいな。なんでだろ…と階段を登って、出口に向かったはずが、また地下鉄の乗り換え口に。

同じ間違いを3回。さすがにおかしいでしょ、自分。

さすがに3回目は非常に用心して、なんとか出口に出ました。で、クライミングジムに向かいます。…着いたらまだスタッフの方々が表で掃除をしているところでした。すみませんね、2時からなんですよ〜またあとで来てください、と言われ、すごすごと駅まで戻り、お茶をして。お茶をしているうちに、どーーーっと脱力。結局ジムに向かうことなく自宅に撤退したのでした。

うーん。。。。
うまく言えないのですが、「何かに邪魔をされている」感じがしたのです。いつもならすんなり行けるはずの目的地に、なかなかたどり着けない。こういうときは、無理に目的を果たそうとしてはいけないんじゃないかって思って。

結果論ではあるけれど、自宅に戻ってすぐに土砂降りの雨になりましたが、雨に濡れてしまう前に洗濯ものを取り込むことができました。それはさておき、すごく疲れ果てた状態でボケボケと壁を登っていたら、不用意にフォールしてケガとかしていたかもしれないし、行かなくて正解だったのかなぁ…って思います。

なんだか、とりとめのない話ですみませんです(誰に謝っているんだ?)。
[PR]
by toshizo-Ni | 2011-09-22 17:57 | 日々のつれづれ。 | Comments(2)
Commented by うし at 2011-09-22 20:51 x
それはきっと天気が荒れるから早く帰れと言う天の言葉だったのしょう。
Commented by ニシ at 2011-09-23 00:55 x
>うしさん
んー、そうだったんでしょうね、きっと。
でもまたジムに行き損ねました…。
どんどん登れないヤツになっていきます、私。。
最近のお仕事
2017.12.15
山と渓谷1月号
(山と溪谷社)

東京新聞首都圏版
「ゆる山歩き」
第2、3、4木曜日連載

夕刊フジ
「ゆる登山始めました」
毎週月曜日連載

【著書】
「東京近郊ゆる登山」
「もっと行きたい!
 東京近郊ゆる登山」
「東京周辺お泊まりゆる登山」
「アルプスはじめました」
(以上 実業之日本社)
「女子のための!週末登山」
(大和書房)
「ゆる山歩き」(東京新聞)
「山歩きスタートブック」
(技術評論社)
最新のコメント
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
最新のトラックバック
クライミングジムへ!07..
from 空からアポロ
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧